<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オルガン&ピアノレッスン

谷の子どもたち数人に毎週、プライヴェートでオルガンやピアノを教えている。
場所は教会や、子どもたちのお家訪問レッスン。年齢やレベルはまさに様々。

学校にももちろんよるが、イタリアの多くの小学校には音楽の授業が全くカリキュラムに入っていないのだとか。中学校に入って初めて、音楽の授業が始まるらしい。
イタリアの小中学校は、大抵午前中しか授業がないようなので、午後はそれぞれ習い事やスポーツ、友達との時間に多くが割かれるようだが、音楽に興味がある子は、音楽教室に通ったり、教会の子ども聖歌隊で歌ったり、この辺りだと吹奏楽が盛んなのでどの町や村にもバンドがあり、そこで大人に混じって管楽器を習う子どもも多いようだ。
学校ではノータッチだが、興味のある子とそれをバックアップできる親がいれば、学校以外で音楽教育を受けているわけで、現実的な気もするが、逆にそうでなければ、全く音楽に触れることがないかもしれないわけで、音楽をする私から見ると、やはり少し残念に思ってしまう。「楽譜が読める」「楽器が弾ける」と言うこと以上に、幼児期に音楽を通して得られる感性や感情って大切だと思うから。

さてワタクシ、大人や、音楽の下地がある人に教えたことはあったが、真っ白な子どもに教えるようになったのは、実はここへ来てから初めて。自分自身が音楽を習い始めた遠~い遠~い遠~い昔の「楽しかったピアノレッスン」の記憶を思い出しながら、手を変え品を買え(?!)手探りで教えている。
その1つはこちら。ご褒美シール(笑)。日本ではシールもらえますよね、一曲上手に終了すると。
f0161652_2146508.jpg
しかし、これって日本独特のシステムだったって知ってましたか?!こっちではこうやって「ご褒美でツル」っていうことは、普通しないようです。でも、何を隠そう私は小さい時、このシールが欲しくて、それに吊られて練習していたようなところもあるので、試しにこのやり方を試してみたら、なんと生徒さんに大うけ(笑)。
12歳の微妙なお年頃の男の子も、「Aiがそうしたいなら貼ってあげてもいいよ」とか大人げな発言をしつつも、いざ一曲仕上がると結構真剣にシールを選んでいて、かなり微笑ましい^^。ちなみにこのシールは日本から持って帰ってきたもの。こういうグッツは日本は充実してます!「日本のシール」っていうと株も上がるし(笑)。
ついでに、私がシールを忘れたりして、代わりに「花丸」書いてあげると、これまた大ウケ。
そっか~、これも日本のものだったんだー。今更ながら実感。

全く真っ白な子どもに教えるのって、楽しくて難しい。
子どもだから尚更、わかりやすく(イタリア語で・・・)教えなければいけないし、私はイタリアの音大は出ていないので、ここへきて「5線譜」とか「小節線」とか「付点4分音符」とか、当たり前の楽語をイタリア語で勉強し直すハメになり、なんとなく逃げていた弱点を通らなければいけない事態に陥っている(汗)。与えられるべきことは与えられる、とはまさにこの事か。「カタツムリみたいに手の甲は丸くしようね」の、「カタツムリ」の単語がわからず、絵を描いて見せて、子どもに「Lumacaって言うんだよ」って教えてもらったり(笑)。
彼らは私のイタリア語の先生でもある。

最近新しくピアノを教え始めた6歳のAちゃんは、そういうわけで、楽譜というものをそれまでに見たこともなかった。「いろんな音があること」「音には高さがあること」を見つけるために、家の周りを散歩しながら探したり、階段にドレミを書いてホップステップ遊びして歌ったり。子どもは吸収が本当に早くて、こんなAちゃんも数ヶ月経った今では、ヘ音記号も読み、両手で演奏し始めた。うらやましい・・・!
Aちゃんのお部屋の壁に張ったのはこれ。意外なところで折り紙が活躍した瞬間(笑)
音や休符の長さに合わせて切って、表を作ってみました。かわいいでしょ?!
f0161652_16254083.jpg
f0161652_16255366.jpg
Dくんの部屋の本棚にこんなものを見つけて借りれるのも、お宅訪問レッスンの特権?!
f0161652_22175889.jpg

