人気ブログランキング |

2019年 01月 28日 ( 1 )

プステリア渓谷でのプチ週末

ドロミテの北側、プステリア渓谷にプチ旅行してきました。

夏はエメラルドグリーンのブライエス湖。
湖一面が凍ってかなり寒いけれど、
岩肌が眼前に迫る山塊に向かって
湖面をたくさんの人が散歩中。

f0161652_07341423.jpg


船着場も氷の上。

f0161652_07454659.jpg


湖畔の小さなチャペル。

f0161652_08252578.jpg

ブライエス湖に近い町、トブラッハ(イタリア語でドッビアーコ)の教会。

f0161652_00270174.jpg


甘い彩りの教会内部とオルガン

f0161652_00294874.jpg


さて、郊外にあるこの家は、
作曲家マーラーが数年夏の避暑に通ったところ。

f0161652_00592322.jpg


壁に掲げられたイタリア語とドイツ語での石碑。
この辺りは第一次大戦まではオーストリア領。今はイタリア領ですが、
ドイツ語が主流です。
「1908~1910の夏の季節ここにグスタフ・マーラーが住み、
交響曲「大地の歌」、交響曲第9番、未完の交響曲第10番を作曲した。」

f0161652_00414137.jpg


中は今は素朴なレストラン。典型的な地方料理が食べられます。
壁に掛けられたマーラーの手紙を見ながらお茶。

f0161652_01031197.jpg


家のすぐ裏にあるマーラーの「作曲小屋」。
中には展示もあるらしいけどこの日は入れませんでした。

f0161652_01045873.jpg


近郊のもうひとつの町、ブルネック(ブルニコ)。
色とりどりのかわいらしい家が並ぶ商店街。

f0161652_01265984.jpg


町のすぐ上にあるメスナー博物館へ。

f0161652_01301792.jpg

南チロル州のヒーロー、ラインホルト・メスナーは、
8000M峰を酸素ボンベなしで登頂した初めての人物。
彼は南チロル州の古城を4つ買い取り、
メスナー博物館として展開し、ドロミテの観光業に大きく貢献してます。
ここはそのひとつで、世界中の「山の生活」をテーマにした博物館。

f0161652_01342412.jpg

ヨーロッパのお城の入り口を入ると迎えてくれる、
日本製の仏像。

f0161652_01364119.jpg

異国情緒たっぷりの博物館。
f0161652_01374375.jpg


楽しいプチ週末でした☆
夏にも出直したいな。


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2019-01-28 01:41 | ドロミテの景色 | Comments(0)