<   2016年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アウアー/オーラのオルガン Auer/Ora

山の斜面のいろは坂を登ってずーーーっと行くと、おらが谷。

f0161652_18342308.jpg

今日はそんな斜面がちょうど見える、美しい墓地があるアウアーの教会へ。
アウアーはドイツ語、イタリア語ではオーラ。
そう、いろは坂を降りたここは、隣の南チロル州。
第一次大戦までここはオーストリア領でした。
今ではドイツ語とイタリア語が混在し、全てが二ヶ国語表記。
(とはいってもドイツ語の方が「有力」ですが)

f0161652_18365150.jpg

今年丁度建立500年(!)を記念するこの教会で、
オルガンコンサートを弾いてきました。

その数日前に起こった中部イタリアでの大地震。
心配してくださった皆様、ありがとうございます。私も知人親戚もみな無事です。
毎日心痛むニュースが錯乱している中、とっさに思いついたのが、
お客さんからも募金を募って現地に送る、ということ。
こういう時、とにかく早急に必要なのはおそらく「お金」です。
急遽チャリティーコンサートという名目にしてもらい、
教会の扉にも告知を貼ってくれました。(これも二ヶ国語!)
しかも募金箱には、それなりにまとまった額が集まりました!
教会を介して現地に送っていただきます。

f0161652_18325625.jpg
さて、築500年のこの教会にあるのは、
築417年のこのオルガン!

f0161652_07271907.jpg

オルガン:
Hans Schwarzenbach (Füssen, Germany) 1599年制作
1段鍵盤+ペダル 9ストップ 中全律

実際には、H.Schwarzenbachが1599年に、
この近くの町エッパンの教会に建てた楽器ですが、
1690年にイタリアの名工カスパリーニ E.Caspariniによって、
この教会に移され、
何度かの修復を経て、最終的に1982年にJ.Pirchnerによって復元されました。
Schwarzenbachの現存する唯一の楽器、
同時に、南チロル州で一番古い演奏可能な楽器として、貴重なオルガンです。

f0161652_07282637.jpg

オルガンケースだけでも美しいこの姿。

f0161652_07525957.jpg

薄いオルガンケースの後ろには、ふいごが設置されていて、手動でも使えます。

f0161652_07402353.jpg

私が好きなのは、オルガンの扉の裏側(閉めたら正面に来る)に描かれた、
受胎告知のシーン。マリア様がお裁縫してるの!

f0161652_18425249.jpg

そして、その対称側に、生誕劇のシーンが。
この二つは、オルガンバルコニーに上がって楽器の後ろに回らないと見えない絵。

f0161652_18390634.jpg

演奏台。ストップノブが面白い。
重い鉄の棒を上に上げたり下に下ろしたり。

f0161652_07501743.jpg

そう広くはない会堂の中も、素晴らしい美術品で溢れています。

f0161652_07303738.jpg
天使が溢れた祭壇上部。
f0161652_07343337.jpg
美しい天井の模様と、フレスコ画が見え隠れしている壁の十字架。
f0161652_07361716.jpg

金と黒の荘厳な祭壇。

f0161652_07374446.jpg

平たい木の板に描かれた、紙芝居みたいな祭壇。

f0161652_07322478.jpg

こんな特別な教会とオルガンで、ちょっと連弾、
あとは、アレちゃんがルネサンス、私が初期バロックに、
それぞれどっぷりと浸ったプログラムで
古の響きを思う存分楽しみました。
あー。めっちゃ楽しかった☆

f0161652_08272995.jpg

いただいたお花。深紅のバラがとってもきれい。
でもススキが混ざったりしてて、ちょっと秋の気配も感じさせるステキなブーケ。

f0161652_19323997.jpg

ワインもいただきました~!
もちろん地ワイン☆
そう、この辺りはワインの名産地なのです。
教会の回りも一面ブドウ畑。

f0161652_20314415.jpg




・・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-29 08:43 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

