山の料理

渓谷には大きな一本道がずっと走っているが、そこから左右にたくさんの細道が、山に向かって伸びている。
住み始めたころは、この一本道しかしらなくて、両端がすぐ山でちょっと退屈に思っていたけれど、この左右の細道を探検するようになると、意外な別世界が広がっているのを見つけたりと、未だに驚かされることが多い。山って奥が深い。
そんな中でも最近の私の「発見」場所はここ。
ある日、道を間違ったがために偶然見つけた、お気に入りの場所!
f0161652_6353578.jpg
写真には写っていないけれど、小さな小さな、松の木に囲まれた美しい池があったり
(夫はこの池を日本庭園と呼んでいる)、な~んとものどかで平和な景色。
こんなところに放牧された動物って幸せだろうなあ。
ここの草は特別ウマか。

f0161652_6423340.jpg
お馬専用カー。

この大自然の中に、ポツンと一軒たたずむ農家。
ここでは自家製サラミや燻製ハムなどを製造している。
しかもレストランが隣接していて、この大自然を味わいながら、舌でも味わえるという
ステキ空間。日本から知人ご夫婦が遊びにいらしたので、早速お連れした(というより、かなり強引に・・?!)。
手前が直売店、奥がレストラン。
f0161652_6483848.jpg

中は木組みの落ち着いた空間。暖炉には火が燃えていた。
f0161652_657378.jpg

4人で頼んだ、レストランお任せ郷土料理コース。
まずは前菜。サラミ、スペック(スモークハム)、生ハム、鹿の燻製ハムなどなどの盛り合わせを、ピクルスと西洋サワビで口をリフレッシュさせながら。
この時点でかなりお腹満足。しかしまだまだ続くのだ。
f0161652_703562.jpg

次に運ばれてきたのは、大きなボール型のお皿に入れられた、大麦入りの野菜スープ。
ここにパルメザンチーズをふりかけて。
f0161652_761012.jpg
すっごく美味しい初めての味!しかし、調子に乗って食べつくしてしまってはいけない。
メイン料理が入るお腹のスペースを空けておかなければ。
・・・と知りつつも、つい二杯目をよそっちゃった。

ビール&地元のビオ赤ワイン(絶品!)も手伝って気ん持ちよくなってきたところに、
やってきました~!メインの豚料理盛り合わせ。
豚のスネ肉、豚のアバラ肉、豚の燻製ウインナーハンバーグがこんもりもりもり。
下にキャベツの酢漬けとカネデルリ(この辺りの郷土料理。砕いたパンを丸めて作る)が完全に埋もれてた・・。
f0161652_7123689.jpg
それに添えて(っていう感じの上品さはないけど・・・)食べるのが、このポレンタ。
トウモロコシ粉で作ったもの。トレンティーノ・アルトアディジェ州には、パスタの伝統はなく、つい最近までこっちが主流だったとか。日本人がお米を食べる感覚かな。
f0161652_7225955.jpg
ちなみに、イタリアのトレンティーノ・アルトアディジェ州以外の人が、この地方の人たちを「小バカに」するとき、このポレンタをネタに出してきて、「牛のウン○を食べるやつら・・・」って言うとかなんとか。まあそう見えなくも・・・いえいえ。まだ食事中です。美味しかったですよ、ポレンタ。

お腹パンパンパン。豚を食べた私が豚になってる。
しかし私の別腹は、すんなりととても好意的にデザートを受け入れ(夢中でまた写真忘れました・・)、その後お店からのサービスで飲んだ、リンゴ味のグラッパ(ワインの搾りカスを蒸留してつくるブランデー)をくいっと飲んで、かなり上機嫌で帰宅。
ドアを開けてベットに直行。ああ、完全に豚。
でも本当に美味しかった!また行きたいね、と夫。
豚が牛に変身するかモーね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2008-06-01 08:15 | ドロミテの景色 | Comments(10)
Commented at 2008-06-01 09:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mineco at 2008-06-01 23:20 x
次に行くところは決まった!鹿の薫製食べたい…イタリアからポレンタを担いで帰ったものの、まだ調理していないのだけれど、なにと食べるのがベストだろう?煮込みかなあ?教えてプリ〜ズ。
Commented at 2008-06-02 11:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by arpa at 2008-06-02 19:46 x
minecoさま
コメントにコメントつけちゃいますが。
青カビチーズが大丈夫なら、ポレンタにはゴルゴンゾーラチーズが合いますよ~。
昔お世話になったイタリア人マダムの大好物です。
もちろん、お肉のトマト煮とか、煮込みものにもばっちりです。
インスタントのポレンタも、結構侮れない味ですよ~。
私は柔らかめが好きなので、ちょっと水分多めに仕上げてます。
お手軽だし、冷めて固まってしまったら、フライパンにバターを溶かして、切ったポレンタをいれて焦げ目をつけると、また風味が変わって美味しいです。
あ~、食べたくなってきちゃった・・・。
Commented by katia at 2008-06-03 00:25 x
おお~、美味しそう☆ 雰囲気も良いですね。
うちのほうで食べるポレンタと色が違うんですけど、気のせいでしょうか? 中に何か入っているのかな???
ポレンタ、ブラジルでも食べるんですよ♪
Commented at 2008-06-03 04:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mineco at 2008-06-03 23:44 x
arpaさま
わあ!美味しそう…とくに冷めて固まったものを焼いて食べる方法。お焼きみたいなものかな?早速試してみます。美味しいコメントをありがとうございます。
Commented by luna at 2008-06-04 12:12 x
こういう素朴な山小屋風のところがすごく可愛くておいしいのですよね!
私は、食だけは、これはもうどうしようもなく海派なんですが、この雰囲気が好きでドロミテに行くと毎回ごはんが楽しみです。
それから安い。。。
ローマから行くと痛感します。
Commented by organvita at 2008-06-04 16:12
数日留守にしていてブログチェックできなかった間に、コメント欄に「ポレンタの輪」が繰り広げられていた様子!こういうところ、ブログって面白いですね。
mineco、arpaちゃんコメントありがと~。arpaちゃんお勧めの食べ方、美味しいよー!私がこのレストランで食べたときも、「添え物」のこのポレンタに、「添え物2」としてグラシュ・スープ(牛肉の煮込みスープ)が出てきて、それをポレンタにかけて食べました。「添え物2」が牛肉ってのがスゴイけど(笑)。
Katiaさんの住むTrinoのあたりは、ポレンタは白ですか??ヴェネトのは白いんですよ。この辺のは黄色ですが、中に何かが仕込んであったり、スーパーでもたくさんいろんな種類が並んでます。このレストランのポレンタはなにか茶色いものが入っていて、結構固めに仕上げてました。ブラジルでポレンタなんてなんか不思議ですねー。
Lunaさん、確かにローマは高いですね・・。山小屋のレストランは大抵外れもなくて安いですよ。この郷土料理メニューは一人20ユーロでした。(+ドリンク)
Commented by organvita at 2008-06-04 16:18
石井さま、こちらこそご無沙汰しておりました。ポジティフに加え、チェンバロやレガールも始められたんですね!ご活躍のご様子、久しぶりに石井さんのブログで嬉しく拝見しました。楽器を運びながら、また色々な音楽家や演奏とも出会えて素敵ですね。羨ましいです~。
またそちらのブログへも遊びに行かせていただきます。
<< ヴェネツィアへの船旅 ミシェル・ブヴァール氏の演奏会を聴く >>