<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヴェネツィア、バジリカ・デイ・フラーリ教会のオルガン

ヴェネツィアのバジリカ・デイ・フラーリ教会の2台の歴史オルガンが数年前に修復されたので、アポイントを取って見学させてもらいに行ってきました。
f0161652_1845060.jpg
見学させてもらったのは教会が開いている時間帯で、その間は撮影禁止なので、その様子をお見せできないのが残念ですが(というよりは、短い見学時間内で写真撮ってる時間ももったいなかった!)、教会中にはティツィアーノの有名な祭壇画「聖母の被昇天」をはじめ、ティツィアーノやモンテヴェルディの墓、埋め尽くされた絵画と彫刻で圧倒されます。

この教会には3台のパイプオルガンがあります。
一台は1927年のマッショーニ社の楽器で、このティツィアーノの祭壇画の後ろにパイプが隠されており、祭壇上にある演奏台と電機アクションで繋がっています。絵からオルガンの音色が響いてくるような感じです。しかし、この楽器も修理が必要なのですが、この絵画の裏とその後ろの壁の狭い空間に、パイプがまさに紙一重の状態で押し込められているため、あまりにリスクが大きく、いじれないそうです。(うっかりあの絵を傷つけでもしたら大変なことですからね)

残りの2台のオルガンは、1700年代の歴史楽器。
重厚な聖歌隊席部分の左右上部に、2台が向かい合うようにして鎮座しています。
決して大きな楽器ではありませんが、今回の見学のお目当ては、この2台。

祭壇に向かって左側:Giovanni Battista Piaggia 1732年
祭壇に向かって右側:Gaetano Callido 1795-1796年

どちらも素晴らしい楽器でしたが、特に左側のPiaggiaの楽器の、ああこれがイタリアの音だ!と思わせる、繊細で軽く透明な響きとタッチに、すっかり虜になった私たち夫婦。
ヴェネツィアに現存する演奏可能な楽器の中では、一番古いものになるそうです。
(詳しいオルガン仕様を見たい方はこちら参考にしてください)

それぞれの楽器を試奏させてもらい、2台のオルガンを同時に夫と連弾してみたり、
色んな美術品の前でボーっと立ちすくんだり、至福の時を過ごしました。
イタリアで普段生活していて、はっきり言って、イタリアに対して思う不満ややりきれないことも多々ありますが、こういう町で(特にヴェネツィアみたいな町は特別!)この国の文化芸術を嫌でも肌で感じさせられると、ほんとイタリア人には敵わないなー格別だなーと思わされてしまいますね。・・・悔しいけど(笑)。
f0161652_2052374.jpg
さて、心満たされたあとは、腹も満たしたいってことで、ランチ。
偶然にもこの日は一ヶ月遅れの結婚記念日だったので(当日は夫は出張だった・・・)、
美味しいものを食べにいきました~!
f0161652_21113139.jpg
ただぶらぶら歩くだけでも楽しいヴェネツィア。
まだ行ったことのない&もう一度行きたい美術館や博物館もたくさんあるんですが、結局毎回、ランチのワインで気持ちよく酔っ払って、酔いを醒ましながらぶらぶら散歩していると日が暮れてしまう、というパターンを繰り返してます・・。まあそれも良し。
f0161652_21135312.jpg

f0161652_2115689.jpg
老後はヴェネツィアか京都に住みたいなーと言ったら、100歳になっても階段の登り降りができるように鍛えとけってことになって(ヴェネツィアは橋だらけ)、夫と「毎日どんなことがあっても1時間歩く」宣言をしたのですが、すでにこの日歩き疲れ、それからまだ一日も達成できてません。意思弱すぎ。
f0161652_21252981.jpg

私もヴェネツィア大好き&行ってみたいという方はクリックしてね(^^)。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]
by organvita | 2010-10-28 19:01 | 見た弾いたオルガン | Comments(12)

村に初雪&停電8時間

秋が終わったなと思ったとき:
朝カーテンを開けたら雪国だったとき。

完全に冬だと諦めたとき:
全然降り止まないとき。

さっさと用意しとけばよかったのにと後悔したとき:
車が夏タイヤのままで、どうにも動けなくなったとき。

イタリアだなと思ったとき:
急な雪に対処できてなかったのか、夕方まで除雪車が通らず、大通りも大変なことになってたとき。

山に住んでいるんだなと実感したとき:
ここから下って30分くらいのところへレッスンに行くはずが、この雪で車が出せず、
断りの電話を入れると「あら、そっちは雪なんですね」とあっさり言われたとき。

