カテゴリ:見た弾いたオルガン( 163 )

マルティニャーノのオルガン

トレントの北の町、マルティニャーノ。
木の天井の箱型の落ち着いた佇まいの教会。
週末ここでオルガン連弾&ソロコンサートを弾いてきました。

f0161652_04280204.jpg
赤が基調のモダンな壁画に合わせて、
オルガンにも赤い模様が施されたデザイン。
天使が羽を広げているかのよう。

f0161652_04342866.jpg

オルガン:
アンドレア・ゼーニ 2009年
2段鍵盤+ペダル 12ストップ
詳細はこちら。

12ストップだけど、二段階に分かれているストップもあり、実質は15ストップ。
限られた大きさの中に色んなアイディアが隠されてて、
見た目よりも可能性が大きい楽器。
鍵盤のタッチも正確で、トリルが全部きれいにハマッて助かった(笑)。

f0161652_05043309.jpg

コンサートでは、オルガンの脇にもぐるっとお客さまが座られて、
アットホームで暖かい雰囲気の中、楽しい時間を過ごしました!


f0161652_05055563.jpg


↓↓練習用オルガンのご案内です↓↓
http://organvita.exblog.jp/24524405/


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-10-24 05:59 | 見た弾いたオルガン | Comments(1)

ボローニャ・サン・ペトロニオ聖堂のオルガン

ボローニャのサン・ペトロニオ聖堂で、
この教会のオルガニスト、タミンガ氏によるオルガン講習会が行われたので、
山を早朝に飛び出して参加してきました!

ローマのバチカンよりも大きく作ることが許されなかったという
逸話を持つこの聖堂。巨大です。
これは祭壇側から見た、祭壇を挟んで左右に向かい合う二つのオルガン。



この(上の写真で)左側にあるオルガンは、
イタリアに現存するオルガンで演奏可能な最古の楽器。
トスカーナ出身のLorenzo da Pratoが 1471-1475にかけて制作したオルガン。
その後、G.B.Facchettiが1531に拡大しました。
1974-1982年に修復され、現在に至っています。

水に溶けてしまいそうに繊細で透明感100%の
プリンチパーレの響きに、丸二日間抱かれてきました~。
ああ、イタリアン。

薄いオルガンケースの、背中部分にも美しいパイプが。

オルガンのケース内には、初期のケースの装飾もそのまま残っていました。

鍵盤部分。
24フィートのプリンチパーレがあります!
鍵盤域はFa-la''''。
分割オクターブはFacchiettiが付け加えたもの。

イタリアの20歳台のヤングなオルガン学生に混じって、
カヴァッツォーニやガブリエリなどを勉強してきました。
こういうオルガンを使っての、タミンガ氏というスペシャリストの演奏と解説を
聴きながらの講習会は、至福の一時。
いい勉強ができました☆



こちらは祭壇に向かって左側にある、もう一つのオルガン。
Baldassarre Malamini 1596年作。
この向かい合う二つの楽器を使って、
交互に演奏されたり、同時に連弾されたりしていた時代。
こちらも素晴らしい楽器でした。

このオルガンの背中側。

タミンガ氏が館長を務めているサン・ペトロニオ聖堂からすぐの、
タリアヴィーニ・コレクションも訪れました。
ここに来るのは二回目なんですが、いやあもう、鍵盤弾きには天国のようなところです。
どの楽器も演奏状態にある、というのがまたその素晴らしいところ。
しかも、場所が旧教会とあって、美しい残響の中で名器の音色に浸れます。

f0161652_17111905.jpg

タミンガ氏の、それぞれの楽器の時代に合わせた素晴らしい即興演奏で、
ほとんどすべての楽器を二時間以上にわたってかぶりつき?!で
聴かせていただきました。ずーっとここにいたい☆☆

