<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

一時の喜び

日中でも10度あるかないか、という寒い毎日。
「今年の冬は暖かいね」というジョークが谷で流行ってます(涙)。
しかも毎日が雨。ほんと、盛り上がりませ~ん!今年はどうしちゃったんでしょうね。

そんな中、昨日の夕方、雨上がりに虹がでました!!!!!!         
f0161652_883791.jpg
写真ではわかりにくいのですが、二重の虹!

しかも180度くっきり!!!
f0161652_8172082.jpg
一時の喜びでした。



追伸:
6月に日本で演奏します。コンサートのご案内はこちらからどうぞ



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-31 08:36 | ドロミテの景色 | Comments(6)

チェンバロ週間

5月はチェンバロで通奏低音を弾くおシゴトが3回ありました。

イタリアで通低で弾くレパートリーは、圧倒的にイタリア物が多いです。
当たり前といえば当たり前なのですが、自分の国の音楽を自分達で演奏するイタリア人の姿はとても自然で、「学んで」得られるものではない、身体にしみこんでいる彼らの活き活きした音楽語法をいつも感じされられます。

このコンサートはトレント郊外の教会でのもの。
コレルリのコンチェルト・グロッソ、トレントの現代作曲家の初演、そしてヴィヴァルディのグロリアを演奏しました。

この寒さの中での、寒い教会の中でのリハーサル&コンサート。
必殺、日本のユニクロのヒートテックババシャツ二枚重ね(爆)。
f0161652_17351146.jpg
こちらはトレントの観光名所、Castel Buonconsiglio城の一室でのコンサート。
今年は、イタリアバロック音楽の大家、コレルリの没後300年ということもあり、
コレルリのトリオソナタやコンチェルト・グロッソのオンパレードプログラム。
お部屋に描かれた絵を眺めながら弾けるのはテンションあがります(爆)。
f0161652_17465069.jpg
このお城、トレントに住み始めた頃に訪れて以来、ずいぶん長いこと中に入ることはありませんでしたが、改めて素敵なお城だなあと再確認。トレントに来られたらぜひ訪ねていただきたいスポットです☆こちら、中庭と回廊。
f0161652_1751873.jpg
音楽家が描かれた壁画。
f0161652_17593525.jpg



追伸:
6月に日本で演奏します。コンサートのご案内はこちらからどうぞ



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-27 18:39 | 音楽いろいろ | Comments(4)

朝、カーテンを開けたら

そこは、白銀の世界でした・・・・。


雨ばかりの5月。
昨日ニュースで、「明日は標高1200Mから雪でしょう」との予報。
ここは1000Mなので、まさかと思っていたら・・・このアリサマ。


先週、待ちきれずにバルコニーに飾ってしまったゼラニウムが、
瀕死の状態です・・・。
f0161652_20572822.jpg






にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-24 21:01 | ドロミテの景色 | Comments(10)

日本のコンサートのご案内

6月に日本でコンサートを弾かせていただきます。
コンサートのチラシが出揃ったので、この場を借りてご案内させていただきます。
お近くの方、お時間あります方は、ぜひいらしてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・

6月21日(金) 盛岡市民文化ホール

盛岡市民文化ホールのオルガニスト渋澤久美さんとの、デュオ・コンサート。
それぞれのソロ演奏の他、ホールの3台のオルガンを駆使した連弾をお楽しみいただきます。久しぶりの盛岡、とっても楽しみ!
チケット好評発売中。お早めにどうぞ☆ 詳細&ご予約はこちらから
f0161652_74144.jpg

f0161652_741533.jpg


・・・・・・・・・・・・・・

6月27日(木) 横浜みなとみらいホール

毎月開催されているオルガン1ドルコンサート。
6月担当の私たちは、イタリアをテーマに連弾とソロをお聴きいただきます。
オルガン・ルーシーの誕生月6月は、二回公演!昼も夜もどうぞ☆
詳細&お問い合わせはこちら。

f0161652_8313710.jpg

f0161652_8304414.jpg

f0161652_8295122.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・

6月28日(金) 築地本願寺

毎月開催されているランチタイムコンサート。「お寺でオルガン」が大人気。
東京の台所、築地でランチがてら、お気軽にお出かけください。
詳細&お問い合わせはこちら。
f0161652_7465654.jpg

f0161652_749106.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-20 18:58 | 音楽いろいろ | Comments(4)

