<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バンブー 三歳

しばらくブログに登場してなかったですけど、
バンブーは至って元気。
昨日は3歳の誕生日でした☆☆

私たちの夕飯の後、お気に入りの毛布の上ですでに爆睡中のところを
「記念写真を撮るんだ」という勝手な理由で抱き起こされ、
「誕生日だからオメカシするんだ」という意味不明な理由でパピヨンをつけられ。
まだ半起きの状態で状況つかめず、とりあえずテーブルの下に避難。
zzzzz。
「カメラ二台でたかってバチャバチャFlash炊くのやめてくれる?」

f0161652_17365990.jpg


この3年の間にネコさまにも色々ありました。
まず下の階に住むバンブーのマンマの飼い主がお引越し。
でも彼らの新しい家には動物を持っていけなくて、
遠くの村にもらわれていってしまい、それっきり会っていません。
それに伴って、どうやらこの近所のマドンナ的存在だったらしい
バンブーマンマを訪ねてくる徘徊オス猫の数が、最近減った気がします(笑)

f0161652_17420585.jpg


それから生後、別の友達にもらわれていったバンブーの兄弟が、
つい数週間前、車の下敷きになって天国へ。。

ネコさまの世界にも、生きてると色々あります。

f0161652_17404402.jpg

写真のアングルに合わせてパピヨンをぐるぐる回すの止めてください。
f0161652_17432804.jpg


あ、ご褒美くれるのなら、もらっとこ。
でも、マンマの手からしか食べないよ。

f0161652_17442941.jpg


ご褒美みらってる最中にまた抱き起こされ、
あっち向けこっち向けと言われて、パピヨンぐるぐる回されて、
やっといい写真が取れました。
けど、耳が下がっているのはご機嫌斜めなシルシ・・。
このあとアレちゃんはバンブーパンチをくらいました(笑)。

f0161652_17541939.jpg


パンチをかまして、そそくさと寝室に逃避したバンブー。
さ、続きの睡眠。電気消してよ。

f0161652_17590887.jpg


誕生日翌日。
昨晩の疲れが取れてません。

f0161652_18140090.jpg


・・・・・・・
リンク
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-11-21 18:15 | バンブー | Comments(1)

マルティニャーノのオルガン Martignano

トレントの北、マルティニャーノという町の教会で
メゾソプラノのオダとコンサートをしました。

f0161652_17312973.jpg


アンドレア・ゼーニが2009年に制作した、
12(実質15)ストップの中型のオルガン。
15個の音色が組み合わせによって様々な表情が出るように、
考えられた素晴らしい整音が施されているので、
単調になりやすい「伴奏」の音色もカラフルに作れました。
強弱を出せるスウェルペダルもあるので、
他の楽器や歌とのアンサンブルにも万能の楽器。

f0161652_17453869.jpg


木の天井の新しい教会。丘の上のこの教会からの眺めがきれい。
(写真撮り忘れ!)

f0161652_17360181.jpg


プログラムはこんな風。
モーツァルトのハ短調ミサや、
ロッシーニのスタバト・マーテルのアリア、
フランスとイギリスのロマン派~現代曲の宝石のような小品も。
私はソロでメンデルスゾーンのソナタや、
エルガー、ヴィエルヌなどを弾きました。


f0161652_17341916.jpg


お客さまには、オルガンとオダを囲むようにして
祭壇上にもぐるっと座っていただいたので、
オダの声や表情、オルガンの手さばき足さばきが間近で見れて、
私たちもお客さんの反応がすぐそこに感じられて、
皆が一体となれたアットホームなコンサートになりました。
用意していたアンコールは披露できず、
「あれもう一回」「これもう一回」
おまけにアシストしてくれたアレちゃんと
「連弾もして」と声が飛んで、ライブハウス状態で閉会(笑)。

リハーサルの様子がここ↓でちょっとだけ聴いていただけます。
メンデルスゾーンのモテットのアリアの一部です。


ブラヴァ、オダ!
マリア様と記念撮影☆

f0161652_17323765.jpg


・・・・・・・
リンク集

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-11-20 19:48 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

こっち谷とあっち谷でコンサート

秋も深まる10月最後の週末。
こっち谷フィエンメ渓谷と、あっち谷ガルデナ渓谷のオケ&合唱団の
合同コンサートで共演しました。
まずはこっち谷、フィエンメ渓谷のカヴァレーゼの公園に建つ美しい教会で。

f0161652_05341394.jpg


合唱団とオケ団員を合わせて全員で50人以上。
谷のあっちとこっちのクラシックの音楽家が集まって
大編成でイベントをすることはなかなかない機会。

f0161652_05365426.jpg


リハーサル風景。
アンドレア・ゼーニのポジティフオルガンで。

f0161652_05415965.jpg


フィエンメ渓谷を総括する重要な教会だったここは、
数十年前の火事で半焼したお陰?で、その後大修復されて、
かの美しい姿が蘇えった、という歴史を持つ場所。
音楽を奏でる天使が舞うクーポラもあります。

f0161652_05383941.jpg


3人の子ども天使。

f0161652_05393636.jpg


コンサートではオーケストラと、運び入れたポジティフオルガンで、
モーツァルトやハイドンの教会ソナタを共演したり、
合唱も合わせてハイドンのミサ曲を演奏しました。
他にも、合唱アカペラなど、
バロックからモダンまで盛りだくさんなプログラム。

f0161652_05425840.jpg


このバロック様式のオルガンで、モーツァルトの4手連弾も弾きました☆

f0161652_05444687.jpg


プロのカメラマンが撮った、
美しいコンサート記録写真集は、こちらから見てね。

さて、翌日は谷の向こう側へドロミテ縦断。
稀に見る塵一つない真っ青の空の下をドライブしながら移動!

f0161652_05460210.jpg

サッソロンゴ山塊の脇を通り抜けて、
f0161652_05480471.jpg


ガルデナ渓谷へ抜けます。
山頂から谷の向こう側を見下ろした景色。
この写真を撮った一週間後、雪が降りました!

f0161652_05495857.jpg


ガルデナ渓谷のサンタ・クリスティーナ村の教会にて。
リハーサル風景。

f0161652_05503610.jpg


二日続けてコンサート、二日続けて打ち上げパーティで盛り上がり、
こっち谷とあっち谷の音楽仲間で楽しい時間を過ごしました☆


・・・・・・・
リンク集

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-11-08 06:47 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

JITRAに寄稿しました。

イタリア旅行情報サイトJITRAの記事を更新しました。
「ドロミテの秋」について書きました。
こちらのリンクからどうぞ読んでくださいね☆

f0161652_08391890.jpg



・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-11-07 08:29 | ドロミテの景色 | Comments(0)