人気ブログランキング |

おらが村の新しいパイプオルガンへの募金のお願い

オルガンの募金のお願いです。

「おらが村にパイプオルガン文化を!」という願いから、
村には4年前に「ジュリアーノ、テゼロ・オルガン協会」が発足し、
これまで数多くのチャリティコンサートや夏のオルガン週間(アカデミー)をはじめ、
様々なイベント活動を介して、オルガン制作資金集めをしてきました。

そして昨年、州からオルガン価格の60%の寄付金が与えられ、
残りの約40%も企業や個人からの募金によってほぼ集まり、
ついに、そのオルガン制作に取り掛かることができました。

その楽器が今、いよいよ完成間近を迎えています!


実は本来、村の教会のひどい状態の古いパイプオルガンの代わりに
新しいパイプオルガンを、ということから活動が始まったのですが、
色々なことがあり、その古いオルガンは大規模な修復を終えました。

そこでオルガン協会として与えられた場所が、村の多目的ホールでした。
日本ではホールにオルガンがあるのはごく自然なことにも思えますが、
ヨーロッパ、特にイタリアでは実はほとんど例をみません。
そんな「特別」な場が、この村に与えられようとしていることに、
不思議な縁と導きを感じています。

このオルガン完成後には、
教会という場ではできないようなユニークなコンサートや、
オルガン教室など、色々企画していきたいと思っています!
もちろん、夏のオルガンアカデミーでも使用します。
ドロミテを観光で訪れる日本人のみなさんにも、
この楽器を通じてこれから何かすることができるかもしれません。

さて、
この場をお借りして、
いつもブログを読んでくださっている皆さまにお願いがあります。

このオルガンの支払いを完了させるためには、
まだ約13000ユーロが足りていません。
ぜひみなさまにご協力いただけましたら嬉しいです。

お支払い方法はこちらです。

f0161652_10012997.jpg


銀行名: Cassa Rurale Val di Fiemme BCC
IBAN: IT17 B081 8435 6400 0000 2156 480
BIC/SWIFT: CCRTIT2T50A
名義:intestato a Giuliano per l'Organo di Tesero

または、
PAYPAL: PayPal.Me/organo2018

是非ご協力ください!
どうぞよろしくお願いいたします。

ジュリアーノ、テゼロ・オルガン協会HP
ジュリアーノ、テゼロ・オルガン協会FB


..................

昨年10月。
楽器の形が出来上がってきたある一日、工房でオルガン見学会。
予想以上の人が集まって、アンドレア社長の説明に興味津々。
小さなこの村にこんな場所があったのかと驚きを隠せないみんな。

f0161652_08581212.jpg

クリスマス前のある一日。
いよいよオルガン搬入!
一度解体された楽器を大型トラックに積み、
早朝から集まったボランティアの村人たちによって、
次々にホールに運び込まれていきます。

f0161652_09205873.jpg


そしていよいよ組立開始!
箱がだんだんと出来上がり、形が見えてきます。

f0161652_09395413.jpg


オルガン上部の屋根の取り付け。

f0161652_09411543.jpg

現在はパイプの整音作業中。
1月末には完成、
春に御披露目コンサートを予定しています。
完成した姿は、またその時までのお楽しみ!!



・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


# by organvita | 2019-01-10 11:14 | オルガン工房 | Comments(0)

2019年

2019年。
あけましておめでとうございます!

f0161652_07045792.jpg

今日の夕焼けで新年のご挨拶です。

ずいぶんブログをサボっていました。
年末年始にかけて色々なんだかんだと忙しく、
ブログが開けない状態でした~。
元気にしています。
ご心配くださった皆さま、ありがとうございます☆

ネタは溜まりに溜まってます。チビチビ更新します。
今年もどうぞ気長に、お付き合いよろしくお願いします!

f0161652_07241457.jpg

大雪だった一年前とは打って変わって、
この冬はほとんど雪もなく、チラチラ降っても積もりません。
ただ、風が強いです。
10月末の暴風雨を思い起こしてしまいますが、
幸いそこまでではないです。

