人気ブログランキング |

カテゴリ:ドロミテの景色( 220 )

裏山の動物たち

雪も溶けて少しずつ春が近づいている気配を感じるこの頃。
久しぶりに裏山を散歩しました。
雪の残るドロミテをバックに挨拶に駆けてきた番犬。
f0161652_22062618.jpg

動物も日中は外で過ごせるような気候になってきました。
丸い腰周りがごろりんと連なる風景。

f0161652_22074387.jpg

一句。
ほんわかと ウン○の香り 春近し。

f0161652_22110599.jpg

あどけない子牛ちゃん。のびのびと育ってます。

f0161652_22155628.jpg

こっちにも羊の集落。

f0161652_22235483.jpg

200パーセントリラックス中。

f0161652_22332893.jpg

裏山にはエリカの花が咲いていました。

f0161652_23122696.jpg

季節の変わり目に咲くエリカ。
もう冬は終わったよ、の合図。

f0161652_23160622.jpg
小さな春が顔を出しています。
f0161652_23481670.jpg

ところで、昨年10月末に起こった大風の惨事。
裏山も一部でこの有様です。
ここからは谷の下が見えないくらい木が茂っていたのに
今ではこんな状態。
ここはエリカの花が咲き乱れる森だったのですが、
その山道はもう跡形もありません。

f0161652_23234636.jpg


暖かくなると苔が生えたり虫に食われて木がだめになるので、
雪が解けた今、急ピッチであちこちで木を切り倒す撤去作業が
進められていますが、それだけでも数年かかるといわれています。
この冬は雪も雨も少なかったので村人たちは困っていますが、
逆に雨が降ると大量の木がなくなった山肌が
地すべりを起こすとも心配されていて、
どちらにしてもかなり難しい状況です。

f0161652_23460221.jpg


隣村までの山道を遠回りに歩いて片道1時間。
久しぶりにいい散歩ができました。

f0161652_00151116.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2019-03-24 06:50 | ドロミテの景色 | Comments(2)

先週まで雪とはほとんど無縁だったおらが谷。
この週末にどっぷりと降っています。
やっと冬の山らしくなりました。

f0161652_22480558.jpg


雪の中のおらが村。

f0161652_22502271.jpg


村の中も大粒の雪。

f0161652_22534381.jpg
f0161652_23075626.jpg


車の通らない道は雪たんまり。

f0161652_23204256.jpg


f0161652_23362385.jpg


車で山を下りて行く週末の仕事はざっくりキャンセル。
お陰でブログ更新する時間ができた~。


・・・・・・・

リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2019-02-03 23:42 | ドロミテの景色 | Comments(0)

プステリア渓谷でのプチ週末

ドロミテの北側、プステリア渓谷にプチ旅行してきました。

夏はエメラルドグリーンのブライエス湖。
湖一面が凍ってかなり寒いけれど、
岩肌が眼前に迫る山塊に向かって
湖面をたくさんの人が散歩中。

f0161652_07341423.jpg


船着場も氷の上。

f0161652_07454659.jpg


湖畔の小さなチャペル。

f0161652_08252578.jpg

ブライエス湖に近い町、トブラッハ(イタリア語でドッビアーコ)の教会。

f0161652_00270174.jpg


甘い彩りの教会内部とオルガン

f0161652_00294874.jpg


さて、郊外にあるこの家は、
作曲家マーラーが数年夏の避暑に通ったところ。

f0161652_00592322.jpg


壁に掲げられたイタリア語とドイツ語での石碑。
この辺りは第一次大戦まではオーストリア領。今はイタリア領ですが、
ドイツ語が主流です。
「1908~1910の夏の季節ここにグスタフ・マーラーが住み、
交響曲「大地の歌」、交響曲第9番、未完の交響曲第10番を作曲した。」

