10月 日本での演奏のご案内

もうすぐ一年振りの日本帰国。今からとても楽しみです!
その際、いくつか演奏させて頂く機会がありますので、
この場をお借りしてご紹介させてください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

10月1日(水) 18:30~19:30
聖路加国際病院礼拝堂 オルガンコンサート「夕の祈り」


♪フランスの名工、ガルニエ・オルガンを使った、オルガン音楽と祈りのひととき。
 J.S.バッハの作品を演奏します。

曲目:  トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
      「おお愛する魂よ、汝を飾れ」 BWV654
      「主イエス・キリスト、われらを顧みたまえ」 BWV655
      「来たれ、創り主にして聖霊なる神よ」 BWV667


行き方: こちらからどうぞ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
10月8日(水) 12:30~12:50
武蔵野女子学院 雪頂講堂 「パイプオルガン・プロムナード・コンサート」


♪舞台上の、天女が舞う襖の前に置かれた、移動式演奏台での演奏。
  不思議な異・素敵空間です。イタリアの元気な作品を、お昼休みにどうぞ。

曲目:  V.ペトラーリ 「クラリネットのためのアレグレット」
               「フルートのためのアダージョ」
      G.クイリチ  「ミサの後のための行進ポルカ」

行き方: こちらからどうぞ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
10月10日(金) 12:20~12:50
聖パウロ教会 「ランチタイムコンサート」


♪日本人オルガン製作者、辻宏氏による、北ドイツ・バロックオルガンを手本とした
  楽器で。タイトルは「イタリアとJ.S.バッハ」。楽しいお話を交えながら演奏します。

曲目: 
J.S.バッハ:  イタリア様式によるアリアと変奏
G.フレスコバルディ: 書簡の朗読の後のカンツォーナ
J.S.バッハ:  協奏曲 ヘ長調 A.ヴィヴァルディによる


行き方: こちらからどうぞ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
10月17日(金) 19:00~19:45
聖イグナチオ教会主聖堂 「オルガンと祈り」


♪教会聖歌隊、神父様のお話、お祈りを、オルガン音楽と共に。心休まるひととき。
  イタリアのバロック~ロマン派の教会音楽を中心に。

曲目: G.フレスコバルディ:「マドンナのミサ」よりキリエ(グレゴリオ聖歌と交唱)
     M.E.ボッシ: アヴェ・マリア
     D.ズィポリ: パルティータ イ短調
     V.ペトラーリ:「グローリアのための詩句」より

♪聖イグナチオ教会「オルガンと祈り」公式ブログはこちら。

行き方: こちらからどうぞ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
10月22日(水) 12:10~12:50 
横浜みなとみらいホール 「オルガン・1ドルコンサート」


♪アメリカ生まれのオルガン「ルーシー」と巡る、イタリアの旅。
19世紀のイタリア・オペラ風のオルガン作品を中心に、イタリアのお話を交えながら。

曲目: G.ヴェルディ/C.フマガッリ: 「アイーダ」によるオッフェルトリオ
     G.モランディ: 序曲、主題と変奏、フィナーレ
     V.ペトラーリ:  フルートのためのアダージョ
              クラリネットのためのアレグレット
      M.E.ボッシ:  アヴェ・マリア
               夜の歌
      G.クイリチ: ミサの後のための行進ポルカ

行き方&詳細: こちらからどうぞ

入場料: 1ドルまたは100円
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

♪学校、お仕事のお昼休みに、帰宅途中に、東京観光での一息に、
  是非お立ち寄りください。お目にかかれるのを楽しみにしております♪
[PR]
by organvita | 2008-09-04 01:01 | 見た弾いたオルガン | Comments(6)
Commented at 2008-09-04 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-05 01:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kiyo at 2008-09-05 16:56 x
帰国されるんですね。
是非どこかの日に聴きに行けたら! と思います。メニケッティ氏の来日と日程が被ってますね。もしもお時間あれば、彼の演奏会とかにもいらっしゃれたら面白いかもしれません。
Commented at 2008-09-06 11:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by K RAUM at 2008-09-07 12:42 x
こんにちは!
東京での演奏会たのしみです。
是非、伺いたいです。
私のブログに愛ちゃんの演奏会を紹介してもよろしいでしょうか。

Commented at 2008-10-12 09:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 夏の終わりに アルベンガ 魚万歳! >>