カテゴリ:ドロミテの景色( 203 )

夏の終わりに

標高1000Mのおらが谷は、夏終盤。
花壇にはコスモスが植わっていた。
f0161652_6421648.jpg
草を刈る人。
f0161652_643327.jpg
ワンコも一緒にお手伝い。
f0161652_6444925.jpg
こんな景色があちらこちらで見られるようになりました。
刈り草のいい匂い。ああ、夏も終わっていくのだなあ・・。
f0161652_6473480.jpg
おらが谷を降りていくと、ブドウ&リンゴ畑が広がっている。
リンゴの収穫が始まった。
f0161652_6502137.jpg
行きつけの、屋台の直売リンゴ屋さん。捥ぎたてのを大袋で購入。
ちなみにこっちでも、リンゴの富士、売ってます!FUJIって書いてある。美味しい。
f0161652_6524366.jpg
こちらが買ってきたリンゴと、リンゴ100%ジュース、そしてリンゴ酢。
f0161652_6543791.jpg
今日は友達が遊びに来てくれたので、久しぶりにリンゴケーキを焼いた。
アツアツがおススメ。
左に写っているのは、友達が持ってきてくれたチョコレートケーキ。
こちらも絶品!ありがとう!
f0161652_6561380.jpg
これを書いている今、夜の23時。もうこのケーキたち、一切れしか残ってない。
何でかなー?


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックリンゴ
[PR]
by organvita | 2008-09-05 07:08 | ドロミテの景色 | Comments(8)

山歩き その2 ポルドイ峠

結局夜まで降り続けた昨日から一転、朝起きてみると快晴!
これは、ポルドイ峠にいかなくては!
おらが村からここまで、車で一時間。ドロミテの尾根がぐるっと見渡せる名所、
標高約3000M。この後、頂上まで、一気にロープウェイで登ります。
f0161652_7225489.jpg
ロープウェイ4分でたどり着く先は、こんな絶景。
もう木々は生えていない、岩肌丸出しの山のテラス。
f0161652_726735.jpg
ここは好きで何度か来ているけれど、こんなに遠くまでくっきり見渡せたのは初めて。
f0161652_812582.jpg
いつもは、ここまで来て大満足で、またロープウェイで下界に戻るのだが、
今日はこの岩山のテラスをもう少し先まで歩いてみることに。
昨日の雨は、ここでは雪になっていた。雪解け水で、岩がきらきら光っている。
遠くに見えるのは、マルモラーダ山の万年雪。
この岩がどのくらい大きいのかは、左上の人影で比べてください。
f0161652_7301380.jpg
歩けど歩けど岩山。後ろの岩山の前には、大きな大きな谷が口をあけている。この後ろの山がどのくらい大きいかは、頂上に小さく乗っかっている山小屋で比べてください。
この山頂まで歩けば3時間半だそうだ。
f0161652_7351694.jpg
足元に気をつけながらゆっくり歩くこと30分、少し下ったところに山小屋が。
f0161652_7383876.jpg
ここは、私たちがロープウェイ4分であっさり登ってきた斜面を、がんばって1時間半よじ登って来る人たちのゴールでもある。大勢の若者が休んでいた。
f0161652_7413599.jpg
向こうの山頂方面から帰ってくる人たち。それを犬が見守ってる。
雪のまだ残る岩の細道が怖かったので、私たちはここで折り返した。今度は完全装備で、いつかあの山頂まで到達してみたいな。山小屋に泊まれるみたいだし。
f0161652_7461860.jpg
たぶん世界5本指に入る、見晴らし絶景のトイレ。どちら側からも絶景だけどね・・。
f0161652_7502723.jpg
30分だけど、足元に気をつけながら、ものすごくまぶしい日差しの中を歩いたので(サングラス忘れた)、結構疲れた。この山小屋で甘いもの食べてエネルギー補給。
リンゴパイとホットチョコレート。
f0161652_7541531.jpg
行きは必死で気がつかなかったけど、
こんな岩場の影に、白い小さな花がひっそりと咲いていた。
f0161652_7583879.jpg
戻った先のロープウェイ乗り場のテラスには、「日焼けサロン」ならぬ休憩所。
たぶん5分くらいでも効果テキメン。こっちの人は「美白」なんて単語はたぶん知らない。日焼けして色黒のほうがカッコイイと思われているので、率先して焼いてる。
f0161652_845568.jpg
「今度は向こうの山頂まで行き隊ね」メンバー3人。
ちなみに、ダヴィデの古楽器アンサンブル「グルッポ セイチェント Gruppo seicento」は、イタリア、スペイン、南アメリカを中心に活躍しています。
日本にも行き隊んだそうです!イケメン(??)イタリア男集団です。是非ご贔屓に~!
f0161652_811959.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←山、万歳!
[PR]
by organvita | 2008-08-26 08:23 | ドロミテの景色 | Comments(7)