f0161652_17292107.jpg

美しい町並み、素晴らしい楽器、そして美食の町、ボローニャ。

f0161652_17340456.jpg




[PR]
by organvita | 2015-10-08 18:39 | 見た弾いたオルガン

フリードリヒスハーフェンのオルガン 

南ドイツ。
スイス&オーストリアとの国境に跨るボーデン湖畔の町、
フリードリヒスハーフェンFriedrichshafenの
聖ニコラウス教会で弾いてきました。

f0161652_16390419.jpg

モダンで白い壁のカトリック教会。
四方を囲むステンドグラスからは、時間が変わる度に
七変化の色彩が会堂に入ってきます。

f0161652_16421112.jpg

ブルーに浮き出たイエス様。

f0161652_16432655.jpg

後方バルコニーに鎮座するオルガン。
オルガン:G.ヴェール制作 1989 Gerald Woehl (Marburg)
3段鍵盤+ペダル 47ストップ

f0161652_16445201.jpg

フランススタイルに強く傾向したこの楽器。
フランスの古典からロマン派の作品まで、
色濃くしっくりと表現できるオルガン。
キャラクターがはっきりした楽器、好きだなあ。
でもバッハなんかもちゃんと弾けるようにバランスも良かった。
Woehlの楽器は何台か弾いたことがありますが、素晴らしいと思います。

久しぶりにソロで一時間。たっぷり練習させてもらって楽しみました☆

f0161652_16455923.jpg

オルガンの側面にたくさん張られた、
色とりどりの過去のフェスティバルのポスター。

f0161652_16473075.jpg


会堂にはもうひとつ、小さなポジティフオルガンが。
これはボーデン湖畔の町リンダウに工房を持つ、J.Maier社の楽器。
二回弾いたコンサートのうち、お昼のコンサートではこの楽器も使いました。
マイアー社のオルガンは
ここでもいたことがありますが、
これもステキな楽器でした。

f0161652_16491696.jpg

滞在中に広場に建った市場。ドイツの市場大好き☆
健康食品や台所用品などの実用品が充実してて、ついつい買いすぎた。

f0161652_16514222.jpg


向こう岸はスイス。の、ボーデン湖。
大型の船も周遊してます。
朝は靄がかかって向こう岸が見えず、海みたい。
湖畔はずーーーっとプロムナードになっていて、
レストランも並んで観光客で賑やか。

f0161652_16545810.jpg

練習の合間にケーキで一息☆

f0161652_17295733.jpg


さて、ここは世界初の旅客飛行船航空会社「ツェッペリン」があった町。
湖沿いにある
ツェッペリン博物館に行ってきました。

f0161652_16572682.jpg


旅客飛行船の中が再現されている部屋や(すごく広い!)、
飛行船の歴史や部品などが展示されていて見ごたえたっぷり!

f0161652_16585223.jpg

ちなみに、聖ニコラウス教会のオルガニストは、
留学時代の仲間ニコライがオルガニストを勤めています。
15年ぶりの再会を果たせた私たち!
15年分のおしゃべりをボーデン湖畔で語りまくりました。
当時から特に即興演奏が凄かった彼、コンサート翌日のミサでも
久しぶりに彼の即興が聴けてとっても勉強になりました。
ああ、こうやって弾けたらなあ~☆☆
彼のカッコいい演奏はこちらでも聴けます。
オルガンでジャズ!





今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-30 17:51 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

オイティンのオルガン

旧東でコンサートを2つ弾いた後、アレちゃんはイタリアへ帰国。
私はそこから一人でまた北上して、私の第二の故郷、
懐かしの北ドイツに行ってきました!!!!
留学していたリューベックでの話は後に回して、
こちらその近郊、オイティン Eutinの町。
ゆっくり二泊したこの町では、ある日広場に市場が建ちました。
コンサートを弾かせていただいたのは、広場に面したこの教会。

f0161652_18040129.jpg


この教会でコンサートを弾かせていただくのは二回目。
10年前に弾かせていただいた後、教会内は大修復を行い、
ロマネスク様式を以前よりも取り戻した、
明るい雰囲気の教会に変わっていました。
これまで、少し変わった残響が玉に瑕だったというカントールのマルティン。
教会の壁裏側に戦後張られてしまっていたアスペストを、
この修復ですべて削除した結果、
溶けるような本当に素晴らしい残響を持つ空間と様変わり!

