2018年 05月 14日 ( 2 )

メラノ トラウトマンスドルフ城庭園

おらが村人35人と一緒に、
貸し切りバスで遠足に行ってきました。
場所はここから一時間強の南チロルの街メラノの
トラウトマンスドルフ城庭園

f0161652_03383530.jpg


城の歴史はこちら から詳しく読めます。
ざっくり書くとオーストリアのシシーが滞在したことのあるお城。
その周りに庭園が広がり、2001年に今の姿がオープン。
ずーっと行ってみたいと思っていた場所でしたが、
期待を裏切らない美しさで、丸一日たっぷりと散策し、
城内のレストランも美味しかったし、
雨だった天気予報も見事に外れていい天気だったし大満足。

f0161652_04291545.jpg

広大な庭園はテーマごとに別れていて、
色んな表情を楽しめます。

f0161652_04360136.jpg

鳥はもちろん、所々に鶏、ウサギ、ヤギなんかもいたりして。
自由気ままなカモ集団も。

f0161652_04430645.jpg
原色のオウムカップルに会える鳥かご。

f0161652_05493790.jpg
庭園の斜面をがんばって登ると、ボルツァーノ出身の建築デザイナー
「マテオ・トゥンの双眼鏡」が突き出しています。
f0161652_05002109.jpg
城、庭園とメラノの町や谷が一望できる
庭園の中でも一押しのポイント!
f0161652_05220489.jpg
「恋人の庭園」。

f0161652_05414206.jpg
庭園と、その周りを囲むドロミテの山々が、
との角度から見ても絵になってます。

f0161652_05525813.jpg
紫のぽんぽん畑。
f0161652_06082987.jpg
サボテンの森。
f0161652_06185672.jpg
サボテンの中に入ったり。
f0161652_06264267.jpg
お城の中は「観光博物館」。
南チロルの観光の歴史などが上手に展示されていて、
お城の中をぐるっと歩けるようになっています。
f0161652_06325486.jpg
万歩計族によると、7000歩歩いたみたい。
季節ごとに庭園の花も変わるから、
また夏秋にも遊びに来たいな。

メラノは街もとても可愛いし、温泉療養もできたり、
町の真ん中にあるプール&サウナも地元人に人気。
南チロル観光の一日に、ぜひお勧めです☆
f0161652_06301797.jpg

・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-05-14 06:39 | Comments(1)

聖フロリアンの行列

一週間前の日曜日の話ですが、南チロルの教会で
聖フローリアンを祝う行列がありました。
ミサの後奏を弾いた後、そのまま最後尾について
私も町を一時間行列。
こういう特別な日には民族衣装でやってくる人も多いです。

f0161652_01141890.jpg

暑いくらいの日曜日の午前。
スピーカーから流れるお祈りに声を合わせて唱えながら行進。
それと交互に聖歌隊が歌ったり、吹奏楽団が演奏します。

f0161652_01170717.jpg

車では通れない林檎畑の中を行くこと30分。
普段ゆっくり見られない景色を楽しみながら。
林檎の花はもう一ヶ月前に終わり、
今は緑の葉がきれいです。

f0161652_02362459.jpg

こういう道しるべで時々一時停止。
この日のために簡易祭壇が準備されています。

f0161652_02402692.jpg

しばし祈りと賛美を捧げてまた移動行進。

f0161652_02381635.jpg

エンニャ市の吹奏楽隊。

f0161652_02453920.jpg

消防隊。聖フローリアンは消防の守護聖人でもあります。

f0161652_02481393.jpg
小さな町の伝統行事。
静かな空気が流れる日曜日の朝のひととき。

f0161652_05562108.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-05-14 05:59 | ドロミテの生活 | Comments(0)