クリスマスの準備

今週は朝-10℃まで冷え込む日が続きました。
雪が残ったおらが谷の、晴れたある朝。
寒いけど空気は乾燥しているので案外過ごしやすいです。

f0161652_05094976.jpg

毎年恒例、村で配布されるモミの木を買ってきたら、
バンブー興味深々。
2メートルで10ユーロ。山の間伐材です。

f0161652_05105290.jpg
天井まで届くツリーを飾り付けて、
部屋の中はクリスマスモード。

f0161652_07410865.jpg
こっちは暖炉。
f0161652_07431594.jpg
駐車場に積んである暖炉にくべる木を取りに外に出ようとすると、
いつもこうやって「ボクも連れてけ」コールするバンブー。
最近は外の草もシャーベットになってて食べにくいにゃー。
f0161652_07191568.jpg

ご近所パトロールは窓際で済ます。
バンブーの冬のお気に入りの席。
f0161652_07443178.jpg
寒くなるとベランダに飛んでくる黒ツグミ。
クロウタドリって言うそうです。
シジュウカラやスズメも。
それを窓越しに覗き見するバンブー。捕まえる度胸ゼロ。

f0161652_07544693.jpg
ピアノのクリスマス発表会をしました。
村の多目的ホールにて。最後に集合写真。
7歳から84歳まで教えてます☆

子供は発表会企画すると俄然モチベーションあがるから、
すごいですよね。でも私は小さい時、発表会嫌いだったなー。

f0161652_07560463.jpg
小さな生徒ちゃんがクリスマスプレゼントにくれたカード。
生徒ちゃん2人の真ん中に、黒髪で、
同じくらいの若さで書いてくれてありがとう☆

f0161652_07572930.jpg


こっちは別の教室の生徒ちゃんから。
T.V.U.M.D.Bっていうのは、Ti voglio un mondo di beneの略で、
「世界の大きさくらい大好き!」っていう感じの意味。
こんな言葉はダンナさんからももらったことがないので
今回初めて学びました(笑)。

f0161652_08003878.jpg


そして、明日から1月7日まで冬のヴァカンス!
やっほーー!!
・・・とはいえ、この間、がっつり教会オルガニストに変身予定。

今年は日曜日がクリスマスイブなので凝縮されてて、
世界中のオルガニストは大変ですが、
一回一回心をこめて奉仕できるようにしたいです。

すべて乗り切ったらバンブーと一日中ハグハグしたい☆☆
と思いきや・・・あー、先越されたーーーー!!!

f0161652_08041354.jpg


最近、この5kgの物体が夜中、私の布団の上にやってきて
股間~太ももで一の字で縛睡するので身動きが取れず、
朝、腰が痛いです(笑)。でもあったかくてカワユイ。


・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-12-23 09:27 | ドロミテの生活 | Comments(0)

赤羽モーツァルトサロン オルガンデュオコンサートのご案内

まだ少し先なのですが、
6月17日に東京、赤羽にあるモーツァルト・サロンにて
オルガンデュオコンサートを弾かせていただくこととなりました。

ドロミテのオルガン工房で数年前に制作して運んだ
ポジティフオルガンが設置された素敵な音楽空間のサロンです。

チケット販売が始まりましたのでご案内させていただきます。
数に限りがありますので、ご興味のあります方は
どうぞお早めにお申し込みください☆
皆様のおいでをお待ちしております~!

f0161652_22105625.jpg

・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-12-12 22:16 | 見た弾いたオルガン | Comments(3)

今日から12月。
村に3度目の雪が降りました。
白銀の世界に様変わりしたおらが谷。
この雪は残りそう。
来週末は大雪の予報。

f0161652_05350190.jpg

去年の12月は暖かくて、
なんだかクリスマスも冴えない感じでしたが、
今年はホワイトクリスマスになりそうです。
寒いけど、クリスマスが白いのはやっぱり雰囲気がでますよね。

f0161652_05465012.jpg

今朝は-10度。日中も3、4度。
日曜日からアドヴェントも始まるので、
村でも徐々にクリスマスの飾りつけ。
スキー場は先週末にオープンしました。
トレントやボルツァーノのクリスマス市も始まりました。

f0161652_05481402.jpg

お気に入りのベランダパトロールも、
寒くて最近は1分足らずでそそくさと戻ってくるバンブー。
冬のお気に入りポジションは、窓辺の猫草の横。
猫草をしゃぶりながら、白くなった道路を見下ろしてます。

f0161652_05492623.jpg


おしっぽ手袋に注目してにゃん。


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-12-02 06:24 | ドロミテの生活 | Comments(0)

