バイカーの祝福式

季節は春。これからツーリングの季節。
いつもミサを弾いている教会で今朝、バイカーのための祝福式がありました。

f0161652_07124296.jpg


オルガンバルコニーからも、教会前にずらっと整列したバイクが見えたよ。
祝福式は通常のミサのあと、教会の外の広場で行われました。
続々と集まってくるバイクの重低音が、ミサの間中ずっと
ドドドドドドドドドドドドドドドドと教会の中まで聞こえてきて、
一瞬、オルガンの低音の音が鳴りっぱなしなのかと思った(笑)。

f0161652_07152387.jpg


この町のバイク協会が毎年主催しているこのイベントに、
南チロル、オーストリア、ドイツからのバイカーが大大集合。
町の一本道にずらーーーーーっと並んだバイクは、
新型からアンティーク調の(もう走らなさそうな)ものまで目白押し。
バイクの博物館のようになって楽しかったです☆

f0161652_07174775.jpg


革ジャン率99%の今朝の町並み。

f0161652_07251973.jpg


こんなの乗ってみたいなあ~☆

f0161652_07180636.jpg


・・・
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-04-03 07:32 | ドロミテの生活 | Comments(0)

ヴェネトの春

バンブー連れて、週末にアレちゃん実家に日帰り帰省。
2時間の車旅でも籠の中でおりこうさん。
時々助手席の私の膝の上にも寝に来ます。

f0161652_16094040.jpg


ヴェネツィアにも程近いここ、田舎の実家は、すっかり春爛漫。
庭の桜もいい感じ。

f0161652_16120243.jpg


花好きなマンマがかわいがっている庭が満開。

f0161652_16151442.jpg


↑↓蜂があちこち仕事中↑↓

f0161652_16255634.jpg


庭を探検隊。
実家にはちょこちょこ連れてきているのでだいぶ勝手を覚えてきた感じ。
新しいテリトリーが増えたニャ。

f0161652_16131372.jpg


バンブーの天敵はコヤツ。義理パパママの愛犬リリーちゃん。
リリーは遊びたいのに、客のバンブーが威嚇して寄せ付けません。
リリー、そっと場所を譲ります。人様の家に来て悪いねえ、リリー。

f0161652_16172856.jpg


でも、一番幅を利かせているのは、義パパが愛して止まないこの子、マーヤ。
緑も茂って美味しそう。

f0161652_16204124.jpg


マンマの家庭菜園。苗を植え始めたところ。
夏になればキロ単位で野菜もらえます☆

f0161652_16320835.jpg

この春も、ドロミテの山にもそろそろ一足遅れて登ってきます。

f0161652_16353034.jpg


---
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-04-01 04:52 | ヴェネトの週末 | Comments(1)

シモーネ・ヴェッバー 来日コンサート

イタリアの若手を代表する注目のオルガニスト、
シモーネ・ヴェッバーが、4月に初来日します!

f0161652_09450369.jpg


実はシモーネとは、私もアレちゃんもイタリアの師匠が同門。
彼のほうが一回り若いけど。
家も近くて仲良くしてもらっているんですが、
今回色んなご縁で、日本で演奏していただけることになりました!

確実なテクニック、でもそれを更に超える包容力のある音楽性。
とにかく音楽に対する愛情が人一倍溢れている熱いスピリットを持った人です。
即興も素晴らしいから、アンコールも期待できるかも・・??
ぜひ皆さま、この機会にコンサートにお出かけください!