渋滞

昨日、近所で渋滞に巻き込まれました。  

 

ガードレール飛び越え禁止っ!
羊が車を揺らしながら通過。羊毛仕上げの洗車ができてラッキー☆
・・・なんて思いながら見ていたら、立派な角のヤギも通過。
車にギーっと線が入っちゃうかも!と、ちょっと焦りましたが、無事でした。(笑)



      ***************************************************
ニューアルバム「4手の対話」詳細はこちらをクリック!

iTunesで視聴&購入できるようになりました。
このページで曲番号の上にマウスを置くと、視聴が始まります。
f0161652_1135112.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-14 19:24 | ドロミテの景色 | Comments(8)

羊の季節がやってきました

川の向こう側に見える、白い塊の物体、な~んだ?
f0161652_17522491.jpg
桜の開花と共に、羊ちゃんが谷の下を流れる川に沿って、毎日行ったり来たり。
草を食みながら徘徊しています。
羊に反応して車を止め写真を取りまくってるのは私だけ。
ヘンなおばさんの登場に羊飼いのお兄ちゃんに訝しい感じで見られましたが、私がカメラを出した瞬間に、あ、君。恒例のアジア人ね、って感じでにこやかに手を振ってくれました(爆)。
f0161652_175801.jpg
後姿しか撮らせてくれないシャイな羊たち。
よく見ると毛を刈り込まれて、情けないマルコメ体になってて、またかわいい。
f0161652_1823621.jpg
変な声を出してみたら、こっちを振り返ってくれました。
たぶん「あ、またあいつだ」って思われたに違いない・・・汗。
f0161652_18282026.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-09 18:43 | ドロミテの景色 | Comments(4)

桜が咲きました sanpo

お山にもやっと春が到来しました!
山桜や花のつく木が咲きはじめ、山の斜面が白くなっています。黄色いのはタンポポ。
f0161652_2383595.jpg
こんなのどかな田舎に住んでいても、生活があるとやっぱり毎日がなんだか忙しく過ぎてしまいます。咲きはじめたな~と思ったのもつかの間、気がつけばあっという間に
もう葉桜になりそう。

この時期になるといつも、桜の木の下でどうしてもお弁当が食べたくなる私。
裏山のお気に入りの桜へGO。ここも満開。お見事!
f0161652_2413672.jpg
こんな「名所」なのに、木の下でお花見してるのは私たちだけ。
風が吹いて花びらがひらひら散っている姿に風情を感じるのは、やっぱり日本人独特の感情なのだと思います。
f0161652_2512356.jpg
即席・冷蔵庫の余りモノ弁当。
食べ終わった瞬間に雨が降り出し、そそくさと退散(泣)。
昼寝用の毛布も持参したのに・・・。
今年のカラオケ大会は延期となりました(爆)。
f0161652_2545121.jpg


       ***************************************************

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう
[PR]
by organvita | 2013-05-08 02:57 | ドロミテの景色 | Comments(4)

ニトラ散策 Nitra

コンサート前の練習の間に、マリアが町を案内してくれました。
ニトラ。町のことは何も知らずに出かけましたが、実は中欧ではとても古い、
歴史的な町。6000年も前から建物が立てられていたことがわかっています。
f0161652_1735167.jpg
ローマと同じように7つの丘に囲まれた町。その中央の丘にカテドラルが建っています。
f0161652_17412531.jpg
ニトラの歴史は5世紀から始まります。9世紀にはスラブ人によって教会が建てられましたが、その時期からすでにバチカンから許しを得て、スロヴァキア語によるミサ(それまではラテン語)が行われてきました。一般的に言われている「宗教改革」よりもずっと前です。