我が家の王子さまも元気です~。
猫はコタツで丸くなる。
・・・ことができないので、
暖炉の前で丸くにゃる。

f0161652_07264277.jpg

今年も丸くいきましょう。

f0161652_07280223.jpg



・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 

# by organvita | 2019-01-10 07:37 | ドロミテの生活 | Comments(0)

東京オペラシティホールのオルガン

6月の思い出、その2。
初台にある東京オペラシティホールで毎月開催されている
ヴィジュアル・オルガンコンサートで、
オルガンデゥオで演奏させていただきました。
天井がこんなに高い残響の美しい異次元空間。
舞台の先に上品に佇むパイプオルガン。

f0161652_06292184.jpg

ホールがこんなに広いので遠めには感じませんが、
近寄るとオルガンもなかなかの迫力。

f0161652_06505604.jpg

1632席のコンサートホール。

f0161652_07281438.jpg

オルガンの演奏台はこんな風。
オルガン:クーン社製(スイス)
3段鍵盤+ペダル 54ストップ


透明感のある美しい響きのオルガン。
コンサート当日には、演奏台のあちこちにカメラが仕掛けられ、
オルガニストが(汗を流して)演奏している様子が
舞台上の大スクリーンに映し出されるので、
ビジュアル」オルガンコンサートと呼ばれています。
ここでアレちゃんと一緒に連弾作品を中心に演奏しました。
聴きにきてくださったたくさんのお客様、
どうもありがとうございました!

f0161652_08175304.jpg
明日も11月のビジュアルコンサートが開催されます!
演奏者は川崎ミューザのオルガニストを長年務め、
大オルガンの魅力を知り尽くしている近藤岳さん!
詳細はこちらからどうぞ☆

f0161652_05324147.jpg
追伸:リハーサルの合間に出遭った怪獣。
新宿楽しい~☆

・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


# by organvita | 2018-11-30 06:00 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

大阪羽曳野市、はびきのMホールのオルガン

6月の思い出、その1。

大阪羽曳野市のLICはびきのホールMで、
パイプオルガン・デュオ・コンサートを弾かせていただきました。
初めて訪れたこちらのホールに足を踏み入れると、
この美しい楽器が待ってくれていました。

f0161652_08053075.jpg

オルガンはスイスのフェルスベルク社製。
18世紀のドイツの建造家G.ジルバーマンの特徴的なオルガンケースを模倣した
均整の取れたデザインには、羽曳野市の象徴でもある
ブドウと白鳥の彫刻が掘り込まれています。
ヤマトタケルが白鳥の姿になって空を飛んで舞い降りた場所のひとつが、
今の羽曳野市の古市付近といわれ、
羽(はねが)、曳く(ひく)がごとくという白鳥伝説にちなんで
羽曳野市の地名がつけられたのだそうです。
ホール近郊にはたくさんの古墳がありました!

f0161652_07421375.jpg


約640席の明るい雰囲気の客席。

f0161652_08090872.jpg

オルガンは3段鍵盤+ペダル。43ストップ。
バロックからロマン派時代まで、どんなタイプの作品の演奏にも
適しているストップ配置と、その操作を助ける補助装置が充実しています。
各ストップに施された個性的で暖かい音色は
それが単独でも複数ででもきれいに溶け合うような整音が施されていて、
ちょっと特別なワインを飲んでいるような気分。
「味のある」音色作りができて楽しかったです。

f0161652_08224651.jpg

コンサートの舞台は、私たちが曲にイメージした色で
一曲一曲を美しく飾ってくださいました。
しかも演奏風景がスクリーンに映し出されたので、
観て聴いて楽しんでいただけるような楽しい企画でした。

f0161652_08190335.jpg

LICはびきのホールは日本でも有数の、オルガン事業に力を注いでいる名門ホール。
プロのオルガニストのコンサートはもちろん、
地元出身のオルガニスト育成にも力を注いでいて、
オルガン講座で学んだ方々がまた次のオルガン世代の育成に貢献していくという、
理想的な形を作ることに成功しているホールのひとつです。
また国内外からの著名な名教師によるオルガンアカデミーも開かれているので、
関西を中心にオルガンファンなら恐らく一度は行ったことがあるのでは?!


そんな環境をここまで築いてこられたお二人、
ホールオルガニストの土橋薫先生と、オルガン事業担当の大野さん。
コンサート後に記念写真☆

f0161652_07394534.jpg

ホールの皆さま、聴きにきてくださった皆さま、
楽しいひと時をどうもありがとうございました!

さて、今週末にもオルガンコンサートが企画されています。

その名もCinema x Pipeorgan!映画音楽をオルガンで!
「宇宙戦艦ヤマト」とか、絶対オルガンがカッコええでえ☆☆
ぜひ聴きにいってみてくださいね!


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


# by organvita | 2018-11-15 09:02 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

村の伝説「魔女の平原」

ドロミテの伝説が綴られた本を読んでいたら
おらが村が舞台の魔女の話を見つけました。
そのお話を私流に日本語に書き換えて
JITRAのHPで御紹介しました。
ここを↓↓クリックしてぜひ読んでくださいね☆

f0161652_05533936.jpg


# by organvita | 2018-11-14 05:54 | ドロミテの生活 | Comments(0)