カテゴリ:ドロミテの生活( 146 )

アレックスピザ教室

「イタリアではピザが食べたい!」との子供たちの要望により、
それなら自分の分は自分で作って食べようと、アレックスピザ教室開催☆
アレックスが仕込んだ生地をものすごい集中力で伸ばしてます。
(「ああ5分間の静寂の一時」←大人談)

f0161652_20085033.jpg
で、自分たちの好きなようにトッピング。
いろんなハムを買っといたよ。
f0161652_20125044.jpg
オーブンに入れる前にオリーブオイル垂らすことも忘れずに。
自分のピザ証拠写真撮影中。
f0161652_20101867.jpg
できあがったよーん!!
こっちは大判バージョン。
子供作のピザが万が一失敗しても食いはぐれないように作った(笑)

f0161652_20115937.jpg
大人はのんきに写真撮影してるけど、子供はマイ皿を抱えて行列中。
一番大きく切り分けられたのはどれか真剣に確認。

f0161652_20174518.jpg
めっちゃ美味しく楽しいピザパーティでした☆
f0161652_20160662.jpg



・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-10-14 21:59 | ドロミテの生活 | Comments(0)

散歩

夕飯前。気分転換に散歩。

f0161652_05353409.jpg

夏草がぐんぐん伸びてます。

f0161652_05382904.jpg

それを食む羊たち。

f0161652_05534997.jpg


夏も終盤。
あっちもこっちも草を刈る作業で大忙し。
刈られた畑が見渡せます。


f0161652_05560492.jpg

刈って、干して、丸めて、積んで。

f0161652_06143895.jpg

この時期、村のあちこちから響くのは、薪を割る音。
暑い時期に割って干して、今のうちに冬の燃料の準備。
我が家も、大工の大家さんから「乾燥したいい薪があるよ」って
連絡が入ったので、運んでもらいました。
軽トラックで駐車場になだれ込みで入れてもらいます。

歩く場所なし。

f0161652_06191842.jpg

これを2時間くらいかけて、積み上げました、一人で。
あっぱれ私。
毎年恒例一人行事だけど、これ結構いいストレス発散になるの☆

村人、みんな働いてます。

f0161652_06215354.jpg

そして、働かない人(猫)約一名、こちら。
なんなの、この格好とこのまなざし・・・。

f0161652_06351783.jpg

なんか文句あっか?

f0161652_06401881.jpg
このお猫様のお食事袋を買うために、
今日も汗を流して働く私たちであった。

ああ、幸せ。
完。

・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-08-25 07:39 | ドロミテの生活 | Comments(0)

誕生日祝い

先週、うちのダンナさんが40歳になりました。
オルガンアカデミーが終わった週末の午後、
パパマンマがお祝いに駆けつけました。
休む間もなくとは、まさにこのこと・・・
マンマはお手製の巨大ティラミス持参☆
ろうそく用意してなかったので、
急遽、クリスマスに余ってた蝋燭に銀紙巻いてごまかす。
音符の細長い紙は、いつぞやのカーニバルの時に使ったものの余り(笑)。

f0161652_21292505.jpg

誕生日前日。隣谷に所用で出かけた後、
山小屋レストランで夕飯。前夜祭。
夕飯の支度をしないで済ませるための口実。

f0161652_21000616.jpg

誕生日当日のランチ。
平日だったので、あれちゃんは普通に仕事。
お昼ごはんに好物のラザニアを作っといてあげました。
「アイのラザニア食べるのすごーーーく久しぶり☆」と喜んでます。
普段の手抜き振りが示唆される発言だねえ。。

f0161652_20463594.jpg

誕生日ケーキその1。
イタリアの家庭って手作りケーキを焼く割合が高いです。
特にこういうお祝い事の時は。
誕生日には基本的に、誕生日の人が友達を家に招いて、
お手製ケーキで接待します。

