2018年 ドロミテ・オルガン・アカデミーのご案内

※しばらくこの記事をトップでご案内します。
更新記事はこの下からお楽しみください☆



2018年のドロミテ・オルガン・アカデミーのご案内です。
夏のドロミテの山を仰ぎながら、パイプオルガンを弾いてみませんか。

世界遺産ドロミテ山塊の麓フィエンメ渓谷を拠点に、近郊の教会を巡りながら、
様式の異なる様々なオルガンでレッスンを受講、聴講していただきます。
また、オルガン工房を見学、ドロミテ散策なども計画しています。
最終日には終了コンサートで演奏していただけます(任意)

パイプオルガンを学んでおられる愛好家、教会オルガニスト、
学生さんからプロの方まで、毎年幅広い方々にご参加いただいています。
f0161652_05551436.jpg

場所:
北イタリア、トレンティーノ州、フィエンメ渓谷(Val di Fiemme)

課題曲: 
自由選択
見学するオルガンに合わせたレパートリーをこちらからもご推薦いたします

宿泊:
フィエンメ渓谷のホテル 一泊80ユーロ前後(朝食夕食込み)。
ご希望のお部屋のスタイルによって異なります

日程: 
①7月16日~7月20日
(7月15日集合、7月21日午前解散)
定員4名(日本人対象)
参加費 500ユーロ
↑定員に達したためお申し込み締め切りました↑

②9月4日~9月9日 
(9月3日集合、9月10日午前解散)
9月9日はカヴァレーゼ村のヤギの下山祭を見学します
定員8名(国籍問いません)
参加費 300ユーロ
※②は 
テゼロ村オルガン協会企画の「ドロミテオルガン週間」です。
日本人に限らず広くご案内しております。
協会員でない方には50ユーロの入会費を任意でお願いしています。

・・・・・・・

お問い合わせ、参加ご希望の方は、以下のメールまでご連絡ください。
その際どうぞ、お名前、お歳、簡単なオルガン歴をお伝えください。 
≪aiyoshidaorg(アッドマーク)gmail.com≫

皆様のおいでをお待ちしております!

f0161652_21572574.jpg


[PR]
# by organvita | 2018-02-12 02:44 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(0)

週末のカントリースキー

週末、カントリースキーに行ってきました!
場所はおらが谷の山の上、
トレンティーノ州と南チロル州に跨るラヴァツェ峠。

f0161652_00515638.jpg


今回はスキーコーチ付き☆
コーチは私のピアノの生徒、77歳のジョヴァンニ。

f0161652_01003167.jpg


山を愛する彼は、若い時に中部イタリアの美しい町から
ドロミテのおらが谷に家族仕事共々移り住んで、
今はリタイア・ライフを謳歌中。
毎日のように愛犬のゴールデンレトリバーを連れて、
夏は岩山、冬はアルペンスキーに奔走する生粋の山男。
77歳といっても私の10倍体力あります。

でも、いつか山歩きできなくなっても、家での楽しみがあるようにと
小さい時から憧れだったピアノを、70歳を超えてから、
全くのゼロから始めました。
今はショパンのノクターンをナントカ弾いてます。


レッスンでは娘と同じ年のアジアの女にやられっぱなしだから(爆)
アイができないことをオレが教えて仕切りたいっ!というので、
まずはカントリースキーを教えてもらうことに!
みんなのオフ日、快晴、雪質最高の日を待つこと2年(笑)。
ついにこの土曜日に連れて行ってもらいました。

f0161652_01402161.jpg


これまでほとんど見よう見まねで滑っていた私たち。
カントリースキーの大会でたくさんの受賞経験もある彼に
半日丁寧に教えてもらって、秘伝のワックスも塗ってもらって、
今まで進まなかったスキーが進むようになってきた~!
雪質とワックスの塗りがいいと、こんなに違うんですねえ~。
持つべきは多(別)方面で優秀な生徒(笑)。

スキーの体の動かし方も、ピアノの指使いも、
自然にこなせるようになるまで繰り返すことが大事だよねとか、
雑談しながら滑ってると気が散って、
時々右手と右足が一緒に出てひっくり返りそうになる私でした。

途中の山小屋でコーヒータイム。

f0161652_02001662.jpg


番犬がお出迎え。
人懐っこくて、コーヒー飲んでる間ずーっと私にぴったり。
f0161652_01542074.jpg


最近オープンしたばっかりの小奇麗な山小屋。
車で入ってくることはできない所にあるので、ちょっとご褒美気分。

f0161652_02151806.jpg


ドロミテぐるっと一望の絶景。今年は雪が多いです。
雪野原になっているところには、この辺りで有名な巡礼教会が。
次回はあそこまでスキーで巡礼に行くぞー!?

f0161652_02213084.jpg


まあとにかく、いいお天気でした!

10キロ近く滑った翌日の今日は、股間がすごい筋肉痛です。
日曜ミサでオルガンのペダル弾けないかと思った。
f0161652_02281012.jpg

今この記事書いてたらジョヴァンニから携帯メールが。
楽しかったなら雪がいい内にまた近々連れてくって!
わーい!続編書けるといいなー☆




[PR]
# by organvita | 2018-02-12 02:35 | ドロミテの景色 | Comments(0)

工房見学の週末&山歩き

向こう谷の友人が仲間を連れて
オルガン工房見学&おらが谷歩きにやってきました。

f0161652_06512486.jpg


定年した元学校教師のグループ。
飛び交う質問がさすが元先生たち。いいとこ突いてきます!
アンドレア社長も説明し甲斐があるみたいで楽しそう。
完成間近のこのオルガンを見てもらえてよかった☆

f0161652_06493541.jpg


たっぷり工房を堪能した後は、
森の中をみんなで軽く2時間ほどハイキング。
雪道の上をザクザクとおしゃべりしながら歩きました。
天気予報はXだったのに、まさかの快晴!

