おらが村、夏。

一ヶ月以上ぶりの、久しぶりの更新です☆

まず、6月の日本でのコンサートにおいでくださった皆様、
また、演奏の機会を与えてくださった皆様、
この場をお借りして、本当にどうもありがとうございました!
どのコンサートも沢山のお客様にお集まりいただき、
また旧友や親戚、オルガンファンの方たちとも
ひと時を一緒に過ごすことができて、とても幸せでした。
また、暖かい声をかけていただいたり、お土産いただいたり、
コンサートではお会いできなかったけどメッセージを送ってくださったり、
皆さまに心から感謝です☆

コンサートのことはゆっくりと、また書きます。
今日は戻ったドロミテの様子をどうぞ☆

3週間留守にしたドロミテは、
戻ってみたらすっかり初夏の風。
干草の香りがほんのり漂っていました。

f0161652_22333393.jpg


お隣の庭の家庭菜園もいい調子で育ってます。
私たちが戻ったと知って、早速おすそ分けもらっちゃった☆

f0161652_22354146.jpg


ズッキーニの花。これをてんぷらにすると美味しいの☆

f0161652_22371219.jpg


村はどこも花盛りでカラフルになっていました。

f0161652_22394854.jpg


村のあちこちにある井戸もオメカシ中。

f0161652_22505717.jpg


木工お土産やさんの入り口。

f0161652_22482402.jpg


おらが村では今年の夏から、
ベランダの花コンクールが開かれるそうです。
村役場に申し込むと番号札をもらえます。
これが参加証明書。
8月後半の、花が一番育つころにカメラマンが写真に収め、
8月末にその写真展&授賞式があるらしいです☆

近所のこの家、毎年見事なバルコニーを飾っているんですが、
予想通りやっぱり参加してました。番号「1番」!
(写真の右下の札)

f0161652_22550979.jpg

番外編。
3週間アレちゃん実家に預けっぱなしだったバンブーに
ロフトでゴージャスなお土産買いました。
その名も「Catch me if you can」。
布の下からちょっとだけ顔を出した羽根付きの棒が
ランダムに回転するので一人遊びできるっていうグッツ。
ネットで調べたら猫が狂ったように遊んでたので、
これはいい!と思って。


・・・我が家のバンブー、眺めながら寝ております(爆)。

タイマーもついてて便利なんだけど、
ふと見るとおもちゃが部屋で一人寂しくグワングワンと回転してます・・・
遊び方をどうにか猫に教えようと、
猫が見てる前で回転棒を捕まえようとハッスルするアレックスの姿が
なんともいえないです。誰のおもちゃかよくわからない(笑)。
f0161652_23144280.jpg

来週からドロミテオルガンアカデミー第一弾。
このいいお天気が続くといいなー☆


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-07-13 23:25 | ドロミテの生活 | Comments(0)

6月、日本での演奏のご案内

※しばらくトップに表示します。更新記事はこの下からどうぞ☆

6月に東京、大阪、神戸にて、
演奏させていだたくことになりました。
お近くの方、お時間あります方は、是非いらしてください☆
会場にて、皆さまにお目にかかれますのを楽しみにしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月8日(金)11:45~12:30
東京、初台 
東京オペラシティ コンサートホール
詳細はこちらからどうぞ。

f0161652_21391407.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月10日(日) 14:00~15:00
大阪、羽曳野市
LICはびきの 一階 ホールM
詳細はこちらからどうぞ。

f0161652_21490006.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月14日(木) 14:00~15:00
兵庫、神戸
甲南女子大学 芦原講堂
詳細はこちらからどうぞ。

f0161652_21530581.jpg


f0161652_21534123.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月17日(日) 15:00~16:30
東京、赤羽
モーツァルトサロン
詳細はこちらからどうぞ。

f0161652_21575839.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月23日(土)15:00~17:00
大分市
日本福音ルーテル大分教会
パイプオルガン完成披露コンサート
詳細はこちらからどうぞ

f0161652_07021117.jpg



・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-05-16 07:02 | 音楽いろいろ | Comments(0)

メラノ トラウトマンスドルフ城庭園

おらが村人35人と一緒に、
貸し切りバスで遠足に行ってきました。
場所はここから一時間強の南チロルの街メラノの
トラウトマンスドルフ城庭園

f0161652_03383530.jpg


城の歴史はこちら から詳しく読めます。
ざっくり書くとオーストリアのシシーが滞在したことのあるお城。
その周りに庭園が広がり、2001年に今の姿がオープン。
ずーっと行ってみたいと思っていた場所でしたが、
期待を裏切らない美しさで、丸一日たっぷりと散策し、
城内のレストランも美味しかったし、
雨だった天気予報も見事に外れていい天気だったし大満足。

f0161652_04291545.jpg

広大な庭園はテーマごとに別れていて、
色んな表情を楽しめます。

f0161652_04360136.jpg

鳥はもちろん、所々に鶏、ウサギ、ヤギなんかもいたりして。
自由気ままなカモ集団も。

f0161652_04430645.jpg
原色のオウムカップルに会える鳥かご。

f0161652_05493790.jpg
庭園の斜面をがんばって登ると、ボルツァーノ出身の建築デザイナー
「マテオ・トゥンの双眼鏡」が突き出しています。
f0161652_05002109.jpg
城、庭園とメラノの町や谷が一望できる
庭園の中でも一押しのポイント!
f0161652_05220489.jpg
「恋人の庭園」。

f0161652_05414206.jpg
庭園と、その周りを囲むドロミテの山々が、
との角度から見ても絵になってます。

f0161652_05525813.jpg
紫のぽんぽん畑。
f0161652_06082987.jpg
サボテンの森。
f0161652_06185672.jpg
サボテンの中に入ったり。
f0161652_06264267.jpg
お城の中は「観光博物館」。
南チロルの観光の歴史などが上手に展示されていて、
お城の中をぐるっと歩けるようになっています。
f0161652_06325486.jpg
万歩計族によると、7000歩歩いたみたい。
季節ごとに庭園の花も変わるから、
また夏秋にも遊びに来たいな。

