<   2018年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中古のポジティフオルガンを譲ります

中古のポジティフオルガンをお譲りします。

f0161652_00452479.jpg


おらが村のオルガン協会が、村のホールに来年
二段鍵盤+ペダルのパイプオルガンを導入することになりました。
そのため、残念ではあるのですが、
現在オルガン協会が所持しているこのポジティフオルガンを手放し
新しい楽器導入資金の一部に役立てたいと思っています。

f0161652_00471572.jpg


これまでも協会で、オルガン購入の資金集めのため、
このポジティフオルガンで多くのチャリティコンサートをしてきました
3年目ですが、大変良好なコンディションです。
8フィートがしっかり支える楽器で、通奏低音ではもちろん、
ソロ、歌手の伴奏、弦楽アンサンブル、金管楽器ともバランスが良いです。
繊細なタッチでよく歌う楽器です。
中規模の礼拝堂やホールでも充分に行き届くボリュームです。

f0161652_00545547.jpg


ご興味のあります方は以下をどうぞお読みください。

f0161652_00534365.jpg


。。。。
ポジティフオルガン

アンドレア・ゼーニ工房(イタリア・ドロミテ、フィエンメ渓谷)
2015年制作

3ストップ半
ボルドーネ8 バス+ソプラノ分割可
フラウト4 バス+ソプラノ分割可
ナザート 
中央ドからソプラノパートのみ
プリンチパル2 全域

鍵盤域:C-g'''
音高:415、440、466Hz移動可

本体寸法:幅120cm、奥行62cm、高さ102cm

f0161652_00572226.jpg


正面扉(取り外し可能)、鍵盤木製カバー、譜面台、椅子付き。
楽器下に4つの車輪付き。平坦な場所なら簡単に押して移動可能。
また、上下二つに分解して持ち運びできます(男性3~4人)。

f0161652_01100697.jpg


価格:28500ユーロ

価格に含まれるもの
梱包、イタリアから日本税関(港)までの運送費。
ビルダーの日本までの渡航費。
搬入先での楽器調整費。

価格に含まれないもの
日本の港から搬入先までの国内運送費。
日本の通関料、消費税。
ビルダーの日本国内移動費。
楽器調整中のビルダーの食事、宿泊の手配(2人分、1~2日)。

f0161652_00562313.jpg


御興味があります方
aiyoshidaorg@gmail.comまでお便りください。
日本に同じ楽器がありますので、見学のお取次ぎもお手伝いします。


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-08-30 03:37 | オルガン工房 | Comments(0)

数年ぶりに釣り

アレちゃんが最後に釣りをしたのは、なんだかんだ言ってもう5年位前。
倉庫にしまいっぱなしだった釣具を出してきて
久しぶりに向かいの山に登りました。
釣りたい場所は山上の湖から流れ出る支流。
そこまで急勾配をひたすら1時間半。
久しぶりに張り切りすぎて私は翌日寝込みました(笑)。
いきなり無理するものではありません・・

後から上ってくる2人組が見えますか?
あっという間に笑われながら抜かされたけど。
すごい勾配でしょーー??

f0161652_22332409.jpg


ここが目的地。
急に視界が開けて、きれいな草原に小川が流れてて、
360℃自然しかなくて、天国みたいなところ。

お弁当のこれ頬張ってから、モミの木の下で30分昼寝。
f0161652_22475629.jpg


湖から流れてくる滝が遠くに見えてます。

f0161652_23013500.jpg


静かな自然の中に身を置いていると見えてくる、
色んなストーリー。

f0161652_04491107.jpg

蜂と蝶々がいっしょに。
f0161652_22285985.jpg


袋の取っ手で休んでた。
f0161652_00091010.jpg

目を凝らせば凝らすほど見えてくる、色んなキノコ。
f0161652_00440310.jpg

f0161652_01092090.jpg

f0161652_04323262.jpg

いよいよ、釣り開始☆

童心に帰るアレちゃん。

f0161652_23203179.jpg


あっちからこっちへホイホイと移動。

f0161652_23400622.jpg

水の音を聴いているのが心地よ~い。
f0161652_04383782.jpg

キノコの生える斜面と緑の水溜りに同化中。
f0161652_23584435.jpg


22センチ以上の魚はお持ち帰りできるけど、
釣れたのはどれも小さかったので、針を抜いてあげて川に戻します。
これはサルメリーノという山の上に生息する淡水魚。
鱒の仲間。あとは虹鱒も獲れます。

f0161652_23380906.jpg


松、モミが生えてて、苔の湿気た匂いが漂ってきて、
どことなく日本の森みたいで落ち着く~。
あとは温泉が沸けば文句なし!

f0161652_00362996.jpg



・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-08-21 05:42 | ドロミテの景色 | Comments(0)