f0161652_07063508.jpg


定年ライフを楽しむこのグループ。
毎月末に会って、山歩きをしているんだそうです。

モミの木を切り出した山の合間。いい匂い。

f0161652_07083724.jpg


森から抜けたら、おらが谷が一望。
この日はなんだか春のような日差し。

f0161652_07111257.jpg


そして、このブログに度々登場するこの山小屋レストランが
ハイキングの終着点!
さあ、ランチタイム~☆
みんなこのためにがんばって歩いたのよ~

f0161652_07140117.jpg


山歩きでお腹が空いて、
ハムの盛り合わせをつまんだ後に、

f0161652_07161056.jpg


これ↓をガッツリ頼んだら、
あまりの大きさに半分も食べきれず、
お持ち帰りにしてもらった。

f0161652_07191477.jpg


別腹はあっさり完。

f0161652_07205774.jpg


食事の後は何処からともなくカードが出てきて、
カードゲームで盛り上がり。

f0161652_07225712.jpg


オルガン→山歩き→ご飯→カード。
なんとも充実した週末☆
楽しかったです~

・・・・・・・
リンク

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-01-31 07:33 | オルガン工房 | Comments(0)

公現祭のコンサート

もう一ヶ月前になるのですが・・・
クリスマスの締めくくり「公現祭」にちなんだコンサートを弾きました。
ここはおらが村の多目的ホール。
ここにポジティフオルガンを運んで。
オーボエ&ソプラノ&オルガンの共演。

プロのカメラマンが撮ってくれた写真がとてもきれいなので、
ここに載せちゃいます☆

f0161652_05313137.jpg


オーボエとオルガン、とってもよく合う☆
バッハからモーツァルト、チマローザ、シューマンや、
クリスマスの賛美歌にちなんだ小品を、
ソロ、デュオ、トリオといろんな組み合わせで。

f0161652_05330818.jpg


ソプラノのクララ、オーボエのグイドとも、
イタリアを奔走して活躍する音楽家だけど、
実は、おらが村出身&おらが村に深い縁のある人たち。
マボロシのトリオ実現!素晴らしい演奏&歌声を聴かせてくれました☆

f0161652_05351664.jpg


・・・・
さて、クララの歌の生徒ちゃん(17歳)が、
バッハのアリアで出てくるエコー部分を歌ってくれたりして
コンサートを手伝ってくれたのですが、
ぜひ寿司を作ってみたい!というので後日、我が家で寿司教室開催☆
おひつがなくて炊飯器のまんまですいません(汗)ちゃんと寿司飯も教えましたっ。
f0161652_06282084.jpg

具だけ色々並べてあげて「好きに巻いていいよ」と言ったら
手際よくクルクルと巻き寿司作ってました☆
きれいにできてるでしょ?!
f0161652_06265027.jpg


余った寿司を嬉しそうにお持ち帰りするVちゃん。
めっちゃかわゆい。

f0161652_06321256.jpg



・・・・・・・
リンク

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-01-31 06:43 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

あけましておめでとうございます 2018

遅ればせながら、
あけましておめでとうございます

いつもブログに遊びにきてくださり、ありがとうございます!
今年ものんびりと更新していきます。
どうぞよろしくお願いします☆

f0161652_05434556.jpg


2週間の冬休み。ミサをたくさん弾いて(16回!)ヨレヨレになったり、
アレちゃん実家でダラダラと過ごしたり、
あっという間に過ぎていきました。

年越しはおらが村の友達と持ち寄り料理でお祝い。
私はリクエストに答えて今年も巻き寿司担当。

f0161652_05560676.jpg


年明け夜中0時のおらが谷の花火!
火事になりやすいので自粛するように、ということになっているのですが、
それでも結構あがってました。きれい☆☆

f0161652_05533091.jpg


この冬は12月に何度も雪が降って、元旦も朝から雪!
お正月に雪が降ったのは、おらが村生活10年で初めて。
クリスマスもお正月も白銀の世界でした。
寒いけど、冬の山はやっぱり雪が似合います。

f0161652_06050996.jpg


新年の夕焼け。

f0161652_06084543.jpg


お正月明けにまだクリスマスネタですが、
ヨーロッパではクリスマスは1月6日の公現祭までがお祝い。
年明けに遊びに来てくれた友達と、
おらが村にたくさん飾られているプレゼピオを見て歩きました。

これは広場の等身大のプレゼピオ。
クリスマスを迎えて、幼子イエスさまが置かれています。

こんな感じでライトアップされたお家の間を練り歩きながら。
f0161652_06164001.jpg


普段は開放されていない普通のお家の納屋。
昔は家畜が繋がれたりしていた場所。
そんなところにも潜り込むとプレゼピオが展示されています。

f0161652_06211429.jpg

ものすごく精巧なフィギュアの世界!
f0161652_06372645.jpg

玄関の軒下。
f0161652_06250904.jpg


薪の間。

f0161652_06262270.jpg


ちいさな窓の中。

f0161652_06274387.jpg


普段はわざわざ通らない家と家の間の抜け道にちいさな発見。

f0161652_06294805.jpg


年代物の高価なプレゼピオのほかに、
こんなほほえましいプレゼピオも。
これ、幼稚園の子供がとうもろこしの食べ残しの芯で作った羊ちゃん。

f0161652_06314468.jpg


今年新しく加わったプレゼピオがちょっと話題。
オルガンの部品でできたプレゼピオ!

(昔パイプオルガンを作っていた楽器工房が出展)

f0161652_06352120.jpg

椰子の木がいい感じ☆
f0161652_06361171.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2018-01-09 06:43 | ドロミテの景色 | Comments(3)