f0161652_20480826.jpg


だけど、私は普段はそんな頻繁にケーキ焼かないので、
この大切なイベントの日にケーキが成功するかどうかは、かなり賭け。
去年同じレシピで作ったレアチーズケーキは、
ゼラチンの扱いを間違えて半雪崩状態で友達に提供しましたが(笑)、
今年はうまく固まったよ~ん!飾りは果物でごまかす。
クックパッドさまありがとう。

f0161652_20512745.jpg


ランチのあと、このケーキとデザートワインをオルガン工房に持参して、
社長ファミリーと一緒に、中庭でお祝いしてもらいました。毎年ほぼ恒例行事。

さて、この日の夜のために、
私はあれちゃんを驚かせる計画を水面下で遂行していたのであった。
夕飯にあれちゃん親友カップルを内緒でご招待☆
本人が仕事でいない間に料理の下準備を済ませて隠し、
「どっか外においしいもの食べにいってお祝いしようかー!」というあれちゃんを、
「家でのんびり適当でいいよ」と冷たく遮断。そして、
夕飯前のシャワーを浴びてる間に彼らに家に侵入してもらい(このタイミングも絶妙)
一気にテーブルセッティングして、風呂上りの人にシャンパンで驚かせました☆
!!大成功!!


前菜の寿司。
寿司に花火って挿していいの?って
イタリア人たちに聞かれたけど(爆)。

f0161652_21030042.jpg

実はこの日体調が良くなかったのに、計画が計画だっただけに
ベットから起き上がって来てくれた優しい友達。
彼らがいつもリクエストする和中華を何品か作りました。

f0161652_21093455.jpg


誕生日ケーキその2。
吉田家伝授?のめちゃくちゃ簡単で美味しい二色ゼリー。
二色に分離しなかったんだけど。。泣
こっちも果物とキャンドルで着飾ってごまかす。

f0161652_21271090.jpg
楽しい誕生日でした。
張り切りすぎた私は、今ちょっと燃え尽き症候群状態です。



おまけ:
ボクは猫草でもしゃぶっとく。。。

f0161652_20502278.jpg



・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-08-07 22:30 | ドロミテの生活 | Comments(0)

おらが村の聖体節 Corpus Domini

今日はカトリックの聖体節の祝日。
いつもミサを弾いている教会は、今日は野外ミサでオルガンいらないので、
久しぶりにおらが村のミサに行きました。
今日は晴天、午前中から暑いです。

f0161652_23061841.jpg
ミサが終わると続けて、聖体を掲げながら村を行列します。
f0161652_23034347.jpg
聖体が進むところには、花びらが蒔かれます。
村人が持ち寄った籠が教会前にスタンバイ。
f0161652_23084490.jpg
進むのは、村の聖歌隊、吹奏楽隊、消防士、山岳隊、
そして村長や役員も。そして村人が続きます。
ちょうど夏休みに入ったイタリア。観光客らしき人もちらほら。
聖体の横で大切な役目をしている子供くんは私のピアノの生徒くん☆
f0161652_23101271.jpg
村の中心部を一時間くらいかけて、
祈りと賛美を捧げながら行進します。
f0161652_23124176.jpg
足元には蒔かれた花びら。
f0161652_23144564.jpg
バルコニーの花が美しい季節になりました。
f0161652_23290871.jpg
村の中に3箇所、この時のためだけに作られた仮設の祭壇は、
花や緑で飾られて美しいです。
f0161652_23173869.jpg
それぞれの祭壇の前で立ち止まりながら祈りを捧げ、
そしてまた次の祭壇まで行進。
f0161652_23200503.jpg
村のスーパーの前にも最後の祭壇。
f0161652_23240659.jpg
吹奏楽団と聖歌隊が、毎年恒例の音楽を奏でます。
これが村の伝統となっていくのです。
f0161652_23262370.jpg

一時間でぐるっと村を一巡り。
お昼近くにまた教会に戻ってきました。

f0161652_23022793.jpg


・・・・・・・
リンク集
2017年夏ドロミテオルガンアカデミーのご案内はこちら。

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-06-18 23:58 | ドロミテの生活 | Comments(0)

ジロ・デ・イタリア通過!

