カテゴリ:ドロミテの景色( 199 )

平和


ドロミテから、
パリと、世界中の平和を祈ります。

f0161652_22552853.jpg





・・・・
↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-11-17 22:56 | ドロミテの景色 | Comments(1)

秋のおらが谷と羊

120年振りの心地よい日和だという今年の秋。
おらが谷の紅葉も一番美しい黄色に色づいています。
谷の斜面にはあちこちで、羊や牛などの動物の群れが。
羊フェチな私。週末に散歩がてら、羊に会いに行ってきました☆

f0161652_07024190.jpg

この集団はざっと500匹。

f0161652_06455943.jpg
羊と紅葉と、おらが村とドロミテ山塊。
f0161652_06522341.jpg
こっちの群れは1500匹。
f0161652_07113718.jpg
マンマの背中にぴったり寄り添うベビ羊ちゃんたち。

f0161652_07231290.jpg


友達にそっくりな羊ちゃん。
思わず声かけちゃった☆

f0161652_07241856.jpg
羊の優しい眼。
f0161652_07263938.jpg
白くて長いまつげ。

f0161652_07303140.jpg

マンマの前足に顔を挟んで甘えるボクちゃん。

長い耳はママ譲り。
f0161652_07415566.jpg
双子かなあ。
f0161652_07451781.jpg

現代的な羊飼いのお兄ちゃん。
帽子はレトロだけど、タバコ吸いながら携帯チェック中。

f0161652_08072439.jpg

いつまでもずーーーーーーっと見ていたい、この景色。
先週から冬時間に変わって、着実に冬は近づいてきています。

f0161652_07521946.jpg

↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-11-02 08:46 | ドロミテの景色 | Comments(2)

秋のドロミテ横断ドライブ

翌日、同じコンサートをドロミテの東端の町で再演。
フィエンメ渓谷からコルティナ・ダンペッツォまで、
秋のドロミテ横断ドライブ。

f0161652_22042107.jpg

いくつも超えてく峠の最初、ポルドイ峠。
秋と冬の境目。

f0161652_22130034.jpg

25のピンカーブを登ったあと、頂上の駐車場の山小屋で一息休憩。
ホットチョコレート頼んだら、クリームで埋もれてた☆
これ飲んでいたら、日本からの団体さんが同じ山小屋に入ってきました。
ちょっとお会計の通訳のお手伝いをしたら、お礼にと、
お店の人にこのホットチョコレートご馳走してもらっちゃった☆☆
日本からドロミテを観に遥々いらした団体さん、山小屋で会った日本人(私)の車の中で、
まさか桂三枝の落語がガンガンにかかってたとは、想像もつかないでしょう・・・。

f0161652_22192542.jpg

ポルドイ峠を越えて振り返ると、背中に秋が。

f0161652_22223181.jpg
緑と黄色のコントラストが美しい森。
その下に点在する小さな小さな村。


f0161652_22252118.jpg

絶壁の岩肌のそばのピンカーブを、いくつもいくつも超えていきます。

f0161652_05411996.jpg

黄昏色の岩山。

f0161652_05431094.jpg

頂上から月が顔を出す瞬間。

f0161652_05505965.jpg
おらが村から2時間ちょっと。
コルティナの町に到着です。

f0161652_05540799.jpg



↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-10-31 07:42 | ドロミテの景色 | Comments(4)

ヴァヨレット小屋まで山登り

快晴の日曜日。
山歩きに行ってきました!
おらが村から車で30分ドライブし、
ファッサ渓谷から出ている登山バスで
ガルデッチャGardeccia小屋まで一気に登ります。
今日はここからハイキング開始。

f0161652_06365635.jpg

歩き始めは比較的なだらかな登り斜面。
目指すはこっちの方角。

f0161652_06405973.jpg
目的地、ヴァヨレット小屋が岩の上に見えてきた!
ここからぐいっと急斜面。

f0161652_06474617.jpg
こんな道を、ドでかい岩山を正面に見ながら
ずーっと登っていきます。
白い岩肌が目にまぶしい。
f0161652_06494170.jpg
振り返れば、ここまで登ってきた道。一時間くらい。
f0161652_07012303.jpg
到着~!!!
山小屋には泊まることもできます。
チロル柄のシーツが干してあった。