f0161652_00414137.jpg


中は今は素朴なレストラン。典型的な地方料理が食べられます。
壁に掛けられたマーラーの手紙を見ながらお茶。

f0161652_01031197.jpg


家のすぐ裏にあるマーラーの「作曲小屋」。
中には展示もあるらしいけどこの日は入れませんでした。

f0161652_01045873.jpg


近郊のもうひとつの町、ブルネック(ブルニコ)。
色とりどりのかわいらしい家が並ぶ商店街。

f0161652_01265984.jpg


町のすぐ上にあるメスナー博物館へ。

f0161652_01301792.jpg

南チロル州のヒーロー、ラインホルト・メスナーは、
8000M峰を酸素ボンベなしで登頂した初めての人物。
彼は南チロル州の古城を4つ買い取り、
メスナー博物館として展開し、ドロミテの観光業に大きく貢献してます。
ここはそのひとつで、世界中の「山の生活」をテーマにした博物館。

f0161652_01342412.jpg

ヨーロッパのお城の入り口を入ると迎えてくれる、
日本製の仏像。

f0161652_01364119.jpg

異国情緒たっぷりの博物館。
f0161652_01374375.jpg


楽しいプチ週末でした☆
夏にも出直したいな。


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2019-01-28 01:41 | ドロミテの景色 | Comments(0)

ドロミテの被害

しばらくブログを書く時間が取れずにいましたが、
そろそろ紅葉の美しい写真でも、と思っていた矢先、
イタリア全土に大雨警報が出されました。

ドロミテ地方も日曜日から雨が降り出し、
月曜日の夜に暴風雨。
台風かと思わせるようなすごい風と横殴りの雨で
家の前の道が川のようになっていました。
さすがにひどいと思って、車を車庫に入れた直後、
夜20時半から停電。
火曜は一日中携帯の電波も入らず。

幸いこの村自体には被害はなく、
我が家も他の多くの家と同じように薪暖炉なので、
お湯も沸かせ部屋も温められ、料理もできました。
翌日火曜日の夕方に電気が戻り、携帯も使えるようになりました。
(今でも時々途切れますが)

しかし隣村では水も数日止まったり、浸水した家もあります。
谷自慢のパネヴェッジョの森をはじめ、至る所の森がひどいことになっています。
トレンティーノ・アルトアディジェ州の20%の木が倒れたといわれていて、
これが元と同じようにに戻るのに100年かかると、今日のニュースでは言っていました。
日に日に被害の様子がわかってきています。
ドロミテの東側、ベッルーノ地方では未だに孤立し、
電気&水道が通っていない集落がいくつもあります。
泥の雪崩でひどい状況です。
ドロミテの一大観光名所のひとつ、カレッツァ湖周辺の樅の木も
平地のようになぎ倒されています。

ネットから拾ってきた写真ですが、被害の様子をお伝えします。




フィエンメ渓谷のプレダッツォ村の奥の森。

f0161652_05581831.jpg


近所の滝。狂ったような茶色い水量。

f0161652_05584158.jpg


その滝に通じる国道から渡る橋が陥没。
今日もこの前を車で通りましたが、いまだこのまま。
川幅が大きく広がっていて、木がごっそり倒れています。

f0161652_06000261.jpg


こんな風景があちこちに広がっています。

f0161652_05593123.jpg
f0161652_05590853.jpg


早い復興をお祈りください!


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2018-11-03 06:40 | ドロミテの景色 | Comments(0)

数年ぶりに釣り

アレちゃんが最後に釣りをしたのは、なんだかんだ言ってもう5年位前。
倉庫にしまいっぱなしだった釣具を出してきて
久しぶりに向かいの山に登りました。
釣りたい場所は山上の湖から流れ出る支流。
そこまで急勾配をひたすら1時間半。
久しぶりに張り切りすぎて私は翌日寝込みました(笑)。
いきなり無理するものではありません・・

後から上ってくる2人組が見えますか?
あっという間に笑われながら抜かされたけど。
すごい勾配でしょーー??