シュヴェービッシュ・グミュンド散策

半日しかゆっくりできなかったけれど、町を散策。
教会はたくさんあったけれど、やっぱりこの大聖堂が素晴らしい!
外も中も、あらゆるところに見所満載。

f0161652_05575149.jpg

なんともやさしい表情のマリア様。

f0161652_07154129.jpg

贅沢な蛇口から水を飲むハト。

f0161652_05404376.jpg

そして、大聖堂の中の天井。

f0161652_06000747.jpg

f0161652_05184410.jpg

祭壇の素晴らしい彫刻と絵画。

f0161652_06033256.jpg

イエス様の身体に写る幻想的な明かり。

f0161652_06051768.jpg

女性だけの祭壇。

f0161652_06264281.jpg

左側は聖セシリア。ポルタティーブオルガン弾いてる!

f0161652_06311050.jpg

彫刻ひとつひとつが訴えてくる表現力。

f0161652_06325081.jpg


f0161652_06342375.jpg

f0161652_06382877.jpg


f0161652_06413757.jpg

f0161652_06513634.jpg

そんな別世界の大聖堂の周りでは、
この日市場が立って大賑わい。
f0161652_07144659.jpg
ドイツらしいジャガイモやさん。
f0161652_07220822.jpg
市庁舎広場の前には、昼間から大勢の人。
f0161652_07125809.jpg

別の教会の塔の上から、金管合奏が聞こえてきた。

f0161652_06544020.jpg

ドイツらしいカラフルな町並み。

f0161652_07103433.jpg
道いっぱいに広げられた古本屋さんを物色。
f0161652_06532228.jpg

ビアホールで昼食食べようと階段上りかけた所で挟まってしまった人。

f0161652_07093689.jpg


・・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-29 07:34 | ヨーロッパ紀行 | Comments(0)

シュヴェービッシュ・グミュンドのオルガン

ドイツ南西、シュトットガルトに近い町、
シュヴェービッシュ・グミュンドで毎夏行われている
フェスティバルFestival Europäische Kirchenmusikで弾いてきました。
町を見下ろす塔に登ったら、かわいい町の全体像が見えた!
演奏したのは左奥に見えている大きなミュンスターで。

f0161652_17201363.jpg

ゴシック造りのカテドラルに入ると、
それは立派なオルガンが後方に鎮座。

f0161652_17235396.jpg
オルガンに繋がる石造りの階段を登っていきます。
f0161652_17441677.jpg

二段階になっているバルコニーの途中階部分。
筋肉モリモリの体育会系のイケメンたちが、
オルガンの乗ったその上のバルコニーを支えてました。

f0161652_17491641.jpg

3階に登ると、見事な彫刻が施されたゴージャスなオルガンに圧倒。

f0161652_18030893.jpg

等身大の天使たちが頭上でワイワイ。

f0161652_18234876.jpg
足裏もきれい。さすが天使には角質とかもないのね。
f0161652_18284981.jpg
あまりに楽器が大きくて、バルコニーで全体像が撮れず。
聖歌隊席の高いところから見下ろしたらこんな感じ。

f0161652_18081052.jpg
オルガンケース:Johann Michael+Christian Maucher 1687/1688
オルガン:Klais社 1983/2009
3段鍵盤+ペダル 55ストップ

f0161652_18105142.jpg

日本で通っていた音大にKlais社のオルガンがあったので、
なんだかとても懐かしい響きでした。
大型のオルガンなのに一本でも美しいストップも色々あって、
しかも教会の響きも素晴らしく、久々に大型オルガンを楽しみました。

f0161652_18542012.jpg

コンサート前の様子。
今年のフェスティバルのモットーは「男と女」だそうで、
それに関連付けたコンサートが毎晩続く中、私たちは「男と女」で連弾。
イタリアの作品をはじめ、モーツアルトや現代曲も弾きました。
町全体で毎年開催しているフェスティバルに人が慣れているのか、
感性の豊かなお客様が集まっていて、演奏台と客席はとても離れているのに、
会場が一帯となっていると感じられた、とても心地よい一時を過ごすことができました。