最後に、ピアノだと「エリーゼのために」、オルガンだと「トッカータとフーガ ニ短調」が弾きたい!と思うのは、どの子どもも大人も全世界共通なのかな、というのが私の見解。
与えた宿題はおざなりで、こっそりこれを練習している私の生徒さんは意外と多い(笑)。

私の理想のレッスン像はこちら(?!)。
これ、Youtubeで見つけたんですけど、何回見ても夫とお腹抱えて笑ってます!
この人たち、演技も演奏も最高!

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←まずはこちらをクリックしてから、

ではビデオスタート!

[PR]
by organvita | 2009-05-27 22:10 | 音楽いろいろ | Comments(11)

ロッレ峠 Passo Rolle

おらが村から30分くらいのところにあるロッレ峠へ、日曜日にちょっくらドライブ。
冬にはこんなに雪たっぷりあった峠頂上も、だいぶ雪が溶けていた。
f0161652_6394845.jpg
雪解け水の滝が二本。すがすがしい~!やっぱりドロミテは雄大だー!
f0161652_642077.jpg
道路の雪は完全に溶けているので、そろそろバイカーたちの季節!
f0161652_6444722.jpg
頂上にあるバールには、筋肉モリモリ、お尻プチプチのヤングバイカーで埋め尽くされていた。気がついたら女性は私くらい。これは絶好の出会いの場!
・・・と思ったのもつかの間。隣りには夫がいました(ウソウソ)。
バイカー彼氏求む友人たちよ(誰だ?)、ここ、おススメよ~!
f0161652_6474485.jpg
バールの隣にあるお土産屋さんには山グッツ満載。
f0161652_6535565.jpg
お店の中には手作りの鳩時計が圧巻!ちなみに、一番左に見えている熊がついた立派な時計は、7000ユーロでした。日本に7回帰れるわ・・・。
f0161652_656382.jpg
ヨーデル絵葉書発見(笑)!
f0161652_725245.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←ヨーホレッヒッヒ~!!
[PR]
by organvita | 2009-05-27 07:11 | ドロミテの景色 | Comments(2)

ベランダの花たち 2009

急に暑くなってきた。今日は日中30度!
明日から少し穏やかに戻るそうだが、今年の夏はどういう夏になるのかな。

「フルダのコンサートが終わったらやろう!」と思っていたこと、
その1:家中の窓拭き。
その2:ベランダの花植え。

先週両方とも目標達成!

暑さのお陰で、おらが谷一大きな園芸店、大繁盛。相当広い駐車場も満杯。
大型ビニールハウス3つが並ぶこのお店、中は鮮やかな色取りで満ち溢れ。
f0161652_5394857.jpg
我が家には、冬の間ベランダの花を置いておける温室代わりの倉庫が無いため、毎年
新しい苗を、ひと夏限りと割り切って購入している。毎年お花を選ぶのが楽しみ!
色々考えては来たものの、周りの人の選ぶ花使いが気になって、中々決定権を下せない優柔不断なワタクシ・・・
f0161652_5442369.jpg
最終的に、今年はこれに決まり!
毎年選ぶ色や花で、私のその時の心境が読み取れる・・・占いみたいだ。
f0161652_5595026.jpg
赤のゼラニウムの間に、青いのを(Temariって書いてあったけど??)挟んでみました。
予定(理想)では、これから急激に育って下の階に届くくらい垂れ下がるはず・・・。
(ちなみに昨年は、その前に冬が来ました・・・泣)
f0161652_622419.jpg
他にはこんなのも。
夫パパに特注で作ってもらった「枯れてしまった畑の木の切り株の再利用花かご」へ。
f0161652_67872.jpg
これは市場でひとつ1ユーロバーゲン。3つ買ったら1つサービスしてくれた。ラッキー!
これから植え替えます。
f0161652_611181.jpg
バジリコとイタリアンパセリ。一株50セント。
これから手に負えなくて困るくらい茂る予定・・・・
f0161652_612508.jpg
タネを植えたアサガオが顔を出した!
f0161652_6164819.jpg
やっぱりペチュニア好きなので、少しだけぶら下げてみました。早くこんもり茂るといいな。
f0161652_6183510.jpg
夏までに上手くく茂れば、また晩夏にでも結果発表しま~す!太陽、宜しく頼む。
ベランダにボーっと座ってる時間がぐっと増えてきた今日この頃です。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックでビタミンよろしく^^。
[PR]
by organvita | 2009-05-25 06:24 | ドロミテの生活 | Comments(2)

