ドロミテ・オルガン・アカデミー2017 その1


2017年のドロミテオルガンアカデミーその1。
気さくな4名の参加者の方が日本各地から集まってくださり、
今年も楽しく無事に迎えることができました。

その第一枚目の写真がこれ↓↓(笑)。
中が満席で、外に座った途端に激しい雷雨!
それでもハムはおいしかった☆☆
スペックというこの地方特産のハム工場に隣接したレストランにて。
ここに食べに来るのは毎年ほぼ恒例行事。
f0161652_22152968.jpg

おらが村を本拠地としながら東西南北に車で移動して、
5日間に9台のオルガンを弾いて回りました。
ある日の山越え。頂上にて写真撮影タイム☆
f0161652_22350399.jpg

9台のうち5台は歴史楽器、4台は新しい楽器。
これだけまとめて短期間にオルガンを見て回ることは
私自身も普段はないので、改めて興味深かったです。
オルガンに合わせてレパートリーを変えたり、
または同じ曲を違う楽器でも試してみたり。
一番勉強させてもらっているのは、この私。

f0161652_22292671.jpg


こちらは↓イタリア1802年の楽器。
こんな上品な容姿からは想像のつかない楽しい楽器で、
みんなで弾きあって遊んだ後は・・・

f0161652_23033205.jpg

ザ・人数分の全味違うピザを頼んでシェアランチ☆

オルガンの鍵を貸してくれた教会オルガニストのローリスと、
日本VSイタリアの教会音楽の相違点に花が咲いて、
みんなで鼻息荒く?!討論しながら(笑)。
f0161652_23064626.jpg

ドロミテはベランダの花が今、一番美しい季節です!
教会前のホテル。
f0161652_23462800.jpg


もう一台、タイプの違うイタリア歴史楽器で、
カンタービレなイタリアンの響きを満喫。
「この村に一ヶ月滞在して弾きまくりたい~」叫び続出。
いつでもまたどうぞ☆

f0161652_23473549.jpg

ドロミテのこの辺りは、第一次大戦まで
オーストリアとイタリアが入り組んでいたところ。
オルガンも、谷が一つ変わるとガラッとその様相も変わります。
こちらは南チロル州(もとオーストリア)で一番古い歴史楽器。
1599年のミーントーンの楽器を弾きにいきました。
この容姿だけでもとても美しいです。

f0161652_00422493.jpg
こういうオルガンで弾くと突然その魅力が生き生きと語りかけてくる
ルネサンスや初期バロックの作品を、「あーこういうことだったんだ!」と
皆で合点しながら時間一杯弾きあって楽しみました。

f0161652_00352680.jpg

近所のスキージャンプ場にてひとっ飛び☆ 着地大成功(笑)。
世界選手権も行われていて、賞を取った日本選手の名前も記されています。
f0161652_23490738.jpg

アンドレアのオルガン工房も見学。
現在、イタリアの某音大に納入される楽器の最終仕上げ中。

f0161652_00014031.jpg

おらが村では夏は毎週火曜日に村祭りしています。
この日も夕食の後みんなで夜の散歩。

f0161652_00032922.jpg

谷をまた一つ越えて、アンドレアの新しい楽器を見学に。
3年前に建った美しい容姿のオルガン。

f0161652_00324223.jpg

お披露目演奏会の時は満員御礼で残響もほぼゼロ状態で聴いたのですが、
当時はまだ資金不足のために入れられないままだったいくつかのレジスターも、
その後、元神父さまがヘソクリ?を提供してくれたお陰で全て完成。
この日は私たちだけでゆっくりとこの楽器を堪能することができました。
本当に素晴らしい楽器でした。
近いうちにもう一度一人っきりでゆっくりと弾きにいきたい。うふ。

f0161652_00043931.jpg

この近くのもう一台のアンドレアの楽器。
必然的にアンドレアの楽器を弾くことが多くなってしまうのですが、
彼の楽器はどれも、本当に全然コンセプトも響きも違うので、
弾き比べるのが面白いです。

f0161652_00064120.jpg

こちらはおらが谷で一番大きな、残響も長い教会にて。
ロマン派の曲を教会ならではの響きの中で堪能中。

f0161652_00113034.jpg

最終日にはおらが谷のこの教会で、チャリティコンサートと題して
参加された皆様さまにコンサートを弾いていただきました。
毎年恒例化してきていて、楽しみに来てくれる村人も多いんです。

f0161652_00162123.jpg

私の谷のオルガン生徒くんも混ざって「宿題」披露。
オルガン弾き始めたばかりの16歳の青年にもいい刺激になったみたい。

f0161652_00245559.jpg

みんなで記念撮影!!
皆さま素晴らしい演奏でした☆

f0161652_00271120.jpg
さて、おらが谷を降りると、
そこには南チロル州の有名なワイン畑が広がっているのですが、
そこの教会で見つけたこの人、ブドウやワインの守護聖人、聖ウルバヌス。
ブドウの房を持っているのが特徴。

f0161652_00433358.jpg
というわけで、知人が経営しているワイナリーを見学しました。
家族経営のこのワイナリーでは10種類のワインを作っています。
今が7代目という歴史あるこのワイナリー。
未来の8代目の息子くんがブドウのお手入れ中でした。
f0161652_00490583.jpg
入るだけでほのかに酔っ払いそうな、
ワインの香りが充満した地下のお部屋などを、
ワイングラスを持ちながら移動しつつ、説明を受けます。
とーってもいい気分☆
f0161652_00540747.jpg
その後、中庭で4種類のワインをテースティングしながら、
それぞれに合う軽食をご馳走になりました☆
車で来てなければもっと飲めたんだけど!!
私はアルコールあんまり強くないからすぐに酔っ払う性。
f0161652_01094308.jpg
PS.参加された4名の皆さまへ。
あれから数日後、私またここに行って、
ワイン2箱大人買いしちゃいました☆ 
チビリチビリと家で楽しみます~

f0161652_00570554.jpg
長くなりましたが、こんな感じで
充実した楽しいアカデミーその1、終了しました☆


・・・・・・・
リンク集
A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-08-03 07:42 | ドロミテ・オルガン・アカデミー | Comments(2)
Commented by Toshi at 2017-08-03 08:55 x
愛お姉ちゃん、チャオ!素敵なまとめ方ですね。お金があったらゼーニ(銭)(*^^*)オルガン、買いたいです。老後ですかね~。今日も2時起きでした(紐の悪夢でしょうか。。。)日本にいらしたら是非我が家へお立ち寄り下さいませ!
Commented by organvita at 2017-08-04 22:02
Toshiさんへ。
「銭オルガン」買ってください(笑)。老後になってから買うよりも今から買ってたっぷり弾きまくったほうがきっと人生楽しめますよ☆特別に紐もつけますから(笑)。ひっぱるとアンドレアが飛んできたりして☆どう?!
<< 誕生日祝い コジオ・ダロッシャのオルガン ... >>