地方新聞で紹介されたコンサート批評を後日送っていただきました!
記念に貼っときます☆

f0161652_04223147.jpg
f0161652_04265698.jpg



   ・・・・・・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-29 06:57 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

餌が飛んできた

バンブーが我が家にやってくるずっと前から、
私が可愛がってきたベランダに飛んでくる野鳥が、
いまや、バンブーの狩の標的となっている。。。滝汗。

よく「うちの猫はよく鳥とかねずみをくわえてくる」って聞くけど、
幸いバンブーは臆病猫(いまのところ)。

今日も4匹の餌が飛んできた。
ベランダに置いたパン屑食べてる。

f0161652_18191624.jpg

爆睡してたバンブー、鳥の気配で飛び起きて、このスタイルで凝固。
でも近づく勇気ゼロ。お尻たたいて促しても凝固固守。
・・・・。

f0161652_18500130.jpg

スズメがパン屑を食べるだけ食べて飛悠々と飛び去ったあと、
そろり足で近づいて確認。(なにこのへっぴり腰・・・)

f0161652_19124283.jpg
餌台の後ろに回ってみたら、餌がまだいた、の図。
(でも眺めてるだけ)

f0161652_19470124.jpg
狩に失敗した負け犬。あ、負け猫。

f0161652_21014761.jpg

ふてねこ。

f0161652_16541189.jpg



・・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-24 17:13 | バンブー | Comments(2)

カルロの80歳の誕生日

おらが村のバンダ(吹奏楽団)を長年率いてきたカルロが、
先日80歳の誕生日を迎えました。
この楽団員からカルロに内緒のプレゼントを企画☆
カルロは近所に住んでいるんですが、
夜の20時、楽団がワヤワヤと集まってきましたよ!
我が家のベランダから特写。

f0161652_15442543.jpg

音だしするとバレるので、「本番」ぶっつづけでこっそり待機。

f0161652_15495064.jpg

そして、カルロの家の前まで行進開始!
(向きが逆のビデオでごめんなさい)



何にも知らされていなかったカルロ。
嬉しそうに外に出てきました。
(でもバンダと奥さんは内緒で承諾済み☆
カルロがうっかり出掛けないように奥さんは一役)

f0161652_16003089.jpg
一曲弾き終わったところで、みんなでハッピーバースデー斉唱。
この曲は世界共通ですね☆




それから数曲、カルロの指揮に合わせて演奏。
f0161652_15570690.jpg
それから向きを変えて、村に向かって!
f0161652_16314663.jpg

夕焼けの美しい谷にバンダが響き渡りました。
近所の人たちもわいわいと集まってきて。

f0161652_16075753.jpg
f0161652_16372355.jpg

それから、靴とジャケットを着せられたカルロを先頭に、
村の中心のバンダ練習場まで行進。
アタクシ、急いで家のベランダに駆け戻って、
行進の様子を上からビデオに収めました~☆




たまたまこの日は村祭りの日。
(夏の毎週火曜日は村祭りをしている)
村の真ん中の噴水の前まで行進したら、
人がいっぱい集まってきて、またまたミニコンサート。

f0161652_16413402.jpg
そのあと、練習場でケーキ&ワインで盛り上がりました☆
小さな村の、暖かい夕べのひとコマでした。

PS.このビデオと写真は私からの誕生日プレゼント☆



・・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-22 17:24 | ドロミテの生活 | Comments(2)

