<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バリのオルガン Bari

ずーっと南へひとっ飛び。プーリア州のバリで弾いてきました。
ここはサンタ・クローチェ教会。駅の近くのモダンな、ステンドグラスの美しい教会。
波打った形の天井に合わせて、オルガンも波打った曲線のデザイン。
f0161652_833610.jpg
オルガンはフリウリのF.ザニン工房製。
1996年制作。3段鍵盤+ペダル。31ストップ。        
f0161652_83659.jpg
音色を選ぶストップ部分には、手書きのかわいい絵が描かれています。
ザニンの楽器は鍵盤のタッチが気持ちよくて好き。
アレちゃんと、連弾+ソロを交えたプログラムを、楽しく弾かせていただいてきました。
f0161652_8462831.jpg
ここは、ドイツ時代に同門下生だったオルガニスト、フランチェスコが主催している
オルガンフェスティバルがあり、そこに呼んでいただいたのでした。
南イタリアの果てで、北ドイツの果ての懐かしい留学時代の話なんかで盛り上がり、
美味しいものを食べ、コンサートに行ったのに教会では受難節のために一日中ミサ&
イベントがあったため殆ど練習時間がなく(汗)、・・・お陰で観光ができました(笑)。
こちら、観光編。
バリの旧市街は、こんな細い道で張り巡らされていて、気ままなお散歩が楽しい。
そこに洗濯物が所狭しと翻る。洗濯物をみているとどんなひとが住んでるかわかります。上からビニールが被せてあるのは、きっと上階からの水滴を避けるため?!
f0161652_8544338.jpg
プーリア州の民芸品を売るお店。バリのシンボルマークは鶏。
鶏マークのお皿や原色のカラフルな置物とかプレゼピオがかわいい!
f0161652_23402397.jpg
路地でみつけた「なんでも商店」。この白いお菓子は、プーリア州ではイースターには欠かせないお菓子なんだとか。軽いビスケットに白砂糖がかかっただけの、懐かしい味。
f0161652_17541515.jpg

バリといえば、イタリア人がすぐに連想するのが「サンタクロース」。
イタリアではバリの聖ニコロが、12月6日にお菓子を持ってくる、という風習があります。その聖ニコロを祭った教会がこちら。もちろん、バリの町の守護聖人でもあり、街の至る所で祭られてました。
もともとはロシアの聖人だったのを、イタリアのバリに遺骸が移されたんだとか。
教会の地下礼拝堂に祭られています。そのため、周りにはイコンとかロシア風なものが置かれてちょっと異国情緒に溢れていました。
f0161652_17283738.jpg
日曜日の朝、海が見える港で、小さな魚市が。
f0161652_17434542.jpg
これはウニ。日本のよりも小振り。
f0161652_17492665.jpg
念のためにと張り切って水着持参で行ったものの(爆)、北のおらが村とあんまり変わらない寒さで、4度・・・。
でも青い海が開放的な気分にさせてくれました!
f0161652_18291331.jpg



 ***************************************************
ニューアルバム「4手の対話」詳細はこちらをクリック!
f0161652_1135112.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-03-24 08:56 | 見た弾いたオルガン | Comments(2)

私は紙派

数日前、コンピューターに依存している知人が夕飯を食べにきたのですが、
自分のPC&携帯&キンドル持参で来て、ずーーーーっとマックの素晴らしさを演説&
デモンストレーションして帰りました。(我が家がまだウインドゥズ使ってると知って。)
口癖は、「これで君達もちょっと「未来」を垣間見たということだよ。」

そういうお友達、みなさんも回りにいませんか?
そんな人には、この動画を見せてあげてね。
友達が教えてくれました。笑えます。




こちら、娘が「誕生日にプレゼントしてあげたIPod、どう?!」と
父に質問するところから始まります。


そうは言っても、今度日本に帰ったらキンドル買いたいなーと、密かに企んでいる
ワタクシ。活字がなかなか読めない&毎回郵送したり持って帰ってくるのは大変&
新書と縁がない海外組にとっては、なかなか嬉しい機械だと思うのですが。
でも本音は、やっぱり本は紙をめくって読みたいんだけどね。
あの手触りと紙の匂いが本の醍醐味だと思うんだけど。
私は未だに手帳は紙です。Viva紙!


