盛岡のクリスマス・パイプオルガン・チャリティコンサート

約一年ぶりの盛岡。私の第3の故郷。
2002年までお世話になっていた盛岡市民文化ホールへ、パイプオルガンのクリスマス
コンサートを聴きに&懐かしい同僚たちに会うために来盛。
新幹線からの景色は雪景色。ああ、東北。
f0161652_7553327.jpg
白鳥もやってくる北上川。向こうに開運橋。
白鳥が空を飛んでいるところを見たのは、盛岡での初体験のひとつだったなあ。
f0161652_7535554.jpg
コンサートに伺う前に、「アミーチ・デル・オルガノ」という、盛岡のオルガン同好会の皆さんと久しぶりの再会。私の好きな盛岡のお寿司やさんにお集まり頂いて、楽しいおしゃべりに花が咲いた。ここのお寿司、一年間心待ちにしていましたっ。
この写真もイタリアのPCのデスクトップ行きだな・・。次回までまた写真で我慢・・・(泣)
f0161652_7563338.jpg
続けて食後のデザートへ。どら焼きの皮に挟まれた和風アイスクリーム。
左から紫芋、抹茶、ずんだ餅。イタリアのジェラートよりも心にしみる・・・。ああ日本万歳。
盛岡には美味しいものがありすぎるので、1泊旅行じゃあとてもとても食べきれない・・。
わんこそば、盛岡冷麺、じゃじゃ麺は次回までおあずけ。温泉も行きたいなあ。
f0161652_7572393.jpg
駅ビルで偶然聴くことができた、不来方高校の合唱。全国でも上位に鎮座する素晴らしい合唱団。振り付けもついて、買い物客も釘付け。
f0161652_7582162.jpg
駅前に並ぶ手作りの灯籠。
f0161652_7591869.jpg
さて、いよいよホールのコンサートへ。入り口はきれいにライトアップ。
f0161652_801971.jpg
実は、ここで働かせて頂いた当時は、チケットを持って正面入り口からお客さんとして入ってオルガンコンサートを聴いたことがなかった。念願叶って(?!)の正面入場。なんか照れマス・・(^^)。その入り口で迎え入れてくれたのは、盛岡製サンタクロース(角付き)。
f0161652_8196.jpg
しかし、こちらの美しい牝トナカイちゃんに人気殺到?!
f0161652_8211100.jpg
ホールに鎮座する非常に美しい装飾のオルガン。
オルガン:マルク・ガルニエ・オルガン工房 1998年制作
3段鍵盤+ペダル 32ストップ。
f0161652_831145.jpg
盛岡市民文化ホールでは、年間を通して数多くの多彩なパイプオルガン事業を展開している。固定ファンも多い。そんなこちらのホールで、専属オルガニストを務めておられる、盛岡の人気オルガニスト、渋澤久美さんと、ゲスト永瀬真紀さんによる、二人のオルガニストの連弾コンサート。
クリスマスらしいオルガンの名曲やメドレー、ポジティフとレガールという小型のパイプオルガンも駆使しての、変化に富んだ楽しいコンサートだった。それに、念願のクリスマス用舞台照明を楽しむことができた(自分が舞台にいた時は見えなかったのです・・)。
曲の雰囲気に合わせて変化する色と共に、久しぶりにこの響きを聴けて感謝!
ガルニエ・オルガンの響きはいつも温かい。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←盛岡のオルガンにワンクリック!
[PR]
by organvita | 2008-12-27 03:01 | 見た弾いたオルガン | Comments(4)
Commented by at 2008-12-27 09:56 x
愛ちゃん!先日は大変失礼しました。久々に盛岡の旨いものをたくさん満喫されたようですね。次こそ是非是非お会いしましょう。でも、当方また海の上かもしれません(実は明日から釣行飛び石3連チャン!!)が・・・それでは、良いお年をお迎えください。じゃね!
Commented by サチコ at 2008-12-28 13:58 x
愛ちゃん、コンサートいけなくてごめんね。
今回もぜひ会いたいです♪
Commented by organvita at 2009-01-01 15:16
杉さん!お目にかかれず残念でした。ごめんなさい!次回はぜひぜひ!ゆっくりとお会いしたいです。久々の重兵衛で生き返りました(^^)。
海の方はいかがでしたか?!・・・・今年も大漁お祈りしています~!
Commented by organvita at 2009-01-01 15:17
さっちゃん!あけましておめでとう!またメールするねーー!
ラブリーな年明けを迎えたかな?!
<< 聖グレゴリオの家 真夜中のミサ 「イタリア・バロックのクリスマス」 >>