2009年 01月 17日 ( 1 )

チーズ工場見学

スキーの観光シーズン真っ只中のおらが谷。スポーツ系イベント目白押し。
そんな中、「チーズ工場見学できます」イベントを見つけた。
さっそく電話で予約。今朝9:30に工場へ。
こちらがチーズ工場&直売店でもある「チーズ組合」。おらが谷には二つある。
日本へのおみやげチーズもいつもここで。
f0161652_083854.jpg
行ってみると、参加者私一人。担当のおばちゃん笑いながら「じゃあ、さーっと軽く説明してあげるわよ」と。で、見学時間10分くらい(笑)。それでも相当楽しめました。
工場の中に入るには、白いビニールの割烹着と青のビニールの靴カバーをさせられる。
使い捨ての安っぽいビニールをひらひらまとって参上した、写真取り捲りのアジアのおばちゃん、従業員のおにーちゃんたちのいいカモ。
f0161652_0184635.jpg
ここには、約130の近辺の農家が組合員として登録しているとか。
そして毎日、この写真の奥の部分で、届いた乳を計量、そして手前の浴槽に入れていく。
f0161652_025241.jpg
その後、この大きな釜に凝乳酵素と一緒に入れ、かき回しながら固めていく。
f0161652_037339.jpg
この釜は奥にぐっと深かった。
f0161652_0381359.jpg
ちょうど、ひとつの釜から、固まり始めたチーズの原型を取り出すところだった。
二人がかりでの作業。チーズをすくい上げた布を木の棒に結びつけ、余分な水分を抜く。
(写真左上にちょっと写ってます)
f0161652_042657.jpg
その後、この型の中に納める。見たことあるような形が並んでる。
f0161652_0464947.jpg
これは、Trentino Grana(トレンティーノ州のグラーナチーズ。パルメザンチーズのトレンティーノ版)の商標包装テープ(って言うのかなあ・・?)。
f0161652_0523668.jpg
型に入れてもらったチーズは、まず一晩寝かせる。
f0161652_0541337.jpg
その後、このでかいプール(たぶん塩水)に数週間寝かす。
f0161652_0582639.jpg
それから、型をだんだんに絞めていきつつ、水分を抜いていく。それから温室へ。
最後に、この棚に積まれて熟成される。
トレンティーノ・グラーナの場合、3種類あり、一番短くて9ヶ月、長いのは24ヶ月熟成させるとか。私はこの24ヶ月グラーナのファン(値段も9ヶ月のより高いけど)。
f0161652_10758.jpg
他にも、ヤギのチーズコーナー、フレッシュチーズコーナーもあるらしいが、なんせ見学者一人だったため、あっさり案内終了(涙)。でも面白かったー!

見学は無料だったので、そうだと余計に、お店に寄ってちょっと買い物したくなるってもの。
f0161652_1658.jpg
実にいろんな種類のチーズが並んでる。
f0161652_1151240.jpg
いつも、色々冒険してみたいと思いつつも、買って帰るのはこの3品が定番。
左からトレンティーノ・グラーナ、ゴルゴンゾーラ、リコッタ(すでに半分は腹の中)。
お買い上げ金額15ユーロ(約1800円)。
大きさ比べのために、小さい松ぼっくり置いてみました(^^)。
f0161652_119867.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしてほチーズプリーズ。
[PR]
by organvita | 2009-01-17 01:27 | ドロミテの生活 | Comments(7)