バンブー 三歳

しばらくブログに登場してなかったですけど、
バンブーは至って元気。
昨日は3歳の誕生日でした☆☆

私たちの夕飯の後、お気に入りの毛布の上ですでに爆睡中のところを
「記念写真を撮るんだ」という勝手な理由で抱き起こされ、
「誕生日だからオメカシするんだ」という意味不明な理由でパピヨンをつけられ。
まだ半起きの状態で状況つかめず、とりあえずテーブルの下に避難。
zzzzz。
「カメラ二台でたかってバチャバチャFlash炊くのやめてくれる?」

f0161652_17365990.jpg


この3年の間にネコさまにも色々ありました。
まず下の階に住むバンブーのマンマの飼い主がお引越し。
でも彼らの新しい家には動物を持っていけなくて、
遠くの村にもらわれていってしまい、それっきり会っていません。
それに伴って、どうやらこの近所のマドンナ的存在だったらしい
バンブーマンマを訪ねてくる徘徊オス猫の数が、最近減った気がします(笑)

f0161652_17420585.jpg


それから生後、別の友達にもらわれていったバンブーの兄弟が、
つい数週間前、車の下敷きになって天国へ。。

ネコさまの世界にも、生きてると色々あります。

f0161652_17404402.jpg

写真のアングルに合わせてパピヨンをぐるぐる回すの止めてください。
f0161652_17432804.jpg


あ、ご褒美くれるのなら、もらっとこ。
でも、マンマの手からしか食べないよ。

f0161652_17442941.jpg


ご褒美みらってる最中にまた抱き起こされ、
あっち向けこっち向けと言われて、パピヨンぐるぐる回されて、
やっといい写真が取れました。
けど、耳が下がっているのはご機嫌斜めなシルシ・・。
このあとアレちゃんはバンブーパンチをくらいました(笑)。

f0161652_17541939.jpg


パンチをかまして、そそくさと寝室に逃避したバンブー。
さ、続きの睡眠。電気消してよ。

f0161652_17590887.jpg


誕生日翌日。
昨晩の疲れが取れてません。

f0161652_18140090.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-11-21 18:15 | バンブー | Comments(2)

マルティニャーノのオルガン Martignano

トレントの北、マルティニャーノという町の教会で
メゾソプラノのオダとコンサートをしました。

f0161652_17312973.jpg


アンドレア・ゼーニが2009年に制作した、
12(実質15)ストップの中型のオルガン。
15個の音色が組み合わせによって様々な表情が出るように、
考えられた素晴らしい整音が施されているので、
単調になりやすい「伴奏」の音色もカラフルに作れました。
強弱を出せるスウェルペダルもあるので、
他の楽器や歌とのアンサンブルにも万能の楽器。

f0161652_17453869.jpg


木の天井の新しい教会。丘の上のこの教会からの眺めがきれい。
(写真撮り忘れ!)

f0161652_17360181.jpg


プログラムはこんな風。
モーツァルトのハ短調ミサや、
ロッシーニのスタバト・マーテルのアリア、
フランスとイギリスのロマン派~現代曲の宝石のような小品も。
私はソロでメンデルスゾーンのソナタや、
エルガー、ヴィエルヌなどを弾きました。


f0161652_17341916.jpg


お客さまには、オルガンとオダを囲むようにして
祭壇上にもぐるっと座っていただいたので、
オダの声や表情、オルガンの手さばき足さばきが間近で見れて、
私たちもお客さんの反応がすぐそこに感じられて、
皆が一体となれたアットホームなコンサートになりました。
用意していたアンコールは披露できず、
「あれもう一回」「これもう一回」
おまけにアシストしてくれたアレちゃんと
「連弾もして」と声が飛んで、ライブハウス状態で閉会(笑)。

リハーサルの様子がここ↓でちょっとだけ聴いていただけます。
メンデルスゾーンのモテットのアリアの一部です。


ブラヴァ、オダ!
マリア様と記念撮影☆

f0161652_17323765.jpg


・・・・・・・
リンク集

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-11-20 19:48 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)