f0161652_18061260.jpg


オルガンの響きも前よりも爽快で自然な響きに。
以前よりももっとよく歌う楽器になったような気がしました☆

f0161652_18073946.jpg

オルガン:Metzler (1987)
3段鍵盤+ペダル 34ストップ


北ドイツバロック様式に基づいたオルガン。
この写真からもわかるように、オルガンがいくつかのケースに分かれています。
それぞれの部分が特技を持ち、そして、こういうオルガンの特徴を生かすために
それらの組み合わせや駆け引きを楽しめるような立体的な作品が
同時代にたくさん書かれています。

f0161652_18162599.jpg

オルガンの演奏台はそれらのケースの間に挟まるように、こんな場所に。
北ドイツで北ドイツバロックものを弾く。私にとって最高の醍醐味☆
コンサートの準備はもちろんですが、コンサート前の二日間、
一人で沢山弾き遊ばせてもらいました☆

f0161652_18181725.jpg
教会に張ってあった、オルガンフェスティバルのポスター。28年目!
留学時代にも、いろんなオルガニストの演奏を聴くために何度か電車で通ったものです。
コンサートには、リューベックからも懐かしい友達が聴きにきてくれたり、嬉しい一時でした。

f0161652_18312181.jpg

教会内は美術館のように、素晴らしい彫刻もたくさん。

f0161652_18363007.jpg
ルネサンスの木製のマリア様。
f0161652_18410939.jpg

レンガ造りのこういう家も、北ドイツの町の特徴です。
ちなみに来年は、大規模なガーデニングショーが町全体で行われるとかで
お城のお庭も大工事中。またゆっくりとヴァカンスに来たいな~!

f0161652_18523059.jpg


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-02 05:00 | 見た弾いたオルガン | Comments(8)

ズールのオルガン その2

旧東ドイツ、美しいチューリンゲンの森の一角にある町、ズールSuhl。
この教会のオルガンフェスティバルで演奏させていただきました。
ここで弾かせていただくのは二回目!帰ってきたよー☆
5年前の「その1」はこちら。

http://organvita.exblog.jp/16483910/

教会前の銀座商店街には、オルガンフェスティバルの立派な旗が!
f0161652_17460865.jpg


30年戦争後に急激に住民が増えたというズール。
そのため教会一つでは間に合わなくなって、
このもう一つの教会が1706年に建てられました。
4階建ての箱型の教会。バロック時代から変わっていません。
祭壇の上にオルガンがはみ出すかのように置かれています。

f0161652_17504011.jpg
オルガン:Eilert-Köhler 1740年
A.シュッケ Schuke-Orgelbau Posdam (2007修復)
二段鍵盤+ペダル 39ストップ

北ドイツの名工シュニットガーの弟子だったといわれるケーラー。
このオルガンを建てたのはわずか25~33歳のころだったとか。
完全な形で残っている彼の楽器はここだけという、貴重なオルガン。

f0161652_17531537.jpg
この豪華なオルガンケースを見ているだけでも飽きないんだけど、
8フィートがたくさんあるこの楽器での音色作りもとても楽しかった☆

f0161652_17544034.jpg
連弾を少し混ぜつつ、ドイツとイタリアからのソロのバロック時代の作品を
演奏してきました。コンサートの後、いただいたステキな花束と記念撮影☆
この教会のカントール&オルガニストのフィリップのめちゃカワイイ息子ちゃんと。

f0161652_17572183.jpg
ちなみに、フィリップは日本でも演奏活動をしている、イケメンオルガニスト。
ドイツ人らしい堅実な素敵な演奏を聴いたことがある人も多いでしょう。
このオルガンで弾くフィリップのCDはこちらから買えますよ☆


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-02 03:31 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

