人気ブログランキング |

ドロミテ・オルガン週間 2019


9月の頭、まだ真夏のような天候の中で始まった今年のドロミテオルガン週間。
一週間後の最終日には山の頂に雪が降りました。
季節の移り変わりを感じながらのアカデミー。
今年も充実した楽しいひと時となりました。

f0161652_05391170.jpg
3月に完成したばかりのおらがホールのオルガンを、
今年は沢山使ってレッスン&練習できました。
大きな窓から外の緑を見下ろしながら。
森の中で弾いているみたい。
f0161652_06313075.jpg
山を越えてイタリアンの歴史オルガンも弾きに行きました。
オリジナルの響きを聴いて初めてわかることがたくさんあります。
f0161652_16265247.jpg

オルガン週間中のある一夜。
興味津々の村人を対象に、新しいこのホールのオルガンの仕組みや、
パイプオルガンの歴史、ヨーロッパの様々な楽器をスライドで見たり、
色んな時代の曲のデモ生演奏を聴いてもらいました。

f0161652_16273925.jpg
隣村の大残響の教会でもレッスン。
f0161652_05495469.jpg
イタリア&スイス4手連弾中☆
f0161652_05515358.jpg

ポジティフでの練習時間。

f0161652_16340938.jpg

オルガン工房見学会。

f0161652_05535971.jpg

最終日には発表会!
みなさん心温まる素晴らしい演奏を披露してくださいました。
村にたった一台のオルガンが建ったことで、そこに集まってくる人たち。
オルガンの力って、音楽の力って、すごいですね。

f0161652_06021944.jpg

番外編。
食の力もすごいよーーん。

かわいい器に乗ってきた前菜。

f0161652_06072360.jpg

色んなハムとチーズとピクルスとイチジク。

f0161652_06061133.jpg


おらが村のレストランで食べたこのドルチェが今週のナンバーワン☆

f0161652_17041938.jpg

アカデミー翌日にある筈だった隣村のヤギ祭りは、大雨のため中止。
代わりにスーパーでのんびり、お土産買い物ツアー☆


雨は山の上では雪となり。
暑かった今年の夏もそろそろ終わり。
イタリアでは今日から学校も始まり、
また新しいサイクルのスタートです。

f0161652_07143086.jpg


楽しいひと時をどうもありがとうございました。
またどうぞいらしてくださいね☆☆

f0161652_16290676.jpg


・・・・・・・
リンク
CD「めぐりあう時」がリリースされました!

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


# by organvita | 2019-09-13 07:19 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(0)

ヴィーゴ・カヴェーディネのオルガン Vigo Cavedine

ガルダ湖に近い小さな村の教会で
ソプラノと一緒にコンサートを弾いてきました。
f0161652_05075616.jpg
中はこんなかわいらしい会堂。
f0161652_05241281.jpg
床のタイルがレトロ柄。
f0161652_05273478.jpg
でもヴェネツィアングラスのシャンデリア。
f0161652_05294434.jpg
1962年にイタリア、パドヴァのオルガン工房
Rufatti社が制作した電気アクションのオルガン。
あまり期待していなかった外見とは裏腹に、
なかなかいい響きのオルガンでした。
ただ、リハーサル時から電気系統の所為で鳴りっぱなしになった鍵盤が、
本番でも再び問題を起こし、曲の途中でオルガンの電源を切って、
入れて、また弾き直す、ということを二回繰り返すことに。
幸い電源切れば元に戻ったので、何とか最後までコンサートを続けることができました。
f0161652_05210768.jpg
コンサートの後は主催者の超超豪邸でご接待を受けました。
あまりに素晴らしい御屋敷でプライベート空間だったため
カメラを出すのも躊躇われ、一枚も撮れず。
イタリアン富豪のこういう生き方があるのね・・・☆


・・・・・・・
リンク
CD「めぐりあう時」がリリースされました!