ドロミテ・オルガン・アカデミー2016 その2

チャリティコンサートを弾いたことのほかに、
「こんな教会で弾いたよ」編。
こちら、おらが谷で一番大きくて、残響の長い教会で、
ザ・ヨーロッパの響き、体験。

f0161652_06083084.jpg
こちら、快晴の青空に映える、マリア被昇天教会の外壁の壁画。
f0161652_06402088.jpg
この地方に多い、木をはめ込んだ天井が特徴の
教会エントランス。
f0161652_06342395.jpg
他の参加者の演奏を聴きながら、熱心に祈るみなさん。
・・・かと思ったら、折り紙中(笑)。
チャリティコンサートで配るための鶴を折っているの図。

f0161652_06251305.jpg
山越えドライブでやってきた教会。
花で着飾ったかわいい窓辺を写真に収めるみんな、を撮ってみた(笑)。
f0161652_06452678.jpg
豪華な彫刻が施された1700年代(製作者不詳)のイタリア歴史オルガン。
半日じっくり楽しみました。

f0161652_06511489.jpg
今でも使える手動のふいごがオルガン演奏台の脇に。
f0161652_06482199.jpg
小さな教会にセンス良く光る美しい天使たち。
f0161652_06522041.jpg
それから、人目につかない山の中にたたずむ教会へ。
ティツィアーノの弟子が描いた壁画が残る、お城の部屋のような教会。
夏しか開放されないこの教会では案内のお兄さんがいつも常駐して、
教会や美術品の歴史を聞かせてくれます。

f0161652_07060841.jpg
オルガンは、この美しい祭壇の後ろにある、1801年制作の楽器。
f0161652_07073762.jpg
オルガンと祭壇の間に挟まるようにしながら、
イタリアでしか味わえない独特の響きを堪能中。

f0161652_07110209.jpg
ストップノブも、とってもイタリアン。
f0161652_07143744.jpg
最後にみんなで記念撮影!
f0161652_07163820.jpg
翌日はガラッと趣を変えて。
南ドイツの典型的な19世紀のオルガンを試奏。
暖かい響きの8フィート管をたくさん重ねて。
この日はアレちゃんもちょっと合流。

f0161652_07294388.jpg

「オルガン工房も見学したよ」編。
今製作中の二台の家庭用オルガンと、ポジティフオルガン。

f0161652_06212145.jpg

続いて「こんなの食べました」編。
いろんな味のパンの盛り合わせ。

f0161652_06565872.jpg
いろんなものが乗った前菜のパン盛り合わせ。

f0161652_06545895.jpg
茄子とチーズのグラタン。
奥は野菜のラザニア。

f0161652_06580285.jpg
おこぼれを待つ鳥ちゃん。
f0161652_07000043.jpg
「ドロミテ眺めながらご飯食べたよ」編。
f0161652_00451079.jpg
「公園の中でハンバーガー食べたよ」編。
f0161652_06312298.jpg
「おらが村の裏道歩いてみたよ」編。

f0161652_06423001.jpg
「いろんなところに花が満載だよ」編。
f0161652_06533232.jpg
「湖畔の村でも弾いたよ」編。
f0161652_07013103.jpg
「山越えしたら牛の大群と遭遇したよ」編。
f0161652_07573047.jpg
カウベルが響き渡って賑やか。
f0161652_08020634.jpg
こんな新鮮な川の水を飲んだ牛のおっぱいは美味しいだろうね。
山の乳製品が美味しい理由のひとつなのかも。

f0161652_08065659.jpg
イベント盛りだくさんの一週間アカデミーでした!


・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-20 08:23 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(0)

震災チャリティコンサート

8月頭から行った第二回目のドロミテ・オルガン・アカデミー。
実は参加くださった方のほとんどが東北・盛岡からの旧知の仲。
そんなこともあり、震災5年記念のチャリティーコンサートを計画し、
アカデミーの間に皆で演奏会を弾きました。
こんなポスターを谷に貼って回りました!