イタリアだなと思ったとき、その2:
お昼前から夜8時まで、谷全体が完全に停電状態になって孤立したとき。

イタリアだなと思ったとき、その3:
この非常事態で困っているのに、割と呑気に散歩したり外でおしゃべりして楽しんでいる人たちをみたとき。

こんなの普通なんだなと諦めたとき:
数年前に丸3日停電が続いたことがあるんだよ、と自慢げに聞かされたとき。

電気の有り難味を感じたとき:
電話もお湯も(我が家は電気でお湯を沸かすシステム)洗濯機も部屋の明かりも
コンピューターもテレビも冷蔵庫もドアホンもなにもかも使えなくなったとき。

薪ストーブでよかったと思ったとき:
凍死しないで生き延びたとき。

今日は運動したと満足したとき:
30センチ積もった雪を掻いたとき。
f0161652_218458.jpg

オルガンは電気で動いているんだなと学んだとき:
オルガンのレッスンが出来なかったとき。

いつか「ここ掘れチュンチュン」啓示があるだろうなとほくそ笑んだとき:
雪で餌のない雀がベランダにパンを食べにきていたのをみたとき。
f0161652_5273112.jpg
ロウソク集めの趣味のお陰で命拾いできたと思ったとき:
日が暮れても部屋に明かりが灯せたとき。
f0161652_5295060.jpg
夫は楽天家だなと再確認したとき:
夜8時になってやっと電気が通ったときに、
「ロウソクの方がきれいだからもうちょっと電気消しといて」と言われたとき。

ロウソクの明かりだけじゃ頼りないなと思ったとき:
トイレに行ったとき。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←電気の代わりにクリック送ってください・・・
[PR]
by organvita | 2010-10-27 21:13 | ドロミテの景色 | Comments(22)

おらが村も秋真っ盛り

お天気が悪かった週末、ニュースで「標高1000M以上は雪になります」
との予想に、ドキドキハラハラ。
幸い予想は外れて、村は雨のままでしたが、向かいの山の頂は白くなりました。
この雲が境界線みたい。
f0161652_1674250.jpg
早朝は1・2度まで下がってきましたが、幸い、日中は心地よい秋晴れの日が多く、
近場の山の雪は、積もる&溶けるを繰り返しています。
夏の間、山の上に避暑していた動物達も村へ降りてきていて、
どこからともなくカウベルが聞こえてくる今日この頃(笑)。
f0161652_16145574.jpg
近所のお宅の見事な蔦!
f0161652_16214894.jpg
釣り禁止区間になったので、春まで釣りができない夫。
魚もそれを知ってか、夫の足元を余裕で泳ぎ去る(笑)。
悔しがる夫&それを見つめる近所のネコ。
昔日本で飼ってたセナちゃんにそっくり~。
f0161652_16242233.jpg
夜はやっぱりちょっと冷えるので、暖炉を焚き始めています。
台所も薪ストーブの上で料理できるようになりました。
ご近所の薪も冬の準備万端。ここは角のバール。
f0161652_16283635.jpg
崩して使うのがもったいないわね。
f0161652_16304514.jpg

もっと秋の写真が見たいという方、クリックしてね~!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ
[PR]
by organvita | 2010-10-21 16:35 | ドロミテの景色 | Comments(20)

楽譜の製本

少し前に、ブログ「ラグーザに流れるもの」のHyblaさんが、こちらで取り上げていた
「楽譜の製本」についての記事ですが、とっても関心があるので私も書いてみます。


日々どうしても増えてくるコピー譜。
一冊新書を買っても、弾く時に譜面台の上で開きが悪かったり、譜めくりのために手を
鍵盤から離さなければいけないのが煩わしいので、大抵の場合、弾く曲をコピーし直し、製本して使っています。

この製本の仕方ですが、私はマスキングテープを使っています。
普通のセロテープだと時間と共に攣れてきたり、製本する時に畳みにくいのです。
・・・と、ここまで書いて、いまちょっとネットで「マスキングテープ」って調べてみたら・・・
日本ってほんとすごいですね・・・。すごい色や柄の種類!!

