<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おらが村の山桜

お買い物がてら、朝の散歩。ちょっと山道に入ってみた。
f0161652_22125651.jpg
雪もすっかり溶けて、新芽が出始めるこの時期、来冬の分の薪を山へ見つけに行く村人が多い。枝を折ってはいけないけれど、折れて落ちている枝は持ち帰り自由。
すれ違ったおじさんを、後ろからこっそり撮影。
f0161652_22162875.jpg
途中でユーターン。ここは山桜が咲くヒミツの野原。
f0161652_22264764.jpg
4月ってどうも調子がでなくて家に篭りがちだったんですが、知らない間に裏山で満開に咲いていた桜。これ見てたらもっと外出しなきゃって思えてきた。
f0161652_2222677.jpg
おらが村で一番スタイルの良い桜。
f0161652_22254129.jpg
桜&養蜂。桜の花の香りがするハチミツ取れるのかな。
f0161652_2230855.jpg
桜&羊。今日は23度!普段はわりと警戒心の強いここの羊たちも、私に全く動じず、
斜面でだらっと日光浴。かなりだらしないです。
f0161652_22332495.jpg
好奇心旺盛のヤギ&桜。
今日の一句。「やまざくら、ひつじやぎはち、にほんじん。」
f0161652_22352635.jpg

もう一句、「クリックを、してもらえると、うれしいな」
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 
[PR]
by organvita | 2010-04-29 22:41 | ドロミテの生活 | Comments(12)

ドロミテ・オルガン・アカデミー 2010 のご案内

            Accademia d’Organo nelle Dolomiti
             ドロミテ・オルガン・アカデミー 2010



オルガンを愛する学生とオルガン愛好家のためのアカデミーを開催します。
世界遺産の雄大なドロミテの山々に囲まれながら、パイプオルガンと向き合う5日間。
定員数を最小限に抑え、楽器に触れる時間を十分に確保しました。
近郊の歴史的オルガンやオルガン工房へのエクスカーションもあります。

日時:  
2010年7月18日(日)~7月24日(土)
(18日午後現地集合、19~23日アカデミー、24日朝現地解散)

場所:  
イタリア・トレンティーノ州、フィエンメ渓谷 (Val di Fiemme)

参加定員:
4名

講習会費:
600ユーロ  
※レッスン代、各教会使用料、アカデミー開催中の移動手段、
アグリツーリズモ6泊(ツインルーム)、朝・夕食を含む。

講師:
吉田愛

課題曲:
以下のオルガン作品より任意の数曲。(1ヶ月前までに演奏曲を提出していただきます)
・J.S.バッハ
・イタリア・ドイツのルネサンス~初期バロックの作品
・イタリア18~19世紀の作品
・ドイツ古典~ロマン派の作品

使用楽器:
Daiano教区座教会  2 man+Pedal, 12 stops ドイツ・バロック様式
Predazzo教区座教会2 man+Pedal, 25 stops ドイツ古典~ロマン派様式
                               (両オルガン共、A.Zeni制作)

エクスカーション(予定):
Ora/Auer Pfarrkirche St.Paulus 1 man, 11stops 1599年
(Casparini制作、南ドイツ・ルネサンス・オリジナル楽器)
BolzanoChiesa di S.Giuseppe 2 man+Ped, 20stops, 2006年
(A.Zeni制作、北ドイツバロック様式)
S.VitoChiesa Parrochiale 1 man+Ped, 30stops 1848年
(G.Bazzani制作、 北イタリア19世紀オリジナル楽器)
Borca di Cadore Chiesa Parrochiale 2 man+Ped, 1791年
(G.Callido制作、北イタリア18世紀オリジナル楽器)


≪申し込み方法≫
2010年5月9日までに、以下のメール宛にお申し込みください。ご質問もこちらまで。
但し、定員数に満ちた時点で申し込みを締め切らせていただきます。