山歩き その1 キノコの森

夫と私の共通の友人、ダヴィデが週末遊びに来た。
ダヴィデと私たちは昔、同じ師匠のところで学んだ同門。と言うわけで彼もオルガニスト。
オルガニスト3人揃って何したかというと、山歩きです。
f0161652_682140.jpg
おらが村の前に聳える山、ラゴライ山脈。今日はこの山の裏にある湖までハイキング。
行程1時間半。パイプオルガンのパイプのように、揃って生える松&モミの木の森を、
地図を頼りにひたすら歩いていく。
途中で、沢山のキノコと遭遇。かなりデカイ。
f0161652_6125255.jpg
群生してる。
f0161652_6134571.jpg
これウソっぽいけどホンモノです!どう見ても毒キノコだな、これは。
f0161652_6152184.jpg
左がダヴィデ。赤いセーターが森に栄えてるよ。
ダヴィデはジェノヴァ近郊、リグリア海岸沿い出身。家の前が海!
ものすご~い綺麗なところ!イタリア切っての観光地!!
・・・しかし、そんな彼は、海が嫌いなのであった・・。魚が食べれないのであった・・・。
まあ、そういうこともあるでしょう。
以前彼の家に遊びに行ったとき、「新鮮な魚が食べれる」ということ頭一杯だった私たち夫婦が連れて行かれたところは、ケバップ屋さんだった。・・・それも美味しかったけどさ。
山が大好きな、沿岸育ちのダヴィデ。山肌を見て大興奮っ!いつもにも増して饒舌!
f0161652_623042.jpg
・・・ところが、なんと、
一時間半歩いて、そろそろ湖が見えても良かれ、というところに来て、看板が。
「湖、この先一時間半」。
・・・え?
理解するのに相当かかった。
相当考え、地図を見直してわかった結果。
・・・スタート地点が違ってた。
ああ、あのキノコの森はいったい・・・。
ここから更に一時間半進んで3時間戻るか、すぐ一時間半戻るか、決めるのは早かった。
・・・このタイミングで、なんと雷つきの雨が降ってきたのだった・・。最悪。
諦めるに諦められず、雨に濡れながら、木の下で、リータおばちゃんのところで買っておいたハムを、パンに挟んで昼食(本当は湖畔で食べるはずが・・・)。
靴下までグジョグジョになりながら、雨の中、泣く泣く一時間半戻ったのであった・・・。
幻の湖・・・。いつかきっと見てやるぜいっ!
こちらは、木の下で生ハムを食べるキノコ頭の男たち。笑顔が笑顔になってない。
「雷に打たれたような恋をして結婚したい」というダヴィデ。
私たちの上のこの大きな木に、雷が落ちないことをまず祈ろうよ・・。
キノコに見えるけど、とってもいい奴。オルガン上手。イザ君に続き、恋人募集中です。
ご希望の方は、得意のキノコ料理を書いた履歴書を・・・
・・・ってしつこいですね(笑)ごめんなさい。
f0161652_6334828.jpg
ところで、おらが村で「キノコ愛好会」主催のキノコ展示会をしていたので、3人で見にいった。入り口はいるとキノコの香りがム~ン。
それぞれのキノコにコメントつき。性質、毒性あり&なし、など。
f0161652_6441015.jpg
どうみても大人しい顔してるキノコにも、「即死」とか書いてある。
キノコの森で摘んで、生ハムに挟んで食べなくて良かった・・・。
f0161652_646643.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←キノコにクリック!


[PR]
by organvita | 2008-08-26 07:06 | ドロミテの景色 | Comments(3)

B組のみんなへ

高校時代の友人のことを前々回書いたら、なんと数人のB組仲間からヒット!
おーい、みんなー!ありがとう~!!
そんな中、裏山に散歩に行ったら、な、なんと、我らが「すーじー」がそこにいたのだー!

