カテゴリ:音楽いろいろ( 58 )

先週の音楽

久しぶりに、いつもの仲間と、バロック・アンサンブルのお仕事。
場所は、ガルダ湖に近いとある町にある、こんなレトロなテアトロ。
f0161652_765669.jpg
「ブレーシャとガルダ湖の間」と聞いて、張り切って(観光に)向かったのですが、
片道3時間半&リハ&本番の狭間では、町のバールに入ってコーヒー飲む時間すら
なく、見事に何も見ずに帰ってきました。おシゴトだからしょうがないけど(泣)。
というわけで、町の名前を思い出せない・・・汗。
f0161652_711293.jpg
演奏してきたのは、イタリアン魂炸裂の、バロックのプログラム。
チーマからカステッロ、コレッリなど。ハードだったけど楽しかったです☆

その数日後、おらが谷で行われた、青年吹奏楽コンクールで、ピアノ伴奏。
それにしても、チーマ弾いた週にバーンスタインを弾くってすごい時代になったもんだ。
馬車で買い物に行ってスペースシャトルで戻ってきたみたいな感じだわね。
f0161652_713296.jpg
こんなイケメン君の伴奏をしました。しかも一位もらったのです~!
またぜひオバちゃんに伴奏させてね。うふ。
f0161652_7155325.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-23 07:42 | 音楽いろいろ | Comments(4)

エミリア・ファディーニのレッスン

トレントのコンセルヴァトーリオで、イタリアのチェンバロ奏者&音楽学の権威、
エミリア・ファディーニの公開レッスンがあったので、聴講に行ってきました。
大物を前に、カメラを出す勇気がなく、写真はありませんが、
80歳を超えている彼女は、見た目だけでは普通のかわいい「おばあちゃん」。
しかし、レッスンが始まると、イタリアンスピリットで、明るく活き活きと音楽がみなぎり、
20歳前後の若い学生が弾くモーツァルトやベートーヴェンのソナタなどの演奏に
息が吹きこめられて、音楽が踊り溢れだしました。
長年の経験に裏付けられた演奏解釈はとても興味深く、説得力に溢れていて、
久しぶりにいい刺激を受けてきました!
たまにこういう刺激を受けて勉強することは大切ですね~。
こういう「おばあちゃん」を目標に年をとっていきたいものです。

検索していたら、別の音大での公開講座の様子がアップされていました。
興味のある方は見てくださいね。









にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2012-04-05 06:49 | 音楽いろいろ | Comments(0)

音楽用語

週末、ピアノを教えている生徒たちの発表会をしました。
年に2回やっていますが、毎回生徒たちの成長や課題が見えて、楽しく貴重な一時です。
「発表会で弾く!」ために、いつもよりちょっとは多く練習させられてる、というところが、
本来のセンセーの陰謀だということは、彼らは知る由もあるまい。。。ふっふっふ。
(いつもそうしてくれればセンセーも苦労しないのだが(怒)、センセーも若い時そうだったから(今も?)突っ込まれると辛い・・・汗)

発表会の終わりに、生徒の子供の一人が、こんなプレゼントをくれました。手作りです。
早速火を灯して楽しんでいます。
f0161652_7465393.jpg

ところで、楽譜に書いてある様々な音楽用語の多くは、イタリア語。
日本で音楽を勉強していた時には、「音楽用語辞典」なるものが存在し、それを片っ端から丸暗記させられたり、音楽用語テストがあったり、わからない楽語が出てきたら調べて楽譜に訳を書き添えていかないと先生に突っ込まれて叱られたりと、アルファベットが苦手だった私には、嫌な分野でしたが、どうやら、イタリアの子供たちにはその抵抗が少ないように思います。

なぜなら、それは彼らの日常のイタリア語の言葉で書いてあるから。
アルファベットが読める子供なら、音楽用語が楽譜に並んでいても、抵抗なくすっと理解しています。「レントって書いてあるからレントで(ゆっくり)弾くんでしょ」とか、
「ダル・セーニョって、どこにあるのその印?」とか、直球。
私なんて、"アレグロ・アッサイ"は「アレグロ浅井」(すごく陽気な浅井さんを想像)とかって無理やり覚えたけどね・・・。

イタリアで暮らしていると、音楽用語に使われる単語がたくさん出てきます。
何かが成長していくことを、crescendo クレッシェンド、
陽気で楽しい様子を、allegro アレグロ、
急いで!という時は、presto! プレスト、
遅れていっていることを、ritardando リタルダンド、
バスの停留所は、fermata フェルマータ

