ソプラノ&メゾ&チェンバロ&オルガンコンサート



7月に3回、ソプラノ&メゾソプラノのDuetコンサートを
チェンバロとオルガンの伴奏で共演しました。
どの教会も、小さなアンサンブルに最適な小振りの教会。
そしてどの教会もドロミテの山が背後に聳える絶景!

f0161652_05414406.jpg


ソプラノはドイツ・ミュンヘン近郊を拠点に活躍している
歌姫、小池久美子さん。
ドイツ留学時代によく一緒にアンサンブルしたりして
音楽でもそれ以外でも沢山遊んでもらった仲良しのお友達。
バロックアンサンブルの醍醐味を教えてもらった大切な人☆
今回はその久美ちゃんとの久しぶりの共演~!
本当に変わらず美しい歌声と益々豊かな音楽性に
伴奏しながらうっとり~(ラブ☆)
f0161652_05513036.jpg

メゾソプラノのオダはオランダ人。
イタリア人と結婚してドロミテの山に住みながら、
声楽を中心とした音楽フェスティバルを主催したり、
オランダとイタリアを行き来して積極的に活躍中。
f0161652_06010511.jpg

念願かなって、この2人の夢の共演の、
なんと3回連続コンサート!

ソロとデュエット、宗教曲からオペラのアリアまで、
時々オルガンのソロ&連弾もありと、
1時間にヴァリエーション豊かなプログラムで
お客様にも楽しんでいただけたみたいです☆

f0161652_06341018.jpg
1800年のオルガンで連弾。
f0161652_06140785.jpg
でも一番の目玉(?!)は、アンコールの日本歌曲「さくら」。
久美ちゃんとオダが「さくら」を歌いながら、
舞台を下りてお客様に鶴を手渡していきました。
伴奏はチェンバロのリュートレジスターで琴っぽく☆
みんなうっとり、そして大喝采!
f0161652_06075126.jpg

ほんとに楽しいコンサートツアーでした☆
またやりたいねー!

f0161652_06362911.jpg
追加:
コンサートの空き日に、つかの間のお散歩。
f0161652_06451851.jpg
おらが村が一望できる丘。
今年はドロミテも暑いです。
f0161652_06560862.jpg




・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-08-14 06:57 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)
<< パンペアーゴのお祭り Pamp... 2018年7月のドロミテ・オル... >>