山の花たち

前回の付け足しになりますが、夫ママからもらってきたジャガイモ、卵、ほうれん草を
使って、お昼に「ほうれん草のニョッキ」を作りました!
普段は出来ているものを買ってしまうのですが、手間をかけた分、美味しかった!
しかし、手間をかけたのに、5分で食べきりました・・・ちょっと悲しい。
ストック分も作っておいてよかった(笑)。明日も食べるぞー!
f0161652_2222740.jpg
さて、ここからが今日の話題。
最近、本流よりも支流に出かける釣りキチ(夫)。新しい釣り場を開拓しつつあります。
今回はここ。
f0161652_2275133.jpg
ここ数週間で、急に緑が噴出してきた感じのおらが谷。野の花も満開。
刈り取られてしまう前に、美しい姿をカメラに納めておこう。
f0161652_22101819.jpg

f0161652_22133423.jpg

f0161652_22151435.jpg

f0161652_22162457.jpg

f0161652_221844100.jpg

f0161652_22194697.jpg

f0161652_22211752.jpg

f0161652_2222513.jpg

f0161652_2224112.jpg

f0161652_2225110.jpg

f0161652_22261830.jpg
堤防に座り込んで夢中の夫、その間に大活動中の蟻が頭髪の中にまで進入していた。
f0161652_2228452.jpg
一昨日、今年初の夕立が降りました。いよいよ夏に向けて全てが噴出していく感じです。今日は日中25度!
さすがにもう、夜でも氷点下になることはないだろうと思い、今朝、暖炉を掃除しました。
これからは外に出るのが楽しみな季節!


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←野の花たちにクリックを!
[PR]
by organvita | 2009-05-20 22:36 | ドロミテの景色 | Comments(4)

夫のママの畑より

週末、夫の実家に帰ってました。
いやーヴェネトは暑かった!日中30度近くありました。
イタリアの太陽をサンサンと浴びている、夫ママの家庭菜園からもらってきた品はこちら。
(カメラを忘れたので、畑の写真はまた次回!)
さくらんぼが取り放題。(木登り必修)
f0161652_22553255.jpg
香草はベランダで乾燥中。
f0161652_22571492.jpg
細ねぎ、花付き。もう少しベランダで育ててから小口切りにして、和食にも!
f0161652_22595040.jpg
キャベツ類。たまに葉の間に隠れたカタツムリと遭遇するので、念入りに洗います。
f0161652_2312781.jpg
ラディッシュも収穫ラッシュ。
f0161652_2331543.jpg
ほうれん草とふだん草は、これから茹でて保存。
ふだん草はバターとリゾットなんかにすると美味しい^^。
f0161652_2345484.jpg
不揃いな卵たち。叔母が一昨日収穫。
f0161652_2361763.jpg
叔父の畑のじゃがいも。
f0161652_237473.jpg
畑の脇に無造作に生えていたこの花も(日本語では何と言うんですか?)、
花瓶に入れて気取ってみました。
この辺の方言では、Occhi di Cristo (キリストの目)と言う名前なんだそうな。
f0161652_2384151.jpg
ちなみに、ブログに載せるために選ばれた量だけかわいらしく写真に撮りましたが、
実際はスーパーのビニール袋にぎゅうぎゅう詰めにされたものを数袋、
(ま、新鮮な野菜類は嬉しいんですけど、あまりに大量で食べきれない)、
それに冷蔵&冷凍庫の中の、いつ買ったのか不明な肉などの食材を(整理整頓がちょっと苦手な義母は、大型冷蔵庫3つ持ってます。ちなみに義父&義母の二人暮らし)、
私たちの車の荷台&後部座席に「もう入らないから」って言ってる私の言葉を自分で確認するまで持たせてくれます(笑)。
結婚当初は、その強引さ(?)にちょっと参ってましたが、3年近くも繰り返されると、嫁も学ぶというか慣れるというか、最近では「お義母さん、これ頂いていきます」と、さっさと荷造りしているワタクシ。「泥棒嫁」と呼ばれる日も近いかも。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←畑の野菜は美味しい!
[PR]
by organvita | 2009-05-18 23:12 | マリアの台所 | Comments(12)

