2017年 08月 08日 ( 1 )

コル・ロデッラからサッソルンゴへハイキング Col Rodella - Sasolungo

イタリア全体が猛暑ですが、今年のドロミテは暑いっ!
標高1000Mを超える村々でも日中30度を超しています。
暑い日が、こんなに長く続くのは数年振り。
涼を求めてもっと高いところへいってきました。
隣谷、ファッサ渓谷のカンピテッロ村から出ているこのロープウェイに乗って。

f0161652_18475432.jpg

一気に2400Mまで登ると、眼前に突然開ける見晴らし!
左がセッラ山塊、右がポルドイ山塊。
写真に写ってないですが、更に右側には、氷河が残るマルモラーダが見えます。
ポルドイ(山頂3000m)には何度もロープウェイで登ったことがあるけど、
こっち側から見るのは初めて。絶景です☆☆

f0161652_19015478.jpg

同じ場所で左側を見ると、サッソルンゴ山塊が眼前に!
f0161652_19033488.jpg

360度のパノラマを楽しみながら、
下り坂をぐんぐん降りていきます。楽チン楽チン☆
はじめに降りたということは後で登るんだけどね・・

f0161652_19065683.jpg
歩くこと45分。
次のロープウェイ乗り場が見えてきました。
ここまで車で行くこともできます。
f0161652_19095694.jpg
この三つのオムスビ山、サッソルンゴ山塊の。。。
f0161652_19470081.jpg
あの山小屋目指して、このロープウェイに乗りますーー!
2人立ち乗り。基本的にずっと動いているこのゴンドラ。
乗るときは係員の人が「はい!今!」って言いながら
一人ずつ飛び乗らせてくれる。スリル満点☆☆
f0161652_19513943.jpg
15~20分くらい乗ってたかなー。
眼前の景色が緑から岩肌にどんどん変わってくると、
f0161652_19550705.jpg
巨大な岩擦れ擦れのところを通過!
f0161652_19572893.jpg
歩いて登ってる人も。次回は歩いてみたいなー。
朝早く出発しないとね・・。

この日のハイキング出発地点のコル・ロデッラは、
左上のおムスビ山の、白い山道の頂上。
こうやってみると、45分で結構歩けるもんですね。偉!
帰りはこれを戻った・・上り坂になるし暑いしゴンドラの最終運行時間は迫るし
いい運動になりました・・もっと朝早く行動はじめましょう・・汗

f0161652_20020693.jpg
はるか下から遠くに見えていた岩の間の山小屋に到着!
(ロープウェイで簡単に☆)
あまりに巨大で写真に収めきれなかったのですが、
両脇に巨大な岩がずーんと迫っていて、迫力&圧迫感最高潮。
f0161652_20033334.jpg
静寂の異次元の世界。
それがでも、壁に挟まれてとっても良い残響!
ここでコンサートしたら気持ちいいだろうなー。
岩の向こう側には、南チロル州の有名なシウジ高原が見下ろせます。
f0161652_20043539.jpg
この岸壁はもちろん!登りたいでしょ!!
この時も5~6カップルが登っていました。
しばし私たちも、岩の上にでーんと寝そべって真上を見ながら見学。
f0161652_20070771.jpg
やってまーす!一人は女の子だった☆
一度やってみたいなー。
一足目から岩に張り付いた状態で動けなくなりそうだけど・・・

f0161652_20060669.jpg
山小屋に、冬の様子の写真が飾ってありました。
半端じゃないね、この雪と寒さ。
f0161652_20085125.jpg
1953年にあった山頂でのミサを写した写真。
神父さまも大変だ。
f0161652_20101302.jpg
さて、帰り道。
キィ、キィって声がするので探したら、いたいた~~!!
マーモット!
しかもなんと父母子の3匹まとめてパパラッチ!!
f0161652_20115098.jpg
こっち向いたよー!かわいいいいいいい☆
(我が家のデカイ)猫よりも、一回り大きい感じかな。
f0161652_20132829.jpg
これがマーモットの住処。
こんな景色付きで、高級住宅だねー。
f0161652_20145780.jpg


・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-08-08 22:55 | ドロミテの景色 | Comments(2)