<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

トレント・フィラルモニカのオルガン その2

トレントのフィラルモニカで行われている午前コンサートInvito all'ascoltoに、
一年半ぶりにまた出演させていただきました。

それで、前回出演した時のことを書いたブログを読み返してみたんですけどね、
いやあ~、そういえば司会者が本番に遅れてやってきて焦ったり、曲順をいきなり舞台上で変更させられたり、司会者が途中で帰っちゃったり色々あったな~。
でもそんなに大したことないじゃん、ご愛嬌ご愛嬌!と、冷静に読んでいるワタクシ。
つまり、この一年半でイタリアで更に精魂鍛えられてしまったのだという証であります。

では、再度ホールへ。
トレント大聖堂の右側、このピンクの建物がコンサートホールの「フィラルモニカ」。
f0161652_18501747.jpg
このコンサートは朝9時から11時前までの「レクチャーコンサート」。
前回同様、某音楽教授のレクチャーを挟んで進行される。

さらっと鍵盤を触り、開場。300席のホールはすぐに埋まった。
実はこのコンサートシリーズは、トレントにある「市民大学」のカリキュラムに入っており、入り口ではご高齢の紳士淑女たちが出欠票にサインをしたりしていた。
前回はそれに加え小中学生も「音楽鑑賞教室」として参加していて元気一杯の客層だったが、今回は「ご老人」ばかり。(あ、その中に紛れていた若い方、ごめんなさい)
舞台の上から見下ろすと、白髪(または無髪)の方が多く、300人近くが座っていても、
客席の色調が明るい。早朝からそれなりに緊張して相変わらずお腹を下したりしていたのだが、なんだか老人ホームのイベントに出演するかのような、和やかな気分になってくる。ハンカチから白いハトでも飛ばしてみたくなってきた。
f0161652_1914197.jpg
ちなみに「市民大学」とは一般的に、もう学生ではない人に、また学べる環境を市が与える機関のことを言うのだと思うのだが、ドイツでも「Volks(=市民、国民)hochschule(=大学)」と言う。フランス語や英語圏ではどういう表現するんですか?

イタリアでは、この「市民大学」に当たる言葉を、「Universita' della terza eta'」
(直訳すると「第3番目の年齢の人たちの大学」)と言うようだ。
この「第3番目」というところに、どうしても「老人」「隠居」というニュアンスが隠されているような気がして仕方がないのだが、ちなみにそれに対するprima eta'(第一番目の年齢)、seconda eta'(第二番目の年齢)という言葉は存在しないらしい。

ちなみにトレントでは、この「第3番目の年齢の人たちの大学」には、35歳以上の市民なら誰でも申し込めるらしい。ってことは、私も「第3番目の年齢」にしっかり達しているわけで、このコンサートも、聴く人が「老人」なら演奏者も「老人」だったという事実に、大爆笑したのであった。だから私に出演依頼がきたのかな。
演奏後に話しかけてきたご老人が、「いやー若いのに!いやーこんなに若いのに!」と
言って褒めてくださったが、なんだか微妙(笑)。
f0161652_1941844.jpg
相変わらず本番10分遅れでのんびりと到着した教授(司会者)がまず舞台上へ。
私たちのことを紹介しているのだが、「日本人Ai Yoshidaはあの大都会東京で生まれ育ったのだが、今はおらが谷に住んでいる」という件で会場大爆笑。そこへ「はいはいみなさんこんにちは~」みたいなノリで登場のワタクシ。ナイスなオープニングである。

普段ならまだ家でのんびり朝食を食べたり掃除したりボーっとしているような時間なのに、
300人のご老人の前に送り出され、まだ脳の焦点があっていない中、反応の遅い電気
アクションの楽器での一曲目の連弾(更に合わせるのが大変)で苦労し、やっと弾き終わっておじさん(=教授)の解説が始まり、やれやれ、と思いながら二曲目の準備しているところに、いきなり舞台上でおじさんからマイクで指令が。
「ねえねえ、ちょっとバッハのトリオ・ソナタ弾いてよ。5秒でいいから。」
「は?」