ジーロ・ディタリア ヤギ&羊編 in おらが村

遠くに見えるあの白いカタマリが、ゆっくり近づいてくる。
f0161652_17555311.jpg
ヤギ&羊だーーー!!!(この背中の丸い感じを見ていて、私、ナウシカになった気分)
f0161652_17574113.jpg
ひたすら食べつつ行進。夫と、「うらやましいよねー。歩けど歩けどそこいら中にチーズと
サラミとティラミスと寿司と焼き鳥とあんみつが無料で落ちてる感じだよねー」。
f0161652_181242.jpg
羊飼いのおじさんに話しかけてみた。
私    「すごい数ですねー!100~200匹はいるんでしょ?!」
おじさん「何匹いるかなんて知らないよ(イタリアらしい)。 ・・・1000単位だね」
私    「羊毛を取ったりチーズにしたりするんですか?!」
おじさん「肉だよ肉。」
・・・・知らない方がよかった(悲)
f0161652_188369.jpg
この子だど生後10~20日くらいらしい053.gif
只今、冬のA山から夏のB山へ、10日程かけて大移動中とか。
f0161652_18132032.jpg
歩みの遅い赤ちゃんは首根っこ捕まれて連れて行かれてます。かわいすぎ。
f0161652_18165016.jpg
ここは夫の工房のすぐそばを流れる川。いつも釣りに行くところです。
動画を撮りました!手前だけでなく、下の川縁にもたくさん行進しているところにご注目!
国道沿いなので車の音がウルサイですが、夫のコメントが笑える・・・。
では、ジーロ・ディタリア ヤギ・羊編 どうぞご覧あれ~!




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←ハイジ&ペーターな私たちにクリックを!
[PR]
by organvita | 2009-05-15 18:34 | ドロミテの景色 | Comments(11)

ジーロ・ディタリア 2009年 Giro d'Italia 2009

イタリアの自転車レース「ジーロ・ディタリア」が、またまたおらが村を通過した!
(2008年のジーロ・イタリアのレポートはこちらからどうぞ!)

ルートは毎年変わるんだそうだ。なのでてっきり、今年は通らないのだろうと思っていたのだが、お昼にたまたま用事で広場に出たら、なんだかソワソワした人だかりが。
そしてジーロの宣伝カーが何台も駆け抜けていった。もしや?!?!
交通整理のおまわりさんに聞いたら、あと数分で通るよ、との事。
慌ててカメラを取りに家に戻り、再び広場へ駆けつけた。

やじ馬に混ざって私も道で待っていたら、向かいのバルコニーから「Ai~!」の大声。
見ると、知り合いのおばあちゃんが「こっちにおいでよ~特等席じゃよ~!」
遠慮なくお邪魔し、高いところから一緒に観戦させてもらうことに!

