ドロミテ・オルガン・アカデミー 2013 その1

8月の話に遡りますが、今年のドロミテ・オルガン・アカデミーのレポートです☆

4年目になるドロミテでのアカデミー。おらが谷の教会をメインに使って、
一週間、皆でオルガンを弾き、食べ、おしゃべりし、の楽しい一時。
今年は日本から、そしてなんとアメリカから、日本人オルガニストさんが、
しかも今年はたまたま、揃いも揃ってヤングな(!)現役で活躍するオルガニスト
さんたちが4名、集ってくれました。
(あ、これまでにご参加くださった方たちも、ハートは皆さん超ヤングでしたけどね☆ 
。。。てか、そもそも「ヤング」って言葉、死語ですか??汗)

こちら、おらが谷の教会のひとつ。
夫アレちゃんも勤めるアンドレア・ゼーニ社の、ドイツ・バロック様式の小柄な楽器。
とてもよいタッチのオルガンで、ゆっくり練習していただけました。
f0161652_2235124.jpg
こちらはカヴァレーゼという村にある、最近修復された、やはりドイツ・バロック様式の
楽器。壁の壁画を見ながら、貸切の教会で優雅なオルガン・タイム。
f0161652_23361578.jpg
プレダッツォ村の、新しいゼーニ社の楽器は、ドイツ・ロマン派仕様。
おらが谷で一番大きなこの教会は、残響もすごく長く、ロマン派の作品を演奏するには
好都合。教会全体が音で包まれる、ということを実体験。
f0161652_2331228.jpg
また、谷を降りると、南チロル州で現存する最古のこの楽器に会うことができます。
半日ここで、ミーントーン、ショートオクターブの醍醐味を体験。
f0161652_2250295.jpg
演奏台部分はこんな風。
遠くから大理石に見えるところは、実は板に手書き。
f0161652_2381916.jpg
オルガンの後ろには手動でも使えるふいごが。
他に誰も入ってこない田舎の教会で、ルネサンス時代にタイムスリップ。
f0161652_22545875.jpg
さて、そんなオルガン時間の合間には、もちろん食べることも忘れていませんっ!
ドロミテに遊びに来てくれる方には大抵お連れする、ハム盛り合わせランチ。
これで3人分の量!を、5人でやっと食べ終えました。お腹一杯~☆
f0161652_234264.jpg
私のお気に入りは、この大麦のスープ。
口の中でプチプチ当たる大麦に、野菜やじゃがいももたっぷり入ってる。
f0161652_2345372.jpg
こんなオッサンが横で見守るテーブルで。
f0161652_23492476.jpg
この辺りは林檎の産地。ってこともあって、伝統的なデザートは林檎ケーキ。
あったかいトルテに、カスタードクリームをかけたり生クリームを乗せたり。
f0161652_2352519.jpg
こんな湖のほとりで、セクシー(?)オッサンオバハンに釘付けになりながら、
ランチをたべたり。
f0161652_021679.jpg
雨がやっと止んだある夜の、おらが村祭り。
本当は折り紙コーナーで、去年のように折り紙教室をしていただく予定が、
雨の所為で中止。残念~!お祭りをぶらぶらと散策しました。旅館が無料で配っていたトリッパスープ(もつ煮)をがんがん食べて暖まるヤングたちであった。今年は暑かったんですが、残念ながら、ドロミテに滞在していただいた数日だけお天気いまひとつで、寒かったねぇ~。
f0161652_23554166.jpg
おらが谷の山を車で登って、ちょっと散策。こんな絶景を眺めながら。
f0161652_151943.jpg
人より牛のほうが多い山道。牛と一通り撮影大会をしました(笑)。
f0161652_062681.jpg
その傍の山小屋で食べた、濃厚ヨーグルト。
f0161652_085791.jpg
超地元スーパーで買い物。赤籠軍団、お土産選び、上手いわ!
(会計の時にはこの籠からたんまり溢れてわねー)
f0161652_0114283.jpg
オルガン工房も見学。今年は「ヤングが来る」と知り、アンドレア社長も、同世代の
息子も興味津々(爆)。素晴らしいオルガニストのみなさんと、ウェルカムドリンクで
乾杯!!ちなみに、夏にはまだ外箱だけだったこのオルガン、ほぼ完成しました!
11月末に南イタリアに搬入します。みんな~、弾きにきてね~!
f0161652_0145476.jpg

続く~☆


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう
[PR]
by organvita | 2013-10-24 01:27 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(2)
Commented by 開田のポッポ屋 at 2013-10-31 09:37 x
北イタリアの思い出を重ね合わせて、楽しませて頂きました。
ありがとうございます。
駅長さんは、口癖のように、一ヶ月ほど家を借りて住んでみたい。。。と申しておりますが、 ワンコがご昇天するまでは。。。。。?
Commented by organvita at 2013-10-31 18:22
ポッポやさんへ。
開田とここと、紀行が少し似ていますよね!そちらも紅葉の美しい季節ですね。数ヶ月数週間単位で借りられるアパート、この辺にも沢山ありますよ!いつかぜひぜひ!
<< ドロミテ・オルガン・アカデミー... 収穫の秋 >>