普通こういう場合、実は事前にMCはしっかり用意されている。そして舞台上で突然のリクエストを受けて驚いた演技をし、おっとそんな滅相もないそんな大曲、いくら5秒といえども、突然ご披露するなんてとてもとても拙者には・・・みたいな謙虚なしぐさがあり、でもそこをなんとか一肌脱いで頂きたいみたいな更なるお願いをされて、ではでは仕方ありませぬ、失敗してもそこはご愛嬌でお許しくだされみたいなことを言いながら自信無さげに弾き始め、でもこっそり事前特訓していたお陰でカッコよく決まり、会場どよめき大拍手、さすがプロは違うわねみたいな設定がされているのだが(ほんとかいな)、
残念ながらここはイタリア。事前の打ち合わせなんて全くなく、いきなり海の中に放り出されて「泳げ」と言われたのであった。


ここから私の脳裏の葛藤(面倒なので読み飛ばしてくださいね):

「あのイタリア語よくわからないですけど、もしや今トリオソナタを弾けとおっしゃいました?気のせい?そんな急に弾けって言われたっていくら5秒でも無理に決まってるじゃない。舞台上で断れないのを知っていておじさんまたこんな難題を笑顔で投げかけてきてももうその手には乗らないわよ。でもここで弾けませんと言っても弾いて失敗してもどっちにしても私情けないわ。それならそうとだから事前に打ち合わせしてくれれば死に物狂いで練習するか音源用意しておいたのにまったくもう。さあどうする。トイレに逃げるか、失神するか、ああ今地震が起こればいいのに。冷蔵庫が空の日にいきなり客が来て寿司を出せと言われても、出ないものは出ないのよ。だれか助けて。唯一遠い記憶に残っているのはハ短調のトリオか。シミラに♭。三つ♭。確か右手がソで左手がミ♭、ペダルがドだったわね。音はどうする?無難に8+4フィートをそれぞれの鍵盤に作ってみるか。あ、老人にはこれじゃ聞こえないかも。2フィートも足しとくか。ペダルはどうする?この16フィートの音大きかったっけ小さかったっけ。事前にバランス試してないからどんな音が出るかわからん!怖いよー!ああきっとみんな、このアジア人緊張しちゃって弾き始められないと思ってるんだろうな、でも違うのよ、ストップを出さないと音鳴らないのよオルガンは。よしもうしょうがない一か八か発進!確か始めは右手と左手が3度で平行した動きだったわよね。げ、跳躍難しい。あ、ここから3度じゃなくなるんだ間違えた!ああもう戻れない!どんどん現代曲になっていく!だれか助けて!みんななんか白けてない?でも本当はとっても素敵な曲なのよ。こんな不協和音はないのよ。みんなわかって!あ、ここら辺で丁度キリがいいからどうにか終わらせちゃおう。あれ、終われない終われない、ああああ、ハ短調。ハ短調。ドで終われドで終われ。ドの鍵盤にどうにかたどり着け。着地体制準備。ええい着地~!ああどうにかたどり着いた。死ぬかと思った。」



・・・なんていう風に約数秒の間に私の全脳みそがアマゾンのジャングルに迷い込み、出口を探して悶えていた事など、司会者のおじさんは知る由もなく、私の「即興」が終わるのを暖かい笑顔で見守ってくれていたのであった。

その後もプログラムは進み、あの曲この曲を聴いているうちに、ご老人たちの脳裏からはさっきの5秒の「即興」演奏の記憶はすっかり消えさった。
・・・ことを願う(笑)。

またしても、早朝から精魂鍛えられたコンサートでした。
最後に、その早朝に応援に聴きにきてくださった、TさんKさん、どうもありがとうございました(^0^)。


つい最後まで読んでしまったアナタ、クリックもお忘れなく(^^)。↓↓
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by organvita | 2010-11-25 20:03 | 見た弾いたオルガン | Comments(22)