という具合。

ちなみに、私がよく間違えてしまうのが、da capo ダ・カーポ。
「カーポ」は、"頭(かしら)"、「ダ」は、"~から" という意味。よって、「また曲の冒頭に戻って弾き直す」ことを言うのですが、「ダ・カーポ」とワンセットで暗記してる私は、つい、
「ダ・ダ・カ-ポ」と言ってしまう(笑)。うーん、この感じ、誰かわかってくれるかしら・・・汗。

モーツァルトのオペラ「コシ・ファン・トゥッテ」が、イタリア語だと気がつき、(それまでは
餡子が入ったお菓子の名前のように丸覚えしてた)、そして「トゥッテ」が実は女性複数形だと、ふと見えたときには感激した私は、かなりアホでしょうか(汗)。

でもちなみに、音楽をかじった人ならソルフェージュの時間に泣かされる、
「コーリューブンゲン」。「交流文言」っぽいと思ってたけど、ドイツ語のChor・übungenとわかったときは衝撃的だったという人、多いんじゃないかなあ・・・あ、私だけ?

そんな経験を持つ皆さん、コメント残してね。みんなで笑い合いましょう~。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2011-12-07 09:05 | 音楽いろいろ | Comments(44)

正夢の悪夢

ずいぶん昔に、私の「悪夢」について書いたことがあったのですが、それからも悪夢は
見続けています(汗)。記事にしてから、音楽家の友達と、もちネタ悪夢を披露し合って
盛り上がったり。みんな同じなのね。

ところで、なんと、それが現実となってしまった人の映像を、友達が教えてくれました。

こちら、NHK教育番組のスーパーピアノレッスンにも登場していた、
世界的なピアニスト、マリア・ジョアン・ピレシュ。
ウィーンの学友協会ホールでの公開リハーサル(演奏会)で、モーツァルトのピアノ協奏曲のイントロが始まった瞬間、自分が用意してきた曲が間違っていることに気がつき、
超動揺する彼女。見てるだけでこっちの心臓もバクバクしてきます・・・。
が、しかし、指揮者のシャイーにも「君はできる」と励まされ、そして見事にやり遂げてしまう、という映像。どうぞご覧あれ。



プロ魂と驚異的な記憶力、集中力、天才業!!そして、ここまで体に染み付くくらい普段から作品に取り組んでいるってことです。

・・・でも、これがもし私だったら・・・。いやあ、仮に100000歩譲って、昔練習した曲で覚えているかもしれないと思ってしまったとしても、この状況で瞬時に頭を切り替えて冷静になれないでしょうね。まあせめて、一か八か賭けで弾いてすぐ自滅するか、ヘラヘラ笑ってごまかすか、泣いて同情を買うか、誰かの所為にして逃げるか、寒いギャグでも連発して話題を変えるか、ヘソ踊りするか、死んだふりするか・・・ま、そんなとこでしょう(汗)。

はあ(ため息)・・・では少し練習してきます・・・(汗)。さようなら。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←今日もご訪問ありがとう。
[PR]
by organvita | 2011-11-21 06:33 | 音楽いろいろ | Comments(13)

チャリティーコンサートします

この谷に住む音楽家や、音楽教室の子供たちを集めて、
東北大震災のためのチャリティーコンサートを計画しています。
f0161652_685922.jpg

こんな素敵なポスターも出来上がり、谷中に70枚、貼り歩きました!あっぱれワタシ。
7月から毎週、みんなで集まって練習しています。

お近くの方、山へヴァカンスにいらしている方、どうぞ応援しに来てくださいね!



にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2011-07-28 06:16 | 音楽いろいろ | Comments(22)

コンサート弾いてます

久しぶりの更新になってしまってごめんなさい。
ただ今、来日中です。
ここでコンサートを弾いています。
よろしかったら遊びにいらしてくださいね。
無事に3つのコンサートを終えたところです。
聴きにいらしてくださったたくさんの皆様、どうもありがとうございました!


