山歩き その2 ポルドイ峠

結局夜まで降り続けた昨日から一転、朝起きてみると快晴!
これは、ポルドイ峠にいかなくては!
おらが村からここまで、車で一時間。ドロミテの尾根がぐるっと見渡せる名所、
標高約3000M。この後、頂上まで、一気にロープウェイで登ります。
f0161652_7225489.jpg
ロープウェイ4分でたどり着く先は、こんな絶景。
もう木々は生えていない、岩肌丸出しの山のテラス。
f0161652_726735.jpg
ここは好きで何度か来ているけれど、こんなに遠くまでくっきり見渡せたのは初めて。
f0161652_812582.jpg
いつもは、ここまで来て大満足で、またロープウェイで下界に戻るのだが、
今日はこの岩山のテラスをもう少し先まで歩いてみることに。
昨日の雨は、ここでは雪になっていた。雪解け水で、岩がきらきら光っている。
遠くに見えるのは、マルモラーダ山の万年雪。
この岩がどのくらい大きいのかは、左上の人影で比べてください。
f0161652_7301380.jpg
歩けど歩けど岩山。後ろの岩山の前には、大きな大きな谷が口をあけている。この後ろの山がどのくらい大きいかは、頂上に小さく乗っかっている山小屋で比べてください。
この山頂まで歩けば3時間半だそうだ。
f0161652_7351694.jpg
足元に気をつけながらゆっくり歩くこと30分、少し下ったところに山小屋が。
f0161652_7383876.jpg
ここは、私たちがロープウェイ4分であっさり登ってきた斜面を、がんばって1時間半よじ登って来る人たちのゴールでもある。大勢の若者が休んでいた。
f0161652_7413599.jpg
向こうの山頂方面から帰ってくる人たち。それを犬が見守ってる。
雪のまだ残る岩の細道が怖かったので、私たちはここで折り返した。今度は完全装備で、いつかあの山頂まで到達してみたいな。山小屋に泊まれるみたいだし。
f0161652_7461860.jpg
たぶん世界5本指に入る、見晴らし絶景のトイレ。どちら側からも絶景だけどね・・。
f0161652_7502723.jpg
30分だけど、足元に気をつけながら、ものすごくまぶしい日差しの中を歩いたので(サングラス忘れた)、結構疲れた。この山小屋で甘いもの食べてエネルギー補給。
リンゴパイとホットチョコレート。
f0161652_7541531.jpg
行きは必死で気がつかなかったけど、
こんな岩場の影に、白い小さな花がひっそりと咲いていた。
f0161652_7583879.jpg
戻った先のロープウェイ乗り場のテラスには、「日焼けサロン」ならぬ休憩所。
たぶん5分くらいでも効果テキメン。こっちの人は「美白」なんて単語はたぶん知らない。日焼けして色黒のほうがカッコイイと思われているので、率先して焼いてる。
f0161652_845568.jpg
「今度は向こうの山頂まで行き隊ね」メンバー3人。
ちなみに、ダヴィデの古楽器アンサンブル「グルッポ セイチェント Gruppo seicento」は、イタリア、スペイン、南アメリカを中心に活躍しています。
日本にも行き隊んだそうです!イケメン(??)イタリア男集団です。是非ご贔屓に~!
f0161652_811959.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←山、万歳!
[PR]
by organvita | 2008-08-26 08:23 | ドロミテの景色 | Comments(7)
Commented at 2008-08-26 21:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organvita at 2008-08-27 02:56
arpaちゃん、懐かしんでもらって私も嬉しいよん(^^)。
ウエストポーチの下の腹も立派になってたよ。ウチの夫と大きさ比べしてた。結構いい勝負。「雷」を待つダヴィデ、まだまだ気持ちは青年!
Commented by TK at 2008-08-29 03:06 x
愛さん、はじめまして。いつもドロミテの生活羨ましく見ています。実は7月半ばからドロミテに行きました。パッソポルドイなつかしい。グルッポセラのピッツボエーに登りました。あの山頂です。セラは石、岩でなんだか三次元の世界でした。トイレは愛さんの写真のと同じでしたが、そこに行くのも岩場を降りていったんですよ。私たちも「世界で一番景色の良い、、、、」と言いました。雪が降ったのですね。又山の写真楽しみにしています。
Commented by kiyo at 2008-08-30 16:15 x
ホントはこんな風に見えるんですね~!次回は徒歩にチャレンジするかな?!
東京はこのところ、突然の豪雨や激しい雷で異常気象です。そういえば、日本にも、きのこ愛好家の集まりがあって、お互いを「菌友」って呼び合うらしいですよ。。。
秋に呼ぶのはピサ在住のロペルト・メニケッティ氏で、フィレンツェに行った時お世話になりました。彼もやっぱり奥様が日本人のオルガニストなのです。
Commented by ラウラ at 2008-09-01 08:52 x
はじめまして、ラウラです。

Dolomiti には昨夏初めて行きましたが、住んでるなんて羨まし過ぎます!! Piz Boe にも登りましたよ! よく無事帰ってこれたと思います...

まもなくイタリアに戻って、遅いバカンスでほんとはまたDolomiti(Alta Badia)に行きたかったのですが、Perugiaからなので、ガソリン代が...
目的地変更になるかも...

オルガンの音色も大大好きです!
Commented by organvita at 2008-09-02 18:43
TKさま、ラウラさま、コメントありがとうございます!
ドロミテにいらしたんですね!あまりこの辺では日本人も見かけないですが、山好きな方にはモッテコイ(!)ですよね。ピッツボエ、こんな近くに住んでいながら、下から見るだけでまだ行ってません。お二人のコメントを読んで俄然興味が湧いてきました!今度挑戦してみます!
Commented by organvita at 2008-09-02 18:46
kiyoさん!そうなんです・・!本当はこの景色をナマで見ていただきたかったのですが・・!!また凝りずにいらしてください。山小屋コースもご案内します~。「菌友」面白すぎです。
メニケッティ氏のことは、この間もお話伺いましたね!素敵なコンサートになりますことをお祈りしています!
<< サッビオーネ(レッジョ・エミリ... 山歩き その1 キノコの森 >>