これを機会に、You Tubeへの動画の載せ方、ブログへの貼り付け方勉強しました!
まずは、第一波の先頭勢です。
ではどうぞ~!!



それからだいぶ経って、第二波(=他の全員)がまとまって到着。
色鮮やかな波のように駆け抜けていく~!!!美しい~!!



今日の第5ステージは、San Martino di Castrozza から Alpe di Siusi の山岳コース。
ルートの詳細第5ステージ速報もどうぞ!



Ps.どらさんオルガン探検家さん、見てくれましたか~?!?!



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←ジーロに応援クリック!!
[PR]
by organvita | 2009-05-14 07:38 | ドロミテの景色 | Comments(4)

アイゼナハ散策紀 Eisenach

フルダまで来たので、せっかくだからと、アイゼナハまで足を伸ばして一日観光。
フルダから電車を乗り継いで約一時間半。
「バッハの生まれ故郷 アイゼナハ」の駅表札がお出迎え!
f0161652_436414.jpg
ここへ来たのは二回目。思えば15年前、初めてヨーロッパを一人旅した時に訪れた。
フルダでのコンサート後、夕方遅くに到着し、直行で目指すはバッハハウス
15年前というとあまりにも昔で、なんだか前世での出来事のような気すらするけど(爆)、確か以前はこの黄色いバッハハウスのドアから直接入場したような記憶が・・・?
知らぬ間に隣りにモダンな建物が増築されていて、今はこちらから入場。
f0161652_4434642.jpg
実際はこの家でJ.S.バッハが生まれた訳ではないようだが、代々音楽家系だったバッハ一族の誰かが住んでいたことには違いないらしい。バッハ一族の家系についてや、当時の家の再現、楽譜、書籍などが展示されている。ホールもあり演奏も聴ける。
(閉館ぎりぎりに飛び込んだので残念ながら終わっていましたが・・・)
特別展として、ナチス時代にバッハやメンデルスゾーンの音楽がどう使われていたか、というドキュメンタリーを放映&展示していました。面白かった。
f0161652_4524525.jpg
裏庭。J.S.も小さい時にここで砂山作ったりしたんでしょうかね?!
f0161652_4563620.jpg
あちこちの書籍で拝んでいるバッハの肖像画の、オリジナルが陳列!
ここでは思い思いにバッハの音楽の録音を聴ける。
f0161652_4582974.jpg
バッハのカンタータを様々な指揮者で一度に聞き比べられる、というオタクコーナー。
右にSuzuki(鈴木雅明先生)の録音も!
f0161652_504012.jpg
アイゼナハには世界遺産にも登録されているヴァルトブルク城がある。
この城でタンホイザーの歌合戦があったりとか、ルターが新約聖書のドイツ語訳を書いたりしていて、是非訪れてみたかったんだけど、ルターが「隠れ」住んだだけあって、町から山道歩いて30分!(バスも出てますが丁度いいのが無かった・・) 
午前中にかなり体力使い果たしてたので歩く気になれず、遠くから拝んで諦め。
(見えますか?遠いでしょ・・・?)
f0161652_5112487.jpg
市庁舎がピンク色なんてかわいい~。
f0161652_5163015.jpg
少年期のルターが住んでいた木組みの家は、今は博物館。すでに閉館で入れず。涙
f0161652_518417.jpg
バッハが幼児洗礼を受けた聖ゲオルグ教会。(入れず・・・涙)
f0161652_5195847.jpg
教会に入れなかったので、向かいのレストランで自分の腹に洗礼を施すことにした。
(↑意味不明↑) この辺の地ビール。ぷはー!やっぱドイツ、ビール美味い。
f0161652_5214728.jpg
そこへ現れた若者団体。
実はこれ、ドイツでよく見る光景。結婚を控えた青年の、男友達との「最後」のお遊び。
(お嫁さんはお嫁さんで女友達となにか別にやっている)
女性を見つけては「このバラをあげるから、ボクのTシャツにサインして、ほっぺにキスしてください」と言いながら。私もしてあげました(笑)。
f0161652_528724.jpg
「彼は決心しました。彼の理想の女性は・・・・」の後に5名の女性の名前。
で、Dianaに印。(これがフィアンセの名前ね)
f0161652_5345311.jpg
「シングルデットライン6月6日」。あと数日・・・・よ~く考えよう。
f0161652_536402.jpg
しかし彼の腰にはすでにDianaが鎖で重くつながれているのであった。ちゃんちゃん(爆)
ちなみにイタリア人夫いわく、イタリアの場合こんな風に「かわいらしく」結婚式前夜を祝うのでなく、もっとかなりディープなものだとか(書けません・・)。私は断固としてさせなかったけど(笑)。Dianaとお幸せに~^^。
f0161652_539153.jpg
キスでゲットしたバラを飾りながら、ブロッコリーのスープを。
こういう煮込み系料理はドイツ最高。
f0161652_5451491.jpg
そして、聖ゲオルグ教会をバックに着飾った、
チューリンガーヴルスト&ジャガイモのピューレ。これ食べずには帰れんのよ。
f0161652_5491619.jpg
バッハとルターの話題で知的にレポートするはずが、脱線しまくり、行き着いた先は・・・
食物でした~(笑) 旅行記これにておしまい。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←2クリックよろしく!
[PR]
by organvita | 2009-05-14 05:53 | ヨーロッパ紀行 | Comments(2)