今日、ジロ・デ・イタリアが谷を通過しました!
17ステージ、ティラノからカナツェイまでの219kmコース。
昨日はステルヴィオ峠往復という、超過酷コースだったので、
今日は比較的「易しい」道のりの感じ。
明日は再び、厳しい山越えコースです。

午前中に隣町カヴァレーゼにて買い物中、
テレビ中継地点の準備しているゲートを、車で通過。
ここからゴールのカナツェイまで40kmの地点。

f0161652_00060629.jpg

さて、午後一で隣隣村でピアノのレッスン中に、道路全面通行止め。
自転車ファンの生徒くんとテレビ中継でジロの居場所をチェックしながら
(今日は集中力に欠けたレッスンでした。笑)
ベートーヴェンの月光と、エンターテイナーを弾き終え、
一緒に道に出て、ジロ通過を待ちました。
近所のバールでは、みんなビールやアイスを片手に、
ジロの中継で通過地点をチェック中。

f0161652_00104370.jpg

ジロの楽しいのは、傍で一緒に待って応援している知らない人と
井戸端会議で盛り上がれるところ。
そうこうしている内に、第一陣が通過。
これは第二陣↓。

f0161652_00180844.jpg
f0161652_00183989.jpg
f0161652_00204409.jpg


大きく二つに分かれたグループが、
上り坂を風のように去っていきました。
かっこいいっす!!!

f0161652_00223285.jpg


・・・・・
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-05-25 00:27 | ドロミテの生活 | Comments(2)

バイカーの祝福式

季節は春。これからツーリングの季節。
いつもミサを弾いている教会で今朝、バイカーのための祝福式がありました。

f0161652_07124296.jpg


オルガンバルコニーからも、教会前にずらっと整列したバイクが見えたよ。
祝福式は通常のミサのあと、教会の外の広場で行われました。
続々と集まってくるバイクの重低音が、ミサの間中ずっと
ドドドドドドドドドドドドドドドドと教会の中まで聞こえてきて、
一瞬、オルガンの低音の音が鳴りっぱなしなのかと思った(笑)。

f0161652_07152387.jpg


この町のバイク協会が毎年主催しているこのイベントに、
南チロル、オーストリア、ドイツからのバイカーが大大集合。
町の一本道にずらーーーーーっと並んだバイクは、
新型からアンティーク調の(もう走らなさそうな)ものまで目白押し。
バイクの博物館のようになって楽しかったです☆

f0161652_07174775.jpg


革ジャン率99%の今朝の町並み。

f0161652_07251973.jpg


こんなの乗ってみたいなあ~☆

f0161652_07180636.jpg


・・・
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-04-03 07:32 | ドロミテの生活 | Comments(0)

コンサート。レッスン。

いつもミサを弾いている南チロルの教会で、ヴィオラの友達とコンサートを弾きました。
チェンバロも運び込んで、楽器三台(オルガン、チェンバロ、ヴィオラ)で。
受難節なので、「十字架上のイエスの7つの言葉」の現代曲を、
祭壇前のスクリーンに受難にちなんだ7つの絵画を映し出しながら、
朗読を交えて弾いたり、日本の「さくら」のメロディの変奏曲を弾いたり、
あとはヘンデルからムゾルグスキーまで、
色々盛りだくさんのプログラムを聴いていただきました。

作っていただいた素敵なチラシ↓。
イタリア語&ドイツ語圏境いの教会なので、二ヶ国語表記。

f0161652_07485738.jpg

実はこの日、15歳のオルガンの生徒クンに、
オルガンアシスタントデビューさせました☆
それでセンセー、テンパッてて写真完全に撮り忘れ。

オルガンのアシスタントって難しいのです。
楽譜をめくるだけでなく、ストップの組み換え作業を
演奏の進行に合わせて的確に行っていかなければいけません。
アシスタントが失敗して演奏がこっぱ微塵になることも(?!)。
でも私の心配をよそに、しっかりと大役務めてくれました。