いやしかし、私が使うマスキングテープは、あくまでも製本のため。
可愛い柄や色入りだと弾いてて邪魔になるかも。
(・・・って強がってみましたが、そんな小洒落たのはイタリアでは売ってません・・・)
おらが村の工具屋さんで安く売っている、紙製のマスキングテープです。
ひと巻き1ユーロ(100円ちょっと)くらいです。

これに出会えるまでは長年、日本に帰る度に、100均で大量の包帯用の紙テープを買い込んでおいて愛用していましたが(こっちで買うと馬鹿高い)、最近の100均の包帯テープは厚みが出てきてしまって、本にするとかさばるんですよね・・・。

とにかく、このマスキングテープ、現地(村)ですぐに安く手に入るのが魅力的。
これだと、貼るのをちょっと失敗してもやり直せるし、テープの上にも字が書けるし、
紙だから長年経過してもテープが攣れてこない。難点は色がちょっと黄色いところ・・・。
これで真っ白か透明だったら文句なしなんだけど、贅沢はいえません・・。
私は太さの違うマスキングテープを使いこなしています(笑)。
f0161652_5384456.jpg
めくり易くするため&なるべくかさ張らないようにするために、両面コピーが基本です。
紙と紙のつなぎ目は、マスキングテープで、このくらい(↓)の微妙な隙間を空けて留めるのがポイント!そうしないと後で折った時にすっきりいきません。
f0161652_5562544.jpg
貼って折る、貼って折る、を繰り返していくと、背表紙がこんな風になります。
f0161652_5574320.jpg
このままだと背表紙がテープでベタベタしている&ずれてくるので、ここで太いマスキングテープの登場(笑)。
前にちょっとだけ引っ掛けてから、背表紙部分に折り曲げて貼り、余りも少し後ろ表紙に引っ掛けて張るようにします。
f0161652_610443.jpg
その後で、その上からもう一度、細めのテープで背表紙用テープを固定します。
f0161652_6113852.jpg
だけど、このやり方だと、分厚くなってくると、開いた時にピシッと開かないで攣れてくるんですよね。どうしたらいいんでしょう。誰かヘルプミー。
とりあえず、背表紙全部貼り付けないで、このくらいの要所だけにしておくとマシなんですが、見た目がなんとも悪いのよね・・・。
f0161652_614097.jpg
コピー譜は、曲の全体像が見渡せるように縮小コピーして、できれば一曲で見開きになるように、または長い曲なら、なるべく譜めくりの回数が少なくなるようにしています。
とはいっても、カバンに入れたときのことも考えて、サイズはあくまでもA4。
特にオルガンは、古い楽器だと譜面台が小さくて楽譜が乗せられなかった!ってこともあったので、なるべくコンパクトになるように製本しています。

これは伴奏譜。ページ数の多い曲なので縮小する意味もなくそのまま製本しましたが、
伴奏が休符で手が空いている間に譜めくりしてしまえるように、その場所で楽譜をザクッと切って、残りは次のページに貼り付けています。見た目悪いけど、別に楽譜は人に見られないし、その辺はかなりアバウトです。
f0161652_6263648.jpg
あともうちょっとで曲終わるのに譜めくる場所がない!って時は、残りを差し込む形で織り込んで、どっちかの手が空いた時に開くようにしてます。(この右側の部分が畳みこめる)
f0161652_6334925.jpg
一冊まとめて&大量にコピーした場合は、こういうリング綴じにしていますが、これはあくまでも参考図書用。これを使って毎日譜めくりしながら練習していると次第に紙が破れてきてしまいます・・・。
ちなみに楽譜って、コピーし難い様に、微妙に大きな作りになっていますが(特にフランスの楽譜)、私、貧乏学生時代からコピー譜沢山作っていたので、たぶんそこいらのコピー屋さんよりも上手にコピー譜作る自信あります(爆)。何パーセント縮小すると上手くいくとか、コピー機のこの角にこの辺を合わせると上手くいくとか、ちょっと得意。音楽で食べていけなくなったらコピー屋さんで働けるかも。誰か雇って。
f0161652_6415679.jpg
我が家の本棚の楽譜コーナー。やはり楽譜たくさん持ってた夫と結婚して楽譜が二倍になって嬉しい(CDも)。楽譜は、イケアで買った激安収納紙ケースに仕分けてます。
f0161652_6503864.jpg
ケースは、作曲家や国、時代ごとで仕分けています。楽譜をパッと見たいときにすぐ見つからないとかなりフラストレーションたまるので、仕分けは大切。
f0161652_6552719.jpg
ちなみに、Hyblaさんも書いていましたが、筒状の楽譜が開発されたら、譜めくりしなくて便利!って思いませんか?!日本の巻物とかトイレットペーパーみたいなところに楽譜が書いてあって、譜面台の左右の棒に嵌め込んで弾くと、弾いている場所をセンサーが察知してゆっくり巻いていってくれるとか・・・。(ダ・カーポがあったときに超速巻き戻し機能が必要だけどね)
ついこの間、あるコンクールの若い審査員が、審査する曲を全てノートパソコンに撮り込んできて、審査席ではPC画面の楽譜を見ながら審査していたって話を聞いたけど、なんか時代は変わったなーって感じです。そのうち譜面台そのものが液晶画面になったりして。(間違えるといきなり師匠の顔が映ってレッスンされちゃったりして?でもスカイプなら可能だよね)