    ***************************************************
ニューアルバム「4手の対話」詳細はこちらをクリック!

f0161652_1135112.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-03-21 19:23 | その他 | Comments(6)

春か冬か

インフルエンザが治ったので、春を求めて、裏山でこんな写真を撮ってみました。
谷の南斜面(右側)はだいぶ雪も溶けました。
f0161652_185027.jpg
気づけば、足元には小さな春が。
f0161652_197814.jpg
木の芽も知らぬ間に膨らみ始めています。
f0161652_19115155.jpg
。。。なんて記事をアップしようと思っていた矢先、
今日はこんな景色に舞い戻り。。。泣
また真っ白。ああ。
イースターが過ぎるまで、まだ春の到来は未定です。
f0161652_19192326.jpg



   ***************************************************
ニューアルバム「4手の対話」詳細はこちらをクリック!
f0161652_1135112.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-03-18 19:25 | ドロミテの生活 | Comments(2)

マロスティカのオルガン Marostica

とても久しぶりのオルガンの話題です。

日曜日、ヴェネト州のマロスティカへ行ってきました。
ここには町を見下ろす城砦があります。
お山からずっと下ってきたここには、雪の跡もなく、どことなく春の気配。
f0161652_4113940.jpg
この町は、人間チェスゲームが行われることで有名な町。
町の広場には、チェスの碁盤が描かれています。
婚約者をゲットするための「一戦」が始まりだったとか!
f0161652_42858.jpg
さて、ここはマロスティカのサンタ・マリア・アッスンタ教会。
f0161652_19202344.jpg
ここに、アレちゃんが勤める工房が、昨年一年かけて作り上げたこの楽器が入り、
そのお披露目コンサートに行ってきました。
教会の中は満員!市長、司祭、オルガン委員会の人々が、待ちに待ったオルガンの
完成の、嬉しい感極まった挨拶と、オルガンの「洗礼式」のあと、
皆で新しい響きを堪能しました。
オルガンを作ってきた側にとっても、嬉しいドキドキする瞬間です。
f0161652_18423031.jpg
これはコンサート前に、アレちゃんと社長アンドレアが、
リード管の最終の調律をしているところ。
コンサートに最善の状態で聴いてもらえるよう、細部まで念入りにチェックします。
f0161652_1847454.jpg
3段鍵盤、33ストップの大型のこの楽器は、それぞれの鍵盤にスウェル装置(強弱がつけられる扉)が着いていて、フランスのシンフォニックな音色を醸し出すこともできます。下の写真は、音栓(ストップ)。音色をこのノブの組み合わせで選びます。
f0161652_18504089.jpg
ゼーニ工房のオルガンは、整音が素晴らしいことに加えて、見えないオルガン内部までの木工の仕事がとても丁寧だということ。あちこちにコダワリが垣間見れます。
こんな細かいところを見ていると、本当にオルガンってすごい楽器だな~と思います。
f0161652_422434.jpg
このお披露目コンサートは、数週間前に突然天国にいってしまった、アンドレア社長の2番目の息子のために捧げられました。オルガンの脇には、エンツォへのママからの詩が書かれた碑がそっと取り付けられていました。
お父さんたちのこの素晴らしい仕事と、このオルガンからあふれ出る音色を、天国で
楽しんでくれているといいなと思います。



        ***************************************************
ニューアルバム「4手の対話」詳細はこちらをクリック!
f0161652_1135112.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-03-12 03:50 | 見た弾いたオルガン | Comments(2)