f0161652_22332409.jpg


ここが目的地。
急に視界が開けて、きれいな草原に小川が流れてて、
360℃自然しかなくて、天国みたいなところ。

お弁当のこれ頬張ってから、モミの木の下で30分昼寝。
f0161652_22475629.jpg


湖から流れてくる滝が遠くに見えてます。

f0161652_23013500.jpg


静かな自然の中に身を置いていると見えてくる、
色んなストーリー。

f0161652_04491107.jpg

蜂と蝶々がいっしょに。
f0161652_22285985.jpg


袋の取っ手で休んでた。
f0161652_00091010.jpg

目を凝らせば凝らすほど見えてくる、色んなキノコ。
f0161652_00440310.jpg

f0161652_01092090.jpg

f0161652_04323262.jpg

いよいよ、釣り開始☆

童心に帰るアレちゃん。

f0161652_23203179.jpg


あっちからこっちへホイホイと移動。

f0161652_23400622.jpg

水の音を聴いているのが心地よ~い。
f0161652_04383782.jpg

キノコの生える斜面と緑の水溜りに同化中。
f0161652_23584435.jpg


22センチ以上の魚はお持ち帰りできるけど、
釣れたのはどれも小さかったので、針を抜いてあげて川に戻します。
これはサルメリーノという山の上に生息する淡水魚。
鱒の仲間。あとは虹鱒も獲れます。

f0161652_23380906.jpg


松、モミが生えてて、苔の湿気た匂いが漂ってきて、
どことなく日本の森みたいで落ち着く~。
あとは温泉が沸けば文句なし!

f0161652_00362996.jpg



・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2018-08-21 05:42 | ドロミテの景色 | Comments(0)

パンペアーゴのお祭り Pampeago


おらが村の裏山、冬はスキー場になる
パンペアーゴの夏祭りに行ってきました。
山肌に沿って歩くなだらかな一本道は、
今日は巡礼街道のように人がいっぱい。

f0161652_06163084.jpg
そんな山肌のところどころにテントが張られ、
そこでお昼ご飯が食べられます。
私たちはおらが村吹奏楽団のブースでランチ。
f0161652_05473434.jpg


団員たちが一晩前からじっくり焼いてた豚の丸焼きは一時間で完売。
代わりにルガネガというソーゼージを開いて焼いた郷土料理+
トミーノというとろっとしたチーズ乗せを注文。
これも美味しかった~☆

f0161652_06103861.jpg


時に料理人、時に楽隊の団員たちが、ローカルな音楽で盛り上げます。

f0161652_06124936.jpg


ここ、実は第一次大戦前までは、オーストリアとイタリアを分けていた山。
今でも南チロル州とトレンティーノ州の県境。

f0161652_06200085.jpg


私たちのようにイタリア側から登ってくる人と、
南チロル側からの人が交差します。
民族衣装を着た可愛いギャル軍団も。

f0161652_06224222.jpg


水色のハイジ。

f0161652_06272778.jpg


きれいに刈られた草の上で、みんな思い思いに遊んだり寝転がったり。
もちろん私たちも。あーこういうダラリンとした時間が欲しかったの~ん☆☆

f0161652_06301657.jpg


反対斜面には羊の群れ。
羊フェチの私にはたまらない光景。
でもあっちまで行くにはちょっと遠くて断念・・

f0161652_06421324.jpg


例年にも増して暑いドロミテですが、
山の上はなんとなーくすでに夏の終わりを感じさせる雰囲気。
あともうちょっと、夏を楽しみたいです。

f0161652_06452236.jpg




・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2018-08-15 06:48 | ドロミテの景色 | Comments(0)