またまた羊の行列

おらが谷、雨降りの日が続いています。

週末、またまた羊の行列と遭遇。道路を横断中。しばし車も立ち往生。

羊と言えども、結構な速度で行進してます。
車を飛び降りて付いていった私も、早歩きで追いつくのがやっと。

後ろの車は羊飼いの車ですが、具合が悪かったのか病気だったのか、
力尽きたヤギが一匹、荷台に載せられてます。やっと息をしているという感じ。
動物にとっても行列移動は大変なことなのでしょう。
f0161652_4212061.jpg
道路の反対側に、緑の敷地が見えてきました。
みんな、置いていかれないように必死で歩いてます。
f0161652_429973.jpg
草場に上がって、やっと一安心。
これだけの動物をまとめて移動させる羊飼いも犬も大変。
f0161652_4334772.jpg
今週はこの辺は雪が降るそうです。
雪を被って見えなくなる前に、しっかり最後の生草を食べとかないとね!
f0161652_5145672.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←ひつじの数だけクリックしてね。
[PR]
by organvita | 2010-11-22 05:18 | ドロミテの景色 | Comments(12)

たまにはご馳走を

お友達にご招待されて、
ヴェネト州のとあるレストランでご馳走をいただいてきました。
楽しいおしゃべりと、あまりの美味しさに、プリモの写真を忘れてしまいましたが、
こちら2皿目のほろほろ鳥。
f0161652_811252.jpg
ドルチェは栗のムースを使ったこちら。
f0161652_844273.jpg
外の緑を眺めながら、さりげないお洒落と心配りが行き届いた、心地よいレストランで、
おしゃべりも弾みます。ご馳走さまでした~!

お食事の後は、レストランの近くをお散歩。気持ちのよい秋の週末でした。
f0161652_8132848.jpg


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←久々の食レポートにクリックしてね。
[PR]
by organvita | 2010-11-18 08:15 | イタリア紀行 | Comments(14)

高木早苗ピアノリサイタル

ピアニストのお友達、高木早苗さんが、
土曜日に銀座でピアノ・リサイタルを開催されます!

週末の昼下がり、銀座でランチを頂いた後に、ピアノの音色をゆっくり楽しむ、
なんて素敵な一時はいかがですか?!
f0161652_19453684.jpg
すでに各音楽雑誌でも取り上げられたりと、注目されているリサイタルのようです!
詳細は高木早苗さんのブログからご覧下さいね。


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←聴いてみたいなという人、クリックしてね(^0^)。
[PR]
by organvita | 2010-11-15 19:53 | 音楽いろいろ | Comments(2)

壮大な夢と現実

夫が夢をみた。
見たことのない人が、沢山の数字を教えてくれてる夢。
ぱっと目が覚めた時、頭の中には「58」の数字がしっかりと焼きついていた。


クジには全く興味のない私たちだけど、あまりに「キョウレツ」な夢だったんで、
翌日クジを買いにいく。買い方すらわからないので、レジのお姉ちゃんに、
「とにかく58番で。」


こちら(↓)が買ったクジ。星型のところに「58」の数字が。
掛け金は最低額の2ユーロ(200円ちょっと)で。
キョウレツな夢の啓示があった割には、ショボい。
f0161652_19442392.jpg
ちなみに、どうやらイタリアには、大きく分けて2種類のクジがあって、ひとつはその場で
削って中に当たりが書いてあるかどうかというもの、もう一方のこちらは、まずは買って、数日後に発表される当たり番号を待つもの。


さて、たった2ユーロしか賭けなかった割には、私たちの想像力はどんどん膨らみ、
当選番号発表までの2日間、「もし火曜日に億万長者になったらどうするか」という壮大な論議が飛び交わされたのであった。


・浴槽を源泉かけ流しの露天風呂にする(私。名案)

・フェラーリを買って、フェラーリで仕事にいく(夫。仕事に行っちゃうところがセコイ)

このどちらにするかで、ほとんど夫婦喧嘩勃発状態。しかし、億万長者なら両方敵うだろうということに、なかなか気が付けない、悲しい凡人夫婦。

そのほか、

・日本に3ヶ月滞在する。
(↑夫。外国人旅行者の滞在可能期間が3ヶ月までという規則を考慮しているらしいが、
 イタリア人億万長者になる割には考えることが地味すぎる。)