女性の日

3月8日は「国際女性デー」。
イタリアでは、「女性の日 Festa della donna」と呼ばれていて、
男性が女性にミモザの花をプレゼントしてくれる習慣があります☆

私にも、アレックスパパからメッセージが届いたり、
ガソリンスタンドに行ったらミモザをプレゼントされたり、ちょっと嬉しい日。
男性からだけではなく、女性同士でプレゼントしあうこともあって、
この左の豪華なお花は、今日レッスンした生徒ちゃんのママからいただきました☆
f0161652_5353148.jpg
南の方に行けば、ミモザが咲き乱れているみたいですが、
ここ北のお山は、まだまだ花が咲く気配はゼロ。
それでも、今週はずっと雨で(もう雪じゃない!)、だいぶ地面が見えてきました。
なんとなく春の気配を感じられるようになった今日この頃。
。。。気を抜いてちょっと風邪気味の私です。。。

ちなみに、肝心の旦那さまからは、ミモザのプレゼントはなかったんですけど。。。


        ***************************************************
ニューアルバム「4手の対話」詳細はこちらをクリック!
f0161652_1135112.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2013-03-09 05:49 | ドロミテの生活 | Comments(2)

ノルディック世界選手権終わりました

ヴァルディフィエメで開催されていたノルディックスキー世界選手権、終わりました!
こちら、隣村プレダッツォにある、スキージャンプ会場。
f0161652_17192760.jpg
ジャンプ最終日に観戦に行ってきました!
会場には大きな日の丸も翻っています!
f0161652_1730482.jpg
かわいい日本の応援団も☆
f0161652_17365935.jpg
私も日の丸を持っていったのですが、
薦められたこちら側の席は一面、ノルウェー酔っ払い応援団。
(始まる前から完全に酔いつぶれてる人もいたなあ・・・)
こんな人たちに囲まれながら、小さく、しかし熱く、日の丸かざしてました(爆)。
f0161652_1811412.jpg
ノルウェーの鹿も応援に。。
f0161652_18124417.jpg
大歓声に包まれながら、あんなに高~い遠いところから一気に飛んでくる選手達。
f0161652_18212137.jpg
葛西紀明選手のジャンプ!(葛西選手のブログ
この日は日本はメダルを逃してしまいましたが、(5位!)
日本の強さはずっと注目されていました。
f0161652_6285858.jpg

そしてこちらは、テゼロのクロスカントリー会場。
最終日の50キロを観戦に行きました。
気温10度を上回る春の気配。
おらが谷の若いミュージシャンたちが演奏中。
f0161652_2034694.jpg
私たちも日の丸をコースに掲げて、応援準備バッチリ。
f0161652_2018357.jpg
73名もいる参加者の中で、日本人選手は一人だけ。
34番の吉田圭伸選手。ずっと先頭集団の中で活躍していました!
この写真の二番目です。(吉田圭伸選手のこの日のブログ
日の丸気がついてくれたかなー。
この坂から一群が降りてくるとわーっと風が起こってすごかった。
いや、早いんですよー!近くで観戦するとやはり迫力が違います。
f0161652_5424011.jpg
わーっと降りてきた急降下を、またすぐに登っていく図。
f0161652_5341021.jpg
この日は3万人くらいの観客がいたそうです!
f0161652_663453.jpg
2週間の世界選手権も終わり、谷にはまたいつもの静けさが戻ってきました。
それとともに、春も近づいてきた様子。
(今日は雪じゃなくて雨!世界選手権、一週間遅れじゃなくてよかったねー)







         ***************************************************
ニューアルバム「4手の対話」詳細はこちらをクリック!
f0161652_1135112.jpg

iTunesで視聴&購入できるようになりました。
このページで曲番号の上にマウスを置くと、視聴が始まります。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう
[PR]
by organvita | 2013-03-07 18:59 | ドロミテの景色 | Comments(2)