青春のリューベックを探して一人歩き

ザ・青春20代のほとんどを過ごした町、
北ドイツのリューベック。
数年ぶりに訪れることができました。
涙がでるくらい懐かしいこの光景!
一日しか滞在できなかったけど、
リューベッカーの友達のみなさーーん!
懐かしい写真いっぱい撮ったよー☆

こちらはトラーヴェ運河から見た旧市街。

f0161652_16130118.jpg

町の入り口のシンボル、ホルステン門。

f0161652_16181054.jpg
すぐそこの北海に注ぐ運河が旧市街をぐるっと巡っています。
Burgtorの近くに
「ハンザ博物館」という新しい博物館がオープンしたばっかり!
時間なくて行けなかったけど。

さすがに留学を終えてからずいぶん時間も経っていて、
町もだいぶ変わった部分と、でもまったく変わっていない部分と。

f0161652_16294952.jpg

Burgtor。
一番初めに住んだ家はこの門の近くだったなあ。

f0161652_17154352.jpg
Kohlmarktには昔っからぜんぜん変わってない花屋さん。

f0161652_17184141.jpg

Niedereggerも健在!

f0161652_18014305.jpg

Buxtehudeもオルガニストを務めた、 St.Marienkirche。

f0161652_17213454.jpg

大戦後に建てられたこのオルガン、
近い将来、新しい楽器に立て替えられるんだって!!

f0161652_18343087.jpg
St.Jakobikircheの大オルガン。
数年前に掃除&整音をし直して新しい響きに変わりました。
残念ながら今回はその響きを聴く時間がなかったんだけど。
数年リューベックを留守にしている間に、
リューベックのオルガン事情も色々変わってきていました。

f0161652_18150910.jpg

そして、同じ教会の小オルガン。Stellwagenオルガン。
留学中何度もレッスン、練習、コンサートで弾かせていただいて、
私を育ててくれた楽器のひとつ。

f0161652_18235437.jpg
この口を開いた17世紀のオッサンが、私の師匠☆
上手に歌ってもらえるように弾けるように練習したものだったなあ。

f0161652_18281460.jpg

毎日通った音大。

f0161652_17434757.jpg
音大の学食。練習の合間のたまり場。
f0161652_17554161.jpg

オルガン練習棟。

f0161652_17582223.jpg

チェンバロ棟。

f0161652_17592787.jpg
しょっちゅう食べに通った学生の味方アリババが、
なんと場所移動!
マリーエン教会の裏。しかも広くこんな洒落た感じに様変わり!

f0161652_18085154.jpg

コルペティのTさんと数年ぶりに会って一緒に超楽しくランチ☆
懐かしいメニュー。

f0161652_18303900.jpg
知る人ぞ知る?!一時期日本人留学生のたまり場と化していた屋根裏部屋。
この部屋にどれだけお世話になったことか☆楽しかったなあ!


f0161652_06091450.jpg

Karstadt(まだあった!)から見たSt.Marien。

f0161652_06515539.jpg
音大の図書館にふらっと行ったら、
当時一緒に勉強を始めたドイツ人のオルガニストの友達と
ばったり15年ぶりの再会!!!!
「ぎゃー!アンタ何してるのここで?!?!?」を皮切りに
日が暮れるまで弾丸トーク!!!

濃厚すぎるくらいに濃厚な青春時代を一緒に過ごした仲間は、
10数年ぶりにあってもぜんぜん変わらず、
昨日の続きかのように話題は尽きず。
本当に楽しい一日でした。
またゆーーっくりと帰りたいな、
私の第二の故郷に。



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-07 07:45 | ヨーロッパ紀行 | Comments(17)
Commented by いがちゃん at 2015-09-07 22:49 x
愛先生
私にとって、リューベックは憧れの地です。死ぬ前に一度は行きたい聖地です。大好きなブクステフーデの大活躍した地ですし。定年後に行けるかなぁ。(^^) 聖マリエン教会に行ったら。感動して泣いちゃうかもです。
Commented by 眞ちゃん at 2015-09-08 20:04 x
愛ちゃん
懐かしいすぎる!
街は全然変わってないね!
中世時代からそんなに変わってないから15年じゃそう変わらんか。
屋根裏部屋まだあったんやね!