※定員数に満ちましたので、ご応募を締め切らせていただきました。
ご興味を持ってくださった方々、どうもありがとうございました。


f0161652_0114411.jpg

※2010年度 ドロミテ・オルガンアカデミーのレポートはこちらからご覧いただけます。
[PR]
by organvita | 2010-04-28 06:52 | ドロミテ・オルガン・アカデミー

少しずつ春

下界よりも一ヶ月遅くやってくる、おらが村の春。少しずつ近づいてきています!
谷中がほんわか緑色になってきました。
f0161652_6215775.jpg
おらが谷の牛乳配達は、規模が違います。何リッター入るんでしょうね、一瓶に。
こうやってよく、牛農家の前なんかに置いてあります。
これは回収されて、谷の「チーズ組合」に運ばれます。
f0161652_6284419.jpg
柔らかい草が生えてきて、谷の動物達も小屋から姿を見せるようになりました。
今日も大通り沿いに羊の集団発見!羊が道に飛び出さないよう、牧用犬大活躍。
f0161652_631162.jpg
ベランダに花を飾りました。我らの愛鳥ジェレミー、すっかり我が家(のベランダ)に居ついてます。相当食事提供してるんだけど。「ここ掘れワンワン(チチチ)」啓示、未だなし。
温泉湧くところ教えて欲しい・・・。
f0161652_6403481.jpg
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしてくれると春が来るかも。
[PR]
by organvita | 2010-04-27 06:50 | ドロミテの景色 | Comments(6)

ホテル・サヨナラの謎

近所のこのホテル、前からずーーーーっと気になってたんですけど・・・・。
なぜこのネーミングなんでしょうね。
f0161652_613851.jpg
ドロミテ地方に割と見かけます、同名のホテル。ペンション・サヨナラってのもあります。
試しにグーグルで検索してみたら結構出てきてびっくり。
これ、ドロミテ地方だけの現象なのか、それともイタリアどこでもあることなのか。
他の国にもあるんでしょうか。(日本にはないでしょう) 
sayonaraは古代ローマ語でwelcomeって意味だったとか・・・(なわけないか)
謎、深まるばかり。

ちなみに、ヴァイオリニストの友達が、SAY ONARAなんじゃない?という斬新な見解を
示してくれましたが、さすが、英語が堪能な人は句読点の位置が違います・・・。

Hotel Sayonara について、世界中からの情報をお待ちしてます。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしてサヨナラ。
[PR]
by organvita | 2010-04-27 06:14 | ドロミテの景色 | Comments(12)

澤田まゆみ著「キリスト教とともに学ぶ音楽」

f0161652_16341739.jpg
ドイツ・リューベック留学時代に一緒だったお友達、高崎出身のピアニスト澤田まゆみさんが、なんとこの度、この素敵な本を出版されました!

「キリスト教音楽に関して、歴史記述とともにその時代の音楽を紹介。
当時奏でられていた楽譜を大判で掲載し、実際に演奏し、歌うことができる。
キリスト教の基本的な事柄については、塚本潤一牧師がコラムで分りやすく解説。
キリスト教と音楽が複合的に学べる画期的な一冊。」

まゆみさんは留学時代からピアノをバリバリこなし、コンクールにも入賞している素晴らしいピアニスト。それだけではなく、帰国してから毎年リサイタル「演奏・展示・お話による音楽会」を開催したり、教鞭、執筆活動と精力的。9月には帰国10年記念リサイタルが予定されています。

ピアニストなのに、よくオルガンの練習室に遊びにきていたまゆみ。その帰りに「力つけなきゃ弾いてらんないわよね~」なんて言いながら、夜のスペアリブ食べ放題の店に行って青春談義に花を咲かせたりしたものでしたが、いつの間にか大出世!知らぬ間に教会音楽のスペシャリストにもなっていました!!ほんと、すごすぎる!
このご本はそんな彼女の魂と愛のこもった、キリスト教音楽への入門書。是非みなさん
読んで下さいね!ちなみに、私も写真を少し提供させていただいています☆

こちらからご注文できるようです。さあ、どんどんどうぞ!


