人気ブログランキング |

師匠と再会&コンサート

恩師の一人、イタリア人のロレンツォ・ギエルミ先生の住む村で、夫と演奏会を弾いた。
実は夫も私も、学校は違えど同門。かの昔、このロレンツォ先生のせい(おかげ?!)で知り合ったのであった。さて、ミラノ郊外にあるこの師匠の村には、イタリアの歴史ある名工、マッショーニ・オルガン工房の、小さいが素晴らしい楽器がある。

今回のコンサートのテーマ(先生からの課題)は、J.S.バッハの「18のコラール」。
これは、バッハのオルガン作品の中でも、宝石のように美しい作品集のひとつで、コラール(ドイツの賛美歌)のメロディに基づいた、約18曲の作品がまとめられたもの。
ちなみに、この曲集を全曲弾くと2時間はかかる。それを一時間のコンサートに収まる長さに選曲して弾いて、との師匠のご指示。それを更に夫と分けたので、ひとり5曲づつになった。ああ良かった、夫が同門で・・と今回初めて本気で思った(笑)。それでも、2-3曲くらいならまとめて取り組んだことはあったが、5曲も、しかもコンサートのためにまとめて取り組むのは、かなりの練習量と集中力だった。いい勉強になりました。(あれ?釣りに行ってなかったっけ??)「バッハ全曲演奏会」などと題して一晩で全部、一人で弾かれる方がいらっしゃるけれど、本当に脱帽です・・!

さて、ここがその教会。
f0161652_23145333.jpg
教会内部。装飾で埋め尽くされた、素敵な教会。
f0161652_23294579.jpg
祭壇に飾られたアジサイ。
f0161652_23314729.jpg

f0161652_23324686.jpgオルガン。
マッショーニ社、
2000年作。

f0161652_2335222.jpg2段鍵盤+ペダル。16ストップ。
このストップは、ほとんどが上下どちらの鍵盤でも使える仕組み。便利。
師匠ロレンツォが注文した楽器だけあって、とても繊細なタッチで弾きやすい。

めでたいTシャツを着て、早速音決め&練習する夫。マツがえないでね。
f0161652_23394040.jpg
今回のコンサートには、実は仕掛けがあった。正面にはスクリーンが立てられた。
まずは、賛美歌に基づくそれぞれ(計10曲)の作品を弾く前に、師匠ロレンツォがその賛美歌の歌詞を朗読、そしてその曲の簡単な聴き所を解説。これならお客さまも聴きやすい。そして、私たちが演奏している間、お客様には美しい映像を見ていただいた。
これがコンサートの様子。(夫の譜めくり時に密かに撮影)
f0161652_23475716.jpg
映像は素晴らしい内容。それぞれの曲に沿った美しい自然、平和、人物などが織りこめられた画像に、たまに聖書のお言葉が混じって出てきたり。お客さまは曲ごとに、色々な瞑想や想いにふけりながら、バッハを聴くことができたようだ。しかもこの映像は、私たちが一曲弾き終わると同時に、タイミングよく完結するようにできていた。
というより、タネを明かすと、実はコンサートのだいぶ前から、一曲それぞれ何分何秒(!)かかって演奏するのか(テンポは弾く人によって様々)、正確に計って教えるように!といわれていたのだった。なので、本番でうっかり緊張してテンポが速くなったとか、ハエが目の前を横切ったので一時停止して捕まえたとか、音がわからなくなったので弾きなおして確認した、っていうことは許されない(当たり前か・・)な状況。

それにしても、バッハってすごい。弾けば弾くほど、聴けば聴くほど大好き。
師匠ロレンツォの前で、卒業以来初めて聴いてもらった機会だったので、少々気合も入って、緊張したけれど、素敵な映像が手伝って、雰囲気のある、自分も弾いてて嬉しいコンサートだった。いつか18曲全部まとめて挑戦したいなあ。なんちゃって、夢ばかりは膨らんでいくのだった。

コンサートには、隣村にあるマッショーニ・オルガン工房の人たちも聴きに来てくださっていた。近くに住むやはり同門の友人たちも。コンサートの後は、マッショーニさんのご自宅の素敵なお庭で、美味しいワインとドルチェを頂きながら、みんなで打ち上げ。
f0161652_012836.jpg

