サンモリッツ、オルガン週間

スイス・サンモリッツでの第一回目のオルガンアカデミーが終了しました!


友人オルガニスト、シモーネ・ヴェッバーと私での二人の講師。
全部で20名の生徒が集まり、そのうち8名は日本からのご参加。
サンモリッツ・オルガン週間(フェスティバル)の一環で、オープニングコンサートあり、他にもイギリス人、ポーランド人のオルガンコンサート、子供のためのワークショップに加えて、一週間の充実したオルガンレッスン。それに加えて町の色んな教会で自由に練習ができました。

メインで使用した教会は、サンモリッツ湖畔のこんな素敵な教会。
町には、日本人山岳観光客団体さんがいっぱいいらっしゃいました!
こんなに日本人を見たのは久しぶり。聞こえてくるのは日本語ばかり。日本に帰国したみたいだった(笑)
3000M級の山々に登る拠点の町でもあります。
f0161652_17173830.jpg
オープニングコンサートは、私とシモーネ、打楽器、合唱のコラボ。町の新しいイベントに沢山の人が来てくれました。教会には子供達の描いたオルガンの展示。お客さんが気に入った絵に投票して子供が賞をもらえる仕組み。ファンタジー豊かで素敵な絵ばかり☆
f0161652_17123963.jpg
こちら、シモーネとMちゃんのレッスン風景。フランクのコラール1番を熱演中。オルガンはスイスのクーン社製。
f0161652_17243829.jpg
こんな絶景の丘の上のお城の、
f0161652_21365900.jpg
こんな素敵部屋でオルガンリサイタルを鑑賞。
オルガンは奥の壁の裏に隠れている珍しい構造。
f0161652_21394517.jpg
オルガンは、この城の領主と同じ、ドイツ・ドレスデンのイェームリヒ社製。
f0161652_21461611.jpg
絶景の景色を見下ろしながら頂いた軽食パーティ!
f0161652_23140934.jpg
そして、スイスに来たら、チーズフォンデュ食べないで帰るわけには行かない?!というわけで最終日に打ち上げフォンデュ。右はチーズフォンデュ、左はコンソメスープが沸いているフォンデュ。薄切り肉をさっと入れてから頂きます。いわば、スイス風シャブシャブ。スイスでは大人数でのおもてなし料理ナンバーワンだとか。日本のお鍋と同じだね。
f0161652_22551896.jpg
美味しいチーズは私の乳のお陰よん。byスイスのモー娘。
f0161652_22595169.jpg
スイス軍団と日本軍団が混ざり合った楽しい交流の一週間。20人の参加者の20通りの素敵な演奏が聴けて、楽しく刺激的な日々でした。お陰で写真を撮る余裕が全然なかった私ですが、最終日の生徒さん発表会後に記念にみんなで一枚!!

f0161652_23034521.jpg
早速、来年度の企画も始まっています!!今からまた楽しみ~☆





   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2014-07-04 23:29 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(2)
Commented at 2014-07-11 08:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2014-07-12 13:48
鍵コメちゃんへ。
ここは標高が1700Mもあって、空気も美味しいし、。。。まだまだ寒かった~!今度一緒に遊びに行こう!フォンデュも美味しかったよ~☆
<< 羊が700匹 オルガニスト専用 >>