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←まゆみ、おめでとう!
[PR]
by organvita | 2010-04-21 17:04 | 音楽いろいろ | Comments(8)

春が近くまで

標高1000Mの「おらが谷」からくねくねカーブを何回も降りていくと広がる平地、
アディジェ渓谷。ここは標高300M程度。雪の残るおらが谷とは違い、すっかり春の
装い。いつも車で通り過ぎるカーブで停車してみたら、なんと滝発見。4年間気がつかなかった・・・
f0161652_140368.jpg
葡萄&リンゴ畑が広がるアディジェ渓谷。新緑がきれい。
ついこの間知ったんですが、前から気になっていたこの手前のステキなメルヘン屋敷、
イタリアのTVに良く登場するジャーナリスト、リリ・グルーバーさんの御宅らしい。
f0161652_5244690.jpg
車の助手席から撮った葡萄畑。タンポポが咲いてます。
f0161652_5323292.jpg
リンゴの花が咲き始めました。来週あたりが見ごろかな。
f0161652_5343746.jpg
ピザ屋さんでメニューを見たら、偶然知り合いの名前が陳列していた。
ピザの名前って、「マルゲリータ」のようにお決まりのものもあるけど、あとはお店によって命名の仕方は色々。要はなんでもありのファンタジーなのだ。
「ピザ生地の上に寿司ならべてピザ・ジャッポーネとかいいね~♪」と、今回の帰国で完全に寿司にハマッた夫は言っとりますが、それはないでしょう・・・汗。
f0161652_537460.jpg
春を求めて谷を降りる私たち夫婦。穴倉からもっそり出てくる熊そのものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックすると春の音?!
[PR]
by organvita | 2010-04-20 01:41 | ドロミテの景色 | Comments(12)

フチャーデ Fuciade の冬

「散歩に行こうよ」と言われて、普通はその辺りをちょっと歩くんだろうと思うでしょうが、
「愛ちゃんに散歩連れて行かれると、ものすごく歩かされるハメになる」と、近しい人の間ではちょっと有名らしい・・汗。

イタリアに戻ってきたタイミングで、毎年恒例(?)ミネコが遊びに来てくれた。
普段は家でダラダラしているくせに、お客さんがくると俄然張り切る私。しかもいい天気。
ミネコ、ごめんよう・・・この辺りはまだ余裕だったわね。
f0161652_5555928.jpg
おらが村からちょっと山を登れば、まだまだ雪、健在。
「軽く一時間弱の散歩道」のはずが、・・・予想外。
「あのカーブ曲がれば景色が広がるからさあ」(とか言いながら、私もこのコースは初めてで、実は知らない・・・汗)の言葉にそそのかされ、歩かされ・・・。す、すまん。
標高高いから空気薄いし、さすがのおしゃべり仲間もやや無言・・・汗。
f0161652_615221.jpg
到着予定時間のはずの一時間ほど歩いたところで、絶景が広がる!!
「あの一番奥の山小屋が到着地点だから!」となんとか場を取り持ちつつ、まだ歩く歩く。
ちなみに、大都会東京からやってきたオシャレ・ミネコさんは山靴なんて持ってないので、私のを履いてもらった。もう一息で着くよ~!
f0161652_67924.jpg
しかし山ってのは不思議なもんで、「すぐそこ」に見えてるものが実はとっても遠いのよねえ(汗)。その上、歩けども歩けども奥から新しい姿を現す山小屋たち・・・。まずい。

と、そんな時、なんと後ろからすごい勢いでスノーモービル登場!タイミングよすぎ。
すかさず声をかけ、乗せてもらった!!しかもお兄ちゃん、なかなかイケメン!!!
(と思ってたのは私だけみたいだけど・・・)。
乗ってみてわかったけど、あれ、全部歩いてたら更に一時間かかったかも・・・汗。
お兄ちゃんナンパしてよかった・・・(byおばちゃん)