丘を登っていったところに建っている、ペストの像。
この町もペストの脅威にさらされました。
f0161652_17434891.jpg
カテドラルの中。9世紀からの歴史が詰まった教会は、様々な時代のスタイルを経ています。豊かなバロック装飾の祭壇のすぐ横には、
f0161652_1831538.jpg
中世の壁画が残る礼拝堂が。
修復すればするほど、色々出てくるらしい。
f0161652_18101562.jpg
あ、お祈りしている人発見。
f0161652_1818138.jpg
中欧のキリスト教の歴史の始まりの大事な一部を担ったこの教会。二代前のヨハネ・
パウロ法王が、1995年にポーランドへ帰る途中に突然使命を感じ、お忍びでここへ立ち寄り祈っていったことがあるとかで、後でそのことを知らされたニトラの人によって、
教会の脇には巨大なパウロ法王の記念像が建っていました。
実は7月には、現フランシスコ法王が訪問することになっているらしいです。
f0161652_629620.jpg
丘からぐるっと眺められるニトラの町。
コムニストの時代に建てられた郊外の集合住宅は、
今では可愛らしい色に塗り替えられ、自然とマッチした感じになってます。
f0161652_18282746.jpg
二つの大学がある町で、夜でも若者で町は賑わってました☆
そしてなんと、街中にこんなお店発見。日本&中国のお茶とともに、立派な盆栽が。
毎年盆栽フェスティヴァルも開かれているそうです。
f0161652_18333116.jpg


    ***************************************************

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-02 18:34 | ヨーロッパ紀行 | Comments(1)

スロヴァキア、ニトラのオルガン Nitra

ヴェローナからウィーンに飛行機で飛んで、そこからバスで二時間。
スロヴァキアのニトラという町で、オルガンコンサートを弾いてきました。
ホテルの窓からの眺め。弾いたのは二つの塔がある奥の教会。
ニトラで一番大きな教会です。
f0161652_1552947.jpg
どことなく、イタリアのアレックスの実家の教会に似ている教会の内装。
後ろのバルコニーの上にオルガンが鎮座しています。

ちょっと面白い歴史があるこのオルガン。
中央の濃い木の部分は歴史的な部分で修復済み。
両脇の明るい木の部分は、近年になって付け足された部分。
旧&新が合体された造りになっています。

前日についてコンサートの準備をしたのですが、途中で結婚式があったので、
教会は結婚式バージョンの飾りが☆
f0161652_234057.jpg
オルガン:
Arnold, Moszny und Važanský
Rieger – Kloss(修復&拡張)
3段鍵盤+ペダル 60ストップ

こちら、オルガンの演奏台。
電気アクションの演奏台は、祭壇を向いて設置されているので、
ミサを弾くにはとても便利に違いない。
f0161652_311517.jpg
ニトラ・オルガンフェスティバルは今年で6年目。
同門の友人マリアが地元ニトラで始めたフェスティバルです。
今年のオープニングコンサートで弾かせていただきました。
初日ということもあって、市長をはじめニトラ市のお偉い方々から、
たくさんの暖かい聴衆が集まってきました。
ウィーンから、ブログのお友達「ウィーン散策」さんご夫妻もはるばる
駆けつけてくださいました!ありがとうございました!!

こちら、コンサート始めの挨拶↓↓↓。 バルコニーからこっそりと。
演奏している様子は、祭壇の右側のスクリーンで映し出されています。
f0161652_3135598.jpg
アレックスと私のそれぞれのソロを交えた、イタリアンな連弾のプログラムをご披露。
晴れてCDも出したので、レパートリーも一新しました!

コンサート後でのセレモニーで、関係者のみなさんと記念撮影。
毎回スロヴァキアに来ると体験するのですが、スロヴァキアの女性はみんなスマートで
背が高いっっ!日本人と写真を撮ると頭一つ飛び出てしまう私ですが、ここでは小人☆
f0161652_3285738.jpg
ニトラ観光編に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-05-01 03:37 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)