南ドイツオルガンアカデミー 2014 その4

南ドイツオルガンアカデミー、最後のレポート☆

ここは、メミンゲン、町の中心の聖マルティン教会。
2年かかるという教会の天井の修復作業にまさに入ったばかりのところで、
教会の中には足場が立ち始めたところ。(天井に届くまで伸びていくらしい)
なかなか見られる風景じゃないでしょ?!
こんな状況でも、礼拝は普通に行われるんだとか。
この位置からの写真を撮りに行くのに、鉄棒をたくさん跨ぎました(爆)。
f0161652_22212910.jpg
1998年に建てられた新しい楽器。
オルガンコンサートのために、演奏風景がよく見えるようなバルコニーのつくり。
しかもバルコニーには100人単位で合唱やオーケストラが乗れるスペースがとってあって理想的。
長椅子も背もたれを回転させて、後ろ向きにセッティングすることもできるようになっている。
オルガン:Goll 社(スイス)、1998年制作
4段鍵盤+ペダル 62ストップ
音色のバランスもよく、扱いやすいようによく熟考されているな、という印象の
素晴らしい楽器でした。大シンフォニックな作品をみんなで弾き合いました。
f0161652_22281347.jpg
またバロックの空間に戻って、こちらはオクセンハウゼンの修道院教会。
淡いピンク色の高い天井に、存在感のあるオルガン。
f0161652_22391946.jpg
日光東照宮みたいな(?)ゴージャスな演奏スペース。
天使があっちこっちから見下ろしてる。
オルガン:Joseph Gabler 1733年制作。
f0161652_22443635.jpg

ヘルマン・ヴェーバーさんのオルガン工房を見学。
南ドイツを代表するオルガンビルダーのひとり。
全て一人で手がけているヴェーバーさん。オルガン製作に対する深い愛情とこだわりが
彼の言葉一つ一つからひしひしと伝わってきて、感動のひととき。

f0161652_22574122.jpg

その彼が青年時代に初めて手がけたという、Op.1の楽器を見せてもらった。
外観からは小振りな「普通の」楽器。でも、その音を一つ弾いた瞬間から、
活き活きした言葉で楽器が語りだした。
たくさんの制作上のこだわりや冒険が詰まった、宝箱のような楽器。

f0161652_22503198.jpg

そして、一週間のアカデミーを同行してくれた、
スカイブルーのレンタカー☆

f0161652_23184231.jpg


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね☆
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2014-08-30 07:34 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(4)
Commented by kiyo at 2014-08-30 15:17 x
オルガンもこうなると、なんだかマシーンて感じで、チェンバリストはびびります。。。(^^;
南ドイツは教会内部の装飾も白が基調で、やっぱり明るくて軽やかな印象ですね。
Commented by organvita at 2014-09-04 04:49
kiyoさんへ。
確かにオルガンの方が「マシーン」度が高いですよね。私も普段家の一段鍵盤の小柄なチェンバロを弾いていると、たまに二段鍵盤で長いチェンバロをみてビビリますが☆
南と北ドイツではやはり教会の雰囲気がだいぶ違いますよね。やっぱりムファットとかフローベルガーの軽やかな感じが似合います☆
Commented by あきこ at 2014-09-23 20:20 x
はじめまして。私のオルガンの先生がスイスのオルガンアカデミーを受講してお世話になったそうです。
ヨーロッパの大オルガンを弾けるなんて、素晴らしいですね。
私も是非、来年、参加させて頂ければ幸いです。
Commented by organvita at 2014-09-25 22:22
あきこさんへ。
はじめまして。メッセージをありがとうございます。スイスに来てくださった方(どなたでしょう?!嬉しいです!宜しくお伝えください。)のお弟子さんなのですね。ぜひ来年、先生もご一緒にまたお越しください!いろんな楽器を弾いていただけるようにがんばってアレンジします!
<< ステルヴィオ峠  南ドイツオルガンアカデミー 2... >>