ポルトガル、レイリア Leiria

ポルトガルのほぼ中央に位置するレイリアの町。
丘の上のお城を中心に栄えた様子がよくわかります。
特に観光地という感じではないけれど、
ここには大学もあって、若者で賑わう活気のあるところ。
普段着のポルトガルが見られる印象の、素敵な町です。
交通の要でもあって、ファティマから30分。

f0161652_19184864.jpg

早速お城に登りました。
15分くらい軽く汗を流しながら。

f0161652_00451437.jpg

オルガンの仕事中のカテドラルが左側に、
そしてその前に旧市街が広がっているのがわかります。
市外には高層マンションもあって、結構大きな町。

f0161652_00424591.jpg


町の中央には、静かな川が流れていて、
その両サイドは長い散歩道になっています。
朝夕、ジョギングする人たちをたくさん見かけました。
小奇麗に整備された住みよさそうな町。

f0161652_05134481.jpg


ここは旧市街の一角。
その昔、このタイル張りのアーケードが、
ユダヤ人移住地区の入り口でした。


f0161652_19165080.jpg


アズレージョと呼ばれるポルトガルタイルの家が
あちこちに見られます。
ちなみにこの家、売出し中。

f0161652_05104408.jpg


細い路地が入り組む旧ユダヤ人街。
猫好きにはタマラナイ路地発見したにゃん。

f0161652_19131186.jpg

カテドラル近くにあるカフェ。
ランチの後に毎日通いました。
ポルトガル、大体どこでもエスプレッソは50セント(70円くらい)、
イタリアの半額!しかもイタリアよりもおいしい☆
こんなアンチョビの魚マークがポルトガルの至る所に。

f0161652_00480267.jpg

壁に遊び心がある一角。ここは帽子とカゴ屋さん。

f0161652_00512325.jpg

ここにも猫☆☆ お城が左奥に見えてます。

f0161652_00314362.jpg

路地の一角で見つけたお店。ザ・「何でも屋さん」。
お酒とギターが一緒に売られてる。しかもギターはビニール袋売り。

f0161652_23484671.jpg

店長のおじいさんがアコーディオンで迎えてくれました。

f0161652_23332099.jpg


どんどんなんでも弾いてくれます。
実はカテドラルのオルガニストの生徒さん(笑)。
まあ一杯飲んでけ、と立ち飲みでご馳走になりました☆
いいなあ、こういうの。

f0161652_00031571.jpg
仕事中買出しにちょこちょこ通ったスーパー。
外国のスーパーは楽しい☆
ポルトガルのスーパーの特徴はなんといってもこれ、干しタラ!
スーパーに入るとプーンと匂ってきます。
こんな風にどかんと売ってます。
宿泊先のセミナリオで一度干しタラとジャガイモの
オーブン料理がでてきたけど、おいしかった~☆

f0161652_19075505.jpg


・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-10-10 05:42 | ヨーロッパ紀行 | Comments(0)
<< コルブリコン湖 Laghett... オルガンのオーバーホール in... >>