本も携帯で読めるような「便利な」時代ではあるけれど、でも私は本も楽譜も、かさ張るし面倒かもしれないけれど、それでも紙の感触を感じながら物語を追いたい、超アナログ人間です。

製本の良い知恵&特技、あったらみなさん教えてください!コメント待ってます(^0^)!


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←私もアナログ人間!という方、ここ押してね。
[PR]
by organvita | 2010-10-14 07:31 | 音楽いろいろ | Comments(18)

標高1900Mの紅葉 Fuciade&Passo S.Pellegrino

週末、お友達と軽いハイキングへ。
ドロミテの標高1900Mのフチャーデ Fuciade は、すっかりセピア色。
f0161652_16383037.jpg
この日は晴れ時々曇り。おらが村より更に約1000M標高が高いここは、すでに肌寒い。
淡い光に山の紅葉がほんのり照らし出されていました。
f0161652_16435590.jpg
まだ山を降りていない牛が数匹、美味しそうに最後の草を食べていた。
f0161652_16113727.jpg
こんな道を一時間ほど歩きます。
ちなみに、夏の様子はこちら。冬の様子はこちら。
f0161652_16131568.jpg
視界が開け、着いた山小屋は、大勢のハイキング客でほぼ満席!
外の席で暖かい大麦スープやポレンタを食べて、身体を温めランチ。
怪しい手袋が干してあった(笑)。
f0161652_162561.jpg
ここはフチャーデのすぐ近く、サン・ペッレグリーノ湖 Lago di S.Pellegrino。
山の上から湖面に冬が下りてくる。
f0161652_16522332.jpg
湖面に映る水彩画。
f0161652_16545973.jpg
黄色く燃えるこの峠、来月にはきっと雪景色。
12月になるとスキー客で賑わうけど、オフシーズンのこんな景色もまたいいでしょ?
f0161652_170297.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←また黄葉見に行こうよう。
[PR]
by organvita | 2010-10-11 17:12 | ドロミテの景色 | Comments(19)

ステファニアの結婚式

日本語教室のステファニア先生が結婚式を挙げました!

トレント市を見下ろす、葡萄畑の上の素敵なヴィラ。
花に飾られた車で到着した二人を、みんなで拍手で迎えます。
f0161652_21402690.jpg
トレント市民で、役所婚を挙げるカップルは、この美しいお屋敷で、市長代理の前で挙式できます(他の場所もあるそうですが)。
ちょっと緊張しつつも幸せに満たされた二人の姿を見て感動。
結婚式は本当にいいですねー(^^)。
ステファニアのドレスと、若草色の髪飾りと靴が、彼女らしくてとても素敵でした。
f0161652_2151248.jpg
結婚する二人と仲人の紹介&確認がされた後、
リングボーイもしっかりお役目を果たしました!
f0161652_2157616.jpg
私とステファニアの生徒(=夫)は、新婚さんリクエストの曲をピアノで演奏。坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」、久石譲の「Summer」、そして最後は「となりのトトロ」のテーマを連弾で。「トトロ」は実は私も夫もこれまで見たことなかったので、DVD買ってイメージトレーニング(?!)して勉強しました~(笑)。
f0161652_2235928.jpg
夫婦となった二人。階段を下りてくる二人に・・・
f0161652_22115816.jpg
ライスシャワー替わりに、「シャボン玉シャワー」!bella idea!!
f0161652_221536.jpg
さて、それから場所を移して、ここは素敵な木の木陰。
f0161652_22195539.jpg
プロセッコを飲みながらお寿司や天ぷらなどをいただいて、
お祝いに顔を出してくれた太陽の光の下でおしゃべり。
f0161652_2221521.jpg
ブドウ畑の前の会場には、日本が好きな新婚さんの、アイディア満載の温かい空間が
広がっていました。
f0161652_22262667.jpg
二人の小さい時の写真。70年代炸裂!でもふたりともそのまんまやねん。
f0161652_223118.jpg
二人へのお祝いのメッセージは絵馬に書いて。
f0161652_2236165.jpg
コスプレガールも登場。(ヨーロッパでも一部で流行ってます)。
そうと知っていれば私も仮装(変装)すればよかった。トトロのツナギとか。
f0161652_22413720.jpg
こちらは日本茶&和菓子コーナー。
着物の日本女性にゆるりとお茶を入れていただくと、やっぱり落ち着きますねん。
f0161652_22501434.jpg
似顔絵描き大会?あり、ビデオあり、美味しいお料理あり、楽しいおしゃべりも尽きず、
本当に素敵な一日でした。
ステフィ&ジャン、いつまでもお幸せにねemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif
f0161652_2352174.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックでお祝いしよう!
[PR]
by organvita | 2010-10-07 23:12 | ドロミテの生活 | Comments(22)