おらが谷、桜の季節

日本から戻ってきたら、おらが谷は春爛漫☆
たんぽぽで黄色く色づいていました。

f0161652_02280380.jpg


早咲きだった日本の桜を見逃してしまったので、
一ヶ月遅れのお花見に裏山へ。
アレちゃん実家で長い留守番を強いられていたバンブーも連れて、
今日は久しぶりに3人で一緒☆

f0161652_02424979.jpg
冷蔵庫にあった生ハムとチーズ、
それにパンと赤ワインを籠に放り込んで
ゴザ敷いて即席でお花見。
f0161652_03220641.jpg
かなり暑かったけど、
久々の田舎の緑をだらりんと深呼吸。
f0161652_03450528.jpg
柔らかい緑が出始めるこのくらいの季節が、私は一番好き。
遠くに鹿がいました。

f0161652_04190239.jpg
暑すぎてはーはー言ってたので退散。
家に帰るなり冷たい床タイルの上でゴロニャン。
毛が抜ける季節で大変です。
f0161652_04261859.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2018-04-30 04:53 | ドロミテの景色 | Comments(0)

週末のカントリースキー

週末、カントリースキーに行ってきました!
場所はおらが谷の山の上、
トレンティーノ州と南チロル州に跨るラヴァツェ峠。

f0161652_00515638.jpg


今回はスキーコーチ付き☆
コーチは私のピアノの生徒、77歳のジョヴァンニ。

f0161652_01003167.jpg


山を愛する彼は、若い時に中部イタリアの美しい町から
ドロミテのおらが谷に家族仕事共々移り住んで、
今はリタイア・ライフを謳歌中。
毎日のように愛犬のゴールデンレトリバーを連れて、
夏は岩山、冬はアルペンスキーに奔走する生粋の山男。
77歳といっても私の10倍体力あります。

でも、いつか山歩きできなくなっても、家での楽しみがあるようにと
小さい時から憧れだったピアノを、70歳を超えてから、
全くのゼロから始めました。
今はショパンのノクターンをナントカ弾いてます。


レッスンでは娘と同じ年のアジアの女にやられっぱなしだから(爆)
アイができないことをオレが教えて仕切りたいっ!というので、
まずはカントリースキーを教えてもらうことに!
みんなのオフ日、快晴、雪質最高の日を待つこと2年(笑)。
ついにこの土曜日に連れて行ってもらいました。

f0161652_01402161.jpg


これまでほとんど見よう見まねで滑っていた私たち。
カントリースキーの大会でたくさんの受賞経験もある彼に
半日丁寧に教えてもらって、秘伝のワックスも塗ってもらって、
今まで進まなかったスキーが進むようになってきた~!
雪質とワックスの塗りがいいと、こんなに違うんですねえ~。
持つべきは多(別)方面で優秀な生徒(笑)。

スキーの体の動かし方も、ピアノの指使いも、
自然にこなせるようになるまで繰り返すことが大事だよねとか、
雑談しながら滑ってると気が散って、
時々右手と右足が一緒に出てひっくり返りそうになる私でした。

途中の山小屋でコーヒータイム。

f0161652_02001662.jpg


番犬がお出迎え。
人懐っこくて、コーヒー飲んでる間ずーっと私にぴったり。
f0161652_01542074.jpg


最近オープンしたばっかりの小奇麗な山小屋。
車で入ってくることはできない所にあるので、ちょっとご褒美気分。

f0161652_02151806.jpg


ドロミテぐるっと一望の絶景。今年は雪が多いです。
雪野原になっているところには、この辺りで有名な巡礼教会が。
次回はあそこまでスキーで巡礼に行くぞー!?

f0161652_02213084.jpg


まあとにかく、いいお天気でした!