ちなみに、マッショーニ・オルガンが2004年に、目白の東京カテドラルに、新しいパイプオルガンを設置し、それがNHKハイビジョンで取り上げられたことをご存知の方も多いかと思う。そのDVDが販売されているので、この場を借りて是非ご紹介を。
オルガンが出来るまでの様子、今回私が弾かせていただいたこの村のオルガンや、師匠ロレンツォも出てきます。なにより、オルガンの仕組みがとてもわかりやすく説明されていて、また、ひとつのオルガンが出来上がるまでの多くの人の愛情が伝わってくる、素晴らしいDVD。おススメです。パイプオルガン誕生

また、この東京カテドラルでは毎月、オルガン・メディテーションと題した、この素晴らしいオルガンが聴ける一時を催しておられます。是非一度訪れてみてはいかがですか?!
オルガンメディテーション

コンサートの裏話(?!)は、また明日。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
# by organvita | 2008-07-22 00:36 | 見た弾いたオルガン | Comments(2)

てんらんかい

ある日、水彩画の先生から電話がかかってきた。お教室で描いた絵を二枚選んで持ってきなさい、と。 以前ヘタクソな私のお絵かきのことは少し書いたけど、水彩画教室といっても、私はたった10回通っただけ。その後も2枚家でテキトウに描いたまま、それっきりになっているので、かなり不意打ちの電話。なんでも、展覧会をするんだとか。
しかし、シロウトというのは恐ろしいもので、展覧会と聞いて「わーい!」と、躊躇も恥ずかしげもなく、さっそく2枚の絵を提出してきた。

そして、昨日、その展覧会を見にいってきた。おらが村の納屋を改造した建物の中で。
f0161652_1722658.jpg
広い納屋にたくさん展示してある!ずっともう何年もお教室に通っているような人もいるので、数はそれなりにそろっているようだ。
f0161652_17195959.jpg
こちらは村に住むプロのアート時計製作者の展示。なかなか面白い。
これは直売していた。
f0161652_17261847.jpg
テンペラ画コーナー。テーマはアフリカらしい。
f0161652_17325368.jpg

f0161652_1734882.jpg油絵コーナー。

f0161652_17371994.jpg
そして水彩画コーナー。
素敵な額に入っている。
こうやって家に飾って、
楽しんでいるんでしょうね。奥の木の絵がすばらしい。

初級者水彩画コーナー。
名札&額縁無しだが、一緒に描いてた仲間のなので、誰のか想像できる。
初級者とは思えないほど、みなさん上手。
f0161652_17434090.jpg
その他大勢コーナー。ここには私の絵も隠れてます。もう売れてるかと思ったけど(思ってない思ってない・・)、ありました、隅のほうに2枚、申し訳なさそうに(笑)。白状すると、左の上から二つ目と、一番右下。(しかも照明からはずされてる。笑)
f0161652_17474441.jpg
こうやって他の人のと比べてみると、日本人の性なのか、それとも私がそもそも暗いのか、私のは、色合いが非常に地味。栄えない。それに比べて、「たかが村のおばちゃんたち」(ごめん!)と思っていた仲間は、それでもやっぱりイタリア人の血なのかしら、色彩感覚が明るいなあと思った。
一緒に見にいった夫:「あ!あったよアイの!ここ!ここ!・・・・ふーん」・・・移動。
おいおい。もう少し何か言ってよ、ウソでもさあ・・・。
って言って連れ戻したら夫:「まあ、数回しか通ってないもんね。」慰めになってない・・・。

しかし、この10回に通って学んだことは、他人の絵をみて、ここどうやってやったんだろう?あ、ここ、紙を濡らした上に直接描いてる!とか、絵の見方が少~し変わったこと。
美術館に行く楽しみがまたひとつ増えた。
自分で描くほうは、きっと音楽と同じ。ひたすら練習を繰り返すのみなんでしょう。
また時間が取れるようになったら、教室復帰したいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←てんらんかいに1クリック!
# by organvita | 2008-07-15 18:20 | ドロミテの生活 | Comments(3)

B組のみんなへ

高校時代の友人のことを前々回書いたら、なんと数人のB組仲間からヒット!
おーい、みんなー!ありがとう~!!
そんな中、裏山に散歩に行ったら、な、なんと、我らが「すーじー」がそこにいたのだー!