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


# by organvita | 2019-08-23 06:06 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

ピクニック 猫と。

標高1000mのおらが村も
今年は30度を越える日が多くて暑いです。
まだ日が長い仕事後の夕方&夜が楽しめる夏。

ネコと☆

移動好きなバンブー。
ハーネスをつけて一緒にあっちこっち散歩。
まずは近所の湖で。

f0161652_23440453.jpg

泳ぐ物体を観察。飛び込む度胸はもちろんゼロ。

f0161652_23494928.jpg

おらが村の裏山で。
冷蔵庫のものを適当に籠に詰めて夕飯ピクニック。

f0161652_00314415.jpg
バンブーさま、安全確認してからご登場。
f0161652_01441279.jpg
360度確認中。
f0161652_03404766.jpg
道路の車の音も聞こえない草原はバンブーのお気に入りの場所。
f0161652_03434494.jpg
一緒に歩いたり。
f0161652_03583980.jpg
おらが村をバックにポーズ。
f0161652_04025012.jpg
おらがテリトリーの村を見下ろすバンブー。
テリトリー広すぎない??
f0161652_04042184.jpg
ここでピクニックしてたら、牧羊犬が寄ってきて、
f0161652_04060082.jpg
最終的にこんな感じ(笑)。
f0161652_04080917.jpg
寝てます。
f0161652_04091961.jpg
一面のネコ草をむしゃぶりながら、大満足のお散歩。
f0161652_04161647.jpg
ハーネスつけてなくても遠くには行かないんだけど、念のため。
つけたり、時々外してあげたり。

f0161652_04184298.jpg
夕焼け。
星が見えるまでぼーっと座って過ごしました。
これからも一緒にたくさん楽しいことしよーね、バンブー。
f0161652_04231205.jpg

番外編。
最近のベランダの隠れ家。テント張ってます(笑)。
ここからベランダに餌付けしている野鳥を狙っているんですけど、
狩が成功したことはこれまでありませんでした。
狙いながら寝落ちしてる。その間に余裕でパン屑をついばむ鳥たちという図。
f0161652_04295158.jpg
それがこの間、家に帰ってきたら絨毯の上にこれが。。。
ついにやってもーた。
私が叱ろうとした矢先、アレちゃんが「でかした!」と褒めてる。
複雑です。
裏山の木の下にお墓しました。
f0161652_04335940.jpg
散歩の後は「の」の字で爆睡。
散歩しなくてもだけど。
f0161652_04382836.jpg
薄目で一応確認。
もうちょっと筋肉使えば??
f0161652_04392024.jpg

・・・・・・・
リンク
CD「めぐりあう時」がリリースされました!

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。



 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


# by organvita | 2019-08-23 04:46 | ドロミテの生活 | Comments(0)

ドロミテ・オルガン・アカデミー 2019

今年もドロミテ・オルガン・アカデミー、楽しく開催しました!

f0161652_19004505.jpg

7月はいつも4名だけのアットホームなアカデミーです。
私の車であちこちの教会のオルガンを弾き巡りました。
新しい何でも弾けるオルガンから、
この地方で一番古い1599年の楽器も。
楽器の個性に合わせて、弾く曲も毎日変わります。

f0161652_19080468.jpg
この古い教会の鍵もとっても「歴史的」。
一緒についている普通の鍵と比べると、どれだけ大きいかわかるでしょ?!
しかも重い!

f0161652_21124045.jpg
とってもイタリアンな1800年の楽器も楽しみました。
f0161652_18364148.jpg
みんなで合同レッスンしながら弾き&聴き合い、
それからは少しずつ一人練習タイム。



f0161652_18340570.jpg
待ってる間は教会の向かいのこのお店で。うひひひ。
f0161652_20022048.jpg

最近修復が終わったおらが村の空気式アクションの楽器も体験。
ヨーロッパにはそれこそごろごろとある空気式ですが、
日本人には案外と馴染みが薄いのですね。
空気式ならではのタッチの感覚を体験しました。
f0161652_18323024.jpg


