バス停のマルティン・ルター。

10月31日はルターの宗教改革500年記念日で、
ドイツはもちろん、カトリックのイタリアでも大きく取り上げられています。

難しいことを書くつもりは全くないです。
でも、おらが谷へ帰る途中の、林檎畑のバス停が、
ちょっと前から気になってたので。
だって、バス停にルターが。。。!!

f0161652_06291766.jpg
南チロル州の、メラノという町の郊外にあるチロル城で、
「ルターとチロル」という特別展示をしている、というポスター。

f0161652_06320636.jpg
のどかなバス停に存在感たっぷりのルター。
f0161652_06332949.jpg


その後ろでは草を食む牛ちゃん。

f0161652_06352867.jpg

明日はドイツ中の教会で特別礼拝が行われるようです。
カントールをしているドイツ人の友達たちも大忙しの様子。
ちなみにカトリックでは明日は諸聖人の日、明後日は死者の日と続きます。


・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-10-31 07:04 | ドロミテの生活 | Comments(0)
<< JITRAに寄稿しました。 チェーチェ湖 Lago di ... >>