メラノ トラウトマンスドルフ城庭園

おらが村人35人と一緒に、
貸し切りバスで遠足に行ってきました。
場所はここから一時間強の南チロルの街メラノの
トラウトマンスドルフ城庭園

f0161652_03383530.jpg


城の歴史はこちら から詳しく読めます。
ざっくり書くとオーストリアのシシーが滞在したことのあるお城。
その周りに庭園が広がり、2001年に今の姿がオープン。
ずーっと行ってみたいと思っていた場所でしたが、
期待を裏切らない美しさで、丸一日たっぷりと散策し、
城内のレストランも美味しかったし、
雨だった天気予報も見事に外れていい天気だったし大満足。

f0161652_04291545.jpg

広大な庭園はテーマごとに別れていて、
色んな表情を楽しめます。

f0161652_04360136.jpg

鳥はもちろん、所々に鶏、ウサギ、ヤギなんかもいたりして。
自由気ままなカモ集団も。

f0161652_04430645.jpg
原色のオウムカップルに会える鳥かご。

f0161652_05493790.jpg
庭園の斜面をがんばって登ると、ボルツァーノ出身の建築デザイナー
「マテオ・トゥンの双眼鏡」が突き出しています。
f0161652_05002109.jpg
城、庭園とメラノの町や谷が一望できる
庭園の中でも一押しのポイント!
f0161652_05220489.jpg
「恋人の庭園」。

f0161652_05414206.jpg
庭園と、その周りを囲むドロミテの山々が、
との角度から見ても絵になってます。

f0161652_05525813.jpg
紫のぽんぽん畑。
f0161652_06082987.jpg
サボテンの森。
f0161652_06185672.jpg
サボテンの中に入ったり。
f0161652_06264267.jpg
お城の中は「観光博物館」。
南チロルの観光の歴史などが上手に展示されていて、
お城の中をぐるっと歩けるようになっています。
f0161652_06325486.jpg
万歩計族によると、7000歩歩いたみたい。
季節ごとに庭園の花も変わるから、
また夏秋にも遊びに来たいな。

メラノは街もとても可愛いし、温泉療養もできたり、
町の真ん中にあるプール&サウナも地元人に人気。
南チロル観光の一日に、ぜひお勧めです☆
f0161652_06301797.jpg

・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2018-05-14 06:39 | Comments(1)
Commented by Teruotto at 2018-05-16 21:37 x
愛さん、ご無沙汰しております。チェロの高群です!!今年もジーロディタリアの季節が来ましたね。レースを見ながら今年も愛さんにそろそろご連絡しないとなあ、みたいな恒例行事になっておりました。今年はいきなりイスラエルから始ったのでびっくりしましたが、その後シチリア島のエトナ火山とか南イタリアの海岸線などあまりの美しさに風景に飲まれました。今日は丘の上のアッシジの街が映っていまして、もう気分はイタリア旅行です。今週末モンテ・ゾンコランとあったのでそろそろドロミテ渓谷を通るのかなあと思っておりました。ところで我が家では息子が4歳になりもう自転車に乗っています。最近は一緒にサイクリングに行くのが楽しみで、12インチのチビ自転車で爆走してます(笑)6月には帰国されるそうでコンサートの準備などでお忙しくされているかと思いますが、どうぞお気をつけてお帰りくださいね。ではでは。
<< 6月、日本での演奏のご案内 聖フロリアンの行列 >>