こちらです。
f0161652_16355797.jpg
「すーじー」のおっぱい、ご立派。
f0161652_16375459.jpg
あ、我らが「すーじー」は男性でしたか。「スーズィー」は女の子なのよね・・。
ああ、黒板に張り付きながら、「であるからしてぇー!ここはぁー!」と数学の公式を熱く熱く説明してくれたすーじー先生が懐かしい。お元気でしょうか。
しかし、黒板に張り付いていた先生の姿は、昨日のことのように思い出せるが、
公式は全部忘れちゃいました・・。
# by organvita | 2008-07-15 16:50 | ドロミテの景色 | Comments(0)

釣り名人参上

最近遊びのネタばっかりで、このブログのタイトルの始めの6文字はそろそろ消したほうが良かれと思われる。
今週は夫がヴァカンスなので、この一週間集中的に練習しよう!と、先週末は熱く語っていたものの、釣り名人が遊びに来て、週末の決意はあっという間に忘れ去られた。おまけに日焼けした。「遊ぶときは遊ぼう!」いい評語だ(←って、私が作ったんだけど)。

釣り名人とは、夫の従兄弟。なんでも彼は、12歳で生まれて初めて釣り糸を川に垂れたとき、その初投球に大魚が引っかかったというラッキー人物。初めにこんな経験しちゃうと止められないのでしょうね。そんな訳で釣り一筋人生。

私はプチ仕事があったので、夕方現場検証へ。二人とも日焼けして肌が真っ赤。
ちなみに、観光シーズンが始まって、普段は静かなこの辺りも、すごい人。
村人より格好がお洒落なので、すぐにヨソモノだとわかる。
川べりを散歩する観光客たちが、釣り人ふたりの様子を覗いていた。
f0161652_3214215.jpg
こちらが釣り名人イザイヤ。10メートルのマイ釣竿がご自慢。さすが10メートルは長い!
f0161652_443315.jpg
名人好調。これは小さかったので、このあと川に帰しました。きれいな色です。
f0161652_446566.jpg

f0161652_4472850.jpg
石遊び。

f0161652_449522.jpg
釣りは一日ひとり5匹までという決まり。釣りをする前には許可証を買って、何匹釣ったか結果をそこへ記入し、最後に、川辺にところどころ立て付けてあるこのポストに投函しておかなければならない。
f0161652_4522975.jpg
本日の結果、名人7匹、夫3匹=計10匹で終了。
他、かなりの稚魚を釣って川に帰したとか。名人7匹さすが。
この後お魚を有難くさばいて、3匹は私たちのお腹に直行、残りは冷凍庫へ。
f0161652_4561257.jpg
お昼ゴハンに家に戻ってはきたものの、9時間ほぼぶっ通しで一日中釣っていた二人。
夜も、釣りの本で研究したり、お互いの釣りグッツを見せ合ったりして、遅くまで盛り上がってた。ずーーーっと魚の話してる。夫の目がハート型。いや、魚型。
「結婚式のときよりも嬉しそうだね」って冷やかしたら「うん!」だって。あ、そう。

今日は従兄弟を途中まで送りがてら、最近発見した湖へ。
f0161652_574731.jpg
なんの宣伝(?)もしていないし、幹線道路からちょっぴり外れているので、もう何十回も
この道を通っているけど、今まで気がつかなかった。
しかし、見てください、この透明な水!魚がみえてます。
f0161652_593335.jpg
この黒いの、全部おたまじゃくし。これが楽譜なら弾くの大変だ。
f0161652_5115790.jpg
ずいぶん茎のたくましいタンポポが。
f0161652_5145625.jpg
この大自然を前にして、二人の興味はもっぱら、水の中の魚。
こんなに水が澄んでいたら、魚からも釣り人が見えちゃうんじゃない?
f0161652_5163542.jpg
従兄弟会釣り人ふたり。左が名人イザイヤ君。
f0161652_5192943.jpg
アーノルド・シュワルツェネッガーにチョイ似の彼、ただいまお嫁さん募集中。
ちょっとシャイでとっても優しいイザ君、今回私、初めてゆっくり話したのだけど、ポイント上がりまくり。とってもいい人。夫に「アイの目がハートになってる」と注意された。そういうあなたは目が魚だというのに。
イザ君情報
年齢:31歳。
星座:魚座
血液型:魚型
趣味:釣り
特技:釣り
好きな食べ物:魚
ペット:ミミズ
デートスポット:川
結婚式会場:川辺
結婚指輪:釣り針を丸めたお手製リング
プロポーズの言葉:ボクが釣った魚を料理してください。

