<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本福音ルーテル大分教会のオルガン

日本福音ルーテル大分教会に
アンドレア・ゼーニ工房のオルガンが建ちました。
f0161652_05114960.jpg
教会建設当初からバルコニーは用意されていたこの教会。
私たちは約一年前に教会を訪れて、
この礼拝堂のデザインや音響を見聴きし、
教会の方々と様々な意見やアイディアを交わし、
イタリアの工房で丁寧に制作され、
遂にこの場所のためだけの、
世界に一つの美しい楽器が完成しました!
f0161652_05513596.jpg
町の人の関心も高く、
設置作業中、有名新聞社各社も取材にきました。
テレビ大分が数日撮影にいらして、
素敵なドキュメンタリー動画を作ってくださいました。
とてもよくできています! 
ぜひこちらから見てくださいね☆
↓↓↓
「イタリアから大分へ パイプオルガンの調べ」


・・・・
教会には、製作中の様子を工房から送っていた画像が
引き伸ばされて壁に貼られていました。
ずっと楽しみに待っていてくださったことが感じられました!
f0161652_06235435.jpg
空間だったバルコニーに足場と昇降機を使って
オルガンの外枠を運び込み、組み立てていくところ。
f0161652_06223745.jpg
金箔も舞う美しい彫刻を嵌め込み中。
f0161652_06294198.jpg
内部のメカニックも徐々に繋げ、
小さな箱の内臓がどんどん満たされていきます。
f0161652_06334480.jpg
オルガンの背後に低音部の木管パイプを設置中。
このパイプは、おらが谷の最高級の赤モミの木。
f0161652_06373457.jpg
一本一本のパイプにじっくりと整音作業を施しながら、
内部にも小さなパイプが徐々に並べられていきます。
私がすごい高い足場にいるところも見てね(汗)。
f0161652_06520817.jpg
順番待ちのパイプたち。
種類ごとに順番に並べておくのが私のシゴト☆
f0161652_06465763.jpg
テレビ大分さん取材中☆
f0161652_06481555.jpg
全部で646本あるパイプの音のバランスを、
バルコニーに登ったり降りたりと何往復もしながら確認し、
一本一本手にとって延々と微調整を繰り返すこと数日。
最後の一本入った~!!
牧師先生、決定的瞬間を頂上から撮影中。
f0161652_06573673.jpg
でもまだまだ終わらない。
今度は鍵盤メカニックなどの調整中。
f0161652_07010518.jpg
そして最終日、遂に足場撤去!
以前からずっとここに在ったかのように、
見事に礼拝堂と一致した美しい姿が現れた瞬間。
そして、祝別式と試奏演奏会の準備へ。
f0161652_07122066.jpg

演奏台周辺には沢山の木が使われて、
温かみのある華やかな印象。
八角形の教会のデザインに合わせ、
譜面台には八角形の象嵌彫刻が施されています。
f0161652_07152079.jpg
上を見上げれば、金箔が貼られたパイプの歌口から、
歌声が聴こえてきます。
f0161652_07243249.jpg
教会内外部から、50人ほどの方々が集まってくださり、
牧師先生に楽器の祝別をしていただいた後、
初弾き演奏をさせていただき、
皆で新しい楽器の音色を堪能しつつお祝いしました。

作業の様子を収めた写真を、
礼拝堂入り口の壁に展示してくださいました!
f0161652_07164745.jpg
今後、お披露目演奏会をはじめ、
毎日曜日の礼拝やコンサートなどで
このオルガンの音色を聴く機会が沢山与えられることでしょう。
イタリアと大分を繋いだこの楽器が、
これから教会や大分の財産として愛され育まれていくことを
心から願っています。


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-04-30 07:41 | オルガン工房 | Comments(0)

おらが谷、桜の季節

日本から戻ってきたら、おらが谷は春爛漫☆
たんぽぽで黄色く色づいていました。

f0161652_02280380.jpg


早咲きだった日本の桜を見逃してしまったので、
一ヶ月遅れのお花見に裏山へ。
アレちゃん実家で長い留守番を強いられていたバンブーも連れて、
今日は久しぶりに3人で一緒☆

f0161652_02424979.jpg
冷蔵庫にあった生ハムとチーズ、
それにパンと赤ワインを籠に放り込んで
ゴザ敷いて即席でお花見。
f0161652_03220641.jpg
かなり暑かったけど、
久々の田舎の緑をだらりんと深呼吸。
f0161652_03450528.jpg
柔らかい緑が出始めるこのくらいの季節が、私は一番好き。
遠くに鹿がいました。

f0161652_04190239.jpg
暑すぎてはーはー言ってたので退散。
家に帰るなり冷たい床タイルの上でゴロニャン。
毛が抜ける季節で大変です。
f0161652_04261859.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-04-30 04:53 | ドロミテの景色 | Comments(0)