連れて行っていただいたお寿司やさんで、自分の名字を見つけて興奮する夫とともに、
日本珍道中を満喫中です。
f0161652_16103827.jpg

日本満喫中なので、しばらくブログの更新できないかもしれません。ごめんなさい。



にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2011-06-12 16:12 | 音楽いろいろ | Comments(32)

トレントで 東日本大震災 被災者支援コンサート

私たちが住むトレンティーノ州の、日伊文化交流協会「四方山話」が、
東日本大震災 被災者支援のためのイベントを、二晩計画しました!!
f0161652_8434841.jpg
どちらも入場無料、集まった義援金は日本赤十字社に送られる予定です。

私たち夫婦は、そのうちの一つ、5月14日に、
トレント市、La Badia di San Lorenzo教会(駅すぐ横)で、
オルガンコンサートを弾かせていただきます。

イベントの詳細は「四方山話」ホームページからどうぞ。

北イタリア在住のみなさま、どうぞいらしてください!
また、トレント近辺にお住まいの知人にどうぞご案内ください。


追伸:
5月15日(日)19:00~ アルトアディジェ州 ボルツァーノにおいても、
日本支援のためのコンサートが行われます!

Bolzano Auditorium J.Haydn
"Solidarieta' per JAPAN"
Concerto con Yukiko Aragaki (soprano)
Ensemble Haydn


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←がんばれ日本!
[PR]
by organvita | 2011-05-13 09:05 | 音楽いろいろ | Comments(15)

オルガンの鍵

今朝、教会に練習に行ったのだが、着いてから、オルガンの鍵がないことに気がついた。
「オルガンの鍵」とは、オルガンのモーターを動かす鍵のことで、誰でも勝手に使えないように、普段は鍵がかかっているのだが、私はひとつ教会から戴いていて、それを持っていけばいつでも練習できる。だが、その鍵を無くしたらしい。
これがないと、「モーターが動かない→風が送れない→パイプがならない」のである。

車で行く教会なので、いつも鍵は車の中においてある。
車の中に落ちてるかもと思って、隅から隅まで探してみたが見当たらない。
しょうがないので家に戻って、家中探すが出てこない。
一昨日もこの教会に来ているので、その時着ていた服のポケットもみたけど、ない。
ひょっとしたら、教会の駐車場に落ちてるかもと思いつき、また車で教会に戻って、
周りの道やオルガン周りをチェックするけど、ない。
家と教会を無駄に車で二往復して、途中でバールに行ったりして(これは余計だが)、
すっかり時間が経ってしまった。(しかも、以前にも鍵を無くしたときに余分に作っておいたスペア・キーがあることに、夜まで気が付かなかった。ワタシ相当ボケてますな。)

でも、今切羽詰ってるから(爆)、練習しないわけにもいかず、この教会は諦めて、
もう別の教会へ練習に行ったのだが、そこで目に飛び込んできたものは、これ。
・・・思わず笑っちゃいました。

教会学校の子供が書いた「標語」みたいなポスター。
Gesu', aiutami ad aprire.... (イエスさま、開けるために私を助けてください...)
f0161652_8454215.jpg
la porta del mio cuore. (私の心の扉を開くのを。)と続くんですけどね。
鍵がいっぱいぶら下がっていて、思わず一つ頂きたくなりました。

ちなみに、私のイエスさまは、まだオルガンの鍵を開けるお手伝いしてくれません。
(=まだ鍵見つからないの・・・) 自分で探せってことですかね(爆)。
どこに消えたんだろうな~~(汗)。


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしたら出てくるかな・・・。
[PR]
by organvita | 2011-05-13 09:02 | 音楽いろいろ | Comments(8)

森の木琴

みなさん、この映像知っていますか?!
バッハが聴いたら感動して泣くだろうな~!!


なんと、しかも!この映像に、ブログ友達のそのまたお友達が関わっていたことが
発覚
!!!いやー!私も誇らしい気分でいっぱい(笑)。

こちら、メーキングビデオ!



池さん、これ、ドロミテの山の中でもやりませんか?!(私ホンキ)。



にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←日本人すごい!!
[PR]
by organvita | 2011-05-02 18:26 | 音楽いろいろ | Comments(24)

6月に日本で演奏します

6月に夫と一緒に帰国し、いくつかのコンサートを弾かせていただく予定です。
ここにまとめてご案内させていただきます。
お近くの方、お時間のある方、是非いらしてください(^0^)。


6月8日(水) 名古屋学院大学 瀬戸キャンパスチャペル
f0161652_7563119.jpg


6月10日(金) 東京カテドラル  オルガン・メディテーション

6月11日(土) 松沢教会(東京・世田谷) 被災地支援チャリティーコンサート 
f0161652_831615.jpg


6月15日(水) 神田キリスト教会 ランチタイム パイプオルガンコンサート
f0161652_9105823.jpg


6月16日(木) サントリーホール オルガンプロムナードコンサート
f0161652_8122679.jpg

お待ちしています! 愛&アレックス


にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2011-04-30 08:24 | 音楽いろいろ | Comments(25)