<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おまけつき

買うつもりは全くなかったのですが、
この姿を見てつい、連れてかえってきてしまった、茄子。
f0161652_9251836.jpg
私のメガネをかけてみた。
f0161652_930548.jpg
鼻筋アップ。
f0161652_9322297.jpg
この「おまけ」を生かした料理方法、募集中(爆)。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-11-25 09:36 | ドロミテの生活 | Comments(6)

羊の大群

おらが谷に、一面白い草原が出没。近寄ってみたら、羊の大群だった。
f0161652_613105.jpg
大雨が続いた翌日。濡れた身体を乾かしながら、一心に草を食むヒツジちゃん。
ムシャムシャと草を刈る音が聞こえる。
f0161652_6163790.jpg
羊飼いのお兄ちゃん。珍しく?なかなかのイケメンでした☆
f0161652_6205827.jpg
ヒツジの大移動に阻まれてストップした車を、マンマと間違えて頬ずりする赤ちゃん。
本当のマンマがあわてて迎えに来た。
f0161652_6284536.jpg
眠れない人は数えてください。
f0161652_6332960.jpg
買い物袋をさげたおばあちゃんが道を通り抜けようとしたところ、
なにを勘違いしたのか、一匹、二匹とおばあちゃんに近づいてきて、
f0161652_6385048.jpg
その後、大変なことになりました!衝撃の映像をどうぞ。



走るヒツジってちょっと怖い(囲まれたのが私じゃなくてよかった・・・)。
牧羊犬、かっこよすぎる。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-11-18 07:10 | ドロミテの景色 | Comments(8)

CD発売まもなくです!

私とアレックスの、オルガン4手連弾の初CD、
Dialogo a 4 mani ~4手の対話~」が
12月末に発売されることになりました!!!
f0161652_616428.jpg

私のソロCD「バッハとイタリア」を同じ、
ワオンレコードさんからの発売です。
詳細は↑↑をクリックしてくださいね☆


今回のCDの目玉は、オルガンの連弾であること、
私たちが住む谷の、3つの個性的なオルガンを使用したこと、(録音の様子はこちら
そして、オールカラーのブックレット!
な、なんと、私が撮った写真がそのままブックレットの風景画に使われることに
なってしまいました! このジャケット表紙の写真も、夏に裏山で撮ったもの。
ワタクシ、思いがけずのカメラマンデビューです?!
(肝心のCDの演奏内容よりも興奮してます・・・爆)
素敵なジャケットのデザインを手がけてくださったのは、前回のCDと同じ、
才村昌子さん。

彩り溢れた音色の対話を聴きながら、
ちょっとしたドロミテ旅行気分も味わえること間違いなし?!

発売は12月28日です。
どうぞお楽しみに~!!!!!




にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-11-13 07:25 | CD | Comments(16)

黒ネクタイのお客さん

我が家のベランダには、スズメファミリーと、一匹だけ四十雀が飛んでくるのですが、
「鳥博士」の15歳の生徒から2週間前に、四十雀 cinciallegra の餌をもらいました。
「これをぶら下げておけば、その一匹が他もつれてくるはず」とのこと。

早速ぶら下げること1週間、以前よりも頻繁に姿を見せるようになったチンチャ!
f0161652_2353483.jpg
新種の餌に夢中。
f0161652_2359059.jpg
繊細でなかなか写真を撮らせてくれないんですが、
窓ガラス越しに息を忍ばせてパパラッていたら、ハッ。目が合った。
f0161652_021774.jpg
毎日黒ネクタイでお洒落してくるチンチャ。スズメちゃんよりも紳士です。
餌ぶら下げてから2週間。今では毎朝4・5匹ファミリーでやってきます。
この餌もすでに食べつくされてしまった。追加を買いに行こうっと。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-11-11 00:28 | ドロミテの生活 | Comments(2)

高木早苗さんのピアノリサイタル

中学校からのお友達、「さーぶ」高木早苗さんのリサイタルのご案内です!
f0161652_22521135.jpg
バッハ、スウェーリンク、ショスタコービチ、リスト、ベートーヴェンの、
意欲的な興味深いプログラム!
ぜひ皆さんお出かけください!
詳細はこちらの彼女のブログで!