2018年 ドロミテ・オルガン・アカデミーのご案内

※しばらくこの記事をトップでご案内します。
更新記事はこの下からお楽しみください☆



2018年のドロミテ・オルガン・アカデミーのご案内です。
夏のドロミテの山を仰ぎながら、パイプオルガンを弾いてみませんか。

世界遺産ドロミテ山塊の麓フィエンメ渓谷を拠点に、近郊の教会を巡りながら、
様式の異なる様々なオルガンでレッスンを受講、聴講していただきます。
また、オルガン工房を見学、ドロミテ散策なども計画しています。
最終日には終了コンサートで演奏していただけます(任意)

パイプオルガンを学んでおられる愛好家、教会オルガニスト、
学生さんからプロの方まで、毎年幅広い方々にご参加いただいています。
f0161652_05551436.jpg

場所:
北イタリア、トレンティーノ州、フィエンメ渓谷(Val di Fiemme)

課題曲: 
自由選択
見学するオルガンに合わせたレパートリーをこちらからもご推薦いたします

宿泊:
フィエンメ渓谷のホテル 一泊80ユーロ前後(朝食夕食込み)。
ご希望のお部屋のスタイルによって異なります

日程: 
①7月16日~7月20日
(7月15日集合、7月21日午前解散)
定員4名(日本人対象)
参加費 500ユーロ
↑定員に達したためお申し込み締め切りました↑

②9月4日~9月9日 
(9月3日集合、9月10日午前解散)
9月9日はカヴァレーゼ村のヤギの下山祭を見学します
定員8名(国籍問いません)
参加費 300ユーロ
※②は 
テゼロ村オルガン協会企画の「ドロミテオルガン週間」です。
日本人に限らず広くご案内しております。
協会員でない方には50ユーロの入会費を任意でお願いしています。

・・・・・・・

お問い合わせ、参加ご希望の方は、以下のメールまでご連絡ください。
その際どうぞ、お名前、お歳、簡単なオルガン歴をお伝えください。 
≪aiyoshidaorg(アッドマーク)gmail.com≫

皆様のおいでをお待ちしております!

f0161652_21572574.jpg


[PR]
by organvita | 2018-04-04 09:14 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(0)

イースターおめでとう

☆イースターおめでとうございます☆

イースター前夜祭、おらが谷ではうっすら雪が降りました。
が、それでも春の訪れを少しずつ感じられるような今日この頃。
イースターの朝は快晴!

f0161652_08362121.jpg

最近毎日のように弾いていたミサも、この日が一段落。
黄色と白の花で飾られた喜ばしいイースターの祭壇。

f0161652_08374094.jpg

イースター前夜祭も日曜日の朝も、教会の中はいっぱいの人。

f0161652_08422053.jpg

ドイツ語ミサとイタリア語ミサを続けて弾きました。
こっちはイタリア語の聖歌隊。
言葉が違うとレパートリーも歌い方も違ってきて面白いです。

f0161652_08452662.jpg

卵型のチョコレートをもらった☆

f0161652_08472464.jpg


さてさて、実は明日、日本に飛びます~
九州でオルガンを建てます!
良い報告ができることを祈りつつ!
しばらく留守にするので、昨日はバンブーを
アレちゃん実家に預けにいきました。
ヴェネトの実家は春爛漫☆

f0161652_08490378.jpg


高い塀で囲まれた庭のある実家では
バンブーはお外に出してもらえるので、
しばしのお別れにシンミリしてる私たちをそっちのけで、
親なし生活を早速エンジョイ中。

f0161652_08503702.jpg


この家のご主犬リリーを激しく威嚇しつつ、
我が物顔で実家を行進中のバンブー。
そして侵入者にテリトリーを犯されても何もいえず
離れたところから見てる気の弱いリリー。
リリーちゃん、しばらくよろしく頼みます・・・。

f0161652_08515950.jpg


行ってきま~す!

f0161652_09032389.jpg



・・・・・・・


リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 

[PR]
by organvita | 2018-04-04 09:06 | ドロミテの生活 | Comments(0)