ドイツ・ハレのオルガン Halle

おらが村から電車で北上して約8時間の旅。
ドイツ、ライプツィヒからも近い町、ハレ Halle。
ハレといえば音楽家ヘンデルが生まれた町。
町の中心の広場に立つ彼の銅像の足元では
ドイツ人の台所が垣間見られる美味しそうなマーケット。
ドイツ独特の懐かしい香り。

f0161652_21553388.jpg

その広場に面したこちら、マルクト教会で
オルガンコンサートを弾かせていただきました。
この二塔の間の橋には、市に雇われた定期的に楽隊が登り、
時刻を知らせる音楽を今でも奏でています☆
また、塔の下にはマルティン・ルターの石碑が。
ルターの遺骸が故郷に戻る時この教会に立ち寄った経緯から、
今では教会内の展示室でルターのデスマスクを見ることができます。

f0161652_22000689.jpg

教会の外壁に貼られた、この教会に関わった重要人物のリスト。
ルネサンス時代のオルガンの名手サムエル・シャイトが2年間、
幼いヘンデルの音楽教師でもあったザッコウ、
そしてJ.S.バッハの長男フリーデマン・バッハが18年間、
この教会に従事していたという、由緒ある教会です。

f0161652_22033766.jpg

教会の扉に張られたドキッとするような色彩の
オルガンフェスティバルのポスター。

f0161652_22015282.jpg

美しい後期ゴシック様式の教会内部。
この教会には4つの塔があるのですが、
元々2つの塔を持った二つの教会が並んで建てられていたものを、
16世紀半ばに一つの教会としてくっつけて拡大されたもの。
そしてその後の宗教改革で、カトリックからルター派の教会に。

f0161652_22061436.jpg

正面祭壇の上方に鎮座する、小さくそして美しいこのオルガンは
G.ライヒェルReichelが1663-1664年に建築した楽器。
若いヘンデルは当時オルガニストだったザッコウから、
このオルガンで音楽指導を受けています。

f0161652_22091583.jpg
一段鍵盤 6ストップ。
1972年に修復され、かのシャイトやヘンデルらも味わったであろう響きを
今日でも堪能することができます。
6色の音色それぞれが上品な輝きを持った本当に美しい楽器。
どんな組み合わせにしてもきれいで、いつまでもずーっと弾いていたい☆
f0161652_22133770.jpg
私はここでルネサンスから初期古典派までの、
オール・イタリアンのプログラムを弾かせていただきました。
ドイツの楽器でイタリアン弾いたらヤボッタくなるかな?心配したけど、
本当に美しいオルガンというのは何を鳴らしても美しいですね~!
小さな楽器から溢れる響きが、大きな会堂いっぱいに満たされた、
心地よい時間でした。
f0161652_22150263.jpg

ちなみに、この教会には4段鍵盤の大きなオルガンもありますが、
現在天井修復中のため楽器の前に足場がかかってしまってコンサートできない状態。
秋には工事が終わるらしいですけど。

この教会ではオルガンフェスティバルのほかに、
毎週火曜日16時~、木&土曜日12時~に、30分のオルガンコンサート、
また一年を通して多くのカンタータ礼拝やオラトリオコンサートをしています。
近辺を旅行されるときにはぜひ!
詳しくはこちらから確認してくださいね

f0161652_22241399.jpg


帰りの電車を待ちながら、朝早くの散歩。
木組みのドイツらしい小道。

フリーデマン・バッハ広場を発見。
近くにはフリーデマン・バッハとヘンデルの博物館があります。

f0161652_22195422.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-08-20 21:33 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

パンペアーゴのお祭り Pampeago


おらが村の裏山、冬はスキー場になる
パンペアーゴの夏祭りに行ってきました。
山肌に沿って歩くなだらかな一本道は、
今日は巡礼街道のように人がいっぱい。

f0161652_06163084.jpg
そんな山肌のところどころにテントが張られ、
そこでお昼ご飯が食べられます。
私たちはおらが村吹奏楽団のブースでランチ。
f0161652_05473434.jpg


団員たちが一晩前からじっくり焼いてた豚の丸焼きは一時間で完売。
代わりにルガネガというソーゼージを開いて焼いた郷土料理+
トミーノというとろっとしたチーズ乗せを注文。
これも美味しかった~☆

f0161652_06103861.jpg


時に料理人、時に楽隊の団員たちが、ローカルな音楽で盛り上げます。

f0161652_06124936.jpg


ここ、実は第一次大戦前までは、オーストリアとイタリアを分けていた山。
今でも南チロル州とトレンティーノ州の県境。

f0161652_06200085.jpg


私たちのようにイタリア側から登ってくる人と、
南チロル側からの人が交差します。
民族衣装を着た可愛いギャル軍団も。

f0161652_06224222.jpg


水色のハイジ。

f0161652_06272778.jpg


きれいに刈られた草の上で、みんな思い思いに遊んだり寝転がったり。
もちろん私たちも。あーこういうダラリンとした時間が欲しかったの~ん☆☆

f0161652_06301657.jpg


反対斜面には羊の群れ。
羊フェチの私にはたまらない光景。
でもあっちまで行くにはちょっと遠くて断念・・

f0161652_06421324.jpg


例年にも増して暑いドロミテですが、
山の上はなんとなーくすでに夏の終わりを感じさせる雰囲気。
あともうちょっと、夏を楽しみたいです。

f0161652_06452236.jpg




・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-08-15 06:48 | ドロミテの景色 | Comments(0)

