人気ブログランキング |

東京オペラシティホールのオルガン

6月の思い出、その2。
初台にある東京オペラシティホールで毎月開催されている
ヴィジュアル・オルガンコンサートで、
オルガンデゥオで演奏させていただきました。
天井がこんなに高い残響の美しい異次元空間。
舞台の先に上品に佇むパイプオルガン。

f0161652_06292184.jpg

ホールがこんなに広いので遠めには感じませんが、
近寄るとオルガンもなかなかの迫力。

f0161652_06505604.jpg

1632席のコンサートホール。

f0161652_07281438.jpg

オルガンの演奏台はこんな風。
オルガン:クーン社製(スイス)
3段鍵盤+ペダル 54ストップ


透明感のある美しい響きのオルガン。
コンサート当日には、演奏台のあちこちにカメラが仕掛けられ、
オルガニストが(汗を流して)演奏している様子が
舞台上の大スクリーンに映し出されるので、
ビジュアル」オルガンコンサートと呼ばれています。
ここでアレちゃんと一緒に連弾作品を中心に演奏しました。
聴きにきてくださったたくさんのお客様、
どうもありがとうございました!

f0161652_08175304.jpg
明日も11月のビジュアルコンサートが開催されます!
演奏者は川崎ミューザのオルガニストを長年務め、
大オルガンの魅力を知り尽くしている近藤岳さん!
詳細はこちらからどうぞ☆

f0161652_05324147.jpg
追伸:リハーサルの合間に出遭った怪獣。
新宿楽しい~☆

・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


by organvita | 2018-11-30 06:00 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)
<< 2019年 大阪羽曳野市、はびきのMホール... >>