メラノは街もとても可愛いし、温泉療養もできたり、
町の真ん中にあるプール&サウナも地元人に人気。
南チロル観光の一日に、ぜひお勧めです☆
f0161652_06301797.jpg

・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-05-14 06:39 | Comments(5)

聖フロリアンの行列

一週間前の日曜日の話ですが、南チロルの教会で
聖フローリアンを祝う行列がありました。
ミサの後奏を弾いた後、そのまま最後尾について
私も町を一時間行列。
こういう特別な日には民族衣装でやってくる人も多いです。

f0161652_01141890.jpg

暑いくらいの日曜日の午前。
スピーカーから流れるお祈りに声を合わせて唱えながら行進。
それと交互に聖歌隊が歌ったり、吹奏楽団が演奏します。

f0161652_01170717.jpg

車では通れない林檎畑の中を行くこと30分。
普段ゆっくり見られない景色を楽しみながら。
林檎の花はもう一ヶ月前に終わり、
今は緑の葉がきれいです。

f0161652_02362459.jpg

こういう道しるべで時々一時停止。
この日のために簡易祭壇が準備されています。

f0161652_02402692.jpg

しばし祈りと賛美を捧げてまた移動行進。

f0161652_02381635.jpg

エンニャ市の吹奏楽隊。

f0161652_02453920.jpg

消防隊。聖フローリアンは消防の守護聖人でもあります。

f0161652_02481393.jpg
小さな町の伝統行事。
静かな空気が流れる日曜日の朝のひととき。

f0161652_05562108.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-05-14 05:59 | ドロミテの生活 | Comments(0)

日本福音ルーテル大分教会のオルガン

日本福音ルーテル大分教会に
アンドレア・ゼーニ工房のオルガンが建ちました。
f0161652_05114960.jpg
教会建設当初からバルコニーは用意されていたこの教会。
私たちは約一年前に教会を訪れて、
この礼拝堂のデザインや音響を見聴きし、
教会の方々と様々な意見やアイディアを交わし、
イタリアの工房で丁寧に制作され、
遂にこの場所のためだけの、
世界に一つの美しい楽器が完成しました!
f0161652_05513596.jpg
町の人の関心も高く、
設置作業中、有名新聞社各社も取材にきました。
テレビ大分が数日撮影にいらして、
素敵なドキュメンタリー動画を作ってくださいました。
とてもよくできています! 
ぜひこちらから見てくださいね☆
↓↓↓
「イタリアから大分へ パイプオルガンの調べ」


・・・・
教会には、製作中の様子を工房から送っていた画像が
引き伸ばされて壁に貼られていました。
ずっと楽しみに待っていてくださったことが感じられました!
f0161652_06235435.jpg
空間だったバルコニーに足場と昇降機を使って
オルガンの外枠を運び込み、組み立てていくところ。
f0161652_06223745.jpg
金箔も舞う美しい彫刻を嵌め込み中。
f0161652_06294198.jpg
内部のメカニックも徐々に繋げ、
小さな箱の内臓がどんどん満たされていきます。
f0161652_06334480.jpg
オルガンの背後に低音部の木管パイプを設置中。
このパイプは、おらが谷の最高級の赤モミの木。
f0161652_06373457.jpg
一本一本のパイプにじっくりと整音作業を施しながら、
内部にも小さなパイプが徐々に並べられていきます。
私がすごい高い足場にいるところも見てね(汗)。
f0161652_06520817.jpg
順番待ちのパイプたち。
種類ごとに順番に並べておくのが私のシゴト☆
f0161652_06465763.jpg
テレビ大分さん取材中☆
f0161652_06481555.jpg
全部で646本あるパイプの音のバランスを、
バルコニーに登ったり降りたりと何往復もしながら確認し、
一本一本手にとって延々と微調整を繰り返すこと数日。
最後の一本入った~!!
牧師先生、決定的瞬間を頂上から撮影中。
f0161652_06573673.jpg
でもまだまだ終わらない。
今度は鍵盤メカニックなどの調整中。
f0161652_07010518.jpg
そして最終日、遂に足場撤去!
以前からずっとここに在ったかのように、
見事に礼拝堂と一致した美しい姿が現れた瞬間。
そして、祝別式と試奏演奏会の準備へ。
f0161652_07122066.jpg

演奏台周辺には沢山の木が使われて、
温かみのある華やかな印象。
八角形の教会のデザインに合わせ、
譜面台には八角形の象嵌彫刻が施されています。
f0161652_07152079.jpg
上を見上げれば、金箔が貼られたパイプの歌口から、
歌声が聴こえてきます。
f0161652_07243249.jpg
教会内外部から、50人ほどの方々が集まってくださり、
牧師先生に楽器の祝別をしていただいた後、
初弾き演奏をさせていただき、
皆で新しい楽器の音色を堪能しつつお祝いしました。

作業の様子を収めた写真を、
礼拝堂入り口の壁に展示してくださいました!
f0161652_07164745.jpg
今後、お披露目演奏会をはじめ、
毎日曜日の礼拝やコンサートなどで
このオルガンの音色を聴く機会が沢山与えられることでしょう。
イタリアと大分を繋いだこの楽器が、
これから教会や大分の財産として愛され育まれていくことを
心から願っています。


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-04-30 07:41 | オルガン工房 | Comments(0)