f0161652_22153875.jpg

コンサートの始めに、チャリティの趣旨と、
この5年の間に私たちが東北を訪問したときの印象を少し、
それから演奏者や演奏曲の紹介などをトーク。

f0161652_22173754.jpg

始めに私とアレちゃんで一曲連弾。

f0161652_22192930.jpg

それから3人の生徒さんが1・2曲ずつ、
アカデミーで取り組んだ曲をご披露。

f0161652_22205734.jpg

コンサート後半は、
盛岡市民文化ホールの専属オルガニストを勤めている渋澤久美さんが
ヴァリエーションに富んだ素晴らしい演奏で
イタリアの聴衆を魅了してくれました!

f0161652_22225500.jpg

実は村の情報誌がコンサートの日にちを間違えて告知(泣)。
間違っていた翌日には閉まった教会の前に50人くらいたむろっていたらしいです。
なんとも残念!!(ああイタリア。日本じゃありえないよね)
それでも40人くらい集まってくれた聴衆から、拍手喝采を受けたみなさん。
こちら、「ブラヴァ!」コールにアンコール曲でこたえる渋澤久美さんの姿↓。

f0161652_23315716.jpg

拍手鳴り止まず!

f0161652_23540195.jpg


最後にみんなでオルガンの前で記念撮影。
みなさま、素晴らしい演奏をどうもありがとうございました!!

イタリアの山の小さな村と、日本の東北が繋がった、
素晴らしい夜となりました。

f0161652_22124516.jpg

教会横のバールで打ち上げ。この村の地ビールで☆☆
チャリティのために教会を快く貸してくれたオルガニストのディエゴも。
元銀行員だったマリオは、チャリティで集まった募金を早速プロの手つきで集計。

f0161652_23334077.jpg

第一回目、第二回目のアカデミーにいらした、計8名の日本人の方が、
アカデミーの最中に心をこめて折ってくれた折り紙。
募金してくれた人にお礼に手渡しました。
実は震災直後に行ったチャリティでもこれをやったんですが大好評で、
折り紙欲しさに募金してくれる人もたくさんいたんです!

f0161652_23350851.jpg

コンサートでの募金のほかに、
コンサートにはいけなかったけど日本のために、と封筒を渡してくれた知人もいて、
最終的に集まった額は620ユーロ。日本円で72000円となりました。
これは被災遺児孤児のための
「いわての学びの希望基金」へ送らせていただきました。
この場を借りてご報告させていただきます。

f0161652_23355321.jpg



・・・・・・・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-20 00:21 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(2)

ドロミテ・オルガン・アカデミー2016 その1


ドロミテ・オルガン・アカデミーその1のご報告。
7月の半ば、日本から4名のオルガニストをお迎えして

楽しい美味しい一週間を過ごしました。
まずは、「たくさんオルガン弾いたよ」編。

f0161652_07175655.jpg

f0161652_07475897.jpg

f0161652_08112201.jpg
f0161652_08133013.jpg
f0161652_09041184.jpg

f0161652_08481411.jpg

最終日にはドロアカ(ドロミテアカデミーの略。泥垢じゃないよ)
初の発表会を開催!アカデミーでの成果を皆さま堂々と演奏されました。
だというのに、その時に写真をまったく撮り忘れていて残念!

続いて、「オルガン工房も見学したよ」編。

f0161652_06535738.jpg
f0161652_07060160.jpg

「羊の大群に遭遇したよ」編。

f0161652_07515478.jpg
f0161652_07540441.jpg
「オルガンより食の写真のほうが圧倒的に多いよ」編。
f0161652_06384150.jpg
f0161652_06483632.jpg
f0161652_06512794.jpg
f0161652_08565332.jpg
f0161652_08343247.jpg
f0161652_08302388.jpg

f0161652_06524286.jpg
f0161652_07390155.jpg
「山越えもしたよ」編。
f0161652_06560927.jpg
f0161652_06574650.jpg
f0161652_07010350.jpg
朝から晩まで、
弾いて弾いて食べて食べてしゃべってしゃべって、の
本当に楽しい有意義な一週間でした。

・・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-08-19 09:37 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(2)