ジーロ・ディタリア Giro d'Italia koneta

ジーロ・ディタリアが、おらが村にやって来た!
この競技はフランスの「トゥール・ド・フランス」にあたる自転車ロードレースで、3週間かけてイタリア各地を一周する。自転車はヨーロッパではとてもポピュラーなスポーツ。
このロードレースもテレビで中継される。
昨日は「ヴェローナVerona→アルペ・ディ・パンペアーゴAlpe di Pampeago」ルートの日。195Kmの終着点、おらが村のすぐ裏にあるパンペアーゴに入る直前、おらが村の村内を通過するので、夫と楽しみにしていた。

おらが村中もすっかり応援モード。あちこちにピンク色の旗や風船が飾られ、ムードが盛り上がっていく。いつもは静かなおらが村の上をヘリコプターが飛び交い、広場に観光バスが並び、イタリア放送局RAIの報道車もやってきた。
f0161652_0152579.jpg

f0161652_026619.jpg観光案内所も、
f0161652_028116.jpgカメラ屋さんも、
f0161652_0322497.jpgバールも、
十字架のイエス様も、みんな応援しています。
f0161652_0343241.jpg

広場にヘンな車が。「信~じられないお値段!」と妙にハイテンションな女性の声のテープを流しながら商売していた陽気なおじさん。
f0161652_0383336.jpg


f0161652_0403444.jpg応援グッツ一式10ユーロ。
おじさん、ピンクが妙に似合ってる。












このルートは起伏が多い山越えコース。おらが村のあるフィエンメ渓谷に入る直前に、マンゲン峠(Passo Manghen)という峠を超えてくるのだが、ここは私も普段、車の坂道運転で苦労しているところなので、どんなに大変かよくわかる。しかも自転車でだ。脱帽。
近くにやってくるまで、まずは家のテレビで観戦&応援。
峠の上にはまだ雪が残っているようだ。
f0161652_0484594.jpg

おらが村にいよいよ近づいてきた!急いで外に出ると、村人たちがすでにたくさん集まって、道を作っていた。近くのバールのテレビから聞こえてくる中継に耳を澄ます。
そして、やってきた!ダントツ一位のランナー、エマヌエーレ・セッラ(Emanuele Sella)!
f0161652_0553721.jpg

すごい坂道なのに、すごい速さ!二回目のシャッターを押した時にはもう後姿。
腕、足の筋肉がすごい!カッコイイ~!
f0161652_12116.jpg

しばらく遅れてから、2,3位を狙う自転車の大群が通過。
f0161652_161372.jpg


f0161652_110217.jpgイタリア国旗、ジーロ・ディタリアの旗が翻り、村人たちの熱い歓声が飛び交う中を、選手たちが寡黙に駆け抜けていく。
f0161652_1244332.jpg選手の後を、自転車を載せた車が続く。
これは大変な競技だ!!
















おらが村はゴール前8km地点。しかしこの後、傾斜16%の最後の難関が待ち構えているのだ。まだまだ安心できない。
f0161652_1284798.jpg

ゴール地点の様子は、近くのバールに駆け込んで観戦した。
さっきおらが村をダントツで通過していったセッラが、そのままゴールを飾った模様。
ちなみに、翌日の今日、ドロミテ山岳横断コース「モエナMoena→マルモラーダMormorada」ルートも彼が一位だった。昨日4時間半も走り続けたのに、すごい体力と精神力!
f0161652_132489.jpg

おらが村の昔の納屋が開放され、歴史あるジーロ・ディタリアの写真展をしていた。
f0161652_1415612.jpg

素晴らしい写真が並ぶ中、私的に一番ウケたこの一枚。
ちょっとピンボケちゃったけど、そのほうがよかったね・・。
f0161652_1444993.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2008-05-26 02:03 | ドロミテの景色 | Comments(4)
Commented by オルガン探検家 at 2008-05-27 09:54 x
間近でジロ・デ・イタリア(外国語音痴で昔からこう読んでいました)しかも山岳コースを体験できるなんて羨ましい限り。考えられないようなスピードで登って行くんでしょうね!平坦路では走りながら用を足すんですよ!
Commented by organvita at 2008-05-27 17:01
オルガン探検家さま、はい、すごい速さでした!応援に来ていた自転車・アマチュアの人たちも途中でまぎれ込んで走ったりしてましたが、全然違いますね、体格も風の切り方も!プロはすごいです。
平坦地では、そうなんですか!素朴な疑問が晴れました・・。
Commented by kitamura at 2008-12-12 14:51 x
はじめまして。アルプスの峠ドライブをしているものです。
この6月、「おらが村」で宿探しをし、結局カヴァレーゼで3泊し、マンゲン峠などを走ってきました。
ジロの5月24日、14ステージでネット検索してこのページに来ましたが、当日の村の熱気などが伝わってきました。ありがとうございます。
今は大雪とか。これからも時々遊びに来ます。
Commented by organvita at 2008-12-12 18:53
kitamura様、コメントどうもありがとうございます。このあたりの村や谷の様子もぽちぽち掲載しております。旅の参考になれば大変嬉しいです。おらが村へもまた遊びにいらしてください(^^)
<< 聖体祭 Corpus Domini 日本人・中国人 >>