ポツダム Erlöserkircheのオルガン

一年ぶりにドイツで弾いてきました。
最初のコンサートはこちら。ベルリンからすぐのポツダム。
閑静な高級住宅街にたたずむこちらErlöserkirche。

f0161652_16055708.jpg

ネオゴシック様式の、丸いアーチで囲まれた円形の会堂。

f0161652_16070791.jpg

どことなくすす汚れた雰囲気の天井に、またドイツの歴史を感じる。
少しずつ修復作業がされています。
オルガンだけでなく、オーケストラや合唱など、
コンサート会場としても稼働率が多い教会だとか。

そして、後方バルコニーにある大型オルガン。

f0161652_16140804.jpg

バルコニーの窓からは教会の周りの緑が見えて、
どことなく爽やかな気持ちで練習できた。
なんだかとても懐かしい感じの典型的なドイツのネオバロックスタイルの楽器。

f0161652_16162805.jpg

オルガン:H-J.Schuke (Potsdam) 1964
3段鍵盤+ペダル 37ストップ

スウェルペダルが右端にあって、足の長さが足りず、
しかも操作方向が逆向き!(踏み込むと閉まる)
東ドイツにはロマン派の時代から、たまに使われた形らしいです。
左側通行と右側通行の国があるんだから、
スウェルが逆の地域があるのも不思議じゃないけど、
慣れるまで変な気持ちでした(笑)。
心は「クレッシェンドー!」なのにデクレッシェンドの操作をしないといけない矛盾。

f0161652_16183436.jpg

フランクの作品、現代曲をそれぞれ一曲ずついれるように、という
フェスティバルからの意欲的な依頼。
そのお陰で、普段とはまた違ったプログラムを組むことができました。

さて、ポツダムといえば、サンスーシー宮殿!
練習の合間を縫ってでも、ここだけはどうしても訪れたかった!

f0161652_16201883.jpg
ずいぶん昔、留学中の私を訪ねてきた両親と一緒に行ったことがある場所。
でもそのときは中に入れなかったんだよね。
今回はちゃんと事前予約して宮殿内も見学しました。

3ユーロ払えば、館内撮影もできます。
f0161652_16253549.jpg

音楽家にとっての目的のひとつはこの音楽の部屋。
作曲もしたほど(しかも彼の作品は悪くない!)音楽を愛した
フリードリヒ2世が愛用していたクヴァンツのフルートと、
オルガン製作者でもあったシルバーマンのフォルテピアノが飾られていました。
バッハの息子、カールフィリップはこのフリードリヒ2世に長年仕えていて、
この宮殿に晩年の大バッハが訪問したこともあります。
この部屋でもきっと演奏したはず!

f0161652_16264713.jpg

すごくモダンな(でももちろんオリジナル)
床と椅子。なかなかセンスのいい王様☆

f0161652_16283627.jpg

楽器を演奏する天使たち。

f0161652_16314785.jpg

あ、オルガン弾いてる!

f0161652_16351799.jpg

オーディオガイド(日本語あり)を借りて、
一時間くらいゆっくりと見学できます。
そのあとのお庭散策や、他の宮殿見学も含めたら、
丸一日ゆっくりと楽しめますよ。

f0161652_16414317.jpg



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-09-01 17:39 | 見た弾いたオルガン | Comments(4)

Scuolのオルガン

スイスの東端、イタリアとオーストリアの3国が重なる辺りにある街、
シュクオールの教会でコンサートを弾いてきました。
3000M級の山々に囲まれた谷にある街。
スイス圏に入ったとたん、エンガディン地方特有の家の壁の装飾が
目に入ってきます。言葉はドイツ語。でもみんなイタリア語も達者。

f0161652_07263446.jpg
このプロテスタント教会の内部もこの辺りの典型的な教会。
片面だけの窓、簡素な装飾、暖かいぬくもりの木のベンチ。
f0161652_07454242.jpg
天井に残るかわいらしい花模様。
f0161652_07521813.jpg
弾いてきたオルガンはこちら。
Heinrich Giezendanner 1792 / Metzler 1957
オルガンケースは18世紀のオリジナル。

f0161652_07535224.jpg

二段鍵盤+ペダル 18ストップ

f0161652_07552847.jpg

今回もアレックスとの連弾、それぞれのソロを交えたプログラムで。
個性がしっかりしていながらもバランスの良い音色&
垢抜けた美しい残響のオルガンでした。

f0161652_07590032.jpg


日帰りで弾いて帰ってこなければいけなかったので、
教会直行直帰。案の定、町は全然見れらず。
後で知ったんですけど、温泉で有名な観光地だとか!
く、くやしい・・・。オルガン弾いてる場合じゃなかった。。。?