到着地点にある小さな教会。手前にあるのは、スノーモービルの後ろに連結する車両。
f0161652_618622.jpg
お互いブロガーの私たちは、写真は撮る一方で、滅多に自分は写らないという弱点があるので、この時とばかりにお互いに撮り合ったりして。
ちょっとこれ、コンサートのチラシにどうよ?!
f0161652_6284988.jpg
山小屋で木の実ソースのかかったヨーグルトを。これが美味いっ!
その後ベンチでごろっと昼寝。
f0161652_6352676.jpg
静寂の中、聞こえてくるのは、屋根の雪解け水。春ももうすぐ。
f0161652_6403012.jpg
一面雪景色のフチャーデ。夏はこんな感じです。ミネちん、夏も散歩しに来て~☆

もちろん、帰り道はまたスノーモービルに乗せてもらったのは言うまでもありません。
片道4€。その辺のヘタな遊園地の乗り物よりも相当迫力あり!!!!
f0161652_6455092.jpg

ちなみに、今月末から山小屋はヴァカンスに入り、また6月頃から営業するそうです。
山小屋、泊まれます。HPはこちら。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←私と散歩したい人、クリックどうぞ。
[PR]
by organvita | 2010-04-16 06:57 | ドロミテの景色 | Comments(12)

日本とイタリアの国会議員

2週間の日本ヴァカンスから帰ってきて、イースターを向かえ、友達が遊びにきて・・・
なんてしている間に、すっかりブログを書き溜めてしまいました。
この数週間で撮った300枚近い写真を含めて(!)またポチポチ更新していきます~!

久しぶりに戻ったおらが谷は、なんとなーく緑が色づき始めた感じ。
春の力が地面から湧きあがろうかとしています。
f0161652_22394753.jpg
なんて思いきや、昨日また雪が降ったりしたんですけどね・・・。
それでも、こっそりとしっかりと花を咲かせている姿、たくましい。
f0161652_22444332.jpg
日本からは、桜満開になる前に戻ってきてしまったので、花見宴会はできませんでしたが、ここも山を下りれば、リンゴの花が咲き始めています。山の上に春が届くのはあと一ヶ月くらいの辛抱かな。

ところで、日本滞在中に起きた事件の一つに、某国会議員が隣りの空席の投票ボタンを代理投票したことが原因で辞職する、という事件がありましたが、日本で一緒にニュースを見ていた夫が、「たった一人だけなのにこんなに叩かれて可愛そうだ」なんていうので、良く聞いてみると、イタリアの国会ではこんなことは日常茶飯事で、一人どころか大勢の人が堂々とやっている(?)らしく、彼らは通称「i pianisti(ピアニストたち)」と呼ばれているそうな。(右や左に手を伸ばす様がピアニストみたいだからでしょう。)夫もはじめ、なんでイタリアの新聞の政治欄に「ピアニスト」と書いてあるのかと不思議に思ったんだとか。

・・・っていうことをある友人に話したら、「organisti(オルガニストたち)じゃなくてよかったね」といわれ、大爆笑してしまいましたが、階段状になっている国会なら、オルガニストの方が似合ってるかもね。足も使ったりして。なんてことはしてはいけませんが。
イタリア、大丈夫でしょうか・・・汗。

ニュースといえば、実は昨日、イタリア北東のメラノ近郊で、9名の死者が出る列車事故があり、日本でも報道されたようですが、日本人の乗客はいなかったようです。ご心配くださった方々、どうもありがとうございました。
割と近いところで起こった事故なので私も気になってテレビを見ているのですが、何故か我が家は、受信料を払っている肝心なRAI(イタリアのNHK)だけが受信できず、地方局でもイマイチな報道で、結局ネットで日本のニュース経由でチェックしたほうが早くて確実、という不思議な状況に置かれております・・・。ああ、帰ってきたなあ、イタリア。
f0161652_2311451.jpg

 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←久しぶりにクリックもよろしく☆
[PR]
by organvita | 2010-04-13 23:29 | その他 | Comments(12)