f0161652_07061875.jpg
ここから更に、ヴァヨレット塔Torre del Vajoletまで
登っていくことができるんだけど、今日はここまで~。
もっと朝早くから行動を開始してないとね・・
f0161652_06545373.jpg
ヴァヨレットのほうから降りてくる人たち。
結構な急斜面。
f0161652_07262536.jpg
ロッククライミングしている人も!
f0161652_07293168.jpg
一度やってみたいなあ・・・
f0161652_07352718.jpg
きれいなマリア様像が小屋の近くにあった。
山の事故で亡くなった人のための墓碑の横。
f0161652_07380320.jpg
山小屋で遅めのランチ。
隣のテーブルにやってきたかわいいおばあちゃんカップルを隠し撮り。
仲良くビール飲んで、仲良くパスタを食べて、
仲良く地図を見て、そして颯爽と消えていきました。
山の女はたくましい。

f0161652_07402008.jpg
雲が近い山の上。
次回はもっと歩いてヴァヨレット塔までがんばるぞ~!

f0161652_07463844.jpg

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-21 07:50 | ドロミテの景色 | Comments(5)

ヤギの帰還

秋の気配を感じるこのごろ。
ヤギが山から帰ってくるお祭りがありました。
ヤギと羊の大群が、行進しながら町に入ってきます。
・・・この祭りをみるために日本から遊びに来てくださった友人。
な、なんと、私が時間を30分間違え、
行ったら終わってた・・・という・・・。
ご、ごめんなさいでした・・・。
Tさん、昔の記事で行進の様子みてください・・。

行進が終わって広場に集合したヤギと羊を観察しました。
今年は羊が圧倒的に多かったような。
羊フェチの私にはたまらん~☆

f0161652_04560627.jpg

ミスヤギ賞授賞式もあり。
カウベルをつけてるヤギは受賞者です。

f0161652_04582863.jpg

ひつじひつじやぎひつじひつじひつじ

f0161652_05004287.jpg

「この頭飾り、おらがブティックのバーゲンで買ったのよ。」

f0161652_05060228.jpg

「ボクが送った手紙、食べないで読んでくれた??」
「もぐもぐ・・あ。」

f0161652_05072808.jpg

「あとでボクが絞ったヤギのミルクおごってあげるよ。」
「えー、私コーラがいいな。」

f0161652_05084603.jpg
「私、羊飼いの坊ちゃまに恋してるの☆」
f0161652_05101690.jpg


「牧羊犬のボクも今日はがんばったワン。」

f0161652_05132396.jpg



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-18 05:53 | ドロミテの景色 | Comments(0)

ポルドイ渓谷 Passo Pordoi

日本からオルガニストのグループがいらっしゃり、
ドロミテオルガンツアーをしていました。
天気予報ではずっと崩れ気味だったのに、
予報が外れてほとんど毎日良い天気!
しかも、最終日は快晴!!
ということで、
オルガンを一週間たっぷりと弾いていただいたあと、
最後に「ドロミテのテラス」とも呼ばれている
ポルドイ峠にお連れしました。

おらが村から車で一時間。
27のピンカーブを登って標高2240mのロープウェイ乗り場に。
そしてここから一気に2950mまでぐいっと!

f0161652_17161500.jpg

ロープウェイが降りてきました。

f0161652_17271704.jpg

あ、ワンコが乗ってる!

f0161652_17441100.jpg

歩いて登ることもできます。
くねくね道に点のような人が!