こちらです。
f0161652_16355797.jpg
「すーじー」のおっぱい、ご立派。
f0161652_16375459.jpg
あ、我らが「すーじー」は男性でしたか。「スーズィー」は女の子なのよね・・。
ああ、黒板に張り付きながら、「であるからしてぇー!ここはぁー!」と数学の公式を熱く熱く説明してくれたすーじー先生が懐かしい。お元気でしょうか。
しかし、黒板に張り付いていた先生の姿は、昨日のことのように思い出せるが、
公式は全部忘れちゃいました・・。
[PR]
by organvita | 2008-07-15 16:50 | ドロミテの景色 | Comments(0)

釣り名人参上

最近遊びのネタばっかりで、このブログのタイトルの始めの6文字はそろそろ消したほうが良かれと思われる。
今週は夫がヴァカンスなので、この一週間集中的に練習しよう!と、先週末は熱く語っていたものの、釣り名人が遊びに来て、週末の決意はあっという間に忘れ去られた。おまけに日焼けした。「遊ぶときは遊ぼう!」いい評語だ(←って、私が作ったんだけど)。

釣り名人とは、夫の従兄弟。なんでも彼は、12歳で生まれて初めて釣り糸を川に垂れたとき、その初投球に大魚が引っかかったというラッキー人物。初めにこんな経験しちゃうと止められないのでしょうね。そんな訳で釣り一筋人生。

私はプチ仕事があったので、夕方現場検証へ。二人とも日焼けして肌が真っ赤。
ちなみに、観光シーズンが始まって、普段は静かなこの辺りも、すごい人。
村人より格好がお洒落なので、すぐにヨソモノだとわかる。
川べりを散歩する観光客たちが、釣り人ふたりの様子を覗いていた。
f0161652_3214215.jpg
こちらが釣り名人イザイヤ。10メートルのマイ釣竿がご自慢。さすが10メートルは長い!
f0161652_443315.jpg
名人好調。これは小さかったので、このあと川に帰しました。きれいな色です。
f0161652_446566.jpg

f0161652_4472850.jpg
石遊び。

f0161652_449522.jpg
釣りは一日ひとり5匹までという決まり。釣りをする前には許可証を買って、何匹釣ったか結果をそこへ記入し、最後に、川辺にところどころ立て付けてあるこのポストに投函しておかなければならない。
f0161652_4522975.jpg
本日の結果、名人7匹、夫3匹=計10匹で終了。
他、かなりの稚魚を釣って川に帰したとか。名人7匹さすが。
この後お魚を有難くさばいて、3匹は私たちのお腹に直行、残りは冷凍庫へ。
f0161652_4561257.jpg
お昼ゴハンに家に戻ってはきたものの、9時間ほぼぶっ通しで一日中釣っていた二人。
夜も、釣りの本で研究したり、お互いの釣りグッツを見せ合ったりして、遅くまで盛り上がってた。ずーーーっと魚の話してる。夫の目がハート型。いや、魚型。
「結婚式のときよりも嬉しそうだね」って冷やかしたら「うん!」だって。あ、そう。

今日は従兄弟を途中まで送りがてら、最近発見した湖へ。
f0161652_574731.jpg
なんの宣伝(?)もしていないし、幹線道路からちょっぴり外れているので、もう何十回も
この道を通っているけど、今まで気がつかなかった。
しかし、見てください、この透明な水!魚がみえてます。
f0161652_593335.jpg
この黒いの、全部おたまじゃくし。これが楽譜なら弾くの大変だ。
f0161652_5115790.jpg
ずいぶん茎のたくましいタンポポが。
f0161652_5145625.jpg
この大自然を前にして、二人の興味はもっぱら、水の中の魚。
こんなに水が澄んでいたら、魚からも釣り人が見えちゃうんじゃない?
f0161652_5163542.jpg
従兄弟会釣り人ふたり。左が名人イザイヤ君。
f0161652_5192943.jpg
アーノルド・シュワルツェネッガーにチョイ似の彼、ただいまお嫁さん募集中。
ちょっとシャイでとっても優しいイザ君、今回私、初めてゆっくり話したのだけど、ポイント上がりまくり。とってもいい人。夫に「アイの目がハートになってる」と注意された。そういうあなたは目が魚だというのに。
イザ君情報
年齢:31歳。
星座:魚座
血液型:魚型
趣味:釣り
特技:釣り
好きな食べ物:魚
ペット:ミミズ
デートスポット:川
結婚式会場:川辺
結婚指輪:釣り針を丸めたお手製リング
プロポーズの言葉:ボクが釣った魚を料理してください。