ソプラノ&メゾ&チェンバロ&オルガンコンサート



7月に3回、ソプラノ&メゾソプラノのDuetコンサートを
チェンバロとオルガンの伴奏で共演しました。
どの教会も、小さなアンサンブルに最適な小振りの教会。
そしてどの教会もドロミテの山が背後に聳える絶景!

f0161652_05414406.jpg


ソプラノはドイツ・ミュンヘン近郊を拠点に活躍している
歌姫、小池久美子さん。
ドイツ留学時代によく一緒にアンサンブルしたりして
音楽でもそれ以外でも沢山遊んでもらった仲良しのお友達。
バロックアンサンブルの醍醐味を教えてもらった大切な人☆
今回はその久美ちゃんとの久しぶりの共演~!
本当に変わらず美しい歌声と益々豊かな音楽性に
伴奏しながらうっとり~(ラブ☆)
f0161652_05513036.jpg

メゾソプラノのオダはオランダ人。
イタリア人と結婚してドロミテの山に住みながら、
声楽を中心とした音楽フェスティバルを主催したり、
オランダとイタリアを行き来して積極的に活躍中。
f0161652_06010511.jpg

念願かなって、この2人の夢の共演の、
なんと3回連続コンサート!

ソロとデュエット、宗教曲からオペラのアリアまで、
時々オルガンのソロ&連弾もありと、
1時間にヴァリエーション豊かなプログラムで
お客様にも楽しんでいただけたみたいです☆

f0161652_06341018.jpg
1800年のオルガンで連弾。
f0161652_06140785.jpg
でも一番の目玉(?!)は、アンコールの日本歌曲「さくら」。
久美ちゃんとオダが「さくら」を歌いながら、
舞台を下りてお客様に鶴を手渡していきました。
伴奏はチェンバロのリュートレジスターで琴っぽく☆
みんなうっとり、そして大喝采!
f0161652_06075126.jpg

ほんとに楽しいコンサートツアーでした☆
またやりたいねー!

f0161652_06362911.jpg
追加:
コンサートの空き日に、つかの間のお散歩。
f0161652_06451851.jpg
おらが村が一望できる丘。
今年はドロミテも暑いです。
f0161652_06560862.jpg




・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-08-14 06:57 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

2018年7月のドロミテ・オルガン・アカデミー

ドロミテオルガンアカデミー第一弾。
今年も楽しく充実した一週間を終了しました!
7月は4名の方を迎えた、アットホームな会。
みなさんのおらが谷到着日が、なんとワールドカップ決勝戦の日。
4年に一度のこの日がアカデミーの初日と重なるなんて、
きっと今後もなかなかないことなので、
みんなでホテルのロビーのテレビで
おつまみ食べながらサッカー観戦☆
そんなスタートを切った今年のアカデミーでした。

f0161652_17540285.jpg


ある夕方。おらが村を見渡せる反対斜面にドライブ。
一週間いいお天気に恵まれました。

f0161652_03492254.jpg


5日間のアカデミーの間に、6台のオルガンを使ってレッスン。
この日はちょっと遠出して、こんなドロミテチックな村へ。
f0161652_18091650.jpg

この辺りで一番古い楽器の一つ、1660年に作られて
最近修復されたイタリアンの歴史楽器を半日堪能。
教会貸しきり状態☆

f0161652_17555890.jpg

こちらは1803年に建てられたイタリアン歴史楽器。
美しい祭壇の後ろに回って演奏します。
イタリアの曲はイタリアの楽器で弾くとばっちりキマリます☆☆
f0161652_18110239.jpg
こちらは南ドイツバロック様式の楽器。
kさん、いただいた写真お借りしました~☆

f0161652_04080940.jpg

はたまたこの日は、ドイツロマン派様式の楽器で、
大きな教会の長い残響に溶ける響きを堪能。
みなさん大曲を熱演中!
f0161652_03414703.jpg



最終日には、小振りだけど素晴らしいオルガンのあるこの教会で、
教会修復献金を募るチャリティーコンサートを皆で演奏。
小さな会でしたが、毎年楽しみに来てくれる村人や観光客もいて、
温かく素晴らしいコンサートとなりました!
コンサートの写真を撮り忘れ!みなさんごめんなさい・・!
本番前の最後のレッスン↓。イエス様に見守られながら・・☆

f0161652_04160999.jpg



オルガン以外も色々楽しみましたね☆
夏の間毎週やってるおらが村祭りを散策したり。

f0161652_03112516.jpg


レッスンの合間にがっつりアイス。

f0161652_03473071.jpg

ある日のホテルの夕食。林檎のリゾット。
f0161652_04251861.jpg

目に耳にお腹に充実感たっぷりの一週間でした☆
楽しい時間をありがとうございました!
f0161652_17492531.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-08-14 04:34 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(0)