フルダ散策紀

フルダの街を散策。
昔ながらの木組みの家が立ちならぶ旧市街。童話の世界に迷い込んだかのよう。
イタリアから半日で来れるのに、別世界。久しぶりに見ると新鮮で懐かしい^^。
f0161652_20505638.jpg
オルガンを持つ人、壁に発見!
f0161652_20533590.jpg
カトリック色の強い町でした。あちこちにマリア様が。
f0161652_20545250.jpg
上の階に行くほど、建物が迫り出しています。
f0161652_20562416.jpg
愛らしいお花屋さん。
f0161652_20573213.jpg
聖ボニファチウスの銅像の下で、金箔を貼りなおしていました。一瞬科学者かと思った・・・
f0161652_20595330.jpg
市宮殿。時間が無くて入れなかったけど、見ごたえある宮殿のようです。
素敵なお庭もあるらしい。・・・無念!次回のお楽しみに。
f0161652_2125861.jpg
ドイツも春真っ盛り!日光浴をするドイツ蛙。
椅子の後ろに並んでいるカゴは、どうやら最近ドイツで流行りの買い物カゴらしい。
エコの進んだドイツ、このカゴ持って買い物している主婦らしき姿をよく見かけました。
f0161652_2162623.jpg
ある教会に入ろうと、階段を昇りかけたところでハット!鳩。
「Hier kein Eingang = ここは入り口ではありません。」
ここから入るのはご法度(笑)。お勤めごくろうさん。
f0161652_2111509.jpg
リューベックの文豪トーマス・マン、こんなところで政治家として再デビューか。
f0161652_21163322.jpg

この後、バッハの生まれた町、アイゼナハへ行きました~! 旅行記続く。

にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←フルダ、ワンダフルだ。
[PR]
by organvita | 2009-05-12 21:32 | ヨーロッパ紀行 | Comments(4)