こんなイザ君のお嫁さんになりたい方、得意の魚料理を書いた履歴書をお送りください。
結婚式にはもれなく、オルガニスト二人お付けします。・・・安くしときますよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←名人イザ君にワンクリック!
[PR]
by organvita | 2008-07-11 03:28 | ドロミテの景色 | Comments(6)

ドロミテでのヴァカンス

音楽高校以来、だからかれこれ20年来になる友人まどかが、パートナーのフランス人
フレデリックと共に、おらが村に遊びに来てくれた。
この二人はパリで、彼はアコーディオン奏者、彼女はピアニストとして活躍している。
まどかとは、15歳から日本の大学を卒業するまで、それこそ同じ釜のメシを食べた仲。
彼女はフランス文化、私はドイツ文化に憧れ、それぞれ卒業と同時に日本を飛び出したのだったが、国は違えど、外国人として体験する様々なこと、音楽のこと、ここには書けない(?!)いろんなお遊びのコトを、よく電話で報告し、励ましあったものだ。
その後彼女は、これまでの功績がフランスで認められて、アーティストヴィザを習得、
私はなぜだかイタリアに嫁ぐこととなり、お互い一息ついたところでの、5年ぶりの再会。

お二人と一緒に、この辺をあっちこっちドライブしたりして、楽しい一時を過ごした。
これがそのお二人。フランス語で「フレデリック」の発音が非常に難しいので、私は「ふれでぃ」と呼んでた。ちなみに彼はイタリア語がぺらぺら。
f0161652_212125.jpg
ここはおらが村から車で一時間ほどの、ポルドイ峠の山頂。標高約3000M。
「ドロミテの屋根」と呼ばれるだけあって、天気が良いと360度の素晴らしいパノラマ。
いろは坂をずっと登った後、最後はこのロープウェイに乗って、一気に山頂へ。
f0161652_21255676.jpg
さっき車で走ってきた道が、糸のように細い。遠くには万年雪の積もる山マルモラーダ。
夕方やってきたので、ちょっとガスってしまっていたけど、このパノラマは気分爽快。
f0161652_21234737.jpg
ここから更に数日掛りで、向こうの山やそのまた先まで尾根を歩く登山コースが続く。
気軽には行けなさそうので、もうちょっと体鍛えてからだな。
f0161652_21202154.jpg
童心に帰って夢中で歩くふれでぃ。どんどん小さくなっていく。山って大きい。
f0161652_213002.jpg
その先は断崖絶壁。鳥が羽を広げたまま風と遊んでいた。いいなあ~
f0161652_21355763.jpg
次の日は、パネヴェッジョ自然公園へ。ここはシカの保護地区。
奥の森は「ストラディヴァリの森」と呼ばれる。かの昔、ヴァイオリンに使う良質のモミの木を探しに、はるばるやって来たとか。と説明したら、「あ、だから所々木が生えてないんだね」とふれでぃ。オヤジギャグも連発。負けてられん。
f0161652_2142289.jpg