こんなイザ君のお嫁さんになりたい方、得意の魚料理を書いた履歴書をお送りください。
結婚式にはもれなく、オルガニスト二人お付けします。・・・安くしときますよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←名人イザ君にワンクリック!
# by organvita | 2008-07-11 03:28 | ドロミテの景色 | Comments(6)

ドロミテでのヴァカンス

音楽高校以来、だからかれこれ20年来になる友人まどかが、パートナーのフランス人
フレデリックと共に、おらが村に遊びに来てくれた。
この二人はパリで、彼はアコーディオン奏者、彼女はピアニストとして活躍している。
まどかとは、15歳から日本の大学を卒業するまで、それこそ同じ釜のメシを食べた仲。
彼女はフランス文化、私はドイツ文化に憧れ、それぞれ卒業と同時に日本を飛び出したのだったが、国は違えど、外国人として体験する様々なこと、音楽のこと、ここには書けない(?!)いろんなお遊びのコトを、よく電話で報告し、励ましあったものだ。
その後彼女は、これまでの功績がフランスで認められて、アーティストヴィザを習得、
私はなぜだかイタリアに嫁ぐこととなり、お互い一息ついたところでの、5年ぶりの再会。

お二人と一緒に、この辺をあっちこっちドライブしたりして、楽しい一時を過ごした。
これがそのお二人。フランス語で「フレデリック」の発音が非常に難しいので、私は「ふれでぃ」と呼んでた。ちなみに彼はイタリア語がぺらぺら。
f0161652_212125.jpg
ここはおらが村から車で一時間ほどの、ポルドイ峠の山頂。標高約3000M。
「ドロミテの屋根」と呼ばれるだけあって、天気が良いと360度の素晴らしいパノラマ。
いろは坂をずっと登った後、最後はこのロープウェイに乗って、一気に山頂へ。
f0161652_21255676.jpg
さっき車で走ってきた道が、糸のように細い。遠くには万年雪の積もる山マルモラーダ。
夕方やってきたので、ちょっとガスってしまっていたけど、このパノラマは気分爽快。
f0161652_21234737.jpg
ここから更に数日掛りで、向こうの山やそのまた先まで尾根を歩く登山コースが続く。
気軽には行けなさそうので、もうちょっと体鍛えてからだな。
f0161652_21202154.jpg
童心に帰って夢中で歩くふれでぃ。どんどん小さくなっていく。山って大きい。
f0161652_213002.jpg
その先は断崖絶壁。鳥が羽を広げたまま風と遊んでいた。いいなあ~
f0161652_21355763.jpg
次の日は、パネヴェッジョ自然公園へ。ここはシカの保護地区。
奥の森は「ストラディヴァリの森」と呼ばれる。かの昔、ヴァイオリンに使う良質のモミの木を探しに、はるばるやって来たとか。と説明したら、「あ、だから所々木が生えてないんだね」とふれでぃ。オヤジギャグも連発。負けてられん。
f0161652_2142289.jpg