そしてもちろん、おらが村の公共ホールに新しく建ったこのオルガンも
たっぷり弾いてもらいました☆

f0161652_19023291.jpg
小さなリュックポジティフがある隣村の18世紀の楽器も。
この美しい教会貸切で。
f0161652_19435276.jpg
オルガン工房も見学。社長のアンドレアと乾杯。
これはもうすぐ日本に旅立つオルガンです!!
お楽しみに☆

f0161652_19463241.jpg

ここから番外編。
こっちのほうがボリュームたっぷり(笑)

おらが村散歩。
裏道にある洗濯板が残っている井戸と、バルコニーの花が美しいお家。

f0161652_20004312.jpg

谷越えで会った牛一家。

f0161652_20191547.jpg
日本美女モデル4名@ドロミテの静かな湖。
f0161652_21050382.jpg
近所の滝。
上に見えてる橋 最近できた! を渡りました!
f0161652_21154616.jpg

レッスン早めに切り上げて(笑)
教会脇から出ているゴンドラとリフトを乗り継いで山の上へ。
そこはザ・牛の楽園。
何でみんな同じ方向見てんの??
f0161652_23112778.jpg



牛を上から観察できるのも、リフトに乗ったときだけ。

f0161652_22044314.jpg



最後は隣村でぶらぶら散歩&買い物☆
f0161652_22141922.jpg



ふらっと入った教会で教会ツアーをしていて便乗。
普段は入れない奥の修道院も見学。

f0161652_22114846.jpg



たまたま最後の晩餐の日が、アレちゃんの誕生日でした。
日本人のみなさん&駆けつけてくれた村の友達と一緒にケーキでお祝い。
それにしてもアレちゃんほんっと、若いなあ~~!あれ?

f0161652_22011371.jpg



笑いの絶えない楽しい一週間でした。
皆さま、またいらしてくださいね~☆

f0161652_23203747.jpg

・・・・・・・
リンク
CD「めぐりあう時」がリリースされました!

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


# by organvita | 2019-08-22 23:21 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(0)

裏山のお祭り&ハイキング

おらが村の裏山パンペアーゴのお祭りに行ってきました。
冬はスキー場のここは夏は緑の絨毯。

f0161652_07561581.jpg
テントで郷土料理を提供して盛り上げているのは、
おらが村の吹奏楽団。
ハンバーグ係はオルガン工房のアンドレア(左)。彼はトランペットを吹きます☆
日本人のマネしてピースサイン。
ピースサイン、イタリアでは「トイレにいきたい」っていう意味もあります(笑)。
f0161652_07593413.jpg
もうひとりのハンバーグ係は打楽器奏者。
てか、肉切ってた手袋嵌めたまま太鼓叩いてるんだけどー。
f0161652_05583252.jpg
吹奏楽のライブ演奏を聴きながら、
f0161652_06021298.jpg
ポレンタ、ハンバーグ、豆、キャベツの酢漬けとチーズ。
f0161652_08192413.jpg
ポレンタ係。
f0161652_06075245.jpg
おこぼれを待つ。
f0161652_06065362.jpg
遊びコーナー。
ユーフォニウムのラッパにテニスボールを入れることができたら
飲み物一杯無料券!
f0161652_06102852.jpg
それから尾根をずっと登って、羊の大集落までハイキング!
テントがずっと下に見えています。
f0161652_06175385.jpg
ヤギも。
f0161652_06210048.jpg
そのうち羊使いのお兄さんが牧洋犬とやってきて、羊の大移動。
網を取り外しています。
f0161652_06232215.jpg
羊と羊飼いのお兄さん。
f0161652_06343959.jpg
生まれたての子羊ちゃんは抱えて。
f0161652_06450248.jpg
羊の移動先。
わかりますか?!
  ここの白い点たち。
                                  ↓↓
f0161652_06505926.jpg
野花、満開です。
f0161652_06550082.jpg
f0161652_06592235.jpg
f0161652_07023716.jpg
快晴の昼下がり。
ゆっくり移動する雲の陰が草原に影を落としています。
f0161652_07072553.jpg


# by organvita | 2019-08-17 07:08 | ドロミテの景色 | Comments(0)