f0161652_21453618.jpg
森の中を散歩。
モミの木に囲まれながら森林浴。

f0161652_21504179.jpg
ところどころで、こうやって森のことが学べる仕組み。
これは動物の足跡当てコーナー。
扉をめくると回答が。
森の中、本当に足跡残ってます。
きのこ発見。ここは自然保護地区なので、採集、狩猟、釣り禁止。
だから安心してこんなに大きくなったのかな。
f0161652_21542418.jpg
巨大アリ塚。
f0161652_21563424.jpg
つり橋のはるか下を、底までくっきり見える透き通った水の川が流れていく。
しかしここでカメラの充電切れ(泣)。
f0161652_21593825.jpg
3日目。おらが村の裏山、ラヴァツェ峠へ(Passo Lavaze')。この日はみごとな晴天!
この斜面は、冬はスキー場。
f0161652_2233763.jpg
ドロミテの尾根が見渡せる。
f0161652_2262768.jpg
ふれでぃ撮影。さすがフランス人アーティスト。センスが違うっす。
f0161652_22111450.jpg
これもふれでぃ撮影。
線の細い流れるように儚い花に眼がいくところも、パリジェンヌって感じじゃんぬぉ?
f0161652_2215102.jpg
イタリア人が撮るとこんな感じ。ピントずれてるあたり、愛嬌があるのぉ。
f0161652_22181519.jpg
山の斜面で美味しそうに草を食む牛たち。
f0161652_22235538.jpg
牛に正面から凝視されることが、なぜか多い私。新種の仲間だと思われてるんだろな。
f0161652_22252067.jpg
こっちからも。牛の世界では、私相当イケテるみたい。
と、いい気になってたら、あれ、ここみんな牝牛でした。つまんないの。
f0161652_22273214.jpg
こんな近くに来るんだから、本当に牛と思われてるのかも。私が牛肉大好きとも知らず。ふっふっふっ・・・。がぶっ。あ、噛み付いてない噛み付いてない。
f0161652_22332233.jpg
B組のみんなー!元気ですか~?!私たちは20年前と全く変わらない若さで元気でやってます~。と、遠目の写真で控えめにご挨拶。これなら顔のシミもシワもバレるまい。
f0161652_22391934.jpg
フランス人は大のチーズ好き。ここの谷のチーズが食べたいというので、チーズ直売店で大量に仕入れて、ベランダでお昼。急にここがフランスな気がしてきた。
f0161652_22435144.jpg
ああ、贅沢。でも日本と比べたら全然安いのですよ。
ちなみに、チーズには食べる順番があるとかで、生粋フランス人ふれでぃによる興味深いチーズ食べ方講座を聞きながら、「あ、さっきのチーズの味忘れちゃった」と逆走しながらかぶりつくイタリア人夫&その妻であった・・・。
f0161652_22453553.jpg
おらが谷を降りると、そこにはブドウ&リンゴ畑が広がっているのだが、そこでは知る人ぞ知るワインの銘柄、ゲヴルツトラーミナー(Gewurztraminer)を作っている。
香り豊かで私も一度飲んで大好きになったワイン。友人たちもこのワインのファンなので、ワイナリーに行ってみたが、残念ながら休暇中。ぶどう畑の中をドライブ。
f0161652_2321680.jpg
これから色づいていくリンゴ。ツマミ食いにはまだ早いみたい・・?!
f0161652_2344846.jpg
昔のオーストリアだった地区なので、建物も可愛いらしい。
このあたり、9月末になると甘~い果物の香りで満たされます。
f0161652_2363971.jpg
さすがにお昼のチーズが重くて(食べ過ぎたからだけど・・)、夜は和食。
日本人同士で海外で食べる和食はこれまた格別。
一年前に来てくれた友人からお土産に頂いて、もったいなくて手を付けられなかった素麺をこの機会に頂きました!Tさん、ご馳走様でした~。
付け合せはベランダで育ったシソの葉、夫ママが家庭菜園で育てている日本のキュウリ、缶詰で売っているいなり寿司の油揚げの千切り、それに日本から持ってきた梅干。
みりんを切らしていたので、即席で適当に作ったなんちゃって汁だったが、中々の味!
でもこういう時、夫が外国人だと、本物の味を知らないので助かります(^^)。
f0161652_23124382.jpg


この数日、高校&大学時代からのいろ~んな思い出&笑い話で盛り上がりしゃべり続けて、今でも喉が痛いのだが、一番盛り上がったのは、高校B組の出席番号順(←これが難しい)クラスメイトの名前思い出し大会、に続き、お隣A組も。(うちの高校は2クラスしかなかった)。最後は先生の名前思い出し大会。直接習ってない先生も含めだから、これが意外と難しかった。モンモンと考える中、二人で同時に数学の先生を思い出し、
あっ!すーじー!!」(数学のおじいさんだったので、すーじーと呼ばれていた。)と叫んだ瞬間、聞いてた夫が「誰?Susy?」と美しい発音で反応。
夫が外国人だと突っ込みどころが不意打ちで面白い。
みなさん、高校のクラスメイトの名前、全員言えますか?!

長くなりましたが、最後にふれでぃ、こと、フレデリック・ダヴェリオさんのご紹介を。
クラシックのレパートリーはもちろん、彼自作のフランスの香り溢れる作品は本当に素晴らしいです。アコーディオンという楽器に対するイメージも変わりますよ。
CDも発売中。12月には初日本公演もあるそうです。みなさま是非どうぞ。

f0161652_235806.jpg

FredericDAVERIO
Homepage


PS: B組のみんな!これを読んだら是非連絡くださいねー(^^)。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←こちらもクリックお願いします。
[PR]
by organvita | 2008-07-07 23:51 | ドロミテの景色 | Comments(13)