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-11-04 22:57 | 音楽いろいろ | Comments(2)

ハローウィン&聖人の日

10月31日はハローウィン、そして11月1日は聖人の日でした。
ハローウィンはイタリアの伝統的なものではありませんが、子供たちは仮装して夕方
各家庭を練り歩き、お菓子をおねだりするのが楽しみ。
我が家にもやってきました、怖い吸血鬼ちゃんたちが。「お菓子くれないと悪ふざけするよ~!dolcetto o scherzetto!」と定番文句をいいながら。
我が家にチョコレートがないことはないので(爆)、ビニール袋に一つずつ入れてあげました。こういう衣装はこの時期になるとスーパーなどでも安く売られるのです。
f0161652_20535848.jpg
翌日11月1日の聖人の日は、イタリアは祝日。学校や多くの会社は日曜日まで連休に
してしまいます。(アレちゃんの工房は働かされてたけどね・・・泣)
この日は聖人の日であると同時に、ご先祖さまのお墓参りをする日でもあり、
私たちも実家に帰って、イタリアンパパママとお墓周り。
普段は誰もいないような墓地も、今日は駐車スペースがないくらい。
今シーズンの菊の花で、どのお墓も綺麗に飾られていました。
f0161652_2125618.jpg
実家の畑に植わっている渋柿をもらってきて、我が家のベランダで干し柿に挑戦。
興味深々のお隣さんは「かぼちゃ干してるの?」って聞いてきた。
f0161652_21425685.jpg
話は変わりますが、最年少8歳の生徒ちゃんと今週、へ音記号、ト音記号の
書き方のおさらいをしました。
ト音記号は子供には難しく、特に上にぐるっと飛び出して書くのが大変。
「もっと背を高く大きくしてあげようね」とか言って何回か練習させたら、
だんだん上手になっていくのですが、案の上、だんだん調子に乗ってきて、
f0161652_21511890.jpg
何を思いついたのか、
「じゃあAiのト音記号はこんなだね!」と背が高~いのを書いてくれました(爆)。
(横太りのト音記号じゃなくて良かったよ・・・汗)
f0161652_2155824.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-11-04 22:04 | ドロミテの生活 | Comments(8)

ボローニャ散歩

美食の街、ボローニャ。
そのウワサは本当だった。
f0161652_6383425.jpg

サン・ペトロニオ教会とメルカンツァ広場の間の小道に連なる、ボローニャの台所。
朝9時には新鮮な食材が色鮮やかに並んでいた。この道に住みたい。
f0161652_6462695.jpg
魚屋さんもこんなにも充実。
f0161652_6503890.jpg
ユルゲン先生と立ち寄ったバールで、地元の美味しいレストランを紹介してもらう。
旅先でのレストランは地元の人に聞きだすに限る!
知らなければ気がつかないような地味な入り口を入れば、地元民で賑わった心地よい
空間が広がった。テーブルの上にすでに並べられた前菜は取り放題。
それだけですでに大満足!生ポルチーニのリゾットが出てきた暁には、美食家&料理家のユルゲン先生も唸ってました!最後はこのデザートの山。10種類くらいのデザートの大皿が次々と運ばれ、好きな分だけ頂くことができる。

Da Silvio Via San Petronio Vecchio, 34D (S.M.dei Serviの裏)
f0161652_6551797.jpg
サン・ペトロニオ聖堂。
オルガニストにはたまらないルネサンスの名器が二つ向かいあった祭壇。
f0161652_705486.jpg
ポルティコと呼ばれる屋根のついた歩道が多いボローニャ。
落ち着いたレンガ色の町並み、一度住んでみたい町リストに追加!
f0161652_76981.jpg
ボローニャの斜塔Torri Pendentiに登ることにした。
498段の磨り減った木の階段は永遠に続くかのように思われ、下を覗くと足がすくむ。
f0161652_7944100.jpg
自分の登った塔の影が映るボローニャの上からの町並みは圧巻!
ルネサンス時代には貴族が権力を誇示するために次々と塔を建て、200本の塔が
立ち並んでいたとか。
f0161652_713533.jpg
同じイタリアに住むなら、こんな町に住みたかったわー☆
おらが村から、がんばれば日帰りも可能。是非また美味しい週末に訪れたい!


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-11-03 07:28 | イタリア紀行 | Comments(9)