f0161652_21453618.jpg
森の中を散歩。
モミの木に囲まれながら森林浴。

f0161652_21504179.jpg
ところどころで、こうやって森のことが学べる仕組み。
これは動物の足跡当てコーナー。
扉をめくると回答が。
森の中、本当に足跡残ってます。
きのこ発見。ここは自然保護地区なので、採集、狩猟、釣り禁止。
だから安心してこんなに大きくなったのかな。
f0161652_21542418.jpg
巨大アリ塚。
f0161652_21563424.jpg
つり橋のはるか下を、底までくっきり見える透き通った水の川が流れていく。
しかしここでカメラの充電切れ(泣)。
f0161652_21593825.jpg
3日目。おらが村の裏山、ラヴァツェ峠へ(Passo Lavaze')。この日はみごとな晴天!
この斜面は、冬はスキー場。
f0161652_2233763.jpg
ドロミテの尾根が見渡せる。
f0161652_2262768.jpg
ふれでぃ撮影。さすがフランス人アーティスト。センスが違うっす。
f0161652_22111450.jpg
これもふれでぃ撮影。
線の細い流れるように儚い花に眼がいくところも、パリジェンヌって感じじゃんぬぉ?
f0161652_2215102.jpg
イタリア人が撮るとこんな感じ。ピントずれてるあたり、愛嬌があるのぉ。
f0161652_22181519.jpg
山の斜面で美味しそうに草を食む牛たち。
f0161652_22235538.jpg
牛に正面から凝視されることが、なぜか多い私。新種の仲間だと思われてるんだろな。
f0161652_22252067.jpg
こっちからも。牛の世界では、私相当イケテるみたい。
と、いい気になってたら、あれ、ここみんな牝牛でした。つまんないの。
f0161652_22273214.jpg
こんな近くに来るんだから、本当に牛と思われてるのかも。私が牛肉大好きとも知らず。ふっふっふっ・・・。がぶっ。あ、噛み付いてない噛み付いてない。
f0161652_22332233.jpg
B組のみんなー!元気ですか~?!私たちは20年前と全く変わらない若さで元気でやってます~。と、遠目の写真で控えめにご挨拶。これなら顔のシミもシワもバレるまい。
f0161652_22391934.jpg
フランス人は大のチーズ好き。ここの谷のチーズが食べたいというので、チーズ直売店で大量に仕入れて、ベランダでお昼。急にここがフランスな気がしてきた。
f0161652_22435144.jpg
ああ、贅沢。でも日本と比べたら全然安いのですよ。
ちなみに、チーズには食べる順番があるとかで、生粋フランス人ふれでぃによる興味深いチーズ食べ方講座を聞きながら、「あ、さっきのチーズの味忘れちゃった」と逆走しながらかぶりつくイタリア人夫&その妻であった・・・。
f0161652_22453553.jpg
おらが谷を降りると、そこにはブドウ&リンゴ畑が広がっているのだが、そこでは知る人ぞ知るワインの銘柄、ゲヴルツトラーミナー(Gewurztraminer)を作っている。
香り豊かで私も一度飲んで大好きになったワイン。友人たちもこのワインのファンなので、ワイナリーに行ってみたが、残念ながら休暇中。ぶどう畑の中をドライブ。
f0161652_2321680.jpg
これから色づいていくリンゴ。ツマミ食いにはまだ早いみたい・・?!
f0161652_2344846.jpg
昔のオーストリアだった地区なので、建物も可愛いらしい。
このあたり、9月末になると甘~い果物の香りで満たされます。
f0161652_2363971.jpg
さすがにお昼のチーズが重くて(食べ過ぎたからだけど・・)、夜は和食。
日本人同士で海外で食べる和食はこれまた格別。
一年前に来てくれた友人からお土産に頂いて、もったいなくて手を付けられなかった素麺をこの機会に頂きました!Tさん、ご馳走様でした~。
付け合せはベランダで育ったシソの葉、夫ママが家庭菜園で育てている日本のキュウリ、缶詰で売っているいなり寿司の油揚げの千切り、それに日本から持ってきた梅干。
みりんを切らしていたので、即席で適当に作ったなんちゃって汁だったが、中々の味!
でもこういう時、夫が外国人だと、本物の味を知らないので助かります(^^)。
f0161652_23124382.jpg


この数日、高校&大学時代からのいろ~んな思い出&笑い話で盛り上がりしゃべり続けて、今でも喉が痛いのだが、一番盛り上がったのは、高校B組の出席番号順(←これが難しい)クラスメイトの名前思い出し大会、に続き、お隣A組も。(うちの高校は2クラスしかなかった)。最後は先生の名前思い出し大会。直接習ってない先生も含めだから、これが意外と難しかった。モンモンと考える中、二人で同時に数学の先生を思い出し、
あっ!すーじー!!」(数学のおじいさんだったので、すーじーと呼ばれていた。)と叫んだ瞬間、聞いてた夫が「誰?Susy?」と美しい発音で反応。
夫が外国人だと突っ込みどころが不意打ちで面白い。
みなさん、高校のクラスメイトの名前、全員言えますか?!

長くなりましたが、最後にふれでぃ、こと、フレデリック・ダヴェリオさんのご紹介を。
クラシックのレパートリーはもちろん、彼自作のフランスの香り溢れる作品は本当に素晴らしいです。アコーディオンという楽器に対するイメージも変わりますよ。
CDも発売中。12月には初日本公演もあるそうです。みなさま是非どうぞ。

f0161652_235806.jpg

FredericDAVERIO
Homepage


PS: B組のみんな!これを読んだら是非連絡くださいねー(^^)。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←こちらもクリックお願いします。
# by organvita | 2008-07-07 23:51 | ドロミテの景色 | Comments(13)