・半額を自分の懐に入れ、きままな世界旅行の後、余生は日本の温泉宿を貸し切る。
(↑私。「一人で行くのか」と攻められ、またしても夫婦喧嘩勃発寸前)


「自分の欲のためにクジに期待すると、きっと当たらない、いいこと無い」というところでは妙に意見が一致し、もし大金が入ってきたら、欲しいものを買った後、残りは貧しい国に寄付し、病院を建てよう・・・などと、素晴らしい意見が飛び交う。しかし、始めから全額寄付という考えが浮かんでいないことにふと気づき、自分達の器量の狭さ、意地汚さを思い知らされ、ちょっと反省してみたり言い訳言ってみたりする。


・・・・・莫大な想像力と期待を胸に、当たり番号発表日。テレビをつける。


はずれ。




クジの紙は、ブログの笑いのネタ用に写真に撮られた後、
暖炉の火付け種として、瞬時に燃え尽きた・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ←58回クリックしてください。
[PR]
by organvita | 2010-11-10 20:09 | ドロミテの生活 | Comments(32)

羊大行進に遭遇

普段はな~んもないところで、いきなり渋滞。
工事の看板も立ってないし、何だろねーなんて訝しく思いながら
前方をぐっと覗き込んだら・・・すごい光景が!!!!
次の瞬間、運転していた夫は完全にほったらかして、助手席から飛び降り、
私はカメラ片手に渋滞の先頭まで突っ走ったのであった。

では、ご覧あれ。
f0161652_347104.jpg
拡大。
f0161652_359595.jpg
もっと拡大。
f0161652_421531.jpg
先頭は見えてません。
(この倍くらいの長さがあったと思われる)

最近、近所でちょこちょこ見かける、羊の移動シーン。
見慣れてきて、だんだん物珍しくなくなってきた感があったけど、
こんなに長い行列を見たのは初めて!!!


動画も撮ったので是非ご覧あれ。かなり手振れてますが。(行進速度、けっこう速いです)
最後尾に子羊がまとまってるところが可愛いです。
そして、それを守ろうとするお母さん羊(?)が、吠え続ける犬と対決していて、
ここには写ってないけど、牧羊犬に立ち向かって頭付くシーンもありました。



「羊を数えながら寝る」っていうけど、実際には寝てられないと思います。

大興奮で車に戻った私、しかし夫に5分後「アイ臭い」と言われました。(靴がね・・・)
羊ちゃんたち、行進しながらもちゃんとしてたんだなー・・・。(器用だわね)

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックして羊~!
[PR]
by organvita | 2010-11-05 04:02 | ドロミテの景色 | Comments(27)

ネコンサート

イタリアは昨日まで連休だったというのに、ずーっと大雨が降り続いてました。
先週降った雪もほとんど溶けちゃいました。
連休中、夫の実家ヴェネト州に行ってたんですが、近くの川も氾濫すれすれといった感じで怖かったです。浸水した地域も沢山あったようで、大ニュースになっていました。

どんよりした季節、こんな映像をみて、ココロ暖めてます。
ネコ好きな友達たちには送っているけど、そういえばまだブログに載せてなかった。
何回みてもハマります。特に1.50分目、私のツボです。

この編曲した人&この映像見ながらオケの指揮振ってる指揮者、すごい。

※なかなか映像が始まらない場合は、ここからYoutubeの映像をみてください!



ああ、ネコ飼いたい~!
最近、私のネコ飼いたい病に拍車がかかっているんですが、
ネコもそれを感じるのか、ネコを抱く機会が多い今日この頃。
下の階でネコ飼ってる女の子も、私のネコ好きを知っていて、たまに連れてきてくれます。

が、一番の問題点は、家を留守にすることが多いから可愛そうなのと、
私のネコアレルギー。15分でも抱いていると目が痒くなってくしゃみが止まらなくなっちゃう。(それでもしょーこりもなく抱き続けてるんですけどね) 治せるのかなあ・・・・。


私とネコのオルガン連弾デビューを見たい人、クリックしてね。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]
by organvita | 2010-11-03 07:21 | 音楽いろいろ | Comments(22)