Commented by BBpinevalley at 2015-09-09 20:10
読んでいるだけで、楽しく嬉しくなりました。
青春時代を過ごした場所への思い、わかります。
私にとっては、カリフォルニアのバークレーがそうです。
涙が出るくらい、懐かしいものですよね。
今でも、そこにたくさんのお友達がいらっしゃるのですね。
いいですね。
Commented by organvita at 2015-09-10 06:54
いがちゃんさんへ。
たぶんマリーエンに入ったら泣けますよ☆教会の外に記念の石碑があるんです。ぜひ見に行ってください!
Commented by organvita at 2015-09-10 06:57
眞ちゃんさんへ。
うわーーーーー!!!!!!見てくれてありがとうございます!写真メールで送ろうと思ってた矢先!めっちゃめちゃ懐かしいでしょ?!またHLでみんなで大集合したいですねーーー!!
Commented by organvita at 2015-09-10 07:02
BBpinevalleyさんへ。
BBさんにとってはバークレーが青春の土地なんですね☆ 数年振りに青春時代を間近で振り返っていろいろと感慨深い一日でした☆
Commented by francana at 2015-09-10 15:03
おひさしぶりです!
リューベック、初めて聞きましたが、愛さんの思い出がいっぱい詰まった場所なのですね。
どこを見ても何かを思い出す・・・分かります!大切にしたい気持ちですね。
オルガンのパイプに顔のようなものが描かれていますね~
かわいらしい町。運河から見た写真は絵のようです。
Commented by organvita at 2015-09-10 16:18
francanaさんへ。
おひさしぶりです!!
リューベックは北ドイツのハンブルクの近く、北海にほぼ面した町です。寒くて冬の長い町でしたが私にとっては青春の土地。ぜひいつか訪れてみてください☆フランスのステキな田舎にはかなわないけれど!
Commented by ひんきぃ at 2015-09-10 16:26 x
私もそろそろまた行きたい!!もう10年以上行ってないかも。。。
いちおう、夫婦の出会いの場所でもあるんだけどねぇ?
あの頃、楽しかったよね。懐かしいなぁ。
留学時代の中でもいっちばん楽しかった!
愛ちゃんにも会いたいよ~!!
Commented by organvita at 2015-09-11 17:46
ひんきぃさんへ、。
うわー!コメントありがとうございます。
・・・でもでも、ひんきぃって誰?!?!
Commented by ひんきぃ at 2015-09-16 00:30 x
あ、ごめん。恵美でーす。あはは。
Commented by organvita at 2015-09-16 20:14
あーーー恵美ちゃーーーん!ごめん、わからんかった。。。!FBでママ業楽しんでる姿見てるよー!!また会いたいね、ほんとに!!!
Commented by じゅんこ at 2015-09-22 16:21 x
元気にしてるかなーと思って見たら、懐かしいリューベックが。タイムマシーンで、あの頃のみんなに会いたいわ。
Commented by organvita at 2015-09-30 16:14
じゅんちゃーーーん!
元気にしてる?!会いたいよー!!!
リューベックほんといい時代だったよね。タイムマシーン、ほんとあったら乗って行きたい!
Commented by いがちゃん at 2015-10-03 11:43 x
愛先生
こんにちは、今週、国際ブクステフーデ協会から論文集が送られてきました。いままでのレクチャーとかAnnual Meetingでの論文をまとめたもので、今後も2年に一度発行されるそうです。でも残念なのはドイツ語で書かれているので読めません。(^^;) ドイツ語の勉強をしようかなあと思い始めてます。
Commented by organvita at 2015-10-08 15:45
いがちゃんさんへ。
読み応えがありそうな論文ですねー。いがさんのブログでもお写真見ました☆日本語に訳して出版してください!!
Commented by いがちゃん at 2015-10-09 23:44 x
愛先生
わ〜〜やっぱりドイツ語勉強しないとダメでしょうか。。。でもやっぱり中身が知りたいです。おもちゃの缶ずめみたいです。出版は無理っすね。。。語学不得意だし。。。
<< おばあちゃん オイティンのオルガン >>