・・・・・
4月5日(水)聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂

f0161652_09384241.jpg


・・・・・
4月7日(金)東京カテドラル

f0161652_09403122.jpg
f0161652_09411514.jpg


・・・・・
4月13日 キングスウェルホール

f0161652_09423040.jpg
f0161652_09434009.jpg



・・・・・
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-03-25 09:46 | 音楽いろいろ | Comments(0)

コンサート。レッスン。

いつもミサを弾いている南チロルの教会で、ヴィオラの友達とコンサートを弾きました。
チェンバロも運び込んで、楽器三台(オルガン、チェンバロ、ヴィオラ)で。
受難節なので、「十字架上のイエスの7つの言葉」の現代曲を、
祭壇前のスクリーンに受難にちなんだ7つの絵画を映し出しながら、
朗読を交えて弾いたり、日本の「さくら」のメロディの変奏曲を弾いたり、
あとはヘンデルからムゾルグスキーまで、
色々盛りだくさんのプログラムを聴いていただきました。

作っていただいた素敵なチラシ↓。
イタリア語&ドイツ語圏境いの教会なので、二ヶ国語表記。

f0161652_07485738.jpg

実はこの日、15歳のオルガンの生徒クンに、
オルガンアシスタントデビューさせました☆
それでセンセー、テンパッてて写真完全に撮り忘れ。

オルガンのアシスタントって難しいのです。
楽譜をめくるだけでなく、ストップの組み換え作業を
演奏の進行に合わせて的確に行っていかなければいけません。
アシスタントが失敗して演奏がこっぱ微塵になることも(?!)。
でも私の心配をよそに、しっかりと大役務めてくれました。

ついでに、練習に連れて行った日のミサで前奏と後奏も弾かせて、
ミサ弾きデビューも果たしました!
そういえば、私がオルガンを習い始めたのも15歳のとき。
オルガンを初めて教えていただいたF先生には、
手取り足取り、本当に丁寧に色々と教えていただいたなあ。
当時のF先生の年齢を自分はとっくに越しているのが恐ろしいのですが、
これまでの先生たちにしてもらったように、自分も生徒ちゃんたちに
してあげられることが理想だなあ。


ところで、私の生徒といえば、最年少は5歳なんですが、
最近、生徒が一人増えました。
なんと、千九百三十三年生まれのご婦人!

f0161652_08250208.jpg
ピアノの下地は少しあるのですが、オルガンはもちろん初体験。
なんでも、子供のときは両親にあまり愛されず、
だめな子だめな子と言われ続け、
やりたいことも一切させてもらえなかったんだとか。
その後結婚するも色々あって離婚。
それでやっと自分のしたいことをできる時間を手に入れて
40歳から、これまでできなかったありとあらゆることをやりまくって
きたんだとか。そして、八十三歳になって、唯一やり残したことが
「オルガンを弾くこと」だといって、
目をキラキラさせて弾いてくれるおばあさま。
おしゃべり大好きで、今日のレッスンもその半分は
今飲んでる薬の話で終わったんだけど(爆)、
私の倍生きているおばあさまから強烈なパワーをもらってます。

レッスンで使っているポジティフオルガン↓。
これを「卒業」したら、教会でペダルつきの曲に進みます☆
f0161652_08473287.jpg


・・・・・
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-03-25 09:06 | ドロミテの生活 | Comments(0)

なんとなく春

日曜午後の散歩道。
まだ風は冷たいけれど、少しずつ春が近づいているのを感じます。

f0161652_07151128.jpg
山の斜面にエリカが咲くようになったら、季節の変わり目。
もう積もるような雪が降ることは、たぶんないでしょう。
そもそも今年はほとんど雪が降らなかったけどね。
f0161652_07194069.jpg
カラマツの森。ふかふかの地面。
風が通り抜ける音と、春を告げる鳥のさえずり。

f0161652_07230067.jpg
日の当たらない山の中の、赤モミ。
枝と枝がぶつかる音が、時々ギリリっと響く。
f0161652_07335066.jpg
足元の小さな宇宙。
f0161652_07364300.jpg
f0161652_07385658.jpg
震災、原発事故から6年。
時が巡っても忘れられないこと、忘れるべきではないことに
思いを巡らせながらの散歩道。
f0161652_07423125.jpg


リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
# by organvita | 2017-03-14 07:45 | ドロミテの景色 | Comments(0)