10キロ近く滑った翌日の今日は、股間がすごい筋肉痛です。
日曜ミサでオルガンのペダル弾けないかと思った。
f0161652_02281012.jpg

今この記事書いてたらジョヴァンニから携帯メールが。
楽しかったなら雪がいい内にまた近々連れてくって!
わーい!続編書けるといいなー☆




by organvita | 2018-02-12 02:35 | ドロミテの景色 | Comments(0)

あけましておめでとうございます 2018

遅ればせながら、
あけましておめでとうございます

いつもブログに遊びにきてくださり、ありがとうございます!
今年ものんびりと更新していきます。
どうぞよろしくお願いします☆

f0161652_05434556.jpg


2週間の冬休み。ミサをたくさん弾いて(16回!)ヨレヨレになったり、
アレちゃん実家でダラダラと過ごしたり、
あっという間に過ぎていきました。

年越しはおらが村の友達と持ち寄り料理でお祝い。
私はリクエストに答えて今年も巻き寿司担当。

f0161652_05560676.jpg


年明け夜中0時のおらが谷の花火!
火事になりやすいので自粛するように、ということになっているのですが、
それでも結構あがってました。きれい☆☆

f0161652_05533091.jpg


この冬は12月に何度も雪が降って、元旦も朝から雪!
お正月に雪が降ったのは、おらが村生活10年で初めて。
クリスマスもお正月も白銀の世界でした。
寒いけど、冬の山はやっぱり雪が似合います。

f0161652_06050996.jpg


新年の夕焼け。

f0161652_06084543.jpg


お正月明けにまだクリスマスネタですが、
ヨーロッパではクリスマスは1月6日の公現祭までがお祝い。
年明けに遊びに来てくれた友達と、
おらが村にたくさん飾られているプレゼピオを見て歩きました。

これは広場の等身大のプレゼピオ。
クリスマスを迎えて、幼子イエスさまが置かれています。

こんな感じでライトアップされたお家の間を練り歩きながら。
f0161652_06164001.jpg


普段は開放されていない普通のお家の納屋。
昔は家畜が繋がれたりしていた場所。
そんなところにも潜り込むとプレゼピオが展示されています。

f0161652_06211429.jpg

ものすごく精巧なフィギュアの世界!
f0161652_06372645.jpg

玄関の軒下。
f0161652_06250904.jpg


薪の間。

f0161652_06262270.jpg


ちいさな窓の中。

f0161652_06274387.jpg


普段はわざわざ通らない家と家の間の抜け道にちいさな発見。

f0161652_06294805.jpg


年代物の高価なプレゼピオのほかに、
こんなほほえましいプレゼピオも。
これ、幼稚園の子供がとうもろこしの食べ残しの芯で作った羊ちゃん。

f0161652_06314468.jpg


今年新しく加わったプレゼピオがちょっと話題。
オルガンの部品でできたプレゼピオ!

(昔パイプオルガンを作っていた楽器工房が出展)

f0161652_06352120.jpg

椰子の木がいい感じ☆
f0161652_06361171.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2018-01-09 06:43 | ドロミテの景色 | Comments(3)

おらが谷のクリスマス市

トレントやボルツァーノ、メラノなど北イタリアの町には
大規模なクリスマス市があって観光客で賑わっていますが、
おらが谷では、小さなかわいらしい市が村ごとに立っています。
カヴァレーゼ村ではこんな馬車も運行中☆

f0161652_09323223.jpg
数は多くないけれど、谷のスローフードや
地元の作家さんの作品を並べた
谷の色濃いローカルな出店。
ただぶらつくだけでも楽しい☆
f0161652_09354962.jpg


f0161652_09371079.jpg


こちらはおらが村の広場。
等身大のプレゼピオの横にはクリスマス市の屋台が数件。

f0161652_09411369.jpg


等身大の人形と、剥製の動物たち。
幼子イエスさまはクリスマスイブの夜にやってきます。

f0161652_09422636.jpg


手作り感いっぱいのかわいいお店。

f0161652_09570770.jpg


フクロウ好きなアレちゃんの叔母さんには、
ここでプレゼント買おうかな。

f0161652_09581625.jpg

この一角では、週末に村の吹奏楽隊が吹いたり、
子供にクリスマスの本の読み聞かせ劇場が開かれたり。
大人のためのホットワインコーナーは夜遅くまで開業!
氷点下で飲むホットワインは暖まります☆
f0161652_09452275.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2017-12-23 10:07 | ドロミテの景色 | Comments(0)