<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

うちの子の洗濯

やっとやっと、太陽が顔を出し、昨日は25度もありました!
この機会に、うちの子たちを回転風呂に。
f0161652_44710.jpg
始めは嫌がっていた子たちも、いい匂いになって、太陽の下で日光浴。
f0161652_48660.jpg
乾きにくい口の中の、最後の仕上げは、暖炉の前で・・・。
f0161652_420680.jpg
小さい子はシャルロット、大きい子はピエトロ。
(私は太郎と次郎とか、語呂がいい名前がよかったんだけどね・・・
気がついたらこう呼ばれていた・・・)
ちなみに、この子たちの苗字は、IKEAです。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-27 22:42 | ドロミテの生活 | Comments(24)

ラジオでしゃべります

皆さん、メリークリスマス・・・泣。
今日の外は、また雪景色・・・・

天気予報では、明日から春、週末には20度まで気温も上がる、と出てますが、
ああ、信じたい。
f0161652_22344152.jpg



ところで、岩手県に住む方に、ちょっとお知らせ。
26日、12時からの盛岡さんさFMで、おしゃべり出演しています。
よかったらランチ食べながら聞いてくださいね~☆




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-24 22:40 | ドロミテの景色 | Comments(8)

先週の音楽

久しぶりに、いつもの仲間と、バロック・アンサンブルのお仕事。
場所は、ガルダ湖に近いとある町にある、こんなレトロなテアトロ。
f0161652_765669.jpg
「ブレーシャとガルダ湖の間」と聞いて、張り切って(観光に)向かったのですが、
片道3時間半&リハ&本番の狭間では、町のバールに入ってコーヒー飲む時間すら
なく、見事に何も見ずに帰ってきました。おシゴトだからしょうがないけど(泣)。
というわけで、町の名前を思い出せない・・・汗。
f0161652_711293.jpg
演奏してきたのは、イタリアン魂炸裂の、バロックのプログラム。
チーマからカステッロ、コレッリなど。ハードだったけど楽しかったです☆

その数日後、おらが谷で行われた、青年吹奏楽コンクールで、ピアノ伴奏。
それにしても、チーマ弾いた週にバーンスタインを弾くってすごい時代になったもんだ。
馬車で買い物に行ってスペースシャトルで戻ってきたみたいな感じだわね。
f0161652_713296.jpg
こんなイケメン君の伴奏をしました。しかも一位もらったのです~!
またぜひオバちゃんに伴奏させてね。うふ。
f0161652_7155325.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-23 07:42 | 音楽いろいろ | Comments(4)

アスパラの季節

相変わらず冴えない天気が続いている、おらが村です。
今日は午後にいきなり雪が降りました、また・・・。
3日後からは暖かくなるという予報です。当たれ~っ!!

そうはいっても、市場には春の野菜が並んでいます。
先日トレントへ行った帰り、国道に立つ屋台で立派なアスパラガスを買いました!!
この太さ、すごいでしょ?!ライターを置いてみました。
皮を剥いている先から、水がじわっと滴ってくるくらい新鮮。
f0161652_6442458.jpg
大量の白アスパラ。
今日はこんな風にして食べました。
f0161652_6472112.jpg
アスパラと一緒に衝動買いした、大量のイチゴ。
f0161652_6491113.jpg
一度に食べきれない分はコンポートにして、チビチビと頂いています☆
f0161652_6543760.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-23 07:02 | ドロミテの生活 | Comments(4)

パイプオルガンの仕組み フランス語

友達に面白い映像を紹介してもらいました。
フランスのテレビで数年前に放送された、オルガンの仕組みがわかる番組。
フランス語ですが、私のようにフランス語苦手な人でも、見てるだけでも楽しくて
勉強できると思いますよ。
オルガンおたくのそこの貴方には、聞いたことある&見たことある人も登場してきます。
お楽しみに。ぐふふ。











にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←こちらのクリックもお願いね☆
[PR]
by organvita | 2012-04-17 05:07 | オルガン工房 | Comments(8)