自然とお遊び週末

土曜日、お天気イマイチな中、谷に流れる川で、夫は一日中釣り。
今年初の川釣り。雨上がりだったので、川の水がちょっと濁ってたけど、それなりに引っかかった!やっぱり川釣りのほうが面白い。
稚魚は川に戻さなければいけないルールなので、私はメジャー測り係。ウチに連れ帰った(お口に入る)マスは5匹なり。(一日最高5匹まで、という谷の規則)
f0161652_17562867.jpg
私はたまーに釣竿持たせてもらう程度で満足。
で、夫が一日中お魚と戯れている間、何をしていたかというと、お絵かきごっこです・・。
f0161652_18404.jpg
実は冬の寒いヒマな間、村の10回コースの水彩画教室に通っていた。お恥ずかしながら・・。絵が描けるようになることは小さいときからの夢だったのだが、なかなか時間も取れなくて、それがこんな田舎に住むことになって、時間を持て余していたので、まずは基本の基本を教えてもらったのだ。今日はその後初めての、お絵かきデビュー。

f0161652_18173753.jpg野の花スケッチシリーズ。作品番号Op.1。
かなり恥ずかしいので、小さく公表。
ここまで縮小すると(しないと・・・)ウマく見えるなあ(笑)。
目標は星野富弘さん!と大きく出てみるも、それには技術的にも精神的にも、相当相当相当修練が必要ですぞ・・。

しかしこうやって、いざ描いてみようと思って観察すると、本当にいろんな草や花があるものだ、と改めて発見。小指のツメ程度の花でも、本当によくできてる。自然はすごい。

そうやってじっと見つめて発見した一つ。カタツムリって地面の下に生息しているものだと思っていたが、かなりの数の木登りカタツムリを発見。
f0161652_18332621.jpg

翌日。先週の山小屋発見で調子に乗ってる私たち。
また新しい山小屋に、お昼を食べに行った。
ロッレ峠(Passo Rolle)頂上にある山小屋。ここ、夏の天気の良い日なら最高だろう。
残念ながら今日は、雪でも降りそうな寒さ・・。
f0161652_1844048.jpg

お腹を空かせて到着したところで見つけた、駐車場の看板。
左下にある「Pesce(魚)」の文字が真っ先に目に飛び込んできて、昨日の釣り気分の延長もあって、「ここ、魚食べれるんだって~!!」と大興奮したも、夫に「魚の骨状に駐車しろって書いてるんだよ」とあっけなく正された。
言葉がわからない人の勝手な思い込みと早とちりって情けない・・・。
f0161652_18492376.jpg

よく考えれば、こんな山の頂上でお魚が出てくるはずもなく、注文したのはポレンタ&溶かしたチーズ。ポレンタはチーズが本当によく合う。この山小屋で製造されたオリジナル・チーズだった。チーズのおコゲ、最高!
f0161652_18541871.jpg


f0161652_2034226.jpg入り口に飾ってあった、昔のチーズプレス機。











自然の恵みに感謝の週末。
感謝しすぎて食べ過ぎた。
食べきれる分だけいただきましょうね・・。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2008-06-16 19:04 | ドロミテの景色 | Comments(7)

山小屋発見

久しぶりに予定のない週末だったので、夫と車で、おらが谷の裏道探検。
「まだ通ったことのない道」がキーワード。
調子にのっていると、ずいぶん変なところに出てきちゃった。舗装道路なくなってる。
「車、進入禁止」マーク。しかし、この先へ行くと「山小屋あり」の標識が。
ここまできちゃったし、どうせだから行ってみるか。お腹すいてきたし。
「山小屋」とあるところでは、大抵美味しい山の料理が食べられるのだ。
車を降りて、ちょっと歩いてみることに。
f0161652_52453.jpg
「ちょっと歩いてみる」つもりが、ひたすら山道を登るばかりで、山小屋見える雰囲気なし。
ねえ・・・そういえば、ここイタリアだったよね・・・。
あの標識信じちゃいけなかったんじゃあ・・・。
かなり不安になってくる・・・。
たぶん山小屋あっても、閉まってるとかさ、途中で標識なくなるとかさ・・・。

戻ろうよ・・・。

木が生い茂る森を進んでいくと、こんな看板が。
この辺り、ビオトープの森のようだ。
f0161652_575399.jpg

背の高い高い木が生い茂る。
f0161652_5192480.jpg
f0161652_5195482.jpg
f0161652_5202189.jpg

不安が最高潮に達する頃に、またふっと現れる標識。
まだ遭難はしてないみたい。ほっ。
f0161652_525436.jpg

赤ずきんちゃんの気分になってくる。
f0161652_527391.jpg

遠くにきれいな池が見えた。沼地のようだ。
「穴に注意」の看板をみつつ、靴びしょびしょになりながらも、近づいてみた。
f0161652_5285151.jpg

意外と深いらしく、底も見えなくて真っ暗。ちょっと怖かった・・。河童出そう・・。
けど、水に反射した木々がきれい。
f0161652_5325951.jpg

延々と歩くこと40分、まあ、たいした時間じゃないけど、目的地がわからないで歩くって、
ずいぶん歩いてるような気がするものだ。一時間以上歩いてたかと思った。
森を抜けると、遠くに「山小屋」が見えた!!!
あった~~~っっ!!! あとは開店していることを祈るのみ!
f0161652_539587.jpg

