マルケ州での週末

9月の半ば、コンサートを弾きに、初めてマルケ州を訪れました。
弾き終わってから3日間、ミニヴァカンス☆
ドロミテの、どこへ行っても山肌が眼前で憚る景色と打って変わって、
色彩豊かな小高い丘がポコポコと続き、その向こうにはアドリア海。
ザ・開放感炸裂。
f0161652_23350959.jpg
丘々の上に町が建つマルケ州。
ここはそのひとつ、フェルモ Fermo という丘の上の素敵な町の広場。
町の人も陽気で明るくて、他人なのに話し始めれば30分。
お店で売っているものもお洒落。しかも北より安い☆
f0161652_23374367.jpg
ここはレカナーティ Recanati という町。
イタリア19世紀の詩人ジャコモ・レオパルディの生まれ育ったところで、
この教会の左の建物が彼の家、今は博物館になっています。
町の通りにはあちこちにレオパルディの詩がはめ込まれていて、詩的な雰囲気。
f0161652_23390568.jpg
ここに来るまで知らなかったのですが、レカナーティで生まれ育った偉人がもう一人。
テノール歌手のベニアミーノ・ジーリです。
ジーリといえば、「マンマ」という名曲を歌った歌手(Youtubeに飛びます)
というしか知らなかったので(汗)彼の博物館を冷やかしにいってビックリ。
しかも入り口で彼の孫でもあるこの館長とすれ違い、
閉館間近だというのに懇切丁寧に「おじいちゃん」の偉業について
レクチャーしてもらってしまいました!
館内には彼の舞台衣装をはじめ、あらゆるものが所狭しと展示。
レオパルディの博物館よりもずっと面白かった。オススメです。
f0161652_23521790.jpg
さて、こちらはその隣町、ロレート Loreto。
イタリア最大の巡礼地の一つです。
イエスとマリアが過ごしたナザレの家の半分が13世紀に移され、
今日までこのバジリカの中で祭られています。
f0161652_23545407.jpg

教会前の広場で聖画をチョークで描く人。

f0161652_23573890.jpg

マルケ州は海あり山あり。
どっちの新鮮な幸も手に入るまさに天国のようなところ。
バジリカの近くのトラットリアで食べたのは、これ。
手打ちパスタ、キノコ味。
オリーブオイルの味が効いててめちゃ美味い。

f0161652_23593138.jpg

そのあとにこれ。牛肉のタリアータ。
お肉が溶けるように柔かい歯ごたえ。
バルサミコがまた濃厚で口の中に染みこむ~。

f0161652_00023107.jpg

山と海の境目。
ススキが伸びて、ちょっと秋の気配。
夏の海ごったがえしヴァカンス観光客も少なく、
のんびりと過ごせました。

f0161652_00054949.jpg

ちょっと水が怖い私とアレちゃんも、
このくらい透明度があれば泳ぐ気にもなれる!
でも水は冷たかった・・・ので、砂浜で昼寝。
それでも泳いでいる人いたけど。

f0161652_00090862.jpg

海を見ながら食べたパスタ。
イカ墨スパゲッティと、カルボナーラ(パンチェッタ代わりに白身の魚)。

f0161652_00121800.jpg

私は海を、アレちゃんはセミヌードギャルを満喫中。

f0161652_00140853.jpg

行き当たりばったりの旅。
この辺、とっても気に入ったので、海が見えるホテルに一泊☆

f0161652_00174874.jpg

朝6時ごろ。がんばってご来光を拝みました。
そして二度寝。次に起きたときは太陽はすでにホテルの屋根の上だった。

f0161652_00222807.jpg

マルケ州、きっとまだまだ見所たくさんあるはず。
また絶対来ます!

ちなみに、マルケ州、ファブリアーノで弾いた
コンサートのライブ映像はこちらで見られます☆





今日もご訪問ありがとう。クリックしてね☆
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2014-10-04 00:28 | イタリア紀行 | Comments(2)
Commented by fumieve2 at 2014-10-09 21:49
おおっ、マルケ、いいですね〜。ずいぶん前にちょこと行ったっきりですが、また行ってみたくなりました。レカナーティ、ロレートは未踏だし。

まえのブログがいっぱいになってしまって、新たに立ち上げ直しました。
http://fumieve2.exblog.jp/
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Commented by organvita at 2014-10-14 16:23
fumieさんへ。
マルケ州、初めてだったんですが、本当に気に入りました。移り住みたい・・!今回は時間切れで海沿いの町しかみれませんでしたが、奥地も素晴らしいところがたくさんあるからあそこいけここいけ、と地元の人に教えられたので、また近いうちに戻りたいです~!新しいブログのリンクいただきました!これからも楽しみにしています~☆
<< ヤギ プラハ散策紀 その2 >>