フルダ大聖堂のオルガン Fuldaer Dom

ドイツのヘソあたりにある街 フルダ Fulda で、お昼30分のオルガン・マチネを弾いた。
おらが村から電車を乗り継いで、9時間の旅。
駅を降りて商店街を抜けると、突如として現れる壮大な大聖堂。圧巻!
f0161652_2133511.jpg
夫、一目見て「おっ!イタリアの教会じゃん!」。内部もイタリア色の強い建築様式。
f0161652_2174554.jpg
ローマのバチカンやS.ラテラノ教会に似てる感じの内部。多かれ少なかれ意識して建築されたのでしょうね。ここはカトリック教会ですし。
f0161652_21102966.jpg
この美しい祭壇の下には、ドイツにキリスト教を布教した一人、聖ボニファチウスの遺骸が納められている。巡礼者の姿も多かった。
f0161652_2116266.jpg
ペストの死者を祭った祭壇(だと思うんですけど)。
f0161652_21195672.jpg
骸骨が仰ぐ天には、美しいクーポラ(円形屋根)が。
f0161652_21223189.jpg
右足だけ立体的に彫刻が飛び出ています!!
f0161652_21242682.jpg
隅々まで均整の取れた白亜の教会。
f0161652_2127999.jpg
そして、後ろを振り向くとパイプオルガンが。
土曜日、マチネが始まる直前まで教会の合唱団が練習していて、観光客が釘づけ。
ヘンデルのハレルヤ歌ってました。伴奏は上のオルガンで。合わせるの大変そう!
f0161652_21302518.jpg
この美しいオルガンケースは、1713年に完成されたもの。1992~1996年に大聖堂の大修復があった際、このケースも修復され、オリジナルの姿に戻ったんだとか。
f0161652_21363513.jpg
前日の夕方、駅から大聖堂に直行。教会が閉まるのを待って、早速練習開始。
オルガンへの階段を登っていきます。
f0161652_21411950.jpg
頭上にはめ込まれたオルガン大迫力。カメラに入りきりません。金箔がまぶしい!
f0161652_21434514.jpg
そしてここが演奏台。4段鍵盤+ペダル。72ストップ。
f0161652_21451214.jpg
このオルガンは最初、1708~13年にAdam Oehninger というビルダーによって、この美しいオルガンケースとともに建てられた。41ストップ、3段鍵盤+ペダル。
その後1876~77年に、ドイツを代表するロマン派オルガン工房ザウアー(Sauer)によって改造+増築された。
そして現在の楽器は1992~96年に、オーストリアの工房リーガー(Rieger Orgelbau)が、以前のパイプなどを使用しつつ、72ストップ、4段鍵盤+ペダルのオルガンへと増築したもの。ひとつの楽器の中に、長い歴史が詰まっているのだ。
(オルガンの詳細&ストップリストはこちら
この長い歴史を見つめてきたオルガンの天使は、私よりもでかかった。
f0161652_5133796.jpg
コンサートは土曜日お昼の30分。5月から毎週しているそう。「地球の歩き方」にも載っていてびっくり!入場料2ユーロ(260円)くらい。
巡礼&観光客にも楽しんでもらおうと思って、プログラムもお昼用に明るく楽しい選曲で!
新垣敏氏の「越天楽のテーマによる変容」という作品も演奏させていただきました。
ヨーロッパで日本人として、演奏を通して日本を披露できるのは醍醐味です。
あっという間の30分でしたが、楽しく貴重な一時を過ごしました。
f0161652_6365096.jpg
このたび仲良くなった教会の鍵のおじいさん↓。
実は前日の練習時、教会の手違いで、私たち&このドア閉め係のおじいさん3人共、一時間ほど教会内から出れない状態になってしまい(笑)、その間にずいぶん仲良くなってしまったのだった^^;。そしたら、土曜日は非番だったのにマチネを聴きに来てくれて、長い螺旋階段登って会いにきてくれたので、記念に一枚。メルアド交換も。なぜか私、おじいさんに好かれるのよね(笑)。写真送ってあげよっと。
f0161652_5314937.jpg
ちなみに、この教会オルガニスト、ハンス=ユルゲン・カイザー Hans-Juergen Kaiser 氏が、このオルガンで弾くCDがNaxosから出ていて、ここで視聴できますよ。

こちらからは、教会内が360度見学できます^^。


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←大オルガンに大クリック!
[PR]
by organvita | 2009-05-12 07:04 | 見た弾いたオルガン | Comments(6)