おお!人がいるではないか。なんか安心。
オーストリア国旗が翻っている。そう、この辺りは第一大戦までオーストリアだったところ。「おらが村」は昔からイタリア領だけど、ちょっと行くとすぐこういう地域にぶつかる。
昔の国境沿いに住んでいるというわけ。
ここも今ではイタリアだけど、住んでる人の心はまだオーストリアのまま。
f0161652_5455973.jpg

山小屋開店していた!ハイキングの格好をした人がたくさんいた。
私たちだけ軽装でちょっと恥ずかしい・・。
中に入ると、チロル衣装のお姉さんが「Gruess Gott」。南ドイツ語でこんにちは。
f0161652_5515691.jpg

この気持ちいい空気とともに、ああ、また迷いもなくお昼の定食を注文してる私たち。
だんだんブログに食べてるもの掲載するのが恥ずかしくなってきた・・・。
オルガン・ブログのはずが、ただの大食い日記になってますよ。
f0161652_5545355.jpg

テーブル番号がかわいい。(と、かわいいモノに逃げてごまかす)
f0161652_556299.jpg

はいはい、デザートも食べました。
ドイツでもよく食べた、なつかしデザート。
「カイザーシュマレン(ホットケーキ)」←すんごいデカすぎ。
&「森の木の実盛り合わせ+生クリーム添え」←これじゃあ「生クリーム+森の木の実隠し」に名前変えたほうがいいよ。
f0161652_6135657.jpg
絶対食べきれない~とか言ってたわりには、10分後には完食。お腹の中でお仲よく。
またこれから下山するからね。体力つけとかなきゃあねえ。

山小屋からの景色。
鳥の鳴き声しか聞こえない。山っていい音響。ほんとうにコダマしてる。
メシアンが来たら、きっともう一曲書いていただろう。
「イタリアの鳥たち」とか。(音多そう・・・)
f0161652_15474697.jpg

山小屋からの空。
f0161652_15492773.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2008-06-10 06:29 | ドロミテの景色 | Comments(7)

山の料理

渓谷には大きな一本道がずっと走っているが、そこから左右にたくさんの細道が、山に向かって伸びている。
住み始めたころは、この一本道しかしらなくて、両端がすぐ山でちょっと退屈に思っていたけれど、この左右の細道を探検するようになると、意外な別世界が広がっているのを見つけたりと、未だに驚かされることが多い。山って奥が深い。
そんな中でも最近の私の「発見」場所はここ。
ある日、道を間違ったがために偶然見つけた、お気に入りの場所!
f0161652_6353578.jpg
写真には写っていないけれど、小さな小さな、松の木に囲まれた美しい池があったり
(夫はこの池を日本庭園と呼んでいる)、な~んとものどかで平和な景色。
こんなところに放牧された動物って幸せだろうなあ。
ここの草は特別ウマか。

f0161652_6423340.jpg
お馬専用カー。

この大自然の中に、ポツンと一軒たたずむ農家。
ここでは自家製サラミや燻製ハムなどを製造している。
しかもレストランが隣接していて、この大自然を味わいながら、舌でも味わえるという
ステキ空間。日本から知人ご夫婦が遊びにいらしたので、早速お連れした(というより、かなり強引に・・?!)。
手前が直売店、奥がレストラン。
f0161652_6483848.jpg

中は木組みの落ち着いた空間。暖炉には火が燃えていた。
f0161652_657378.jpg

4人で頼んだ、レストランお任せ郷土料理コース。
まずは前菜。サラミ、スペック(スモークハム)、生ハム、鹿の燻製ハムなどなどの盛り合わせを、ピクルスと西洋サワビで口をリフレッシュさせながら。
この時点でかなりお腹満足。しかしまだまだ続くのだ。
f0161652_703562.jpg