桜VS雪

桜の花びらが散って
f0161652_16385589.jpg
いるのかと思ったら、雪だった。
あっという間に白銀の世界・・・。
f0161652_16413989.jpg
一夜明けた今朝。気温4度。
f0161652_16584532.jpg
4月に雪が降っちゃうことはここでは珍しくないのですが、あ~あ、という感じ。
すぐに溶けそうだけど。

こちら、イースター前に出回る、イタリアのお菓子のひとつ。
生徒さんから頂いたものを、昨夜開けました!
f0161652_1732999.jpg
イースターの卵型の巨大チョコレートがでてきます。
f0161652_1765182.jpg
中は空洞で(この最初の一発パンチが楽しい・・・)、
なかにはお楽しみグッツが。
f0161652_17122114.jpg
かわいらしいネックレスが入っていました☆
f0161652_1717113.jpg
お楽しみグッツに気を取られている間に、チョコレートが減っていた。なぜ?
答:夫。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-12 17:31 | ドロミテの景色 | Comments(6)

ネルヴィアーノのオルガン 追加

このときのコンサートの模様が地元テレビで紹介されたらしく、映像をもらったので、
ここでもご紹介します。





欲を言えば、曲の頭の寂しいところではなくて、もっとカッコよく汗流して(?)
弾きまくっている場面を流して欲しかったけど・・・笑
しかも、チラシの夫の苗字が、GaiではなくGay(ゲイ)となっとる・・・爆



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-10 23:13 | 見た弾いたオルガン | Comments(14)

山桜が咲き始めました

明日はイースター。
月曜日まで、イタリアでは祝日です。
学校は一週間のお休み。

しばらく初夏のように暖かかったかと思いきや、
また肌寒い日々が戻ってきています。
それでも、少しずつ、木の芽も膨らんできています。
向かいの木で、四十雀が歌っていました。
f0161652_402776.jpg

山桜が咲き始めました。
f0161652_436438.jpg
谷を静かに、白で飾っています。
f0161652_4595081.jpg
雨上がりの午後。
谷の上にある教会が、まるで雲の上に浮いているかのよう。
f0161652_5315471.jpg
イースターが過ぎれば、本格的な春が到来します。
日に日に少しずつ増えていく緑。
花が谷に咲き乱れるのも、もうすぐかな。

みなさん、良いイースター休暇をお迎えください!


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう
[PR]
by organvita | 2012-04-08 04:29 | ドロミテの景色 | Comments(6)

下の講習会に行った先で、食べたランチ。
なんか変でしょ、この器。
f0161652_71625100.jpg
横から見ると、こんな傾斜のお皿。
f0161652_7202989.jpg
後ろから見るとこんな風。
f0161652_7241937.jpg
ずいぶん前に書いたヨーグルトの便器(お皿)の記事を髣髴とさせるでしょ(爆)。


追伸。音大のトイレにて。
みなさんは、どんなバックミュージックがお好みですか?
f0161652_7451359.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-05 08:23 | ドロミテの生活 | Comments(2)

エミリア・ファディーニのレッスン

トレントのコンセルヴァトーリオで、イタリアのチェンバロ奏者&音楽学の権威、
エミリア・ファディーニの公開レッスンがあったので、聴講に行ってきました。
大物を前に、カメラを出す勇気がなく、写真はありませんが、
80歳を超えている彼女は、見た目だけでは普通のかわいい「おばあちゃん」。
しかし、レッスンが始まると、イタリアンスピリットで、明るく活き活きと音楽がみなぎり、
20歳前後の若い学生が弾くモーツァルトやベートーヴェンのソナタなどの演奏に
息が吹きこめられて、音楽が踊り溢れだしました。
長年の経験に裏付けられた演奏解釈はとても興味深く、説得力に溢れていて、
久しぶりにいい刺激を受けてきました!
たまにこういう刺激を受けて勉強することは大切ですね~。
こういう「おばあちゃん」を目標に年をとっていきたいものです。

検索していたら、別の音大での公開講座の様子がアップされていました。
興味のある方は見てくださいね。









にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-05 06:49 | 音楽いろいろ | Comments(0)