G.ヴェルディの町ブッセート Busseto を訪ねて

夏の話ですが、リグリアからの帰り道、
ヴェルディ所縁の町ブッセートBussetoに一泊した。

秋にはヴェルディ・フェスティバルの客でごった返すというこの町も、観光シーズンから外れている夏は自然体。道路や広場に椅子を並べ、夜遅くまで楽しげな町の人たちの様子がすっかり気に入ってしまった。ここは町の広場、もちろん名前はPiazza Verdi。
f0161652_2015188.jpg
町には至る所にヴェルディの面影が。町中がヴェルディ色。
f0161652_20103463.jpg
飛び込みで泊まった宿「i due foscari」の朝食ルーム。
このホテル名はヴェルディのオペラ(「二人のフォスカリ」)。
お部屋も今にもヴェルディが出てきそうなレトロなお部屋。
このホテルは、ヴェルディのオペラを常に歌ってきたテノール歌手Carlo Bergonziが開業し、今はその息子が営なんでいる(レセプションにいるおじさんがその人)。
f0161652_20181688.jpg
町の広場に面したヴェルディ劇場 Teatro G.Verdi。ガイドさん付きで見学できる。
この劇場は、生前にすでにヨーロッパ中に名声を博していたヴェルディにあやかって、
市が建築したもの。杮落としにはオペラ・リゴレットが上演され、一回入り口のすぐ左横のボックス席はヴェルディ氏に贈呈された。
f0161652_20385773.jpg
しかしヴェルディは、なんと一度もこの劇場に足を運んだことはなかった。市に対して怒っていたからである。
何故かというと、ヴェルディの一人目の妻Margherita(この町出身で、若いヴェルディのパトロンだったAntonio Barezziの娘)の死後、ヴェルディがソプラノ歌手Giuseppina Strepponiと再婚したことを市民が歓迎しなかったからだ。小さなブッセート市にとって、町の有力者の援助を受けて大物となったヴェルディは大きな自慢だったわけだが、その後ヴェルディが他の女性と再婚し町に戻ってきたたことが全く面白くなかったらしい。その村八分振りはひどいもので、信仰深かったGiuseppinaが町の教会に行くとミサは中断され、全員が出て行くか奥さんが出て行くかと迫られた程だったとか。
そんな町がヴェルディにあやかって町興しの劇場を作っても、本人は全く見向きもしなかったのは当然。

ここは、広場を挟んで反対側にある、「Museo di casa Barezzi」。
裕福な食料雑貨店主で、音楽を愛し、若きヴェルディを支援した人物 Antonio Barezziの住居。青年ヴェルディはこの家に住み、またその後の勉学もこの人物が金銭的に支援した。今はヴェルディ博物館になっており、コンサートも開かれている。ヴェルディが弾いていたピアノもある。
f0161652_2123742.jpg
ヴェルディ所以の貴重な資料もずらっと充実。実のところ、オペラやヴェルディにあんまり興味なかった私でも、しっかり楽しめた。
定年を迎えここでボランティアで働いているおじさんの話がこれまた面白かった。相当のオペラファンでヴェルディ・オペラの生き字引のような彼は、子供の頃からヴェローナの野外オペラに通い詰めていたんだとか。「昔の歌手はよかった昔はよかった」を連発しながら遠い目で懐かしそうな表情だったのが印象的だった。
f0161652_2120515.jpg

