人気ブログランキング |

裏山の動物たち

雪も溶けて少しずつ春が近づいている気配を感じるこの頃。
久しぶりに裏山を散歩しました。
雪の残るドロミテをバックに挨拶に駆けてきた番犬。
f0161652_22062618.jpg

動物も日中は外で過ごせるような気候になってきました。
丸い腰周りがごろりんと連なる風景。

f0161652_22074387.jpg

一句。
ほんわかと ウン○の香り 春近し。

f0161652_22110599.jpg

あどけない子牛ちゃん。のびのびと育ってます。

f0161652_22155628.jpg

こっちにも羊の集落。

f0161652_22235483.jpg

200パーセントリラックス中。

f0161652_22332893.jpg

裏山にはエリカの花が咲いていました。

f0161652_23122696.jpg

季節の変わり目に咲くエリカ。
もう冬は終わったよ、の合図。

f0161652_23160622.jpg
小さな春が顔を出しています。
f0161652_23481670.jpg

ところで、昨年10月末に起こった大風の惨事。
裏山も一部でこの有様です。
ここからは谷の下が見えないくらい木が茂っていたのに
今ではこんな状態。
ここはエリカの花が咲き乱れる森だったのですが、
その山道はもう跡形もありません。

f0161652_23234636.jpg


暖かくなると苔が生えたり虫に食われて木がだめになるので、
雪が解けた今、急ピッチであちこちで木を切り倒す撤去作業が
進められていますが、それだけでも数年かかるといわれています。
この冬は雪も雨も少なかったので村人たちは困っていますが、
逆に雨が降ると大量の木がなくなった山肌が
地すべりを起こすとも心配されていて、
どちらにしてもかなり難しい状況です。

f0161652_23460221.jpg


隣村までの山道を遠回りに歩いて片道1時間。
久しぶりにいい散歩ができました。

f0161652_00151116.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2019-03-24 06:50 | ドロミテの景色 | Comments(2)
Commented by BBpinevalley at 2019-03-24 14:11
こんにちは。
まるで、『アルプスの少女』に出てきそうな風景ですね。
同じ羊でも、ニュージーランドのとは違って見えます。
南島の風景には、少し似ているかもしれませんが。
エリカは南島にも咲いていました。

台風が襲ったとか。
そちらに台風が来るとは知りませんでした。
自然と一緒に暮らす生活、厳しいこともありますね。

Commented by organvita at 2019-03-27 06:47
BBpinevalleyさんへ。
羊もよく観察すると、地方によって色も顔つきも違いますよね。エリカそちらでも咲くんですね!
台風というより一夜の突風だったんですが、谷自慢の百年物の樅の木がそれはもう大量に、山肌が禿げるくらいなぎ倒されてしまったんです。自然の力に恐怖を感じました。完全に元に戻るには百年単位必要だそうです。村は数日の停電だけで済んでよかったのですが。
<< 羊猫 ドロミテの「おらがオルガン」誕生物語 >>