f0161652_17454307.jpg


頂上は地と天がくっ付きそう。
どこまでも続く岩山。
ここからハイキングや、冬はアルペンスキーも!
空気が薄くて、心臓がちょっとバクバクしてきた。

f0161652_18000733.jpg

標高の高い山にしかいない、この黒い鳥。

f0161652_18251634.jpg

頂上からは360度のドロミテの絶景!!!!
マルモラーダ山の万年雪も見えてます。

f0161652_18293839.jpg

こっちの斜面にはパラグライダー。
赤いのわかるかな?
この日は風もなくて、あちこちで沢山飛んでいました。
一回やってみたいなーーー☆

f0161652_18354024.jpg

こっちから見てるとハラハラするような場所に、
気持ちよさそうに人が座ってます。

f0161652_18465464.jpg

山の頂上にはいつも十字架。
ここは天国に一番近い場所。

f0161652_18491488.jpg


やっぱり頂上は寒くて空気も薄くて。
ロープウェイで降りてから飲んだホットココアが美味しかった☆☆

f0161652_19413250.jpg



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-10 20:31 | ドロミテの景色 | Comments(2)

ミサでの出来事

日曜日のミサに、新しい来客がありました。
さあ、どこでしょう。

f0161652_23191514.jpg

ここ。

f0161652_23202695.jpg

教会の扉からうっかり入り込んで、
出られなくなってしまったみたい。
ミサの間ずっとあっち飛んだりこっち飛んだり。

f0161652_23212534.jpg

しかもあろうことか、
説教中に説教台の真上の梁に止まったこの子。
そのまま白いものが神父さまの手に直撃落下!
ウソみたいなほんとの話!!
冷静に聖水で手を拭き「続けます」と言った神父さんに
みんな大笑い。神父さまのハゲアタマに落下しなくてよかったよ・・・

ヨーロッパの教会では割とよくあるハプニング。
しかもどういうわけか、最期がオルガンのパイプの中ってことも。
ある日曜日、突然ある音だけ音が鳴らなくなって、
パイプを抜いて逆さにしてみたら死んだ鳥が出てきたって、よく聞く話です。
この鳥ちゃんは来週までに出口を見つけられるといいなあ。

この日はエンニャ町のお祭りでした。
ミサの間にも外から聴こえてきたフォークソング。

f0161652_23225321.jpg

村の楽隊も朝から半ズボンで張り切ってます。

f0161652_23281652.jpg

こっちも負けてません。

f0161652_23300918.jpg

おしゃぶりちゃんも今日はおめかし。

f0161652_23312130.jpg


このお祭りは、この町の特徴でもある、ポルティチと呼ばれる
いわば玄関先に続くアーケードに、町のあらゆる愛好会や協会、
団体が店を連ねて、アピールしたり屋台を出したりします。
ここで集めたお金が団体の資金になるという仕組み。
教会の聖歌隊もレストランブースを出していて、
私も神父さん、聖歌隊のメンバーでミサのあと直行。
鳥ちゃんに乾杯しました(笑)。

f0161652_23353348.jpg




今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-08-13 23:50 | ドロミテの景色 | Comments(2)

スタヴァ谷鉱滓ダム決壊事故30周年

いつもおらが村の美しい景色をご紹介していますが、
今日はおらが村人、そしてイタリア全土にわたって、
過去の悲惨な事故を改めて思い返す大事な一日でした。
そのことをブログにも書き止めておこうと思います。

ちょうど30年前の1985年7月19日、
おらが村テゼロのスタヴァ谷にあった鉱滓ダム決壊が決壊し、
268名の犠牲者が出る大惨事がありました。

スタヴァ谷にあった家やホテルが根こそぎ、数秒間で泥にさらわれ、
家族を亡くした人、大惨事の情景を忘れられず今でも苦しんでいる
村の知人友人が私にもたくさん身近にいます。

おらが村には、その大惨事の犠牲者のための墓地があり、
毎年7月19日には、遺族がイタリア中から集まり追悼式が行われますが、
今年は30年ということで、今日は司教による追悼ミサや
様々なイベントが行われました。

この惨事について村人と話すことは普段からよくあるのですが、
今日この記念日にあたって改めて、今暮らすこの村で
30年前にあった人災の恐ろしさ、人間の傲慢さについて
考えさせられた一日でした。
You Tubeでドキュメンタリーを見つけました。
英語ですが、画像を見るだけでもよくわかります。





おらが村市長が公布した弔意。

STAVA, 19 luglio 1985さんの写真



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-07-20 07:46 | ドロミテの景色 | Comments(0)

ハイキング コルノ・ビアンコ Corno Bianco

いいお天気が続いています!
おらが谷でも30度!
下界はもっともっと暑い!