ちなみに、ぱっと行ってぱっと帰ってしまうことをイタリアではよく、
「Toccata(触る)と Fuga(逃げる)」って表現します。
例えばアレちゃんの実家に一泊だけで帰るとマンマが、
「もう、アンタたちはいつもトッカータとフーガなんだから!」みたいに。

コンサート終わってから、フェスティバル関係者の皆さんと打ち上げ☆
それから大雨の夜中、3時間かけて車でおらが村に帰りました。
夜中2時過ぎ帰宅。日帰り労働者。ごくろうさん。

f0161652_08072382.jpg




今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-08-16 08:16 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

コンサートいくつか終わりました

おらが谷の教会で、トランペットの友人パオロ&アレちゃんの3人で、
ネパール震災のためのチャリティーコンサートを弾きました。
いつも練習に使わせていただいている教会、
時々こういう形で「お礼」として弾かせていただいています。
3年前には東北震災のチャリティもさせていただきました。

f0161652_23170843.jpg


なんと4つのラッパを使い分けてくれたパオロ。
バロックからジャズまで!
ハイドンのトランペット協奏曲も全曲演奏。
オケ部分はオルガン用にアレンジ。あっぱれワタシ。
最後は教会の照明を消して、ロマンチックにジャズして終演。
ジャズエキスパートのパオロに色々教えてもらって楽しかった☆

f0161652_23264555.jpg

それから、おらが村の別の教会で、昨日はこんなことを。
8月6日広島の日は、カトリックでは「キリストの変容祭」。
聖書の言葉と、それに合わせたオルガン曲を組み合わせて、
一時間のメディテーション・コンサートを弾きました。
コンサート前のトークでは、アレちゃんがしっかりと
「広島の日」でもあることをアピール。

f0161652_23151009.jpg

アレちゃん練習中。
1700年代のケースの楽器で、
同じ時代の歌舞伎のTシャツ着て(by ユニクロ)。
なんだかなーこの組み合わせ。

f0161652_23404874.jpg
この教会で、こんなこともやってます。
土曜日のミサの前に30分のオルガンミニコンサート。
明日が最後の日。
偶然お近くにいらっしゃる方、どうぞ聴きにいらしてください~☆☆☆

f0161652_23502067.jpg



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-08-07 23:53 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)

ヴァッラーダのオルガン Vallada

標高1000M以上だというのに、
30度前後の快晴が続いている今日この頃です。

そんな中。ドロミテで行われている音楽フェスティバルのひとつ、
The Muses and the Dolomites の一環のコンサートで演奏してきました。

ドロミテの町、ファルカーデの近く、ヴァッラーダという村はずれの教会。
山の中に静かにたたずむ、こんなかわいい教会が舞台。
この教会は1100年台に建てられて、
修復、改造を重ねて今日まで使われています。

f0161652_05240859.jpg

教会の中に入ると、壁一面に壁画が!
ヴェネト州のヴィッラみたいなつくり。

f0161652_05522533.jpg
聖書の色んなシーンが一面に描かれています。
これは最後の晩餐。
この辺りは旧オーストリア領。
この壁画もオーストリア出身の画家が手がけたものだとか。

f0161652_05564683.jpg

祭壇もルネサンス時代の貴重なもの。
その後ろにオルガンが見え隠れしています。

f0161652_06371039.jpg

美しい祭壇の一部。

f0161652_06523109.jpg

祭壇の後ろに隠れているオルガン。
北イタリア、ヴェネト州に多く残る歴史的楽器。
オルガン:カッリード 1800年代制作。

f0161652_07111237.jpg

典型的なカッリードの演奏台。

f0161652_07180460.jpg

演奏してきたのは、ペルゴレージの「スターバト・マーテル」。
ソプラノ、メゾソプラノ、オーケストラの編成ですが、
オケ部分をオルガンでアレンジして弾きました。
ショートオクターブでヘ短調を弾くのはややこしかった~(汗)。

