人気ブログランキング |

薪積みの風景

おらが村は、ほとんどの家で暖炉を使っています。
早めに木を手に入れ、それぞれの暖炉のサイズに切り落とす作業が、
夏の内からカコーンカコーンと谷に響いていました。
そして冬までの間に山の風にさらして、木を乾燥させておかなければいけません。
(暖炉の火のつけ方はこちら見てね)

薪は大抵、家の外に積みます。
我が家はマンションなので駐車場の暗いところに詰め込んでますが、
村ではこんな風景も。
薪積みの風景_f0161652_2273696.jpg
道路一杯に積み上げたお家。
薪積みの風景_f0161652_2291897.jpg
窓の空間は活かして。
薪積みの風景_f0161652_22103191.jpg
外壁一面、薪。
薪積みの風景_f0161652_2211435.jpg
倉庫の入り口を活かして。
薪積みの風景_f0161652_2213617.jpg
家の一部として、美しいオブジェになってます。
薪積みの風景_f0161652_22141811.jpg
プレゼピオをはめ込んで。イエスの馬小屋が薪の家。
薪積みの風景_f0161652_22151711.jpg
いつもかわいい玄関先のご近所のお宅。
鹿の背中が植木鉢になってます。なんでもアイディアひとつだなあ。
薪積みの風景_f0161652_22165550.jpg
私も、そっけなかった我が家のマンションの入り口に、リースを作ってみました。
材料:
家の前に生えてる木の葉。
家に余ってたクリスマスのリボン。
森で拾った松ぼっくり。
家にあった針金。

制作費ゼロ円。制作時間15分(笑)。
薪積みの風景_f0161652_222014.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックして薪に点火!
by organvita | 2009-12-13 22:25 | ドロミテの生活 | Comments(13)
Commented by happydesigncafe at 2009-12-13 22:49
薪並んでる風景いいですね〜

私、薪担当になりそうなので、今どういうふうに並べようか
どういうふうに保存しておくか検討していたの!
そしたら、このレポート。イメージ膨らみました。
私もリース作ろう!愛さんありがとう☆
薪に点火 ぽちっ。
Commented by organvita at 2009-12-13 23:01
happydesignさんへ
薪はね!両端の支えがある場合はいいけど、そうでないときは、両端の薪を交互に積み上げるとかして工夫しないと、なだれが起きるので(笑)気をつけて~。私も失敗してます。ははは。
3枚目の写真の、窓近辺の積み方参考にしてね~
きっとhappyさんならお洒落な積み方するんだろうな(^^)
Commented by njs2005 at 2009-12-15 22:01
スゲ~!薪スゲ~!これはもう芸術的ナ世界ですよ!
こちらの山小屋は乾燥した薪はもう無くて切りたての生木を
おかまい無しでゴンゴン燃やしてマス!
薪ストーブも暖炉もないんで外のBBQコーナーですからモウモウと
白煙あげてマス。。。
あ~薪ストーブ欲しい・・・・
Commented by sachikoushi at 2009-12-16 02:46
おー、こんなにきれいに積み上げて!
工夫して積んでいかないと なだれちゃうのかー。
薪も壁の一部になって 防寒の役目も果たしてそう。
ここ数日で ぐっと冷え込んだのですが、
そちらは もっと寒いでしょうねー。
手作りリース かわいいです。
Commented at 2009-12-16 08:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2009-12-16 19:25
njsさんへ
BBQコーナーのお写真もなかなか魅力的ですよ~!
我が家のは古い暖炉ですが、最近のって、薪に自動で点火・消化するシステムだったり、温度調節できたり、すごいの色々あるんですよねー!つい最近知人宅でその最新式のを見て、驚いたところです!!
Commented by organvita at 2009-12-16 19:28
sachikoushiさんへ
そちらも寒そうねー!でもでもクリスマス市のホットワインが懐かしい~!ボルツァーノやロベレートにもクリスマス市あるんだけど、なんせ車でしかいけないので、すぐにへべれけに酔ってしまう私は飲むわけにもいかず・・・泣。
ushiさんの新居にも、ぜひリースを(^^)
Commented by organvita at 2009-12-16 19:30
12-16の鍵コメさんへ
いえいえ!とっても楽しかったです~!例のブログ、見ましたよー!!!
直接そのブログは出てこなかったですけど、「きっとこれだ!」ってすぐに察しました。当たってました(笑)。めちゃくちゃ楽しい~!!お気に入りに入れました~。
もちろん、ここを連絡網としてどんどん使ってください~!
Commented by lacasamia3 at 2009-12-17 21:58
凄い~。壮観。きっとそちらは冬はかなり寒いんでしょうね。愛さんのお宅で一冬にどのくらいの薪を消費されるんですか?うちは今朝ドッカリ雪が降りました(涙)。
Commented by organvita at 2009-12-18 17:59
lacasamiaさんへ
見ましたよ~そちらの雪の写真も!!南とはいえ、そちらも同じくらい寒そう・・・。我が家では薪は、2x4M四方くらい(小型トラック一杯分くらい?)の薪を、丁度一冬で使い切る感じですね。他には火種用の木屑ブロックとかも使います(工房の余り木)。こういうところなので、薪用の木は安く手に入るんですよ。後は、薪を使い切る前に春が来ることを祈るのみ・・・笑。lacasamiaさんのところではどうされているんですか?薪は自分達で拾ってくるとか?!
Commented by woodstove at 2010-01-19 05:22
 はじめまして。   njs2005さんのリンクからやって参りました。
薪があると言う事で、さっそく駆けつけました。。。。^^;

>我が家のは古い暖炉ですが、最近のって、薪に自動で点火・消化するシステムだったり、温度調節できたり、すごいの色々あるんですよねー!
↑ こんなのあるんですか? ひじょーに興味があります。
またいつかご紹介くださいね。。。。ではまたです。
Commented at 2010-01-19 05:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2010-01-19 08:33
woodstoveさんへ。
はじめまして!ご訪問ありがとうございます!実は「山の上の古民家暮らし」さんのリンクから、たまに覗かせていただいておりました!コメントも残さずごめんなさい。
「自動の暖炉」は、イタリア語だとStufa a Pelletっていいます。イタリア語ですけどhttp://it.wikipedia.org/wiki/Stufa_a_pelletとか、googleでStufa a pelleと入れて検索していただくと、色々でてくるみたいです。でもwoodstoveさんの手作りストーヴには敵わないと思います~!!
私もリンクをいただきますね。これからも宜しくお願いします(^^)。
<< 氷点下 ドレスデンの宮廷教会 Hofk... >>