週末に山登りをしてきました。
おらが谷の裏、Oclini峠から登れるこの山、
「白い角」という意味のCorno Bianco。
この辺の小学生たちの遠足コース。片道約一時間。
このなだらか(に見える)の斜面を登って、
頂上の岩山を目指します。
それでは、Andiamo!

f0161652_04262347.jpg
まずは野原をずんずんと歩いていきます。
出発地点がすでに標高1900M。
・・・ん?ずいぶん歩行の遅い人が約一名。。
今日は山歩きの気分じゃないんだとか暑いとか勝手に連れてこられたとか
ぶつぶつ言ってるけどとりあえず無視(爆)。
遠くにはドロミテの山脈が広がっていて、景色も爽快。

f0161652_04352674.jpg
途中から松林に突入。低い松の木の間の道を、
頂上の「角」をぐるっと回るようにしながら少しずつ登っていきます。

f0161652_04561527.jpg
触ると花粉が飛ぶ小さな松ぼっくり。
f0161652_05004013.jpg
足元にはきれいな色の高山植物がたくさん。
f0161652_05510707.jpg
山つつじ。
f0161652_05551980.jpg

この平和そうな山の松林を気持ちよい汗をかきながらずんずん歩いた後、
突然ばっと開ける景色!!
実は反対側はこんなに険しく山肌がえぐられているのでした!!
地獄谷みたいで吸い込まれそうに怖い。。
f0161652_06135662.jpg
このHPを観ていただくと、Bletterbachという
この抉れた山の航空写真が見れます。
こんな風になってるんですねー。
私たちは反対側(南側)から登ったってわけ。

さっきまでぶつぶつ言ってたアレちゃん、
この絶景をみて童心に帰って大喜び。
尾根伝いにひょいひょい登ってます。
私はちょっと足がすくむ・・・

f0161652_06460338.jpg
頂上にかなり近いここまでやってきました。
両サイドが絶壁のここで、この岩から離れられない私。。。
暖かい風が両サイドからビュービュー吹いてきて気持ちいい☆
ここから、十字架が建つ本当の頂上まではロープがないといけないので、
今日はここまで。
f0161652_07022878.jpg
こっち、西側の絶壁。
f0161652_15422681.jpg

こっち、東側の景色。
Schiller, Catinaccio, Latemerと続くドロミテの山脈が、
午後だというのに雲もなくこんなにくっきりと絶景!

f0161652_15470786.jpg

気持ちよかったよーーーーん☆☆☆

f0161652_15512757.jpg

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-07-08 17:45 | ドロミテの景色 | Comments(0)

大行進

おらが谷は夏。干草を刈る季節です。
谷のあちこちでこんな風景がみられる今日この頃。

f0161652_18525373.jpg

おらが村を望む反対斜面でお散歩。
夏の雲。

f0161652_18551531.jpg

さて、なんで私は反対斜面に車ぶっ飛ばして来たのでしょう。
正解:羊の大群が村から見えたから。(私、羊フェチ)
だって、こんなに見えたんだもん。めへへ。

f0161652_18595698.jpg

そして、向こう側にめいめい移動。

f0161652_05575356.jpg

めーめーめーめーめーめーめーめー。
羊の声って、声なのかゲップしてるのか謎

f0161652_06011095.jpg

ワイルドな羊飼いの兄ちゃんにもラブ☆

f0161652_06030419.jpg

ゆっくり流れる雲と草を食む羊。
ああ、平和。
ちなみに、しかし羊ちゃんは食肉になっちゃうそうですけどね・・・

f0161652_06064583.jpg

ぼく生まれたばっかり。
ママのおっぱい飲んでるよ。

f0161652_06092645.jpg
ちなみにぼく、生まれて半年。
夏に家に入ってくるハエを狩るのが最近のシゴト。
食べるとマンマが叫ぶんだけどね。
ただいま、獲物を狙い中。

f0161652_06105757.jpg



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-06-27 06:36 | ドロミテの景色 | Comments(3)