スタバ(コーヒーショップじゃないよ)はラテン語なのですが、
14歳の村の少女がイタリア語訳の朗読を挟みながらの進行。
4美女(?!)リハーサルから意気投合してすっかり仲良しに。
晴らしいコンサートになりました☆
カーテンコールはこんな感じで。

f0161652_07285504.jpg

このフェスティバルのオープニングコンサートでもあったこの企画。
日が暮れ始める9時から始まり、終わった頃には真っ暗。
終演後には教会の外の心地よい風の中で、アペリティーボ。
村一番のレストランが軽食やドルチェを用意してくれていました!
劇ウマ。ここで夕飯を済ませようと喰らいつくワタクシ。
沢山の人たちとコンサートの感想を思い思いに交わせるこんな時間も大切な一時。

f0161652_07351127.jpg

この同じコンサートを、数日後におらが谷でも再演。
でも完全に写真を撮り忘れ・・。
そんなこんなでここ約2週間、ペルゴレージ漬けでした。
それにしても、歌詞がこんなにどんより暗いのに、
あんなに明るい曲に仕上がったのが混じっているのは、
やっぱりイタリアンスピリットだからなのかなあ~☆



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-07-18 08:55 | 見た弾いたオルガン | Comments(2)

サンモリッツ、オルガン週間2015

スイスの東、イタリアとの国境に近い高級観光地のサンモリッツで
二回目のオルガン週間に参加してきました。
イタリア人の素晴らしいオルガニストで教育者でもあるシモーネ・ヴェッバー
一緒にコラボしながら、このオルガン週間で教えています。

標高2000Mのこんなステキな湖のほとりの教会をふんだんに使って講習会。
5日間ずーっといいお天気に恵まれました!

f0161652_01345089.jpg

その湖のそばにある、こちらのカトリック教会が、
メインでレッスンを行った教会。

f0161652_01555537.jpg

教会の中は、山の教会らしい、木梁の天井の明るい会同。
この教会が一日中ほぼ使い放題!

f0161652_02133860.jpg

これがオルガン。スイス、クーン社製の楽器。
ロマン派はもちろん、なんでも弾きやすい楽器です。

f0161652_02155372.jpg

祭壇脇に祭られたアンティークな聖母子像。

f0161652_02321188.jpg

そして祭壇には、モヤシみたいなイエス様☆

f0161652_02351297.jpg

こちらは、サンモリッツの街中にあるプロテスタント教会。
ここでオープニングコンサートが行われました。
今年のオルガン週間のテーマは、「音楽とダンス」。
バレリーナとのコラボなど、盛りだくさんのコンサート。
5日間の講習会中、3回のオルガンコンサートと
最後には生徒の終了発表会もあり、
弾きどころ聴きどころ満載の日々。

f0161652_02413492.jpg

ここは町にある教会のひとつ、
その昔この町に移住してきたイギリス人のための教会。
そういわれてみれば、なんだかイギリスの田舎の教会に似てるでしょ?!
f0161652_02441143.jpg

ステンドグラスの文字は英語でした☆
ここで私はコンサートも弾かせていただきました。

f0161652_02455871.jpg

周りには360度すごい景観の山並みが迫っているのに、
しかもここにはクアハウス(温泉)もあるのに、
一日中教会でオルガン付けでどこにも行けず(泣)。
でもそれもまた楽し☆
8名のヨーロッパ&日本からの参加者のみなさまと密着の
楽しく濃厚で、刺激的なオルガンの一週間を過ごしました。

f0161652_02503285.jpg

去年のオルガン週間の様子もこっちからどうぞ☆



今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2015-07-07 03:39 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)