次に運ばれてきたのは、大きなボール型のお皿に入れられた、大麦入りの野菜スープ。
ここにパルメザンチーズをふりかけて。
f0161652_761012.jpg
すっごく美味しい初めての味!しかし、調子に乗って食べつくしてしまってはいけない。
メイン料理が入るお腹のスペースを空けておかなければ。
・・・と知りつつも、つい二杯目をよそっちゃった。

ビール&地元のビオ赤ワイン(絶品!)も手伝って気ん持ちよくなってきたところに、
やってきました~!メインの豚料理盛り合わせ。
豚のスネ肉、豚のアバラ肉、豚の燻製ウインナーハンバーグがこんもりもりもり。
下にキャベツの酢漬けとカネデルリ(この辺りの郷土料理。砕いたパンを丸めて作る)が完全に埋もれてた・・。
f0161652_7123689.jpg
それに添えて(っていう感じの上品さはないけど・・・)食べるのが、このポレンタ。
トウモロコシ粉で作ったもの。トレンティーノ・アルトアディジェ州には、パスタの伝統はなく、つい最近までこっちが主流だったとか。日本人がお米を食べる感覚かな。
f0161652_7225955.jpg
ちなみに、イタリアのトレンティーノ・アルトアディジェ州以外の人が、この地方の人たちを「小バカに」するとき、このポレンタをネタに出してきて、「牛のウン○を食べるやつら・・・」って言うとかなんとか。まあそう見えなくも・・・いえいえ。まだ食事中です。美味しかったですよ、ポレンタ。

お腹パンパンパン。豚を食べた私が豚になってる。
しかし私の別腹は、すんなりととても好意的にデザートを受け入れ(夢中でまた写真忘れました・・)、その後お店からのサービスで飲んだ、リンゴ味のグラッパ(ワインの搾りカスを蒸留してつくるブランデー)をくいっと飲んで、かなり上機嫌で帰宅。
ドアを開けてベットに直行。ああ、完全に豚。
でも本当に美味しかった!また行きたいね、と夫。
豚が牛に変身するかモーね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2008-06-01 08:15 | ドロミテの景色 | Comments(10)

聖体祭 Corpus Domini

日曜日はカトリックの祭り、聖体祭。
おらが村の教会のミサに参列した。

朝10時からのミサには、座るところがないくらいたくさんの人が集まっていた。
約一時間の教会内でのミサが終わると、これから聖体を掲げた神父さまと共に、村人全員が村を行進していく。

先頭を切る村の楽隊に続くのは、数週間前にプリマ・コムニオーネを受けた子どもたち。
夫の勤める工房の社長の息子も参列している。彼らのお役目とは、道に花びらを蒔いていくこと。みんな手に、花びらの入ったかわいい籠を携えている。
f0161652_17553510.jpg

f0161652_1835975.jpg社長アンドレアはスピーカー係として登場。
私たちに見つかって照れ笑い。











そして神父さまが掲げる聖体が続く。村の消防隊が天幕を担いでいる。
f0161652_18115351.jpg

昨日のジーロ・ディタリアで、自転車が駆け抜け大騒ぎだったこの通りも、今日は雰囲気が一変。温かく厳かな雰囲気で満たされていく。
f0161652_18173349.jpg

           子どもたちによって道に蒔かれていった花びら。
                  その上を神父さまが歩く。
f0161652_18204415.jpg

                道の途中に仮設されていた祭壇。
このような祭壇が3箇所用意され、それらをぐるっと巡りながらミサを行っていくのだ。
f0161652_18243385.jpg

行列の間、村の楽隊が演奏している。
普段はチロル音楽を演奏している彼らも、今日は賛美歌の演奏。
教会の聖歌隊もそれに加わる。
f0161652_18275995.jpg

            二つ目の祭壇。様々な花で美しく彩られている。
f0161652_18304961.jpg

f0161652_1833181.jpg行列に続く村人














3つ目の祭壇での祈り。
f0161652_18352444.jpg

                  花であしらった細工が美しい。
f0161652_18405050.jpg

          一時間ほどかけて村を巡り、また教会に戻ってきた。
       教会へ近づくと鐘楼の鐘が鳴り出し、私たちを大きな音で迎え入れた。
                      結構感動だった。
f0161652_18431375.jpg

教会の中へ入って、最後の感謝の祈り。楽隊の響きが石造りの教会にこだまする。
f0161652_18464785.jpg

村人と温かい一時を過ごせた日曜日の朝。
土地の人が信仰しているものを共有するって素敵な体験だと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2008-05-26 18:59 | ドロミテの景色 | Comments(0)