オルガンのれんしゅう

今週になって急に温かくなり、タンポポが満開!
f0161652_75524.jpg

タンポポ、山桜、雪山の三重唱。
f0161652_7103649.jpg

以前から気になっていた、なんとなく独特の雰囲気が宿る、あこがれのお家。
どんな人が住んでいるんだろう。こんなところに住めたらいいなーーー・・・。
どこまでも庭が続いているかのよう。
f0161652_713415.jpg


f0161652_716476.jpg・・・なんて、いつも夢みながら通り過ぎていたこのお家。
・・が!なんと!
今日見たら売りに出ているではないかっっ!!
売りにでなきゃ買えない!
ってことは、今まさに買い時?!



・・・と数分夢見て写真にまで収めちゃったものの、ああ、はかない。

夢は夢、現実は現実。
こんなに暖かくていい気持ちなのに、
このタンポポの上でごろっとしたら最高だろうなーと思うのに、
先のことを考えるとどうしても怖くて、れんしゅうにいかなければならず。ああ、はがゆい。

ということで、やってきたのが、いつも練習に使わせてもらっている小さな教会。
おらが村から車でちょっと。同じ谷の村にある。教会の前はちょっとした公園になっていて、村人の憩いの場、午後はこどもが集まってくる。
f0161652_726794.jpg

教会の中に入るとひんやり。夏でもセーター持参で練習している。
幸い田舎の教会なので、他に練習に来る人もほとんどいず、ミサの時を覗けばいつでも快く貸してくれるので、とてもありがたい。しかも無料です。
こういうところ、ヨーロッパって寛大でいいなと思う。
f0161652_735074.jpg

なので、せめてお礼に、練習に来たらこのマリアさまの足元のろうそくに火をつけている。
ろうそくひとつ10セント。16円・・。今日はブログ用にふたつサービス。でも小銭忘れた。ああ、ごめんなさい。
f0161652_7415766.jpg

     このオルガンは夫が勤めるオルガン工房が2000年に制作したもの。
            2段鍵盤+ペダル、14ストップ&カプラー。
    小ぶりだが、この規模の教会に丁度よい大きさ。残響の気持ちよい教会。
f0161652_7502186.jpg

           木の模様のデザインは、いつも社長の奥さまが。
            それをこの谷の木彫り職人が掘り出していく。
f0161652_759103.jpg
鍵盤はとても繊細。一人で練習していても、実はこの楽器が、良い弾き方しているか、
そうでないか、色々と教えてくれるのだ。先生、今日もキビシく容赦なし・・・。
f0161652_80216.jpg
                これからもお世話になります。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ ←クリックしていただけたら嬉しいです。
[PR]
by organvita | 2008-05-09 08:25 | 見た弾いたオルガン | Comments(10)
Commented by naomitbz at 2008-05-09 18:48 x
愛さんこんにちは!

美しい写真ばかりで、同じような風景を毎日見ているけれど、
心が和みます。谷のローカルニュースもここで手に入れます。
しかし、オルガニストは大変な仕事なんですね。
歌うたいとは全然違って・・・。音楽勉強した割には知らないことばかりで(かなり無知)、愛さんブログで情報収集。

BZで演奏する際はまた連絡ください!
Commented by organvita at 2008-05-09 21:27
naomibzさん!コメントどうもありがとうです!いえいえ、鍵盤は沢山あっても、自分で音程をとらなきゃいけない歌うたいさんのほうが、私から見たらもっと大変そう・・。近いうちにBZ取材(笑)に行きたいです。ガイドお願いします~!
Commented by gomamama at 2008-05-09 23:16 x
木彫りの部分の繊細さがとっても素敵だね!上にすーっと伸びるような形がエレガントなオルガンですね。
社長ご夫妻のチームワークが息づいているような気がします。
Commented by はじめまして at 2008-05-10 01:24 x
にほんブログ村の新着サイトで愛さんのブログを知り、期待以上のブログでしたのでとりもなおさずごあいさつさせていただきます。オルガンにはとても興味があり、オルガンの写真に感激しています。ブログ全体にも、とてもすがすがしい気持ちにさせてもらっています。わたしは熊本に住んでいますが、白川教会にパイプ・オルガンがあり、年に二度ほど、松居直美先生に来ていただいています。ブクステフーデ、バッハは言うに及ばず、わたしはスヴェーリンクとフランクのオルガン曲が大好きです。時代的には極端ですね。愛さんの演奏を聴くことはできないでしょうか。ぜひわたしのブログで、サイトで紹介させて下さい。
Commented by organvita at 2008-05-11 00:26
「はじめまして」様、嬉しいコメントをどうもありがとうございました。励みになります。どうぞこれからも暖かく応援いただけたら嬉しいです。スウェーリンク、フランクのネタもあればご紹介してみますね。ブログも早速拝見させていただきました。素晴らしいです!私のソロの録音はないのですが、昨年3人のオルガニストで作ったCDがあります。どうぞこちらを参考になさってくださいませ。
http://www.malios.co.jp/~mfca/sales/cd.htm
Commented by yoshi at 2008-05-11 11:11 x
愛ちゃ~ん☆
まるで「アルプスの少女ハイジ」ですね。
私もこのタンポポの上に大の字になって
ゴロンとしてみたいです。

「田舎の教会」とおっしゃっていますが
それでも繊細な装飾が施されたマリアさまの教会、
美しいパイプオルガン…さすがヨーロッパですね。

私はてっきり↓の似顔絵は
お父上さまのお作かと思っていました(笑)
とってもお二人の特徴をつかんでおられて、
素敵な似顔絵です♪

Commented by オルガン探検家 at 2008-05-12 10:28 x
日本に居ながらイタリアを満喫出来そうなブログでとても素敵です。
沢山のイタリアオルガン情報をお願い致します。
Commented by organvita at 2008-05-12 17:55
yoshiさん!「アルプスの少女ハイジ」は、正確にいうと「アルプスのおばさん」です(笑)。幸い白パンは山でも売っているので、ハイジのおばあちゃんも嬉しそう(ほんとかなー)。タンポポにごろっとしに来てください~。
Commented by organvita at 2008-05-12 17:57
「オルガン探検家」さま、コメントをどうもありがとうございました!見ていただいて嬉しいです。オルガンもたくさん綴っていく予定です。どうぞ応援してくださいね。
Commented at 2008-05-17 23:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< イタリアの釣りキチ三平たち 似顔絵 >>