コジオ・ダロッシャのオルガン Cosio d'Arroscia

おらが村からジェノヴァ方向に西に電車で6時間。今回は一人旅。
海沿いの町アルベンガにやっと降り立ったら、迎えに来てくれた車が
内陸部に向かって、こんな景色になるまで更に延々と走り続けました。
不安に駆られること40分(爆)。やっと着いた現地から見た隣村はこんな風。
ほんと、人間ってどんなところにでも居住しちゃうのね。
私のおらが村もいい勝負だけど。
f0161652_23463527.jpg
そんな村の中にひっそり佇むこのオラトリオが、この日のコンサートの会場。
この地域で一番古いこのオルガンが、バルコニーに小さく鎮座して待っていました。
f0161652_23054466.jpg

村に代々受け継がれてきた、キリスト受難の板人形(っていうのかな?)が
展示されています。

f0161652_23161177.jpg

オルガンに登る螺旋階段。

f0161652_20534464.jpg
オルガンバルコニーから見下ろしたところ。
祭壇の前には村人お手製の白い布を張ったスクリーンが立てられて、
演奏風景が映し出されました。

f0161652_23195606.jpg

これがそのオルガン。
基本の音域が4フィートで、全てが1オクターブ高い響きという、
少し変わった楽器。(ペダルには8フィート)。
その割にはパワーがあって、なかなか面白い楽器でした。

f0161652_23081819.jpg

イタリアンの小品などを色々組み合わせたプログラムに加えて、
最後にはクーナウの「ダビデとゴリアテ」の音楽劇を、
朗読を交えてもらいながら弾きました。

こんな田舎でのオルガンフェスティバルですが、一夏に15回も!
2年前に来た新しい神父さまが、自分でもオルガンを弾くという音楽好きで、
企画しているオルガニストの若いお兄ちゃんを全面的にサポートしています。
15回のコンサートは毎回、村人&観光客で満員御礼状態。
ヨーロッパでも教会&教会音楽離れがキビシイ中、
勇気付けられる嬉しい話。

コンサートの後は、お客さんとアペリティーボになだれ込み。
料理を提供してくれたおじいさんはその昔、ベルルスコーニも
通っていたという有名なレストランのシェフだった人。
定年後地元のここで暮らしながら、時々料理しているんだって言うんだけど、
ほんとーーーーーにおいしかったです☆☆☆

f0161652_23224578.jpg

翌日。村を降りる前にしばし散歩。
山の上にギュッと建つ村。坂道の村。


f0161652_23251834.jpg
迷路のように交差する細い坂道からは、いつも緑が見えています。
f0161652_23404021.jpg
お猫ちゃまが遊ぶにも最適!?
f0161652_23271567.jpg

過疎化で空き家も多い山の上の村。
「あげます」という張り紙発見!!
とりあえず、もらっとく?!

f0161652_23292647.jpg

泊めさせてもらったのは、チーズ工場を営むB&B。
朝食はこんなパノラマ見下ろしながら。

f0161652_23313647.jpg

朝食で出てきた3種類の自家製ヨーグルト。
あまりにおいしくて3瓶完食。。

f0161652_23345470.jpg

ヤギ、羊、豚、牛に見つめられながらいただきました。
お土産にチーズも買って帰ったよん☆

f0161652_23434366.jpg


・・・・・・・
リンク集
2017年夏ドロミテオルガンアカデミーのご案内はこちら。

A.ゼーニ社製、家庭用パイプオルガンのご案内

イタリア旅行情報サイト「JAPAN-ITALY Travel on-Line」で
「オルガニスト吉田愛のドロミテ暮らし」連載中。


今日もご訪問ありがとう。クリックしてね。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ にほんブログ村 クラシックブログへ 


[PR]
by organvita | 2017-08-02 21:18 | 見た弾いたオルガン | Comments(0)
<< ドロミテ・オルガン・アカデミー... ウンナのオルガン Unna >>