<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

プステリア渓谷でのプチ週末

ドロミテの北側、プステリア渓谷にプチ旅行してきました。

夏はエメラルドグリーンのブライエス湖。
湖一面が凍ってかなり寒いけれど、
岩肌が眼前に迫る山塊に向かって
湖面をたくさんの人が散歩中。

f0161652_07341423.jpg


船着場も氷の上。

f0161652_07454659.jpg


湖畔の小さなチャペル。

f0161652_08252578.jpg

ブライエス湖に近い町、トブラッハ(イタリア語でドッビアーコ)の教会。

f0161652_00270174.jpg


甘い彩りの教会内部とオルガン

f0161652_00294874.jpg


さて、郊外にあるこの家は、
作曲家マーラーが数年夏の避暑に通ったところ。

f0161652_00592322.jpg


壁に掲げられたイタリア語とドイツ語での石碑。
この辺りは第一次大戦まではオーストリア領。今はイタリア領ですが、
ドイツ語が主流です。
「1908~1910の夏の季節ここにグスタフ・マーラーが住み、
交響曲「大地の歌」、交響曲第9番、未完の交響曲第10番を作曲した。」

f0161652_00414137.jpg


中は今は素朴なレストラン。典型的な地方料理が食べられます。
壁に掛けられたマーラーの手紙を見ながらお茶。

f0161652_01031197.jpg


家のすぐ裏にあるマーラーの「作曲小屋」。
中には展示もあるらしいけどこの日は入れませんでした。

f0161652_01045873.jpg


近郊のもうひとつの町、ブルネック(ブルニコ)。
色とりどりのかわいらしい家が並ぶ商店街。

f0161652_01265984.jpg


町のすぐ上にあるメスナー博物館へ。

f0161652_01301792.jpg

南チロル州のヒーロー、ラインホルト・メスナーは、
8000M峰を酸素ボンベなしで登頂した初めての人物。
彼は南チロル州の古城を4つ買い取り、
メスナー博物館として展開し、ドロミテの観光業に大きく貢献してます。
ここはそのひとつで、世界中の「山の生活」をテーマにした博物館。

f0161652_01342412.jpg

ヨーロッパのお城の入り口を入ると迎えてくれる、
日本製の仏像。

f0161652_01364119.jpg

異国情緒たっぷりの博物館。
f0161652_01374375.jpg


楽しいプチ週末でした☆
夏にも出直したいな。


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2019-01-28 01:41 | ドロミテの景色 | Comments(0)

おらが村の新しいパイプオルガンへの募金のお願い

オルガンの募金のお願いです。

「おらが村にパイプオルガン文化を!」という願いから、
村には4年前に「ジュリアーノ、テゼロ・オルガン協会」が発足し、
これまで数多くのチャリティコンサートや夏のオルガン週間(アカデミー)をはじめ、
様々なイベント活動を介して、オルガン制作資金集めをしてきました。

そして昨年、州からオルガン価格の60%の寄付金が与えられ、
残りの約40%も企業や個人からの募金によってほぼ集まり、
ついに、そのオルガン制作に取り掛かることができました。

その楽器が今、いよいよ完成間近を迎えています!


実は本来、村の教会のひどい状態の古いパイプオルガンの代わりに
新しいパイプオルガンを、ということから活動が始まったのですが、
色々なことがあり、その古いオルガンは大規模な修復を終えました。

そこでオルガン協会として与えられた場所が、村の多目的ホールでした。
日本ではホールにオルガンがあるのはごく自然なことにも思えますが、
ヨーロッパ、特にイタリアでは実はほとんど例をみません。
そんな「特別」な場が、この村に与えられようとしていることに、
不思議な縁と導きを感じています。

このオルガン完成後には、
教会という場ではできないようなユニークなコンサートや、
オルガン教室など、色々企画していきたいと思っています!
もちろん、夏のオルガンアカデミーでも使用します。
ドロミテを観光で訪れる日本人のみなさんにも、
この楽器を通じてこれから何かすることができるかもしれません。

さて、
この場をお借りして、
いつもブログを読んでくださっている皆さまにお願いがあります。

このオルガンの支払いを完了させるためには、
まだ約13000ユーロが足りていません。
ぜひみなさまにご協力いただけましたら嬉しいです。

お支払い方法はこちらです。

f0161652_10012997.jpg


銀行名: Cassa Rurale Val di Fiemme BCC
IBAN: IT17 B081 8435 6400 0000 2156 480
BIC/SWIFT: CCRTIT2T50A
名義:intestato a Giuliano per l'Organo di Tesero

または、
PAYPAL: PayPal.Me/organo2018

是非ご協力ください!
どうぞよろしくお願いいたします。

ジュリアーノ、テゼロ・オルガン協会HP
ジュリアーノ、テゼロ・オルガン協会FB


..................

昨年10月。
楽器の形が出来上がってきたある一日、工房でオルガン見学会。
予想以上の人が集まって、アンドレア社長の説明に興味津々。
小さなこの村にこんな場所があったのかと驚きを隠せないみんな。

f0161652_08581212.jpg

クリスマス前のある一日。
いよいよオルガン搬入!
一度解体された楽器を大型トラックに積み、
早朝から集まったボランティアの村人たちによって、
次々にホールに運び込まれていきます。

f0161652_09205873.jpg


そしていよいよ組立開始!
箱がだんだんと出来上がり、形が見えてきます。

f0161652_09395413.jpg


オルガン上部の屋根の取り付け。

f0161652_09411543.jpg

現在はパイプの整音作業中。
1月末には完成、
春に御披露目コンサートを予定しています。
完成した姿は、またその時までのお楽しみ!!



・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2019-01-10 11:14 | オルガン工房 | Comments(0)

2019年

2019年。
あけましておめでとうございます!

f0161652_07045792.jpg

今日の夕焼けで新年のご挨拶です。

ずいぶんブログをサボっていました。
年末年始にかけて色々なんだかんだと忙しく、
ブログが開けない状態でした~。
元気にしています。
ご心配くださった皆さま、ありがとうございます☆

ネタは溜まりに溜まってます。チビチビ更新します。
今年もどうぞ気長に、お付き合いよろしくお願いします!

f0161652_07241457.jpg

大雪だった一年前とは打って変わって、
この冬はほとんど雪もなく、チラチラ降っても積もりません。
ただ、風が強いです。
10月末の暴風雨を思い起こしてしまいますが、
幸いそこまでではないです。

我が家の王子さまも元気です~。
猫はコタツで丸くなる。
・・・ことができないので、
暖炉の前で丸くにゃる。

f0161652_07264277.jpg

今年も丸くいきましょう。

f0161652_07280223.jpg



・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 

by organvita | 2019-01-10 07:37 | ドロミテの生活 | Comments(0)