ついでに、練習に連れて行った日のミサで前奏と後奏も弾かせて、
ミサ弾きデビューも果たしました!
そういえば、私がオルガンを習い始めたのも15歳のとき。
オルガンを初めて教えていただいたF先生には、
手取り足取り、本当に丁寧に色々と教えていただいたなあ。
当時のF先生の年齢を自分はとっくに越しているのが恐ろしいのですが、
これまでの先生たちにしてもらったように、自分も生徒ちゃんたちに
してあげられることが理想だなあ。


ところで、私の生徒といえば、最年少は5歳なんですが、
最近、生徒が一人増えました。
なんと、千九百三十三年生まれのご婦人!

f0161652_08250208.jpg
ピアノの下地は少しあるのですが、オルガンはもちろん初体験。
なんでも、子供のときは両親にあまり愛されず、
だめな子だめな子と言われ続け、
やりたいことも一切させてもらえなかったんだとか。
その後結婚するも色々あって離婚。
それでやっと自分のしたいことをできる時間を手に入れて
40歳から、これまでできなかったありとあらゆることをやりまくって
きたんだとか。そして、八十三歳になって、唯一やり残したことが
「オルガンを弾くこと」だといって、
目をキラキラさせて弾いてくれるおばあさま。
おしゃべり大好きで、今日のレッスンもその半分は
今飲んでる薬の話で終わったんだけど(爆)、
私の倍生きているおばあさまから強烈なパワーをもらってます。

レッスンで使っているポジティフオルガン↓。
これを「卒業」したら、教会でペダルつきの曲に進みます☆
f0161652_08473287.jpg


・・・・・
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-03-25 09:06 | ドロミテの生活 | Comments(0)

12月いろいろ

家の中がちょっとずつクリスマス色に。
寒くなってきたからか、
はたまた11月20日だった2歳の誕生日を
パパとママに忘れられたからか(滝汗 ご、ごめんバンブー)、
最近いつもにも増してべったりのバンブー。
いちいちこうやって私の気を引こうとする。
今もPCの横で縛睡中。

f0161652_07481018.jpg


クリスマスツリーを買いに行ってきました。
これは役場の農林課が、山で選伐されたモミの木を安く分けてくれる場所。
2mで10ユーロ。

f0161652_07524530.jpg


ツリー飾りつけ完成☆☆
ロマンチックにいちゃつくアレちゃんとバンブー。

f0161652_07560120.jpg


先々週、おらが村のオルガン協会の忘年会がありました。
折り紙を頼まれて、まずはこれを60人分折りました!
中にチョコレートを入れて、一人ずつテーブルにお土産として。
折り紙を二枚重ねて織ったので、二色使いになって綺麗にできた☆

f0161652_07585812.jpg


こっちは、くじ引きの景品のくす球。
ネットで作り方を見ながらやったらきれいにできたよー。
中に鈴を入れてみました☆

f0161652_08011989.jpg


クリスマス用の星も折ってみました。これも大好評!
夏のオルガンアカデミーの時にたくさんの折り紙を
お土産にくださった皆さま、大活用させていただきました!

f0161652_08031314.jpg


これからのクリスマス、今年のプレゼントはこれで!
暇を見つけてはちょこちょこ折ってます☆

最近のマイブームデザート→焼きりんご。
りんごの産地なので沢山いただくんです。
超簡単。
1。りんごの芯を抜いて中にバターを入れて、三温糖をかける。

f0161652_08063317.jpg


2.オーブンに入れる。
我が家には薪のオーブンがあるのでそこにいれるだけ。

f0161652_08094085.jpg


3.これを夕飯の準備しているときに仕込んでおけば、
食後にはとろりんと出来上がってます☆
12月に多い突然のお客さんのときにも何の準備もなしてできるので
とっても助かる☆ ↓これはちょっと長く入れすぎで爆発気味(笑)。

f0161652_08104328.jpg


隣村カヴァレーゼのクリスマス市も始まりました。
小さいけれど、手作りの村のものが並ぶ、
アットホームでかわいい市です。

f0161652_08151144.jpg


暖かそうなスリッパやさん。

f0161652_08163971.jpg


ホットワインとチョコレートのお店。

f0161652_08180590.jpg




・・・・・
リンク集
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」新連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-12-14 08:18 | ドロミテの生活 | Comments(2)

