ザルツカンマーグート紀行 Salzkammergut

父母イタリア滞在いよいよ終盤、私のスロヴァキア演奏旅行に同行することとなりました。
飛行機で一気に飛んでも良かったんだけど、今回はあえて電車旅。
夫をイタリアに一人残し(ごめんよ・・・)、3人で出発。
オーストリア横断の途中、ザルツブルク郊外のザルツカンマーグートで2泊。

ここはザンクト・ヴォルフガング湖畔の町、ザンクト・ギルゲン St.Gilgen。
モーツァルトのお母さんの故郷で、村広場には幼いモーツァルト像が。
f0161652_2249898.jpg
モーツァルトの姉ナンネルも、結婚後ここに住んでいたことがあり、それでこんなカフェも。
オーストリアは国の産業が観光。どこへいってもモーツァルト様様☆
今年はハイドン・イヤーなので、ハイドン率も高かった。
f0161652_22534771.jpg
チロリアンな衣装のブティック。なかなか高価。
f0161652_22554055.jpg
さて、宿泊したのは対岸の町ザンクト・ヴォルフガングのホテル・ペーター。
素敵なホテルでした。(ここで手軽に予約できます)
お部屋のバルコニーからはこんな素敵な眺め。
f0161652_232222.jpg
正面に静かな湖が。
f0161652_2331859.jpg
ホテルのレストランで頂いた魚の盛り合わせ。てんこ盛りでびっくり。しかし難なく完食。
f0161652_23549.jpg
ザンクト・ギルゲンからザンクト・ヴォルフガングまで遊覧船も出ています。
ザルツブルクから日帰りでも十分見れますけど、時間が許せば是非この辺りでのんびり一泊おススメします☆こんな夕焼けもみれるかも?
f0161652_2383793.jpg
ザルツカンマーグート紀行、その2へ続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←アイネ・クライネ・クリック・ビッテ。

ザンクト ヴォルフギャング←こちらでご紹介いただきました。
[PR]
by organvita | 2009-09-14 23:18 | ヨーロッパ紀行 | Comments(2)
Commented by emilia2005 at 2009-09-15 01:00
ボルツァーノあたりに行くと、南チロル地方独特の家並みがあり
空気がドイツ的&オーストリア的になるのですが、こうしてみると
やっぱり歴然とした違いがありますね。
ヴァイオリンを一生懸命に弾いているモーツァルトの像がいいです。
彼のお父さんは教えるのがうまい方だったんだそうですね。
演奏の合い間のこうしたひとときは、かけがえのないものでしょう?
Commented by organvita at 2009-09-16 00:28 x
emiliaさんへ。
そうなんです。同じチロルでも、場所でまた違うんですよね。
山も続きのはずなのに、改めて見るとやはりイタリアのドロミテは独特なんだなーと思いました。
そう、モーツァルトのパパは教則本を残しているくらい(今読んでも参考になります)、当時では著名な音楽家だったんですよ。それだけに息子に期待したんでしょうね。実際に音楽家がいたところで同じ空気吸うと、自分も上手くなるような錯覚さえ覚えます(笑)。
<< ザルツカンマーグート紀行 その... 盛岡からのお客さま >>