ブッセートから車でちょっといった、ここはロンコレ村(Roncole)のヴェルディの生家。
f0161652_21243733.jpg
すぐ向かいにある教会。ここでヴェルディはオルガニストから始めての音楽の手ほどきを受けた。
f0161652_2127424.jpg
ヴェルディが弾いていただろうオルガン。オルガンに上がる小部屋は資料室。
f0161652_2130032.jpg
ちょうどオルガニストがいたので、頼んで見せてもらった。ラッキー。
イタリアらしい柔らかい音色のする優しいオルガン。
f0161652_21331133.jpg
村でヴェルディの本でも記念に買おうかと思って入った売店で、店主のおじさんがヴェルディについて40分くらい延々と熱弁を振るいはじめ、本には載っていないだろうヴェルディの愛人関係とか、この村のOOさんがヴェルディの親戚と結婚したとかだのという話を聞かせてくれた。とにかく、つい最近までヴェルディが生きていたんだなと感じさせるような生々しい話があちこちで見聞きできて(ザルツブルクのモーツァルトとはまた一味違う)、
またそれを誇りに生きているのであろう村人達が幸せそうで、なんだか居心地がよく、
ちょっと宿を取るつもりで立ち寄った町だったのに、結局丸一日遊んでしまった。

ちなみに、この村Roncoleは、ドン・カミーロの舞台になったところ。作家のGiovanni Guareschiが、ロンコレ村のトラットリアで、司祭と市長が喧嘩しているのを見たことが、あの映画の発端なんだって。
f0161652_21533946.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←ヴェルディに乾杯のクリックを!
[PR]
by organvita | 2010-10-05 22:06 | イタリア紀行 | Comments(8)

VOWに投稿したい写真

夏にインスブルック駅で見つけた郵便ポスト。
f0161652_5123839.jpg
昨日の新聞に載っていた写真。
f0161652_5165383.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 
↑ヨーロッパにもVOWネタ転がってると思う人、クリックしてね。
[PR]
by organvita | 2010-10-03 05:20 | その他 | Comments(8)

東京佼成ウインドオーケストラを聴く

今年50周年を迎えたという東京佼成ウインドオーケストラが只今ヨーロッパツアー中。
先週、イタリア・ポルデノーネ公演を聴きに行った。

舞台の上には大勢の純日本人が、そして客席側のこちらにはイタリア人。
なんだか不思議な感覚。客席は満席で人気の高さが伺えました。

プログラムには、ヨーロッパと日本を結びつけることを意識した面白い作品が並んでいた。
f0161652_22304623.jpg
どの演奏も、とても変化に富んでいて非常に面白かったのですが、
特に私が気に入ったのは、真島俊夫氏の「3つのジャポニズム」という作品。
普段の生活で隠れがちな自分の中の「日本」が久しぶりにウズウズしていました!
それから、須川展也氏のサックス・ソロ、素晴らしかったです。そして何より印象的だったのが、そのアンコールで無伴奏で吹いて下さった「浜辺の歌」。泣けました。
ヨーロッパでふと聞く日本の旋律って、本当に心に染み入ります。

プッチーニのトゥーランドットは、さすがイタリア人のお客さんには大うけでした!

本当に楽しい、素晴らしいコンサートでした。
そして、日本からいらした皆さんの素晴らしいご活躍に、同国人として誇り高かったです。

またイタリア来てください!!

チェレスタを弾いていたOtenba pianistさん、大切な裏方を仕切っていた友達のMちゃん、お疲れさまでした(^^)。会えてよかった!


ちなみに、おらが村の、私がいつもコピー機を借りにいく印刷屋さんのお兄ちゃんも村のバンダでクラリネット吹いているんですが、何を隠そう、佼成ウインドオーケストラの大ファンで、知り合った頃すぐに「君、日本人でしょ?kosei wind知ってる?!」って聞かれたくらい。沢山CD持ってるそうです(^^)。
コンサート聴きにいったこと自慢しにいかなきゃ。むふふ。


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←音楽は世界を繋ぐと思う方、クリックしてね。
[PR]
by organvita | 2010-10-01 23:30 | 音楽いろいろ | Comments(6)