羊飼い

我が家の斜め右向かいの家に住む、元羊飼いのおじいちゃんが、
先週88歳で亡くなりました。
最後はちょっと足腰の弱かったおじいちゃんの日課は、
我が家の斜め左の道角に置かれているベンチまで約30メートルお散歩して、
そこで長~い時間、通り過ぎる人とおしゃべりしたり
一人で考え事にふけったりすること。
元羊飼いのおじいちゃんは職業柄声が大きかったので、
ベンチでのおしゃべりがよく我が家まで聞こえてきて、
あー今日も元気に日向ぼっこしてるな、と最後に思ったのが先々週。
88歳だから人生全うしたのだと思いますが、
声が聞こえなくなって寂しいです。

そんなおじいちゃん、実はこの夏に自伝を出版していました。
羊飼い人生をたっぷり綴った本。
おじいちゃんが語ったことを娘さんが書き降ろした形です。

f0161652_23184147.jpg
近所づきあいよしみで、一冊いただいていたのでした。
1928年生まれのおじいちゃん。
羊飼いの家系に生まれて、物心付いたときから羊を追っていたんだとか。
f0161652_23324454.jpg
白黒の写真が混じった本。
この谷に住んでいる人なら誰でも知っているような場所の、
50年台の写真があったりして、へーこんなだったんだーとか。
f0161652_00020840.jpg
今は駐車場になってしまっている、教会前の広場の、
50年前の家畜市場の様子とか。
f0161652_00040200.jpg
クリスマス休暇中にゆっくりと読みたい本リストに加えました☆

ちなみに、週末に出くわした渋滞。
f0161652_22564139.jpg
車の中から大興奮して撮ったんですが(羊フェチ)、
窓を開けたらものすごい匂いがした・・・笑
道路の黒い点々に注目
交通整理をしたのは牧羊犬です。
f0161652_22581320.jpg


・・・・・
リンク集
ユーラシア旅行社企画「北イタリアのクリスマス市とドロミテツアー」のご案内。
パイプオルガンを演奏します。

.....
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」新連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 

[PR]
by organvita | 2016-11-29 00:15 | ドロミテの生活 | Comments(0)

アドヴェント

アドヴェントに入り、新しい教会暦がスタートしました。
もうすぐ12月ですね。
町は急にクリスマスムードに様変わり。

f0161652_22422002.jpg
日曜日のミサでは、誰かがオルガンのところに
アドヴェントクランツを飾って灯してくれました☆
この日は聖歌隊も一緒。
f0161652_22164065.jpg
一年間眠っていたアドヴェント&クリスマス用のレパートリーが
またフル活用される季節です。
演奏台が普通のオルガンと逆向きで(背中側に本体)、
祭壇や指揮者を見ながら弾けるこのオルガンは、背中と首に優しい☆
f0161652_22380687.jpg

アドヴェント第一週日曜日には、
子供たちが家から持参する手作りのアドヴェントクランツを、
ミサの中で聖別します。祭壇の前にたくさん置かれています。

f0161652_22435649.jpg
トレントとボルツァーノのクリスマス市も始まりましたよ。
今週末には谷のスキー場もオープンするので賑わいそうです。


・・・・・
リンク集
ユーラシア旅行社企画「北イタリアのクリスマス市とドロミテツアー」のご案内。
パイプオルガンを演奏します。

....
イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」新連載中。

.....
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2016-11-28 23:10 | ドロミテの生活 | Comments(0)